伝統的なレシピ

フランスのPaysd’Ocからの8つの地中海ワイン

フランスのPaysd’Ocからの8つの地中海ワイン

Pays d’Ocは、フランスの南東の角、地中海側、ラングドックと呼ばれる地域にほぼ対応する地域で作られたワインの地域指定です。ただし、ミネルヴォワやコルビエール(他の2つのラングエドシエンヌの呼称)など、ワインと呼ばれるのに必要な地理的およびブドウの制限はありません。そのため、Pays d’Ocワインを生産する生産者は、ブドウの品種、供給源、土壌をほぼ自由に組み合わせて、ワイン造りのファンタジーを自由に表現できます。魅力の1つは、例として、古典的なブルゴーニュのブドウ園で生産できるよりもはるかに安価に品種のシャルドネやピノノワールを生産できることです。

Pays d’Ocは広い地域をカバーしており、そのワインはフランスの総ワイン生産量の約15%を占めています。 「Paysd’Oc」は通常、前面ではなく背面のラベルに表示されますが、この地域の生産者と輸入業者は現在、米国の顧客を引き付けるために大きなマーケティング活動を行っています。ワインは魅力的な価格ですが、シンプルでわかりやすい傾向があります。Paysd’Ocは広い地域をカバーしており、そのワインはフランスの総ワイン生産量の約15%を占めています。

これは、お近くのワインストアまたはワインバーに来る可能性のある典型的なPays d’Ocワインの断面図です。

2012 Gilles Louvet Pays d’Oc "O"ソーヴィニヨンブラン($13)。ワインは非常にフローラルで香りがよく、ガラスのシロツメクサの畑のように、酸味が良く、口当たりが柔らかい。有機ブドウから作られるので、これは非常に良い貝のワインになります。

2012 La Dournie Pays d’Oc "Le Blanc" ($ 15)。ルーサンヌとヴィオニエとヴェルメンティーノの珍しいブレンドで、洋ナシとキウイフルーツのフレーバーがあり、食感の良い非常に魅力的な飲み物です。オーガニックでもあります。

2012 Fortant Pays d’Oc「HillsReserve」ヴィオニエ ($ 12)。フルボディでやや甘いこのワインは、ハチミツ、ピーチ、トロピカルフルーツ、ピーチの皮など、フローラルでフルーティーなアロマとフレーバーがたくさんあります。

2011 Laurent Miguel Pays d’Oc "Nord Sud" viognier ($ 14)。フォータントよりも少し甘くてフルで、このヴィオニエは同じ果実味と花の特徴を持っていますが、柑橘系の香りが少しエキゾチックです。ややスパイシーでやや甘いアジア料理に合うかもしれません。

2012 Laroche Pays d’Oc pinotnoirdelaChevalière ($ 13)。丸みを帯びたチェリーと典型的なサッサフラスのルーティなフレーバーを備えた、果実味のある素晴らしくシンプルなピノ。

2012 Paul Mas La Forge Pays d’Ocピノノワール ($ 11)。ルーティでフルーティー—フレッシュなプラムとレッドチェリーの味わいで、軽いスパイシーさとコーラの含みがあります。丸みを帯びており、ボディは軽いです。

2012 Laroche Pays d’Ocカベルネソーヴィニヨンデラシュヴァリエール ($ 13)。緑の茎のフレーバーが真っ赤なチェリーフルーツとタンニンのヒントと一緒に行くのが好きなタクシー愛好家にのみお勧めします。

2012 Gilles Louvet Pays d’Oc "MonPréCarré"マルスラン ($ 16)。カベルネソーヴィニヨンとグルナッシュのクロスであるこのマルスランは、ピリッとしたクランベリーと丸みを帯びたブラックベリーの風味があります。ボディは軽いが、タンニンが良く、バランスが良く、風味豊かな後味があります。


ヴァン・ド・ペイ

ヴァン・ド・ペイ (フランス語: [vɛ̃dəpɛ.i]、「カントリーワイン」)は、フランスのワイン分類であり、 ヴァン・ド・テーブル 分類、ただし以下 アペラシオンドリギンコントローレ 前者以下の分類 vindélimitédequalitésupérieure 分類。 NS ヴァン・ド・ペイ 分類はに置き換えられました 表示GéographiqueProtégée 2009年の分類。[1] [2]

に関する法律 ヴァン・ド・ペイ 用語は1973年に作成され、1979年に可決されました[3]。これにより、生産者は、単純で商業的に実行不可能なテーブルワイン分類を使用せずに、AOC規則で要求される以外のブドウ品種または手順を使用して製造されたワインを区別できます。フランス産としか記載されていないテーブルワインとは異なり、 ヴァン・ド・ペイ 原産地の地理的表示があり、生産者は分析と試飲のためにワインを提出する必要があり、ワインは特定の品種またはブレンドから作られている必要があります。品種と表示方法に関する規制は、通常、AOCワインの規制よりも寛大でした。


すべてにもかかわらず、フランスは今でも素晴らしいワインの本拠地です

Marius by Michel Chapoutier Vermentino、IGP Pays d’Oc、フランス2019(£8.99、Hay Wines). フランスの飲料業界は、この1年で楽な時間を過ごしていません。さて、クラブに参加してください、あなたはよく言うかもしれません。しかし、パンデミックの影響とは別に、フランスのビネロンは、航空宇宙産業への補助金をめぐる米中貿易戦争に巻き込まれることに対処しなければなりませんでした。フランスワインとスピリッツの最大の輸出市場である米国は、フランスワインの関税を25%引き下げました。 2020年の終わりまでに、フランスは2019年と比較して20億ユーロ相当のワインとスピリッツの輸出を失いました(わずか13%の恥ずかしがり屋)。 Rhôneの専門家であるMichelChapoutierのLanguedocプロジェクトからの、この素晴らしくブドウのような柑橘系のドライホワイトから始めるよりも悪いことをする可能性があります。 Marius by Michel Chapoutier Vermentino、IGP Pays d’Oc、France 2019(from£8.99、bcfw.co.uk thewinereserve.co.uk haywines.co.uk flagshipwines.co.uk)。

