伝統的なレシピ

農民は輪作について教育を受ける

農民は輪作について教育を受ける


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

プリンスエドワード島では、農民は違法な植栽に対して罰金を科されています

カナダのプリンスエドワード島の農民は学校に戻されています。 Yahoo!ニュース この地域の農民は、年や季節ごとに輪作を適切に行わなかったために罰金を科され、その重要性をよりよく知らせるための教育イニシアチブが計画されていると報告しています。

伝統的に、この地域の農場は3年ごとにジャガイモ、大麦、小麦を栽培してきました。当局は現在、ジャガイモ、大豆、小麦のより有利なスケジュールへの切り替えを見ています。ジャガイモの植え付けは、1つの畑で3年に1回だけ合法的に許可されています。

輪作法に違反する農民は、違法に植えられた土地1ヘクタールあたり1,000ドルを支払う、高額の罰金の対象となります。一人の犯罪者、 ファーマーG.ウォーレンエリス, 彼の48.04ヘクタールの土地に対して48,040ドルの罰金が科せられ、責任を問われました。

輪作を正しく行わないと、環境に深刻な影響を与える可能性があります。同じ作物、特にジャガイモのように土壌から大量の養分を吸収する作物を植えると、土壌は養分を失います。輪作により、作物が再び植えられる前に、植物が必要とする栄養レベルをほぼ平衡状態に戻すことができます。これにより、土壌侵食、近くの水源への流出を防ぎ、種特有の病気の急速な蔓延を防ぎます。


女性グループは持続可能な農業慣行に関するトレーニングを受けます

ガーナ農民農民協会(PFAG)は、持続可能な農業の実践に関する女性グループと若者のための感作とトレーニングを組織しました。ガーナでのオックスファム資金によるプロジェクトの一部を形成するトレーニングは、農民であり、持続可能な農業の擁護者であり、土壌学者であり、不耕起農業センター(CNTA)の所長であるコフィボア博士によって促進されました。

受益農民は、北部地域のサボバ地区とチェレポニ地区、およびアッパーウェスト地域のグウォルとトゥームとその周辺の農村から選ばれた。

参加した農民は、マルチング、二毛作、輪作、とりわけ彼らの農場での刈り取りなどの農業生態学の原則について教育を受けました。生産に適した場所の選択、優れた植栽材料、植栽と間作、雑草の防除、主要な害虫と病気の防除、剪定、土壌肥沃度の管理、水管理、収穫後損失の削減などの他の慣行も農民にさらされました。

農業生態学の概念は、生態学的および社会的概念と原則を食品と農業システムの設計と管理に同時に適用する統合されたアプローチです。持続可能な公正な食料システムのために取り組む必要のある社会的側面を考慮しながら、植物、動物、人間、環境の間の相互作用を最適化することを目指しています。

ほとんどの農民は、耕作のために土地を準備する方法としてブッシュ燃焼に慣れていますが、ボア博士によると、この土地準備方法は、土壌を豊かにするのに役立つ生物を殺します。したがって、彼は農民に草を刈って土地をマルチングするように忠告した。これにより、刈り取られた草は、被覆作物と肥料として同時に機能することができます。 「耕す代わりに、雑草を刈り取り、地面に置いて土壌の肥沃度を高めます」と彼は警告しました。

彼は、化学肥料には適用が行われる前に従わなければならない多くの厳しい条件があり、それを間違えると土地に多くの損害を与える可能性があると説明しました。

一部の農民は、得られた知識に満足を表明し、表明されたこれらの懸念のいくつかに対処するために政府を関与させる基礎を形成することをほのめかした。 「今では、収集した牛の糞を回って農場で肥料として使用できるようになったことを知り、とてもうれしく思います。とにかく食糧と仕事のための植栽の下で得られない化学肥料は本当に必要ありません」とChereponiの40歳の豆と落花生の農家であるNafatuAmaduは言います。


農民は輪作について教育を受ける-レシピ

アルア地区のリノキャンプに拠点を置く農民は、彼のハイブリッドキャッサバガーデンを検査します。 LomindaAfedraruによる写真

ウガンダの農業部門の科学者は、害虫や病気に耐性があり、干ばつに耐性のある作物を栽培して収量を向上させるために、従来のバイオテクノロジーメカニズムを使用して主要作物を育種する努力をしています。

National Agricultural Research Organistation(NARO)の科学者たちは、トウモロコシ、キャッサバ、米、サツマイモ、バナナなど、農家が全国で栽培している雑種作物を育ててきました。

また、主に害虫や病気、干ばつ耐性、食物栄養素の問題に取り組む現代のバイオテクノロジーアプローチを使用してこれらの作物を育種する科学者によるイニシアチブもありました。

それらには、青枯病に対するバナナ、線虫およびシガトカ病、キャッサバ褐色条斑ウイルス(CBSV)およびキャッサバモザイクウイルス(CMV)に対するキャッサバ、ビタミンAおよび鉄が豊富なバナナ、青枯病に対するアイルランドのジャガイモ、トウモロコシの茎の穴あけ器に対するトウモロコシの耐性が含まれます。線虫に対する耐乾性と耐除草剤耐性の綿。

これらの作物の製品は、それを規制するための要件である法的枠組みがないため、農民にリリースされていません。 2012年に政府によって起草されたバイオテクノロジーとバイオセーフティの法案はまだ議論のために議会の前にあります。

しかし、主にキャッサバを栽培しているウエストナイルの農家は、商業的価値とキャッサバ褐色条斑ウイルスに耐性があるため、ハイブリッドキャッサバ品種を採用しています。

彼らは、この成功を、アビゾーン農業研究開発研究所(ABIZARDI)の科学者が新しい品種にアクセスし、農家がそれらを確実に入手できるようにしたことに起因すると考えています。

