伝統的なレシピ

魚の精子は新しい、より安価なフォアグラですか?

魚の精子は新しい、より安価なフォアグラですか?


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

マグロ融合会議では、マグロの精子など、世界で最も珍しい食べ物のいくつかを紹介してくれました

このおそらく新しい食品のトレンドに腹を立てることができるかどうかはわかりません。

フォアグラは、世界で最も物議を醸している食品の1つです。州は禁止しています(そして禁止されていない)脂肪の多いガチョウの肝臓、および動物の権利活動家は、高級料理に使用されるガチョウやアヒルが人道的に育てられたり殺されたりしないことを懸念しています。革新的な各国料理の毎年恒例のお祝いで、 マドリッドフュージョンマニラ今年フィリピンで開催された、メディアと食品愛好家は、フィリピンの料理界で珍しい傾向に気づきました。新しいフォアグラとしての魚の精子です。どうやら魚の精子、特にマグロの精子は、フォアグラに似た一貫性と味がありますが、1ポンドあたり約3.30ドルとはるかに安いです。 CNNによると。

魚の精子はおそらく誰もがきしむでしょう(寿司料理では女性の魚卵を食べますが)が、マドリッドフュージョンマニラでマグロの精子を料理の焦点として提示したシェフのマルガリータフォレスは、それは一般的であると主張しています食べた。フィリピンでは、動物の一部が無駄になることはありません。彼女はさらに、豚の乳房を添えた牛肉を提供することでこれを証明しました。めちゃうまのブルース・リケッツもサバの精子を調理しました。

しかし、水中の生き物からの生殖液を食べることは、新しい革新ではありません。 白子は日本の珍味です、そしてそれはオスのタラのミルト、または精子嚢です。平らげる!


あなたは同じ古い日本食に飽きて、何か新しくてエキサイティングで少し奇妙なものを試したいと思っていますか?生命を脅かす可能性のあるものから、圧倒的に刺激的な臭い、単なる奇妙なものまで、ここにリストを示します。 海からの最も奇妙な日本の珍味の20。少し興味があり、日本料理の視野を広げたい場合は、リンクをクリックして詳細をご覧ください。

1.白子(魚の白子)

白子は男性のキャビアに相当すると考えてください。キャビアは必ずしも女性らしいわけではありませんが、キャビアは魚の卵ですが、白子はタラの精子です。技術的にはそれは精子嚢であり、多くの異なる種類の魚から来ることができます。白子は「クリーミー」で「カスタードのような」味わいであると言われています。蒸したり、揚げたり、揚げたりすることもできますが、日本で何を食べたかを友達に話すと、どんなに料理をしても不快な沈黙が失われることはありません。

2.ふぐ(ふぐ)

ふぐには致死量の毒が含まれているので、これはプロに扱ってもらいたい魚のひとつです。特に、美味しくて毒がいっぱいの肝臓を試すことを考えているなら、ふぐのシェフを調べてから食事をすることをお勧めします。通常、ふぐは薄くスライスしたほぼ透明な刺身として、または鍋料理で生で提供され、米ぬかペーストで漬け込んだ卵巣を食べることもできるようです。ふぐの死亡統計は確かですが、最も有名な死者の1人は歌舞伎の坂東三津五郎で、ふぐのレバーを4つ食べて、1975年に亡くなりました。ほとんどのふぐのテイスターは、魚を試す魅力は味ではなく、少し当たり障りのない、圧倒的ですが、あなたが急いで死に逆らうようになります。

3.活き造り(刺身ライブ)

活き造りは、心の弱い人向けではなく、魚、エビ、アカザエビなどの生きた魚介類から刺身を作る習慣です。刺身は、まだ生きている動物の真上で提供されます。おそらくそれは魚を信じられないほど新鮮に見せ、味を増します。言うまでもなく、活き造りは、目の前で死んでいく動物を基本的に消費しているため、非常に物議を醸しています。実際の動作を確認したい場合は、以下のビデオをご覧ください。

4.鮒寿司

鮒寿司は、鯉の一種をご飯に漬けて最長4年間漬け込んで作られています。得られた発酵魚はスライスにカットされ、寿司として提供されます。鮒寿司は、実際には滋賀県の琵琶湖周辺で行われている非常に古いスタイルの寿司です。ご想像のとおり、香りは信じられないほど強く、酢の味がします。

5.くじら(クジラ)

国際社会の考えにかかわらず、日本は科学の名の下に毎年物議を醸しているクジラ狩りを続けており、肉は日本でいくらか公然と販売されています。そして多くの人が驚いたことに、それはいくつかの学校給食ではかなり一般的なメニュー項目ですが、積極的にそれを探す大人はほとんどおらず、鯨肉はレストランではそれほど一般的ではありません。捕鯨と同じくらい物議を醸しているように、鯨肉は素晴らしい味がするだろうと思うでしょうが、ほとんどの人はその味を少し味気ないものとして説明しています。

捕鯨産業で知られる都道府県「和歌山の日」を祝うクジラ給食メニュー

6.トビウオ(トビウオ)

あなたが寿司のファンなら、トビウオの色とりどりの卵であるとびこに精通しているかもしれません。しかし、実際の魚を試したことはありますか?トビウオは痩せて軽い味の魚ですが、鋭い翼に注意してください!