ChâteauGreysac、Médoc、ボルドー、フランス2015(£12.50、ジャスティリーニ)。 経済的争いの1年で、贅沢とハイライフに最も強く関連している2つのフランスの地域が、売り上げが最も苦しんでいるのを見た人々の中にいることは驚くことではありません。 2020年のシャンパンは特に悪い年で、輸出額は20%減少しましたが、ボルドーは13.9%減少しました。シャンパンは、常に世界経済の幸運と密接に関連している製品であるため、免疫化された世界が開かれると、パーティーのエネルギーがすべて解放されたときに、シャンパンが跳ね返ることは間違いありません。今年の夏まで。一方、ボルドーは、これまでどおり、最新のヴィンテージである2020が積極的に報道されることを期待しています。このヴィンテージは、世界中の商人に紹介され、来月に報道されます。その瞬間の注目は、通常、この地域の数十のトップシャトーに悩まされています。しかし、評判の高い最近のヴィンテージからの成熟したボルデレーの贅沢を手頃な価格で提供するために、シャトーグレイサックのジューシーな赤は今まさにお金になっています。

DomainedesCôtesdelaRoche、Saint-Amour、Beaujolais、France 2018(£11.50、The WineSociety)。 フランスワインの衰退と衰退についての見出しは、私の20数年のワインについての執筆の散発的な特徴でした。しかし、国が新世界の大手ブランドの実行可能な競争相手を立てるのに苦労してきたすべてのことのために、過去20年間は、実際には国全体で品質の黄金時代のようなものでした。イタリアだけが、フランスの独特な地域の伝統の純粋な多様性に近いものを提供しています。今日、フランスの広大なブドウ園のほぼすべての場所で、献身的で才能のあるワイン醸造業者によって作られた素晴らしいワインを見つけることができます。例はたくさんありますが、ボジョレーは20世紀後半から21世紀にかけてフランスワインがどのように変化したかを示す縮図です。過剰生産された標準以下のワインのモデルとキャプティブマーケットに結びついた地域は、ドメーヌデコートデラロッシュのように、10ポンドから20ポンドの範囲で真のスイートスポットに当たる興味深いボトルでいっぱいになりました。鮮やかなダークチェリーベリーのフレッシュレッド。


場所の感覚のある地中海とチュートンのワイン

Thymiopoulos Xinomavro、Trilofos Naoussa、ギリシャ2011(£10.49、 マークス&スペンサー) ギリシャワインへの関心は、その経済の運命にほぼ反比例して高まっているようです。 1、2か月前、私は活性化されたOddbinsで提供されているセレクションについて書きました。今やおしゃれな商人ベリーブラザーズ&ラッドはギリシャの世界に ダウントンアビー-クレタ島(ドメーヌリラカルキス作)、サントリーニ島(ハッツィダキス、ドメーヌシガラス)、そして私への啓示であるキプロス(紫の香りの赤)からの非常にスマートなワイン(白、赤、甘美な甘さ)のクラッチによる承認の印章Zambartas Maratheftiko 2011、£16.95)。 Marks&amp Spencerも少しずつ取り組んでおり、ギリシャのマケドニアにあるNaoussaのApostolos Thymiopoulosとの赤いコラボレーションは、クラシックなクシノマヴロです。甘酸っぱいイタリアンモードでジューシーなダークチェリーが波打っています。

Feiler-ArtingerBlaufränkisch、ブルゲンラント、オーストリア2010(£10.99、 ウェイトローズ) 隣国のドイツと同様に、オーストリアには赤ワインの才能があり、その施設では白ワイン、特にグリューナーヴェルトリーナーとリースリングで作られたものに隠れがちです。近年、両国の赤ワインがよりスマートなレストランリストに登場する頻度が高くなっていますが、ドイツのピノがチュートンの世界のエレガントなブルゴーニュの一部を演じており、オーストリアのブラウフランキッシュはローヌのスパイシーなシラーに似ています。後者の最も絹のような、芳香の最高のサンプルについては、WeingutMoricのカルトプロデューサーRolandVelicからのさまざまな瓶詰めを見渡すのは難しいです(Fortnum&ampMasonはBlaufrankischReserve 20111を£32.50で持っています)。 Feilinger-Artingerのテイクはより手頃な価格ですが、それでも微妙にコショウのようなブラックベリーのジューシーさがいっぱいです。

Morrisons Signature Pic-Saint-Loup、ラングドック、フランス2011(£8.99、 モリソンズ) 気候と地域全体のIGPPays d'Ocアペラシオンによって許可されたより大きなワイン製造の自由のおかげで、ラングドック=ルシヨンはオーストラリアに対するフランスの答えとしてしばしば語られます。 -ボトル。しかし、オーストラリア人がこれまで以上に鋭い場所感覚でワインを生産しているように、ミディの小さなアペラシオンが均質な塊から出現しています。モンペリエの北にある丘にあるPicSaint-Loupは最も成功しており、Domaine de l'Hortus、MasBrugière、ChâteaudeLancyreなどによる赤のブレンドは南フランスで最高のものの1つです。しかし、これらのワインの日焼けした野生のハーブと濃いダークベリーの特徴は、セインズベリー(Taste the Difference 2011、同じく£8.99)とモリソンズの両方からの独自のラベルバージョンでも喚起的にレンダリングされます。


IGP Pays d'Oc Wine

Pays d'Oc フランスの南海岸の広い地域で作られる赤、白、ロゼワインのIGPです。 IGPの集水域は、フランスで最大のワイン生産地域の1つであるラングドックルシヨンワイン産地にほぼ対応しています。この地域は、地域のAOCレベルのアペラシオンを管理する厳格な法律の下で製造されていないすべてのワインをカバーしています。その中には、コルビエール、ミネルヴォワ、ラングドックのアペラシオン自体が含まれます。

Pays d'Oc IGPは間違いなくフランスで最も重要であり、国のIGPワインの大部分を生産しています。 5つの別々の部門(エロー、オード、ガード、ピレネーオリエンタル、ロゼール南部の6つのコミューン)がIGPに分類され、地理的な境界ではなく管理上の境界で区切られています。