研究所の所長であるサディク・カシム博士は、ウエストナイルの人々は主食としてキャッサバに依存しているため、新しい技術を使用して育てられた適切な品種を農家に提供し、良好な収量を実現することが研究所の使命であると説明しています。 。

「私たちは、NASE14、19、NaroCas1およびNaroCas2のようなキャッサバの品種をテストしました。これらは、高収量、芳香性、甘味があり、害虫や病気に耐えることができ、食物が豊富です。私たちはこれらの品種を農家に供給し、彼らはそれを大規模に栽培しています。実践的な科学者として、現代のバイオテクノロジーを使用して育てられた作物の品種を農家が拒否する必要はないと思います。これは、農家が直面する害虫や病気の課題に対処するために品種を開発するために使用されている技術だからです」と彼は述べました。

彼は、バイオテクノロジーは、製菓産業でのパンの焼き方、醸造所産業でのアルコールの醸造、医薬品の製造など、長年にわたって使用されてきたと主張しています。したがって、この技術が農民の利益のために農業に適用されれば問題はありません。彼は、雑種と遺伝子組み換え作物を区別することに失敗することによって農民を混乱させないように教育を受けた人々に促した。

「農民は通常、収穫量を最大化することを望んでおり、彼らは良いものを選択します。彼らは農業部門での現代のバイオテクノロジーの使用に反対しているとは思いません。どちらかといえば、この技術を使用している科学者は国の息子と娘であり、彼らの家族が食べてしまう有毒な製品を開発することはできません。私はエリートの人々に、これらの作物を栽培することになるかもしれない農民を混乱させないように強く勧めます。ウエストナイルの人々は、バイオテクノロジーの応用でよく代表されている地域の科学者を誇りに思っているに違いありません」と彼は述べました。

農民のアカウント

Abdallah Drasiku氏は、80エーカーのアルア地区のオゴコ郡ロアリ村の慣習的な土地でハイブリッドキャッサバ品種Nase19、Naro Cas1、2を栽培している農家です。

彼は2012年にキャッサバの栽培を開始し、12エーカーの土地にTME14を植えましたが、CBSVに屈し、何も収穫できませんでした。

翌年、彼は20エーカーの土地にナロキャッサバの品種を植え、最初のシーズンに800袋以上のキャッサバの茎をNaadsに供給しました。通常、茎は根が根こそぎになる前に3回収穫されます。

彼は約200袋の製粉されたキャッサバを手に入れ、1袋あたり50,000個で販売しました。 2015年に彼は16エーカーの土地にNase14を植え、キャッサバの茎を1,400袋収穫し、1袋あたり5万シリングの富を生み出すために販売しました。これまでに、6エーカーの土地から150袋のキャッサバを根こそぎ処理しました。 Shs150、000各。

大卒のドラシクさんは就職を考えたことはありませんが、彼にとってはビジネスとしての農業が道です。

彼の目標は、現代のバイオテクノロジーを使用している科学者を含む、ナロの科学者によって開発されたすべてのハイブリッドキャッサバの品種を受け入れることです。

「私が知っているのは、私たちが植えて食べたハイブリッドキャッサバ品種の育種には応用科学があるということです。 GMOである品種は、私たち農家にとって大きな課題であるCBSVがないことを信じているので、私は彼らを待っています。」

彼は、ハイブリッド品種はシアン化物を含まず、8〜12か月で成熟し、1つのキャッサバの根から盆地の完全なキャッサバ塊茎を収穫でき、害虫や病気に耐性があるため、高収量であると説明しました。

彼は、認定されたキャッサバ種子生産者として、GMOキャッサバ品種を緊急に必要としているため、議員にできるだけ早く法案を可決するよう求めています。

アルア地区のリノキャンプ、アリヴ村のもう一人の農民ロバート・クウィニア・アイ氏は、キャッサバの栽培から恩恵を受けています。

彼は2015年に6エーカーの土地にNase14とNaroCas1を植え、これまでにキャッサバの茎を350袋以上のacでShs50,000で販売し、富の創造とKaritusを運営してきました。

Cwinya Ai氏は資格のある中学校教師ですが、彼の村でキャッサバを栽培している農民がどのように進歩しているかを見て、彼は同じ事業に参入することを決心しました。

彼は農民に病気の管理について助言しているので、アビザルディの農学者と常に連絡を取り合っています。農家がウイルスをまき散らすコナジラミを見つけたら、赤唐辛子と尿と水を混ぜた灰で作った地元産の化学物質を畑全体に噴霧し、1週間発酵させてから散布することをお勧めします。

農学者の見解

Sisto Moja氏は、アビザルディでキャッサバを専攻している農学者であり、農民が良好な収穫量を実現するには、すべての草、ブラシ、樹木を伐採して土地を準備することから始めなければならないと言います。
穴の尾根を作る前に畑を耕します

農家は、生後8〜15か月の活発に成長している植物から、健康で病気のない植栽材料を選択することをお勧めします。

長さ30cm、平均9-12節の中央の茎部分から挿し木を選択します。 1%次亜塩素酸ナトリウム溶液で滅菌したハンドソーまたは清潔で鋭利なカットラスを使用して敷石を切り、可能であれば殺菌剤/殺虫剤溶液に10〜15分間浸し、植える前に溶液を排出させます。

茎は50cmx 90cmで植えられ、成長の最初の3か月間は雑草を防除するために発芽前の除草剤を使用する必要があります。
拡大した作物の林冠は3か月後の雑草の成長を制限するため、必要に応じて、通常、くわを使用した手作業による除草を3か月後に行うことをお勧めします。