7.あん肝(アンコウレバー)

アンコウの見た目は恐ろしいですが、肝臓は日本で最高の珍味の1つと見なされています。その味はフォアグラのコクと比べられます。アンコウのレバーは、塩でこすり、ライスワインですすいだ後、ピリッとしたポン酢でお召し上がりいただけます。

8.クラゲ(クラゲ)

クラゲは水からすぐに腐ってしまうので、通常最初に乾燥させます。乾燥したクラゲは、水に浸して水分を補給し、酢ソースでお召し上がりいただけます。輪ゴムをむしゃむしゃ食べるようにクラゲを食べると説明する人もいれば、調理したイカと比較する人もいます。味があまりないので、ドレッシングがカギです。

9.シシャモ(ワカサギ)

シシャモは長さ約15センチの魚で、丸ごと焼き上げて食べます。卵は非常においしいと考えられているため、子供たちが「最も妊娠している」ものを誰が持つことができるかを争う学校給食でよく提供されます。見る?世界中の子供たちも同様に粗大です。

10.塩辛(発酵魚の内臓)

塩辛は、さまざまな海の生き物の塩漬けをすりつぶして発酵させたもので、誰もが楽しめるわけではありません。多くの日本人でさえ、それを後天的な味だと考えています。やや食欲をそそる説明は少し先延ばしになるかもしれませんが、多くの人はその塩辛くて強い味が大好きです。

11.ホヤ(マボヤ)

SF映画のように見えるこの変な格好の動物は、見た目と一致する奇妙な味がします。日本ではそれほど一般的ではありませんが、刺身としてよく使われ、日本酒とよく合うと思われます。

12.サザエ(ナンカイサザエ)

日本の夏に海の近くに行くと、道路脇でナンカイサザエが焼かれているのが見えるかもしれません。刺身としても食べられますが、最も人気のある食べ方のひとつは、殻の底にある苦味のある黒い強烈な部分を引き抜くことです。

13.ケガニ(ケガニ)

おいしいですが、これらの毛ガニは他のカニとそれほど味が違いません。彼らの毛むくじゃらの外観は彼らをとてもユニークにしているものです。

14.ウニ(ウニ性腺)

ウニは、中身がおいしい恐ろしい生き物の1つです。とがった外面を丁寧に割った後、ウニの性腺をすくい取って生で食べます。彼らは、ブライニーで、ほとんどクリーミーな味がしていて、高い価格を得ることができます。

15.ちりめんじゃこ(若い塩漬けイワシまたはアンチョビ)

一度に何百匹もの魚を食べたいなら、ちりめんじゃこがぴったりです。若いイワシやカタクチイワシを乾燥させて塩漬けにして作られています。通常、ご飯の上にのせたり、野菜と混ぜたりします。とても塩辛くて少し魚のような味がしますが、圧倒的ではありません。

16.あわび(アワビ)

アサリのように見えますが、実は海のカタツムリで、歯ごたえのある食感とサクサクした味わいで日本では珍味とされています。アワビは刺身として生で食べられますが、グリルもされます。アワビを準備する一般的な方法は、下のビデオに見られるように、水から直接グリルすることです。

16.明太子(タラのマリネまたは明太子)

明太子は実は韓国からの輸入品ですが、日本に来てからは辛い魚卵のマリネが大人気になりました。そのまま食べるだけでなく、おにぎりからスパゲッティ、マヨネーズのフレーバーまで幅広く使用されています。日本でも人気があり、明太子味のポテトチップスもあります。

17.ナマコ(ナマコ)

ナマコは通常、日本では生で食べられ、単独で、または酢のドレッシングと一緒に食べられます。 &#8220繊細な味わい&#8221と考えられていますが、とても味気ない人もいます。

18.しろうおの踊り食い

シロウオは、生きたまま食べられ、口の中で「踊る」と言われる小さな透明な魚です。味はあまりありませんが、醤油につけて、動く魚がたっぷり入ったスプーンを食べるだけで味蕾は十分でしょう。

19.カメノテ(カメノテ)

このフジツボは、見た目がまったく同じなので、日本語では「亀の手」と呼ばれています。少しタフで、食べる前に殻を完全に取り除いてくださいが、「ジューシー」「おいしい」と言われています。

20.くさや(和風塩漬け発酵魚)

この日本の珍味は、サバのような魚を塩水に最大20時間浸し、その後数日間太陽の下に置くことによって作られます。くさやメーカーの中には、同じ塩水を何世代にもわたって使って臭い発酵魚を作ったことに誇りを持っている人もいます。匂いは圧倒されるかもしれませんが、味は実際にはかなり穏やかです。

日本からのこれらの奇妙なシーフードのおやつを試しましたか?これらの奇妙な珍味のどれかを試してみませんか?知らせて下さい!