そのため、中央高地の南の山脈からカマルグの川が交差する海岸平野まで、さまざまな地形が宗派によってカバーされています。ブドウ園は、ガリーグがちりばめられた風景の中でスペースを求めて喧嘩します。

Pays d'Oc地域は地中海性気候で、夏は暑く乾燥し、冬は穏やかです。降雨量のほとんどは春と秋に圧縮されます。

北西からの乾燥した大陸風は、ブドウ園に冷却の影響をもたらし、病気の圧力を軽減します。これには南からの暖かい風が散在しており、待望の雨をもたらす可能性があります。

しかし、この地域のテロワールのバリエーションは膨大です。これは、ピクポール・ド・ピネのような辛口の白ワインから、バニュルスのような強烈で強化された赤ワインまで、あらゆるものを生産するAOCアペラシオンの多様性に反映されています。同じことがPaysd'OcIGPの下で生産されたワインスタイルにも当てはまります。Paysd'OcIGPには、許可されているブドウの品種の長いリストがあります。

グルナッシュやサンソーなどの地中海のブドウ品種は、カベルネソーヴィニヨン、メルロー、シャルドネなどのより有名なフランスの品種とブドウ園で合流しています。ほとんどのPaysd'Ocワインにはさまざまなラベルが付けられています。これは、多くのIGP法に組み込まれている新世界のトレンドです。全部で63の異なる品種がIGPで許可されています。

この地域では、カベルネ・コーティス(1980年代初頭にフライブルク研究センターで開発されたカベルネ・ソーヴィニヨンとソラリスのハイブリッド)、カベルネ・ブラン(90年代初頭にカベルネからバレンティン・ブラッターによって開発されたスイスのハイブリッド)など、他の耐病性品種も試しています。ソーヴィニヨンと耐病性の品種-おそらく別のハイブリッド)とソレリ、最近の白いハイブリッド。

テロワールの品質が高く、AOC法が制限されているため、特に許可されているブドウ品種を取り巻く法律により、ラングドック=ルシヨン地域で製造された最高の(そして最も有名な)ワインの多くはIGPと表示されています。カベルネ・ソーヴィニヨンを拠点とするマス・デ・ダウマス・ガサックやドメーヌ・デ・ラ・グランジのポートフォリオなどのワインは高価格で広く求められており、通常はIGPワインとは関係のない品質です。

約115,000ヘクタールのブドウ園が、200の協同組合と1200の民間生産者で構成されるIGP分類(ラングドック=ルシヨンのブドウ園表面全体の半分弱)に分類されます。最大収量は、赤ワインと白ワインで90hL / ha(1ヘクタールあたり9000L)、ロゼで100hL / ha(1ヘクタールあたり10,000L)に設定されています。

この地域のブドウ栽培の歴史はローマ時代にまでさかのぼりますが、この地域はワイン生産への進歩的なアプローチでも知られています。スパークリングワインを生産するシャルマットの方法は、1900年代初頭にモンペリエのジャン=ユージーンシャルマットによって開発され、前述のように、多くの生産者は生産とマーケティングに新世界のアプローチを採用しています。一部のドメーヌは、オーストラリアとニュージーランドからワインメーカーを連れてくることさえあります。

Pays d'Oc IGPワインは、以前はVin de Pays d'Oc(1987年に設立)とラベル付けされていましたが、2009年以降、VDPカテゴリーはフランスのワイン法から段階的に廃止されました。現在は、欧州連合の標準化されたワインラベル表示規則の一部として設計されたカテゴリであるIndicationGéographiqueProtégéeに置き換えられています。


Pays d’Ocの2019コレクションが多様性と自由を擁護する方法

Pays d’Oc IGPラベルは、制限を回避し、多様性と表現の自由を取り入れており、毎年恒例のワインコレクションを通じて幅広いスタイルを提示しています。 2019&#8217sコレクションの審査委員会に参加したエリザベスガベイMWは、この地域の「アンバサダー」として選ばれたさまざまなワインを調べ、文化的影響と歴史的影響の混合をどのように反映しているか、またそれらがどのようにPays d'OcIGPの多様性と品質。

Pays d’Oc IGPラベルは、制限を回避し、多様性と表現の自由を取り入れており、毎年恒例のワインコレクションを通じて幅広いスタイルを提示しています。 2019&#8217sコレクションの審査委員会に参加したエリザベスガベイMWは、この地域の「アンバサダー」として選ばれたさまざまなワインを調べ、文化的影響と歴史的影響の混合をどのように反映しているか、またそれらがどのようにPays d'OcIGPの多様性と品質。

エリザベス・ガベイ 2019年12月29日

ガベイは、2019年のコレクションを次のレンズを通して見ています。過去の伝統的な品種カベルネ・ソーヴィニョンとフラン、ソーヴィニヨン、ピノ・ノワール、シャルドネ、シラー、ヴィオニエなどの古典的な品種を試し、多様性の文化史がどのように生まれたか。

ラングドック=ルシヨンは長い間文化の岐路に立ってきました。イタリアとスペインを結ぶ海岸平野に沿って、大西洋岸まで北に伸びるドミティア街道などの地中海と海上貿易と道路は、アイデア、人々、ブドウの品種のダイナミックな交換を確実にしました。 2019&#8217sコレクションに選ばれたPays d’Oc IGPワインの範囲はこの歴史を反映しており、耐病性品種の開発のためのPays d’Ocに重点を置いており、将来のコレクションにはさらにユニークなワインが含まれることは間違いありません。

ユニークなワインには、ユニークなテイスティングルームが必要です。ChâteauCastignoのコルクで覆われたセラー

過去の伝統的な品種は、多くの場合、未発見の魅力を示しています。たとえば、Domaine des Maels 「レ・マテル」 オークのルーサンヌ、ドメーヌポールマス 「GrenachedeGrenache」 グルナッシュブランとグリスとドメーヌゲイダのブレンド フィギュアリブレフリースタイルブラン グルナッシュブラン、マカベオ、マルサンヌ、ルーサンヌをブレンドしています。 Laurent Miquel’s ソラスアルバリーニョピレネー山脈のふもとの石灰岩の斜面で育った、サンティアゴディコンポステーラへの巡礼ルートを経由してガリシアの起源へのリンクを主張することができます。彼の ソラスグルナッシュブラン また、バランスの取れた重量と電気柑橘系の酸性度を持っています。 Domaine d’Aigues Belles ’ プレミアロール、別名ヴェルメンティーノは、オークの重さとレモンの豊かさを持ち、ニンニクのガンバとの相性が抜群です。