キャッサバの主な害虫と病気はアザミウマとダニであり、推奨される殺ダニ剤と昆虫成長調節剤を使用して防除することができます。これらの害虫は乾燥期に蔓延し、降雨量が増えるにつれて減少します。

キャッサバシュートフライは別のものであり、全身殺虫剤は激しい蔓延時にのみ使用する必要があります。

他には、クロタラリアがこのバグのトラップ作物として使用できるアメリカコバネナガカメや、バグのライフサイクルを壊す輪作の慣行があります。

キャッサバの枯死、さび病、超伸長病および農民は、これを回避するために清潔な植栽材料を使用することをお勧めします

これらの害虫や病気は、ウガンダのキャッサバ生産に対する最大の制約です。統計によると、年間最大24.2百万ドル(Shs81.7b)の損失を引き起こす可能性があります。

新しいキャッサバの品種は、収穫されて地面から新鮮な場合、1ヘクタールあたり14〜55トン、根の乾物含量は31〜36パーセントになります。

2つの品種は高レベルのアルコール含有量を持っているため、商業的なエタノール生産での使用に非常に適しています。

ウガンダでは、エタノールが薬用アルコール、アルコール飲料、燃料、溶剤の製造に使用されています。キャッサバから生産されたエタノールは、ガソリンのより良い代替品であり、よりクリーンな燃焼を約束し、より健康的な環境を促進し、経済的に実行可能です。

キャッサバのでんぷんは、工業部門でも、接着剤、動物飼料、紙、合板、繊維製品の製造に使用されています。

法案に反対しているように見えるマルカの議員、デニス・リー・オグズは、次のように述べています。私の唯一の懸念は、ナロの科学者にこの技術について農民を感化させることで主導権を握らせることです。」


農民は輪作教育を受ける

P.E.I.の農民州の厳格な輪作規則に関するレッスンが提供されています。

P.E.I.によると、多くの農民は、畑で輪作を適切に行っていないために起訴されています。農業連盟、そしてそれはさらなる教育が農民がそれを正しくするのを助けると信じています。

農夫のピータータウンゼントがコースを手伝っています。タウンゼント氏は、PEIの農作物輪作法には多くの価値があると述べた。

&quot私はそれがかなりうまくいくと思います。私たちは土地に危害を加えたくない」と彼は言った。

この法律は、島の土壌の栄養レベルを維持し、流出が最終的に小川に流れ込むのを防ぐことを目的としています。この規則により、農家はどの分野でも3年に1回だけジャガイモを栽培することができます。農民は彼らの収入を最大化するために適応してきました。

「私たちは、伝統的なジャガイモ、大麦、干し草の輪作から少し離れました」とタウンゼントは言いました。

&quot今、あなたはジャガイモ、大豆、小麦を見るかもしれません。そのため、彼らは他の作物でいくらかの収入を生み出そうとしています。」

P.E.I.の社長であるAlvinKeenanによると、輪作法違反の罪はかなりまれです。農業連盟ですが、有罪判決を受けた者には高額の罰金が科せられます。

「マージンが非常に薄いため、いくつかの例では壊滅的です」とキーナン氏は述べています。

「それに加えて、彼らは自分たちの農場経営を行って作物の世話をしているボールから目を離します。」

キーナン氏は、この容疑は、農場の流出に関連した魚の大量死への注目が高まった結果であると考えています。

連盟は、業界のイメージをきれいに保つために、農民が彼らの権利と責任を学ぶのを助けることを望んでいます。


ワシントンの遺産

米国の初代大統領は、革新的な農業慣行と探索的研究を主導しました。

「ジョージワシントンは、手段のある人として、作物を実験する贅沢があることを知っていました」と、ワシントンのマウントバーノンの家のメディアリレーションズディレクターであるメリッサウッドは言います。 「18世紀の一部のバージニア州の農民はそれほど幸運ではありませんでした。ワシントンの農業の進歩は、今日のバージニア州の農民のための強力な基盤を確立するのに役立ちました。」

1760年代に、ワシントンは作物の植え付けの記録を保持し始めました。これは、今日、農民がしなければならないことです。マウントバーノンからの情報によると、彼の厳格な文書は非常に正確になったため、現代の農家が今日適用している2つの重要な側面である、生産を改善して利益を増やすために何ができるかを自問することがよくありました。彼の記録管理は農業の改善と革新にもつながり、8,000エーカーの土地で60種類以上の作物を研究しました。

ワシントンの好奇心旺盛な性質は、今日の農業に影響を与えました。ランドグラント大学の協力的な普及員によって、キャンパスと農場で広範な研究が行われています。

写真提供:Virginia Historical Society 2000.186.93詳細については、vahistorical.orgのVirginia HistoricalSocietyにアクセスしてください。


レモンの国で:農業:郡の最大の作物の最大の生産者は100歳になります。あらゆる規模の農場は将来について楽観的です。

ベンチュラ郡の肥沃な畑では、長い収穫の遺産が行き来しています。穀物、ライマメ、クルミ、オレンジが交代で巨大な輪作を行い、農家の財産を形作りました。しかし、過去半世紀の間、レモンは王様でした。

他の場所でとげのある木は、冬の作物を1つだけ提供します。しかし、穏やかで乾燥した沿岸地帯の完璧な世界は、終わりのない収穫をもたらし、レモネードの季節には、気温とともに価格が上昇します。

米国のレモンの約半分は、定期的にベンチュラ郡の木から来ていると、ベンチュラにあるカリフォルニア大学コーポラティブエクステンションの農場顧問スポークスマンは述べています。ベンチュラ郡農業委員会の年次作物報告によると、郡内の1991年のレモンの価値は2億600万ドルに達し、地元の次点のイチゴをはるかに上回り、3位のバレンシアオレンジのほぼ2倍になりました。