後付け&#8211アンコウの肝臓のサンプリング&#038楽寿司でのタラ精子

クレンジングミールを欲しがるたびに、自然に日本料理に心が移ります。日本料理が私をとても愛しているのは、食材の真の本質を高め、食材の最も純粋な味を強調し、さらに高める技術です。ミスターと私はの大ファンです おまかせ シェフの手に信頼と期待を置くという驚きの要素が常にあるので、食事。毎年、東京への巡礼を少なくとも1回行い、日本料理という細心の注意を払った退廃にふけっています。

私たちにとって幸運なことに、私たちの本拠地である香港には、東京にお金を稼ぐことができる素晴らしい寿司屋があります。最近、混沌とした銅鑼湾にある奇妙な名前の「ビッグフットセンター」に足を運び、新しい楽寿司を体験しました。この新しいレストランは、数ヶ月前に静かにオープンしました。 シェフAhDo、Sushi Ta-keでの以前の役職から忠実な支持者は、その後、彼と一緒にこの新しい場所に引っ越しました。 4枚の装飾パネルの入り口のデザインがドアを見つけるのに私たちを混乱させたので、レストランに入るのはそれ自体が挑戦でした。左側の2つのパネルの少し近くに立つと、パネルの1つが不思議なことにスライドして開き、豪華なインテリアが現れます。落ち着いた色合いでありながら豪華なベージュの色合いで、豪華な幅広のブースが織りスクリーンで仕切られた滑走路を歩いて、輝く寿司カウンターに到着します。内装は実際に私たちのアパートを思い出させました&#8211非常にスパ/禅のような!

私の考えでは、寿司カウンターに座っていなければ、おまかせを食べても意味がありません。シェフとのライブの交流や寿司作りの演劇こそが、おまかせを定義するものです。私たちはすぐにシェフのAhDoの前に重くて豪華な椅子に座りました。ただし、レストランの匂いはあまり良くなかったので注意が必要です。最近の改装の残骸と関係があると思いますが、寿司カウンターの匂いが気になりました。 8221。したがって、私は前の食事を完全に確信していませんでした。

まずはお酒が必要です。おすすめの日本酒を注文し、冷やしてお召し上がりいただけます。おまかせメニューは4種類あります。 &#8220深刻な寿司愛好家&#8221に対応するオプション。

私たちは最初に甘い巣で食欲をそそります シロエビ(白海老)さわやかな紫蘇の葉の上にのせて。小さくて繊細なエビは信じられないほど新鮮で甘く、口の中でとろけました。

食感にコントラストを加えるために、揚げたタラの皮の風通しの良いスライバーを提供しました。これは、チップスのような味がしましたが、重油は一切含まれていませんでした。日本のマヨネーズの追加は、この小さなおかずを罪深い御馳走にしました。

次は、 ワタニカニ エッグソース付き。この蟹肉料理は甘くて軽くて信じられないほど新鮮でした。

の別の小さなプレート エビ。私のようにエビに夢中になっている人にとって、これは非常に歓迎された光景でした。

カワアキアンコウのレバーソースを添えて。白身魚の肉はしっかりしていて、サクサクした食感に近い。

私はのファンです アンコウの肝臓、そしてこの贅沢なクリーミーソースは、フレッシュなサクサク感と対照をなすのに最適なディップでした カワアキ.

カリカリの小さなプレート 柚子醤油と海苔 味覚をリフレッシュします。海藻は海のように味わいました。

美味しすぎて食べられない&#8211 サンマ (サンマ)きらきらと輝くシルバーのコートを着て、大豆、ネギ、エシャロットを着て到着しました。肉は、心地よい油っぽい色調で、おいしく丈夫でした。

トロの厚いスライス のトーストした部分の間に挟まれた 私も、紫蘇を挟んで。このため醤油は控えるように言われましたが、醤油の辛さが魚の口溶けの脂っこさをほめたたえているのを感じたので、こっそり醤油に少し浸しました。ああ、この小さなサンドイッチは神でした!