赤の中で、フルーツとセイボリーのノートの組み合わせが典型的です:オリビエコステの サンソー ドメーヌピカロの 「羽化」カリニャン とレジャメルの セレクションパルセレールグルナッシュノワール ほとんどの場合に多様性を示します。

19世紀には農業の富、運河、鉄道がもたらされましたが、フィロキセラと2つの世界大戦が繁栄を逆転させ、金融危機、協同組合の台頭、南部の背水への追放の時代をもたらしました。アペラシオンの作成は遅く、この地域はバルクワインの提供者と見なされていました。アリカント・ブーシェは、この時期に植えられた非常に悪意のある働き者の品種の1つであり、黒汁と厚い皮のタントゥリエブドウで、大胆なワインを作ります(禁酒法カリフォルニアで強化聖礼典ワインの成功を収めています)。 Olivier Costeは、適切な名前で品種の可能性を示しています アリカンテバダス、完熟した赤い果実味がいっぱいで、フィニッシュにはスパイスとモカの香りがあります。

2019コレクションの審査

古典的な品種でこの地域で実験する

1970年代以降、地価が低かったため、想像力豊かな生産者がこの地域に来て実験し、この地域の多様な遺産を利用し、ボルドー、ブルゴーニュ、ローヌに触発されて、独自のオクシタニアの特徴を取り入れたワインを作りました。

ボルドーの影響を受けた赤は、冬のローストや火のそばの夜に最適な熟したフルボディのワインを提供します。ドメーヌゲイダの フィギュアリブレカベルネフラン 鮮やかな葉物野菜の酸味としっかりとしたミネラルタンニンを備えた美しい熟した果実を示しています。ブルーノアンドリューの ピュアプチヴェルド 花の香りと黒いベルベットのタンニンによって持ち上げられた熟した青と黒の果実を持っています。コレクションのカベルネの範囲は多様性を示しています。フォータントの Terroir d’Altitude、ドメーヌドゥラジャッセ TêtedeCuvéeドメーヌポールマス すべてがタバコとスパイスで豊かなカシスフルーツを持っています。カルメル&ジョセフ ヴィラブランシュマルベック パワフルで官能的です。メゾンベンテナックの ピエール カベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランのブレンドは、その北西のラングドックの起源を裏切り、完全に熟したブラックカラントの果実の背後に新鮮なカリカリの酸味があります。

新鮮なソーヴィニヨンホワイトが輝きます:Les Domaines Auriol’s 「ルネッサンス・ド・シセロン」、 Les Vignobles Foncalieu’s ルヴェルサン とSerredeGuèry’s 「Sagesse」 。 Foncalieu’s グリセット 珍しいソーヴィニヨングリから作られ、いとこの草のような鮮度が少なく、柑橘系のグレープフルーツの活気があります。

ピノノワールは、特に少し涼しい場所でもうまくいきます。ドメーヌジラールの ペックカルベルピノノワール、樽で発酵させ熟成させたオープンタンクは、熟したチェリーフルーツと絹のようなタンニンを含む本格的なワインです。

シャルドネの範囲は、多様性の多様性を示しています:メゾンカステルの グランデリザーブ (青々としたトロピカルフルーツ) ドメーヌパイ (きれいな柑橘系の果物) Les Vignerons de Florensac (フルボディの華やかさ) LesVigneronsduSommiérois (フローラルピーチフルーツ)と上品 「L’Art desSensシャルドネリザーブ」 ラロッシュ産で、部分的にオーク材を使用し、石灰岩の土壌からの新鮮な抑制された柑橘系の酸味と組み合わせて、魅力的にエレガントなシャルドネを生み出しています。

Domaine de Castelnau’s 「EtendoirdesFées」 フルボディでエレガントなシラー、フォンカリューの ルヴェルサン とフォータントの テロワールダルティチュードシラー ジュニパー、ガリーグ、スパイス、リコリスのノートが付いた南部の熟した果実味があります。

Pays d’Oc Viognierは、ブドウの木の経験と年齢が上がるにつれて、力を増していきます。 Domaine les Yeuses Viognier (レモンピール、トロピカル、ドライアプリコットフルーツの豊かなフレーバーを備えた特徴的なフローラルキャラクター)、 Domaine les Salicesのオークのヴィオニエ(より抑制され、フルーティーではなく、エキゾチックなフローラルノート)と LesVigneronsduSommiérois「L’Infidèle」、マスカットとヴィオニエのブレンドは、食前酒のかなりの代替品である、完全にトロピカルで砂糖漬けのフルーツとフローラルノートで乾燥しています。

シャトーカスティーニョの審査員

焦点を絞ったアペラシオンを求める人もいましたが、まったく異なる別のビジョンが生まれていました。 1970年代後半、ジャック・グレイブジールとロバート・スカリは、ラングドックが新世界と多くの共通点を持っていることに気づきました。さまざまな品種、さまざまな気候、伝統的な制約の欠如、多様性の文化史を備えたアンブレラレーベルPays d’OcIGPのアイデアが生まれました。のような部外者の品種 SerredeGuéryの「Conseil」 ゲヴュルツトラミネールCantalricの「SentierduSudColombard」 また、古典的なアペラシオンの境界を越えた新世界スタイルのブレンドには、 Domaine de Cigalus’s (シャルドネ、ヴィオニエ、ソーヴィニヨンブラン)、 ドメーヌグランケミンの「アンサス」 (ヴィオニエ、シャルドネ、ソーヴィニヨンブラン、ロール)と レ・アコード・ロシュ・マゼットの(シャルドネとヴィオニエ)は、表現の真の自由を示しています。