物事の壮大な回転の中で、明るい黄色の果物はいつかここのコンクリートと鋼の領域に道を譲るかもしれません。しかし、郡最大のレモン生産者のこの100周年の年に、大小の農家とさらに多くの農家の労働者は、彼らが畑で苦労し続ける未来にまだ賭けています。

100年前、ほとんどの男性がビクトリア朝のポーチでロッカーに引退した時代に、サンタポーラの創設者であるネイサンW.ブランチャードは、ベンチュラ郡の将来に長い黄色がかった影を投げかける企業を立ち上げました。

1893年の恐慌に苦しみ、サンタクララバレーで最初の10エーカーのレモン果樹園の成功した栽培者は資本を借りて拡大しました。オイルマンのライマンA.ハーディソンと一緒に、彼はエキゾチックなポルトガル語の名前であるリモネイラというビジネスを設立しました。これは「レモンの場所」を意味します。

サンタポーラの西に広がる400エーカーの土地で、2人の男性は土地の4分の3をレモンに植え、クルミとへそオレンジのために冷たい部分を残しました。ちょうど3年後、彼らは96,000ポンドのレモンを市場に送りました。

この実り多い始まりから、彼らはささやかな帝国を築きました。より多くの土地が利用可能になると、リモネイラはそれを購入し、より多くの木を植え、世界最大のレモン作付面積になりました。

リモネイラの成功を真似ようとする小規模農家の試みは、最初は酸っぱいものでした。学ぶべきことがたくさんありました。レモンが凍る。クルミとは異なり、水をやる必要がありますが、水が多すぎると衰退します。倉庫で熟すために保管されるとき、それらは腐敗する傾向があります。そして、古い木が引き抜かれると、新しい木はその場所に根を下ろすことを拒否します。

サンタポーラの歴史家ジュディス・トリエムによれば、1920年代までに、郡内には何百ものレモン果樹園があり、リモネイラは確かに世界最大の果物生産者でした。独自の荷造り場があり、電気配線式のバンガローに住み、会社の店で取引を行っていた労働者の家族を含む約1,400人の居住者が住んでいました。これは、「世界の柑橘類の首都」と自称する町、サンタポーラの人口の3分の1以上でした。

カリフォルニアの他のレモンに優しい地域は開発に道を譲りました、しかしここで木は繁栄しました。クルミが北上し、オレンジが暖かい内陸の谷全体に広がると、レモンはその畝間をたどり、郡でトップの換金作物になりました。酸っぱい果実は40年代にバレンシアの前に引っ張られ、決して振り返りませんでした。

そして100年後、リモネイラは郡内で最大のレモン生産者であり続けています。 1991年のその1,300エーカーは、458,000個のレモンのフィールドボックスを生産しました。ジャック・ディッケンソン社長によると、リモネイラはこの地域の小規模なレモン生産者のモデルとしての役割を果たし続けています。

「私たちはまた、彼らが何をしているのかを見守っています」と彼は言いました。

郡のレモンの先駆者には、畑にとどまる傾向のある子供と孫がいました。ここで作物が導入されてから1世紀後、第3世代と第4世代の農家は柑橘類を栽培し続けています。

「彼らはそれを彼らの血の中に持っています」と、UC CooperativeExtensionファームアドバイザーのニックサコビッチは言いました。 「あなたは政府の規制を受けています、彼らは作物のためにたくさんのお金を稼いでいません、ニュースメディアは彼らを悪者として描いているようです-彼らは私たちの食糧供給を中毒していると認識されています」とサコビッチは言いました。まだ農業をしたい。」

実際、Sunkist Growers Incが提供した数字によると、ベンチュラ郡には800から900のレモン生産者がいます。

そのうちの1人は、ベンチュラの東にある100年以上前の農場に、妻のジョアンナと息子と娘と一緒に住んでいるランディアクセルです。彼は50エーカーのレモンと30エーカーのアボカドと特産作物を栽培しています。

アクセルの曽祖父母はイリノイ州から来て、1878年にここで土地を購入しました。彼は生涯、柑橘類の木陰に住み、早い段階で将来を計画してきました。

「高校では、私は自分がやりたいことを知っていた奇妙な人の一人でした」と彼は言いました。 15歳のとき、彼は祖父が所有していた土地で25頭の去勢牛の群れのすべての飼料を調達していました。彼はCalPoly San Luis Obispoに行き、アグリビジネスを学び、卒業して果樹園の管理に入りました。数年後、父親の健康状態が悪化したとき、彼は家族経営の農場を引き継ぎました。

すべての農民のように、彼の人生は変数で満たされています:霜、それと戦うためのディーゼル燃料の価格、昆虫の周期、東風。

前日はそんな風が吹いていて、木々の被害をチェックしたところです。それはそこにあります。風上側に荒廃した葉、木の鋭い拍車に吹き付けることで果実が傷ついた。

彼は傷口からレモンのにじみ出る液体を選び、それに眉をひそめます。一度傷がつくと、レモンは保存できなくなります。それらは、パッキングハウスによって、レモンオイルやシャンプーなどのアイテムに使用される低ランクの「製品」に削減されます。

「私たちはそのためにジルチを取得しません」とアクセルは元気に言いました。 「何年かあなたは請求書を受け取ります。」

果樹園での生活は、アクセルが20年前に大学を卒業したときよりも複雑です。一つには、政府のフォームに記入するために、より多くの時間が屋内で費やされます。

牧場で化学物質を使用するたびに、州に報告を提出する必要があります。

アクセル氏は、自然の捕食者を使って赤い鱗とコナカイガラムシの攻撃を制御していると述べた。しかし、赤いクモが襲ったとき、彼はオイルスプレーを使用し、州の農業委員会に通知しなければなりません。今後4年以内に、新しい大気汚染法のためにそれだけでは不十分かもしれない、オイルスプレーは完全に禁止されるかもしれないと彼は言った。