将来を見据えて、気候変動や病気に対処するために新しい品種を導入することは、カベルネソーヴィニヨンとグルナッシュの1961年の交配であるPays d’Oc IGPレーベルMarselanの強みの1つであり、干ばつ耐性と濃縮された果実で評価されています。品種として瓶詰めされることはめったになく、次のようなブレンドで表示されます Domaine les Yeuses「Ôd’Yeuse」、カベルネ・フランと。ニエルキオ(コルシカサンジョヴェーゼ)は、暑い夏でも新鮮な酸味を保つことができる最新の製品です。

今日、Pays d'Oc IGPというラベルの下では、多数の品種がラベルのDNAであり、さまざまな土壌や気候からの非常に多くのフレーバーが生産者に表現の完全な自由を与える可能性があり、コレクションの審査員が指摘したように、ワインは並外れた多様性を提供します。


ピノの輝く精神

シャンパーニュにはブルゴーニュよりも多くのピノノワールがあります。この地域のクラシックなブレンドにおいて、シャルドネとピノムニエの重要なパートナーです。時折、ピノノワールはシャンパーニュのベースワイン全体を形成することができます。

クラシックなブレンド、特にピノノワールとシャルドネのブレンドは、他の多くのフランスの伝統的な方法のスパークリングワインで繰り返されています。ピノノワールは、ロワールのソーミュールとドローム渓谷のシャティオンアンディオワのブレンドで見つけることができます。リムーでは、クレマン・ド・リムーのブレンドの最大10%になる可能性があります。そして故郷に戻ると、それはクレマン・ド・ブルゴーニュのブレンドの一部としても現れ、そのいくつかはシャンパーニュに印象的な類似性を持っています。


歴史

アリニャック男爵は、1649年に1455年以来家族の所有物であったアリニャックの城で生まれました。ピレネー山脈の中心部に位置するアリニャックは、アリニャック男爵にとって忘れられない場所であり、幸せな子供時代を過ごしました。周りの性質。ペイドックで叔父のブドウ園を訪れた後、18歳のダリグナック男爵は、情熱と野心に満ちた若い男が、知識の海であるワインを学ぶことを決心しました。

家族のブドウ園で何年も過ごしたり、他のブドウ園を訪れたりして、ダリグナック男爵はワイン造りに夢中になり、それを彼の生涯のキャリアとして扱いました。彼はワイナリーの労働者と協力して、ブドウの進歩的な成長とブドウの品質を高めました。

1676年、バロンダリグナックは彼の最初のバロンダリグナックキュヴェの赤ワインを独自にブレンドしました。謙虚に、彼は批評家や提案のために彼のすべての親戚だけでなく多くの親しい王室にワインを送りました。結果は心強いものでした:彼はそれらのうるさいワイン愛好家を征服しました!

南フランスに拠点を置き、寛大な日差しと多様な土壌の恩恵を受けたバロン・ダリグナックは、赤、赤ワイン、白ワインをブレンドするためにさまざまなブドウ品種を試し始めました。 「素晴らしいテロワール」が経験豊富なワイン造りの専門知識と出会うとき、常に驚きがあります!

何年も経ち、典型的な南部風の口ひげを生やしたこの優しいムッシュは、彼の魅力と驚くほど優れたワインで評判が良かった。
心の広い男、バロン・ダリグナックは、常に地に足の着いた態度、日当たりの良い笑顔、そして響き渡る声を持ち、良いワインは友人や家族と共有されるべきであるという哲学を持っていました。彼の情熱的な忠実なチームとともに、彼らはワインに注目に値する特徴を与えるために最も高貴なブドウ品種を厳選しました。これらの努力のおかげで、バロン・ダリグナックのワインは、並外れたアロマとかなりのエレガンスを示しましたが、その一方で、圧倒的ではなく、飲みやすいスタイルを持っていました。一流の家族から来たバロン・ダリグナック自身のようですが、気さくな性格を持っています。

ワインバロンダリグナックはその伝説を続けました。 1980年代に、このブランドはフランスで正式に商品化されました。家族の遺産を背負って、子孫はバロン・ダリグナックの原則を注意深く保存し、ワイン造りの伝統を守り、ワインのパッケージと製品の範囲を開発します。

本物で伝統に根ざしたバロン・ダリグナックは大成功を収めました。ワインは世界中に輸出されています。ほぼ30年間、バロンダリグナックは人々の生活の中で最高の瞬間の素晴らしい仲間です。 2011年には、世界中で500万本以上のバロンダリグナックボトルが消費されました。人々は、その名にふさわしいフランスワインであるバロン・ダリグナックのシンプルさ、飲みやすく、飲みやすいフランスワインを気に入りました。


ラングドックへの憧れ

Domaine Les Yeuses Vermentino、IGP Pays d’Oc、フランス2018(£8.95、Lea&amp Sandeman) ラングドックは、さわやかな白ワインの人気の場所のリストの一番上にないかもしれません。日焼けしたミディのワイン造りのハブは主に赤ワインの国であり(栽培されるブドウの約4分の3は赤です)、そのスパイシーな赤のブレンドは世界で最も価値のあるワインの一部です。しかし、あまりにも多くの白ワインはかなり平坦で活気がないように見えました。特に、ラングドックが新世界のワインの挑戦に対する唯一の答えがIGP(旧ヴァンド)ペイドックのより緩い規則と規制を利用することであった年の間はオーストラリアまたはカリフォルニアを模倣するためのアペラシオン。物事は今ではかなり興味深いものになっています。この夏、私は多くのラングドックの白のスタイル(そして言わなければならないのは価格)を楽しんでいます。

Domaine Felines-Jourdan Picpoul de Pinet、ラングドック、フランス2018(£8.50、The Wine Society) ラングドックには、赤よりも白で常によく知られている部分があり、アグド、セート、ペズナの町の周りのエタンデュタウラグーンに続くブドウの木のパッチは、おそらくすべての中で最もよく知られています。ここでは、ピクプール・ド・ピネのアペラシオンは、ピクプール・ブランのブドウ品種にちなんで名付けられ、ラグーン自体で栽培されているカキなど、地元のシーフードに完全に適したワインを生産しています。これらの白人は明らかに気取らない–シンプルですが良い意味で。ブルゴーニュを模倣したり、セラーに何年も隠れているためにヴァン・ド・ガルドを作ったりする試みはありません。少なくとも私が遭遇したことはありません。最高の状態で、柑橘類と微妙なフローラルと葉のハーブのノートと潮風のフレッシュさの落ち着いたクールでクリスピーな組み合わせを提供します。これは、ネコ・ジョーダンの最高の例に見られるすべての品質です。

Domaine Begude Terroir 11300 Organic Chardonnay、IGPHauteValléedel’Aude、France 2018(£9.99、ウェイトローズ) 白ワインを専門とする別のラングドック地方は、ピレネー山脈の麓、美しい中世の丘の町リムー周辺にあります。ここでは、ブドウ園の標高が独特で涼しい気候をもたらし、そのために必要な酸性度を維持するのに非常に適しています。白ワインとスパークリングワインに命を吹き込みます。このあたりのブドウの品種には、フランス南西部の特産品であるモーザックやシュナンブラン(ロワールのさらに北でよく知られています)がありますが、私のお気に入りの多くはシャルドネから作られています。樽発酵スタイルで作られ、肉質の果樹園の果実とすっきりとしたラインが特徴のリムーシャルドネは、北部の鋼のようなシャブリよりもブルゴーニュ南部のマコンに近いスタイルです。英国が経営する素晴らしいエステートドメーヌベグードから2つ試してみてください。熟した、丸みを帯びた、エレガントにトーストされたドメーヌベグードレトワールシャルドネ2018(£15.99、マジェスティック)と、より広いオートヴァレドゥロードのアペラシオンから、派手で明るいテロワールです。 11300。

この記事にはアフィリエイトリンクが含まれています。つまり、読者がクリックして購入すると、少額の手数料が発生する可能性があります。私たちのジャーナリズムはすべて独立しており、広告主や商業的イニシアチブの影響を受けません。アフィリエイトリンクをクリックすると、サードパーティのCookieが設定されることに同意したことになります。詳しくは。


12人の偉大な地中海の白人へのマスターソムリエ&rsquosガイド

マスターソムリエのアンディマイヤーズは、世界中のすべてのJos&eacute Andr&eacutes&rsquoレストランのワインリストを監督しています。これが彼の夏とヘリプのトップ12の白人で、すべてに1つの重要な共通点があります。

アンディマイヤーズは、レバントの味に焦点を当てたJos&#xE9 Andr&#xE9s&#x2019 DCレストランZaytinyaのワインリストを作成する際に、同じ地域のブドウ園について真剣な調査を行いました。ギリシャを含むエーゲ海。 &#x201Cこれらの場所について考えるとき&#x2014プロヴァンス、イタリアのリビエラ、サントリーニ&#x2014あなたは永遠に続く暖かい夜を思い浮かべます&#x201Dと彼は言います。 &#x201Cそして&#x2018の古いペアリングの格言は、そこで生産された白ワインを完全に説明しています。&#x201D地中海の白は、夏の飲酒のために作られていると彼は言います。

&#x201Cこれらのワインは輸送性に優れた素晴らしい能力を持っています&#x201Dと彼は言います。 &#x201CPlus、それらは&#x2019複雑ではありません。彼らは、テーブルの上に、食べ物や友達と一緒にいることを意図した、これらの新鮮で簡単なワインです。&#x201D

ここでは、彼は地中海からの12のトップの喉の渇きを癒す白を共有しています:

1. 2014 Karamolegos&#x2018Ferendini&#x2019 Santorini Assyrtiko
&#x201CAssyrtikoは、ようやくアメリカの意識に浸透したと思うブドウです。人々はそれを理解し始めています。彼らはそれを発音する方法を学んでいます&#x2026彼らは名前でそれを求めています、そして正当な理由があります。その最高の表現は、サントリーニ島の火山性土壌であり、そこでは非常にさわやかな強烈な塩分とミネラルが得られます。その塩辛い性格のために、私は1マイル離れたところからアシルティコを見つけることができました。果物は本当にのんびりしています。 You might get a little lemon zest, some tart green apple… but it’s mostly about vibrant, racy acidity that’s thirst-quenching and makes you want to keep grabbing food, keep noshing, keep drinking. This particular one is from a small producer – a great house that makes classic Assyrtiko – and is insanely affordable for how much it delivers. Particularly if it’s served ripping cold.”

2. 2014 Gavalas Santorini Katsano
“I was taking a date to dinner at Zaytinya recently and thought, ‘O.K. I have to pull something really good to drink so that I can actually look like I know what I’m talking about here.’ I looked at the list and saw this Katsano that I had totally forgotten about. So, it’s Santorini again, but from these rare grapes you don’t see very often – mostly Katsano with this other little grape called Gaidouria. Gavalas – the producer – is almost like a wine archeologist. He finds lost indigenous grapes and then makes them the way his grandfather or great-grandfather would have made them. Katsano has a little softer acidity than Assyrtiko and more fruit-driven flavors: juicy apricot and peach flavors. We were having all of these classic Greek tapas, and it went with everything. It was this soft and supple experience at the table, and I couldn’t have been happier with it.”

3. 2014 Sokos Central Greece Savvatiano
“Savvatiano is usually about the least interesting thing in the world that’s why they make Retsina out of it. It’s this very neutral grape that lends itself to manipulation, if you will. But Sokos handles it in just the right way. It’s still a simple wine, but it’s cold, it’s wet, and it’s super refreshing. It’s full of these soft, basic fruits: yellow apple… pear… some lemon notes… light minerality. This is the wine that you want at that beach wedding in the Bahamas. I could probably drink through 4 bottles of it without even realizing. And I think that we forget – particularly when we write and talk about wine so much – that we don’t always want to have a conversation about it. We just want it to be thirst quenching. This is that wine.”