一方、オレンジとレモンの流通の規制を終了するという新たな連邦政府の決定により、小規模な柑橘類農家の利益に対する脅威が浮上しています。アクセルは、新しい連邦政府が管理を元に戻し、収穫期のレモンの大洪水を防ぎ、価格が彼の利益率を下回ることを望んでいます。

「私たちのほとんどは基本的に小さな生産者です」とアクセルは言いました。 「これは、他のすべての人が廃業しているときに価格を上げることによって、大きな男の子が最終的に(レモン栽培)を制御することを意味します。」

規制の強化と拡大し続ける都市景観に直面して、アクセルの生活には、農民にとって伝統的ではない新しい役割が出現し続けています。

彼は近所の人たちと一緒に、サンタポーラ盆地からの揚水権に対するベンチュラ市の主張に異議を唱える訴訟のメンバーです。

彼はまた、エキゾチックフルーツフライ連合と呼ばれるグループでも活躍しています。畑での一日が終わると、柑橘類の農家が集まり、ベンチュラ郡の罠にチチュウカイミバエが現れた場合の生存戦略について話し合います。

「これは、他のすべてのことの中で、私が今持っている最大の恐怖です」と彼は言いました。 「1匹のハエが私たちの作物を隔離する可能性があります。」

農業に内在する困難に臆することなく、アクセルの息子であるブランドンは、今春高校を卒業し、カリフォルニア大学でアグリビジネスを学びます。

「これまでのところ、問題は良いものを超えていません」と彼の父親は言いました。

レモン狩りは万人向けではありません。

「それは大変な仕事です」と、サンタポーラで老舗の労働契約サービスであるServicios Agricolas MexicanosInc。の社長であるラルフデレオンは言いました。 「街の人がやって来てやろうとすると、すぐにやめます。」

ピースによって支払われると、最速のピッカーは1時間あたり最大10ドルを稼ぐことができ、作業は1年に約10か月続きます。しかし、彼の200人の乗組員のうち、10人の男性だけがそれほど熟練しています。平均は7ドル近く稼ぎます。

Ernesto Medranoは、ある日10ドルに達すると言います。彼が木を作り、最も熟した果実を切り、それを腰の不器用なバッグに渡すと、彼の手はほとんどぼやけます。彼はそれについて話すよりも果物を選ぶほうが好きです。

彼は25歳です。彼は3年前にメキシコシティの南の町からここに来て、入国管理局の恩赦プログラムの家族統合条項の下で居住を申請しました。彼の兄と妹はサンタポーラに住んでいて、1986年に恩赦を与えられました。彼は3人のいとこと、時には650ドルの家賃を共有する2人の追加の男性と一緒に彼らの近くの家を借ります。

仕事がない場合は「家賃の支払いを待っている」ので、住むのに良い場所だと彼は言った。

仕事は難しいことではない、と彼は言った、とげだけがペリグロソである-危険である。彼がより高い賃金または組合に興味があるかどうか尋ねられたとき、彼は肩をすくめました。彼は意見がなかった。彼はサトウキビを切り、グアバを選んだメキシコの10倍の収入を得ています。

彼はどのくらいレモンを選びますか?

「彼らが私を解雇するまで」と彼は言った。

デレオンは、メドラノがあと2、3年続くと予測し、その後、ファーストフードなどの仕事に行きます。そこでは、賃金は低くなりますが、需要は少なくなります。1トンのレモンを使って10ドルを稼ぎます。時間の日。

または、若い男は家賃が安いユマやベーカーズフィールドに引っ越すかもしれません。それは労働者にとっては良いことだ、とデ・レオンは言った、彼にとっては悪いことだ。

「私たちは人が不足しています」と彼は言いました。 「(雇用開発局)に行って、「150個のレモンピッカーが必要だ」と言うことはできません。彼らはそこにいないからです。」

彼の労働者の95パーセントはメキシコから来ている、とデレオンは言った。 6年前、彼らのほぼ全員が恩赦プログラムに参加し、現在は燃え尽きています。そして、デレオンはグリーンカードなしで仕事に応募する人を誰も拒否しなければならないので、彼らの代わりになる人は他にいません。

豆摘みのキャリアを始めたデ・レオン氏は、状況に不満を感じており、彼の手術が間もなく危険にさらされるのではないかと心配していると語った。

オックスナードの農場労働コンサルタントであるジャックロイドによれば、そうではないでしょう。

「誰も、違法な労働者の隠された軍隊を減らすことについて真剣に何かをしたいとは思わない」と彼は言った。 「50ドルで、偽のグリーンカードと運転免許証を取得できます。」

ロイドが共同執筆したカリフォルニア大学のレポートによると、レモンは1988年にベンチュラ郡で2,500人の雇用を生み出した。数は20年間かなり安定しています。機械が引き継いだ選別の分野でのみ、労働力が削減され、それは20%削減されました。

大規模なフィールドフォースの代替手段は、トリッキーで高価です。それらは、均一に熟す新しい遺伝子操作された雑種の自動機械と研究開発を含みます。今のところ、農民は投資をすることができません。そして、彼らが労働力と農場を持っている限り、彼らはそうする必要はありません。

郡の完璧な気候の中でも、レモンは地面を失いました。レモンの収穫の最高点は、1974年に30,000エーカーあったときでした。農業委員会の数字によると、1991年までに彼らは20%減少しました。

ベンチュラカウンティファームビューローのクリス・テイラー社長は、「すべてが開発に向けられたと言いたい人もいますが、市況が悪いために辞退した人もいます」と述べています。

ただし、開発は要因です。テイラー氏によると、開発が予想されるため、多くの農民は、柑橘類の木を植え直す代わりに、古い木が出てきた後にイチゴやロークロップを植えました。

テイラーは、オックスナード周辺の畑について次のように述べています。「今後数年間で50エーカーの土地が開発されるとしたら、レモンのような長期投資にすべてのお金を投入するのは馬鹿げています。」

オックスナード平原の中心部では、ボブファイラーのレモンがまだ生産されていますが、ブルドーザーがレモンを落とす時期を楽しみにしています。

「すべての良いことは終わりを迎えます」と、曽祖父母が平野で売られた最初の私有地を購入した84歳の男性は言いました。彼のレモン果樹園はコンクリートに囲まれた島です。オックスナード大通りの向こうにある中古車の森を見渡せます。

ファイラーの息子は、より安価な土地を耕作するためにオレゴンに行ってからずっと経ちました。年配の男性は今でも自分の木の世話をしていますが、この地域での家族の農業経営は彼で終わると彼は感じています。

「すべてのレモンがなくなるまでに、少なくとも2世代、場合によっては3世代の期間を予測することはできません。」

サンタポーラでは、町の東にある500エーカーのTeague-McKevettRanchの社長であるAlanTeagueも、レモンは将来的には実行可能性が低いと考えています。

「私たちが知っている農業は永遠に続くことはありません」と彼は最近言いました。 「1908年以来、私たちはこれ(牧場)を持っています。私は物事が現状のままであることを望んでいます。彼らがそうするだろうとは思わない。」

彼の会社はサンタポーラに市域を拡張して彼の牧場を次の総合計画のレビューに含めるように依頼しました。これは、指定されたグリーンベルト内の土地、つまり保護された農地の開発に向けた必要なステップです。

「競争の変化(物事)」とティーグは言った。 「私たちはそれらの変更を見て、調整を行う必要があります。」

農業副長官ジム・フルマーによれば、グリーンベルトは伝統的に脆弱な存在でした。彼は彼らの境界の地図を保持し、彼が彼のピンを動かすとき、作付面積の損失を嘆きます。

グリーンベルトは「特定の土地を開発しないという2つの都市間の合意」であると彼は述べた。しかし、「2つの市議会が集まり、境界を変えることができます。」

現在、彼は都市のフロンティアの進展と郡の農業への最終的な影響について心配しています。彼はレモン栽培の将来について楽観的ではありません。


新しいカバークロップガイドはネブラスカの栽培者に対応しています

タイラー・ハリス

中西部のカバークロップカウンシルは、ネブラスカエクステンションと協力して、カバークロップをネブラスカで行われているより伝統的な輪作に統合するためのレシピを含む2つの新しいガイドを公開しました。

「ガイドは、カバークロップを検討している、または使い始めたばかりの栽培者に出発点を提供します」と、KatjaKoehler-Coleとガイドを共同執筆したGaryLesoingは言います。

ネブラスカ南東部のエクステンション教育者であるLesoingは、USDA Sustainable Agriculture Research andEducationプログラムのネブラスカ州コーディネーターです。 Koehler-Coleは、ネブラスカ大学リンカーン校の農学および園芸学部の研究助教授です。

2つのガイドは、トウモロコシと大豆の輪作の異なる年について説明しています。

「大豆の換金作物の前に被覆作物を植えることは、多くの場合、被覆作物を輪作に導入する最も簡単な方法であり、多くの栽培者が始める可能性があります」とケーラーコールは言います。

The guides cover planning and preparation, fall work (timing and method of seeding, recommended seeding rates, fertility and more) and spring work (fertilizer, termination recommendations for different conditions).

The guides also offer resources for further information, including the Cover Crop Decision Tool developed by the Midwest Cover Crops Council to provide state-specific cover crop recommendations.


Amandeep the "Family Farmer": An Educated and Ambitious Farmer from Punjab

Amandeep Singh is from district Ropar in Punjab. He said that he is a progressive farmer by profession. He has released a video on FTB detailing how he farms, how he conducts his business and he thanked Krishi Jagran for giving a platform where he and the farming community can come to know about each other.

Amandeep started his career in farming in 2011 and has continued with it till date. He started by growing garlic and then shifted to cultivating coriander and cauliflowers. When he started out with farming there wasn't much of a market for his produce. He grew turnip, spinach, radish and Fenugreek. He used to sell these products at the local vegetable mandi. Slowly some others joined him and a farmers group was formed. He introduced a nethouse in his farm in 2013 and started growing capsicum which was great success. In 2014, he introduced broccoli in his farm on trial which also succeeded. He then started to grow seedless cucumber.

It took him sometime to understand the system for farmers in his district. He did multi-cropping and as a 19 year old youngster he went about enthusiastically with his tasks. Customers liked his products because they were new and different and slowly a market developed for the products that he sold. He has diploma in Mechanical which he passed in 2014. He grew baby-corn from 2016-2017 and he learnt new marketing methods. He decided to open his own retail outlet "City Fresh" to sell his farm produce.

Fruits and Veggies on display

With experience he chose multi-cropping as the method to work his farm with. The reason being if one crop failed he could rely on other crops. If one of the products were not in demand in market he could sell others which are in demand at the right prices. He grows 6 different crops at a time. The crops that he grows can be used to make variety of salads. Out of total production 60-70% crops are put for sale.