4. 2014 Château Ksara Bekaa Valley Blanc de Blancs
“If you think about the one Lebanese winery to know, it’s Château Musar. But those are not quaffable wines they’re intense. So, for a summer wine from Lebanon, I like this Sauvignon Blanc/Chardonnay/Sémillon blend from Ksara. They’re also up in the Bekaa Valley, which is basically a big, high desert with incredible diurnal shift… hot, sunny days that shift over to very cool nights. That gives you really nice acidity, particularly in the Sauvignon Blanc. Sémillon rounds it out with this soft, waxy, honeyed note, and the Chardonnay gives it its core. It’s great for the harder Mediterranean cheeses that are out there, or also for shellfish.”

5. 2014 Thymiopoulos 𠆋oarding Pass’ Naoussa Malagousia
“I have a love/hate relationship with Malagousia. It’s a grape that can be made way too fat, and it can overwhelm the conversation really quickly. But when I was first introduced to Thymiopoulos about a year ago, I tried the wine and said ‘wait a minute… this is a Malagousia that has restraint!’ It had acidity. It didn’t coat my mouth the way southern Rhône wines do. It was lower in alcohol, a little bit lighter in style, and yet still had all of the character that makes Malagousia exciting: the vibrant spice notes, the exotic tropical fruit… all of this fun stuff happening in the wine. I love that it can have that exotic nature while still maintaining a natural acidity and balanced alcohol that makes it really friendly at the table.”

6. 2014 Donnafugata ‘Lighea’ Sicilia Zibbibo
𠇏irst off, it’s so much fun to say 𠆍onnafugata’… and ‘Zibbibo’ for that matter – the Muscat of Alexandria by another name. Donnafugata is right off the coast of Sicily, on a little Island called Panteleria, which is where all of the yummy capers come from. They’re one of the most exciting winemakers in Italy, period. They’ve always made really tasty sweet Zibibbos – like their Ben Ryé, which is the benchmark of what you can do with Muscat in Italy. So, they really know how to handle the grape… how to coax all of the exotic aromatics out of it. In this dry version, it still stays really light and playful. It has all this fresh, vibrant fruit and spices and an incredible ability to jump out of the glass at you.”

7. 2015 Tenuta della Terre Nere Etna Bianco
“Tenuta delle Terre is just awesome. They’re actually on the volcano and have to pause work sometimes because of eruptions. Their white is made predominantly from the Carricante grape, with a little Cataratto and Grecanico. It’s incredibly mineral-driven. You get a little bit of that spice component from the volcanic soil, which is so fun in a white wine. It’s like a little mid-palate prickle, which I liken to eating something with ginger in it. You get these yellow fruit notes from the Carricante and a little bit of that light, smoky ash hidden behind… It has weight and body while still being so refreshing.”

8. 2014 Bodegas Volver ‘Tarima Blanco’ Alicante
𠇊licante is down in southeastern Spain on the Mediterranean coast. Bodegas Volver steps a little out of my mold, because it’s a Jorge Ordo༞z project, and his wines tend to be louder, more evocative… stronger personalities overall on the table. But this is such a fun blend and is so incredibly affordable. The Viura grape brings acidity: a little mouthwatering freshness and some tart green notes. Merseguera brings density and a floral aspect – think white flowers like magnolias. So, you have this big evocative floral wine that still has a nice cut of acidity.”

9. 2014 Raventos I Blanc ‘Perfum de Vi Blanc’ Conca del Riu Anoia
“Raventos I Blanc changed the whole Cava game for me. I didn’t realize anyone was producing sparkling wines there at that high a level. There are so many exciting things about this producer, one of them being: they make great still wine as well. Here, you have the vibrant aromatics of Moscatel paired with Macabeo, which is a little more down and dirty. Macabeo always reminds me of Sémillon in that it has that weight and waxy texture, but the Mocatel makes it feel so fresh. I𠆝 want the entire usual cast of characters with this: croquetas… jamón… If you’ve got some anchovies or sardines, that would be nice too. Don’t reinvent that wheel. No need.”

10. NV El Maestro Sierra Fino Sherry
“When I first came on board here, I really had to throw myself into the world of sherry, and I consistently found myself coming back to El Maestro Sierra as the most exciting producer. Just brilliant wines. And, the Fino category was basically invented for this time of year. I like to get a half-bottle of this wine, 2 dozen oysters on the half shell, and then just jam the bottle down into the crushed ice with the oysters. What could be better than that?”

11. 2014 Domaine Tempier Bandol Blanc
“When you get down into the whites of the south of France, you’re looking at Châteauneuf-du-Pape Blanc, which is by no means refreshing, or you’re looking at a world full of really uninteresting wines. And then you have something like Domaine Tempier. They’re one of the great producers in Bandol, known more for their reds, but this sneaky little Clairette is so tasty. Clairette brings nice orchard fruits to the table, and the Ugni Blanc in the blend gives it that little bit of citrus that it needs: more tangerine and orange than lemon-lime. Then, it has this very subtle lavender note to it – that Proven๺l terroir. It’s a wine that surprises even people who know about Domaine Tempier, because it’s this delicate, ethereal little wine that’s just pleasant and easy to drink.”

12. 2014 Anima Negra ‘Qu໛ia’ Mallorca
“There are not a lot of wines produced on Mallorca, but we’re seeing more of them pop up now. The main grape in this one is Premsal Blanc, which is a synonym for Moll. It’s a nice grape because it’s very tolerant of heat, it doesn’t over-ripen, and it also takes alcohol really well, to the point that it can be 14.5% and you𠆝 never know it. Where it grows, it’s hilly there are trees, so there’s more sun protection than you have on, say, Santorini. It’s has a Mediterranean climate not unlike Corsica, but I find the wine to have a little more of a hearty nature to it. You𠆝 want meatier fish like tuna, or octopus, or mackerel with it. Premsal Blanc is great with those darker flavors.”


Taste Languedoc - a blog about the wines of the South of France

Patrick Schmitt, the very articulate editor of The Drinks Business and a fellow MW, recently conducted a series of three webinars on the Pays d’Oc, looking at three specific themes, namely the varietal and commercial aspect of the Pays d’Oc. Organic and sustainable followed, and third was Native and Novel.