Slowly he got well connected with few stores at the mandi and they helped him in marketing. He then decided to open his own outlet which was designed by designers with overseas experience. His outlet looks like a European "fruit and veggie" store. He said he sometimes purchases products from other farms but he prefers and gives priority to his own produce. He tries to sell all type of seasonal veggies grown organically and are pesticide free.

Fresh produce ready for use

He then described his multi-cropping method in great details and how he divides his available farm land between the crops. He also follows crop rotation growing fruits and veggies as per the seasons. He grows fruits like melons and watermelons at his farm. Last year he experimented with yellow watermelon which fetched 5 times the average price, as the product was something new and different for the customers and he was extremely satisfied with his earnings.

He said we are now "family farmers" like "family doctors" having built certain reputation and standards. He said there are not only the local mandi but there are rotational mandis held once a week which provide space for sellers. This gives you almost 16 opportunities in a month to showcase your produce. Even if you earn a few thousand per trip, you are bound to earn a reasonable income per month. He said he is not a servant and he is not a boss, he is just a small landowner providing fruits and veggies to the public. He said you can easily earn Rs. 16,000 per month, where in a job you may be able to earn Rs. 8,000 per month. The benefits of working for yourself are immense and will be clearly visible over your career.

He started with 2 and now has 150 regular customers. He is associated with Agriculture Research Project of the IIT institutions. He is connected with a number of such institutions. He has a concept of "future farming" which he wants to implement as "Future Agri Punjab Farms". He hopes to complete this project in two years time. He said he wants to find a way so that the farmers get stable income regularly like an employee's salary. He said you must market your produce yourself as it will increase buyer's confidence in what he is buying.

He again talks of advantages of multi-cropping. He said if you grow just one crop, at the time of sales you are supposed to sell all of it at same time. However if you have multiple crops you can sell them at different periods of time. With experience he has built a system of multi-cropping farming. He knows which fruits and veggies to grow in which season and over how much part of his farm land to devote to which crop. For this purpose he makes a chart of what crop to be planted where in the farm and in what season. He said multi-cropping and crop rotation maintains and enhances the soil fertility.

He even has a system for marketing. He is a firm believer in self marketing. He supplies his salad fruits and veggies to Chandigarh. His icebergs are very popular and even McDonald's buys crops from him. He has a juice section in his outlet which provides all types of fruits and veggie juices. You can request for any combination. This is an excellent example of food processing. He hopes that soon he will be able to produce everything that a basic kitchen needs himself.

Another plan which he plans to implement before this year's end is a seeds nursery, which will provide seeds for different agricultural methods, different soils and different seasons. He wants to provide high quality seeds in the market because he continues there are no quality seed shops around or shops that can be trusted. That is, you must as a seller identify the exact type of seed that will match the buyer's requirements. He said continuous learning and always offering something new to the customers is very important to succeed in business. He said we must focus on quality and not on quantity. He suggested that you can make QR codes for each fruit or vegetable and sell them easily. He said you must always grow your circle of farmers. In the end he once again thanked Krishi Jagran. Please click here to see the video yourself.


George Washington Carver’s Fame and Legacy

In the last two decades of his life, Carver lived as a minor celebrity but his focus was always on helping people.

He traveled the South to promote racial harmony, and he traveled to India to discuss nutrition in developing nations with Mahatma Gandhi.

Up until the year of his death, he also released bulletins for the public (44 bulletins between 1898 and 1943). Some of the bulletins reported on research findings but many others were more practical in nature and included cultivation information for farmers, science for teachers and recipes for housewives.

In the mid-1930s, when the polio virus raged in America, Carver became convinced that peanuts were the answer. He offered a treatment of peanut oil massages and reported positive results, though no scientific evidence exists that the treatments worked (the benefits patients experienced were likely due to the massage treatment and attentive care rather than the oil).

Carver died on January 5, 1943, at Tuskegee Institute after falling down the stairs of his home. He was 78 years old. Carver was buried next to Booker T. Washington on the Tuskegee Institute grounds.

Soon after, President Franklin D. Roosevelt signed legislation for Carver to receive his own monument, an honor previously only granted to presidents George Washington and Abraham Lincoln. The George Washington Carver National Monument now stands in Diamond, Missouri. Carver was also posthumously inducted into the National Inventors Hall of Fame.


Growing Herbs as a Cash Crop

I encourage growers and would-be growers to consider herbs as a potential crop because of the tremendous diversity of herb enterprises. When vegetable growers consider growing herbs, they usually think of fresh-market herbs, the most popular being sweet basil, cilantro, and flat-leaf parsley. Fresh market herbs can be grown on large acreages for sales to wholesalers and chain stores or on very small acreages for direct sales to restaurants, farmer’s markets, and specialty grocery stores. One of the largest obstacles to getting started in fresh-market herb production is the lack of reliable, commercially oriented production information. There is no cookbook method for growing all the herbs. Often, your only option is to try cultural practices appropriate for a crop similar to the herb you are growing. For example, when developing production information for sweet basil, I started with cultural recommendations for leaf lettuce.

One of the most important cultural considerations for herbs is site selection. The site should have good drainage, adequate water supply, and few weeds. Remember that few, if any, agricultural chemicals are cleared for use on herbs. Seed selection is also very important. For example, depending on the seed source, a high percentage of basil seed can produce an off-type leaf which may not be marketable. In addition, many herbs, such as members of the mint family, should never be grown from seed and must be reproduced vegetatively to obtain the desired characteristics. In North Carolina, most herbs benefit from being grown on raised beds because they allow the soil to warm early in the spring and provide good drainage. I also highly recommend the use of mulch to control weeds, keep the foliage clean, and to hold moisture in the soil. My research, however, has shown that mulch type can be important for some herbs. For example, I looked at a variety of mulches for basil production, including black plastic, hardwood chips, softwood chips, and straw. All provided good weed control, but fresh wood mulches severely reduced yields. Overall, best results were obtained with black plastic mulch. In most situations, irrigation is essential, with drip-irrigation being the best choice because it reduces the incidence of foliar disease and permits harvest at any time. In western North Carolina, most growers must set-out transplants of tender annuals to obtain high early season yields. They also use high plant populations, including double rows per bed and close in-row spacings, to get the highest yields per unit land area.