First Patrick introduced the Pays d’Oc. Robert Skalli was pioneer of what was then called Vin de Pays d’Oc, back in 1987, focusing on varietal wine, which was unusual in France at the time. His brand, Fortant de France, sold 80,000 bottles at the end of the 1980s. In contrast, in 2021 the annual sales of Pays d’Oc are predicted to be 800 million bottles that is 24 bottles sold every second! There are 120,000 hectares classified as Pays d’Oc out of a total of 240,000 hectares in Languedoc Roussillon. They account for 10% of the French vineyard area and 16% of the total French wine production. They are ten times bigger than Burgundy and the same as Argentina in volume, with 1000 independent wine estates and 160 cooperatives. The colour breakdown is 48% red, 26% white and 28% rosé, so significantly more rosé than Provence.

The strengths are numerous. The wine growers have an enormous amount of liberty. Fifty-eight different grape varieties are now allowed, so that the Pays d’Oc account for 92% of all varietal wine from France. The permitted varieties continue to evolve with Albariño, Tempranillo and Sangiovese amongst more recent additions to the list. Merlot is the most widely planted varietal for Pays d’Oc surprisingly perhaps Pinot Noir comes 4 th . Marselan is becoming more important. We are also seeing a re-emergence in Carignan, as the emblematic variety of the Languedoc. For white wine, varieties like Viognier. Grenache Blanc, Vermentino and Marsanne are important, as well as more international varieties such as Chardonnay and Sauvignon. Pays d’Oc accounts for one third of France’s plantings of Chardonnay and Sauvignon and one quarter of its Merlot, as well as 60% of its Syrah. Blends are also developing in importance, rising from a meagre 2% to 7%.

Patrick talked about the strengths of the wines, their scale, their image, with their diversity and authenticity. He rightly suggested that they complement the appellations, which have more controls and are more terroir driven, whereas the Pays d’Oc gives a wine grower more freedom and creativity. And they also represent great value for money.

Talking about Organics and Sustainability, Patrick focussed on the advantages of the Languedoc for organic viticulture, especially considering the climate. The winds are all important, an important cooling and drying influence, with the Mistral, the Tramontane, the Marine and the Autan, as well as the 300 days of sunshine, which allow for low-intervention viticulture. The Pays d’Oc’s annual production of organic wine is 67 million bottles, so there is an enormous choice.

In the final webinar Native and Novel, Patrick looked for unusual blends or more obscure varieties, and for this, I was lucky enough to receive the accompanying samples, eight dinky little bottles. So this is what I tasted.

2018 Domaine de Puilacher, Circulade Blanc

A blend of Chardonnay, Viognier and Vermentino. From an estate in the Hérault Valley, north west of Montpellier. Fermented in stainless steel vats, with some time on the fine lees. Light colour. A rounded nose, with hints of pear. I would have expected the Viognier to be more obvious, with some peachy notes, but no. The palate was rounded and textured, lightly buttery, with a dry finish, and a slightly bitter, refreshing note on the finish. Suggested UK retail price 㾶-15.

2018 Domaine de Figuières, Impetus Blanc

A blend of 60% Roussanne and 40% Viognier and from a property within the appellation of la Clape, close to Narbonne. Fermented in barrel. Light colour. Some peachiness on the nose and quite a rounded palate, with well integrated oak. A slightly salty tang on the finish. Suggested UYK retail price 㾼-20.

2019 Les Domaines Barsalou, Grenache Gris

From a group of three estates, based in the Corbières. A pure Grenache Gris, with just the merest hint of pink, after some maceration on the skins Rounded ripe fruit on the nose and palate. Supple and textured. Very satisfying and at less than a suggested UK retail price of 㾶.00 very good value.

2019 Mas la Chevalière, Rosé

A blend of 60% Grenache, 30% Syrah and 10% Cinsault. A little colour. Quite fresh raspberry fruit on the nose and palate, with some salty acidity on the finish. Quite fragrant, delicate and fresh. The grapes are picked at night. Fermentation in stainless steel vats. Minimum filtration. A lovely example of a Languedoc rosé, competing very well with Provence. UK Retail price - 㾶 - 㾻. This comes from an estate outside Béziers, that was bought a number of years ago by Michel Laroche of Chablis fame, and is now part of the Advini group.

2019 M. Chapoutier, Marius, named after Michel Chapoutier’s grandfather.

A blend of Grenache and Syrah. Ten days maceration. Ageing for five to eight months in stainless steel tanks. A great combination of ripe cherry fruit from the Grenache, balanced by the spiciness of the Syrah, producing Languedoc sunshine in a glass. Young colour. Rounded spice ripe without being jammy. With no oak and a fresh finish. UK retail price ٧.80

2018 Serre de Guéry, l’Esprit d’Eloi, Petit Verdot

From an estate in the village of Azille, in the heart of the Minervois. Petit Verdot is a grape variety more commonly found in Bordeaux and almost never as a single varietal anywhere, and certainly not in Bordeaux. In the Languedoc, it benefits from the heat and sunshine and ripens well, as this example shows, with a deep colour, after 12 months ageing in barrel. Rounded cassis fruit on the nose. Quite intense and ripe with quite a tannic edge on the finish. Still very young. UK retail price 㾸.00

2018 Les Jamelles, Les Traverses, Sélection Parcellaire, Mourvèdre

Half the grapes are destemmed, and half not. One month on the skins. Ageing in 500 litre barrels of three wines until the summer. Quite a deep colour. Quite a firm restrained nose, with an elegant palate and considerable potential. Youthful, fresh and nicely balanced. Les Jamelles is a brand developed by Laurent Delaunay, one of the Languedoc’s most successful winemakers. Mourvèdre performs well in a Mediterranean climate and this comes from 40-year-old vines. Suggested UK Retail price 㿀-25

2018 Domaine d’Aigues-Belles, Cuvée Nicole

A blend of Syrah, 75% and Cabernet Sauvignon 25%. From an estate in the Gard, near the Pic St Loup. A very successful blend which I liked this a lot. Deep young colour. Fresh peppery fruit, and on the palate, elegantly ripe red fruit. Well balanced, with a fresh tannic streak. It has spent 12 months in oak, and the oak flavours are nicely integrated. An excellent finale to the tasting and series of webinars.