Because there are so few agricultural chemicals cleared for use on herbs, the primary method of pest control is prevention. Multiple crops, strict crop rotations, careful sanitation, and small, multiple plantings tend to keep disease and insect problems to a minimum. Because there is so little information available on herb fertilization, a soil test should be taken and general recommendations for lettuce or vegetable gardens are usually followed. My experience has shown that it is better to be conservative with fertilizer, especially nitrogen, because many herbs lose flavor if they are grown too rapidly. Because the best prices for many herbs are obtained in the off-season, growers may try to extend their seasons with the use of row covers, tunnels, and small, moveable hoop structures covered with plastic. Greenhouse production is also popular and often profitable.

How and when the herb is harvested is critical for a high-quality product. For example, basil should be harvested in the cool of the day, handled very gently, and packed in coolers immediately after cutting. If you are creative and organized, there should be little waste. For example, if you have an overabundance of fresh basil, make pesto and freeze it. As with any crop, it is important to establish markets before the crop is planted. The most successful growers in North Carolina have been the ones who have been creative with their marketing strategies. For example, for restaurant sales feature an “‘herb of the week” and provide some free herb and recipes for chefs.

Another herb enterprise which has been very successful is production and sale of herb plants. There is a high demand for bedding plants in the spring and the demand in fall is increasing. Unlike some other bedding plants, people want a variety of large, well-established herb plants. They don’t buy many of one kind, but one each of many different kinds. This provides a nice little niche for small greenhouse owners who can produce a variety of herbs including annuals and perennials. Herb plants are sold in many ways including mail order, specialty shops, nurseries, and spring fairs and festivals.

Another herb crop of interest in North Carolina is garlic, particularly elephant garlic. Many small-acreage growers like garlic because it is planted in the fall and harvested in the spring, allowing them to multi-crop the land if desired. Weed control is critical for good bulb size, and presently, this is all done mechanically. To prevent serious insect and disease problems from developing, a strict crop rotation plan should be followed and only the best bulbs should be used for replanting.

The key to being successful with herbs is, of course, marketing. Because of the diversity of herbs and herb products, there are many opportunities for all size herb operations. Herbs are particularly well-suited to small, part-time, family operations where different family members take responsibility for growing, making value-added products, and marketing. No matter how you sell your herbs, it is important to educate the customer. Most people are fascinated with herbs, but they know little about them. The more they know how to use herbs, the more they buy. One way to handle this is to provide recipe cards with your herbs. If you are selling herb plants from your farm, display gardens will help make sales. Offer tours of the gardens. Describe the plants, how to grow them, how to landscape with them, and how to use them. Provide plans for the display gardens along with a list of plants needed, and have plenty of those plants for sale. Herb fairs and festivals have also proved to be excellent promotional tools and big sales events in North Carolina. During these events, demonstrations and talks are offered on a variety of topics such as how to make pesto, how to use Chinese herbs, and how to make a tussie mussie.

People are hungry for herbs and herb products and we haven’t even begun to reach the full potential of what can be offered, from plants, to teas, to wreaths, to soaps, etc. You are only limited by your imagination and your abilities to manage a diverse operation and effectively sell your products. The keys are to take advantage of the many opportunities to market direct sales, wholesale, mail-order, and craft shows. Keep informed and share information through your state or regional association. Herbs can offer exciting opportunities to many people. To be successful, however, you must be willing to take a different approach to selling then maybe you have ever done before. In my experience, that has been the challenge.

The original version of this article was produced for the 1994 New Jersey Vegetable Conference


Primary Sources

(1) Part of a song performed by medieval minstrels, The Husbandman Song (c. 1360)

To find money for the king I sold my seed.
Wherefore my land lies fallow and learns to sleep.

(2) Chronicle of Bury St Edmunds (1258)

There was a great shortage of everything because of the floods of the previous year, and corn, which was very scarce, cost from 15 shillings to as much as 20 shillings a quarter. Famine resulted so that the poor had to eat horse-meat, the bark of trees and even more unpleasant things. Many died of hunger.

(3) Walter of Henley, Fleta (c. 1275)

The Reeve, elected by the village to that office as the best manager. Let him therefore not be slothful or sleepy, but let him unceasingly strive for his lord's profit. When the dung is to be carried to the fields, let the Reeve stay with the carters, that they may labour and finish their day's work without trickery. Let the threshers and winnowing-women be closely spied upon, lest they steal corn in their shoes, gloves, bags or satchels hidden near the barn.

(4) Anonymous, The Reign of King Stephen (c. 1190)

In 1143. a terrible famine prevailed all over England. some, from lack of food, ate the forbidden flesh of dogs or horses. people wasted away and died in droves. You could have seen villages extremely well-known standing lonely and almost empty because the peasants of both sexes and all ages were dead.

(5) William Langland, The Vision of Piers Plowman (c. 1365)

Charged with children and overcharged by landlords, what they may spare they spend on milk/ or on meal to make porridge to still the sobbing of the children at meal time. The sadness of the women who live in these hovels is too sad to speak of or say in rhyme.


ビデオを見る: חקלאות פוסט קורונה: קציר בשדות שבעוטף עזה (六月 2022).