私も好きだった シェフAhDo しその葉を半分に割るには、手をかざし、圧縮空気を押し込んで葉を壊します。

スモーキー、塩辛い カツオ。かつおの大ファンではないので、スモーキーな味わいが圧倒されることが多いのですが、にんにくネギ、エシャロット、コショウソウのバランスがとても魅力的でした。

ユニ 独自のシェルで提供され、 柚子大豆塩漬けイクラ。私はいつもユニを日本食レストランの品質の重要な指標と見なしており、楽寿司で提供されるユニはこの世のものではありませんでした!甘くてバターのようでありながら、口当たりは軽くてさわやかで、これは料理のダイナモでした。柚子のおかげで、イクラの柑橘系のポップが大好きでした。

さて、&#8220FearFactor&#8221チャレンジがやって来ます。 アンコウの肝臓と白子 (タラの精子)!私は何度かアンコウの肝臓を持っていました キュベイ 東京で、一口ごとに口蓋に落ち着く微妙な皮肉が大好きです。しかし、私は今までタラの精子を持っていませんでした。冒険好きな食通として、私は食べ物について非常にオープンマインドな見方をしています。問題の&#8220sperm&#8221は、ブタの子宮の外観によく似たチューブでカールしていました(おそらく体内生殖器官はすべて同じように見えます)?深呼吸をして、私は息を切らして噛みました。味は信じられないほどクリーミーですが、独特の残留後味があります。私は後味のファンではなかったと言わなければなりません&#8230&#8230&#8230

したがって、ジューシー 非常に歓迎された口蓋洗浄剤でした。

今度は寿司コースがやってくる。最初は いちじく、一種の大きな貝。弾力のある食感は、特にアサリが噛むたびに甘くなるように見えたときに、噛むのが楽しいものでした。

魚のもう一つの美しさ&#8211 さば (サバ)。私は通常、サバは私には少し魚が多すぎると思いますが、これ(大豆のブラシ付き)は美味しかったです。

の焼き物 あかむじすし。

おとろ!私は通常好きです 中トロ(中脂肪マグロの腹)オトロに、しかしこのバターのように口の中でとろける美しい大理石のオトロは、私に二度と推測させました。

申し訳ありませんが、この作品が何であったか思い出せません。しその葉が隠れていて美味しかったです。

モンスターユニ!このお寿司はユニがたっぷり入っていて、横に傾いていた!ユニの量の退廃は、伝説の中での同様の経験を私に思い出させました 東京の次郎。ここの品質は素晴らしかったです!

甘くてジューシーな海の幸がたっぷり入った味噌汁。

最後の寿司コース&#8211 トロ皮の炙り焼き。ふとっちょ、クリーミー、そしてとても贅沢!

この時点で私たちは危険なほど満員でしたが、特に次のような魅力的な名前のデザートを渡すことはできませんでした。 チーズアイスクリーム(未満)。このスクープは一見平均的なように見えますが、味は知覚を変えていました!チーズがアイスクリームでとてもおいしいと誰が知っていましたか?そして、私はここで&#8220クリームチーズ&#8221について話していません。アイスクリームはビロードのようにリッチでチーズの香りがあり、柔らかくて小さな斑点があり、一口ごとにチーズが飾られていました。

秋なので NS 季節です。さわやかな柿と甘いものをそれぞれ食べました 日本のブドウ。日本の葡萄は、甘いポートに似た、ほとんど蜂蜜のような酔った味がするので、私は大好きです。

最後に、私たちはそれぞれ別のアイスクリームスクープを今度は食い尽くしました &#8220海塩&#8221 フレーバー。ほのかな塩がアイスクリームのクリーミーな甘さをさらに際立たせました。これは2つのうち私のお気に入りのアイスクリームでした。

評決:なんて見つけたんだ!楽寿司は間違いなく私の「お気に入りの香港寿司焼き」のリストに追加されました。食材の鮮度は一口ごとに明らかであり、シェフのア・ドは、新しいフレーバーの組み合わせを生み出すために、日本料理の厳しい制限の外に迷うことを恐れません。私の意見では、おまかせが本当にあなたの最良の選択肢であるため、アラカルトを注文するためにここに来る意味はありません。寿司の平均価格は1個あたり約HK $ 90で、1人あたりHK $ 1300の退廃的なおまかせ(急勾配ですが)は、より大きな価値があるように感じました。結論&#8211これはあなたが最高の品質と経験を求めて来る寿司焼きです、それでこれにもプレミアムを払うのは当然です。しかし、それは確かにかなりのペニーがよく使われています!


ランチセット

上記があなたにとって贅沢すぎる場合(しかし時々贅沢は大丈夫です!)、ユニギャラリーは本当にリーズナブルな価格でランチアイテムのリストを提供します。

各ランチセットは、メイン、スープ、サラダ、ライスで構成されています。

NS ファンタジーちらし ユニの30gベースで19.00ドル(サーモン刺身はわずか4ドルから​​、取引を楽しむために必要な20種類以上の刺身から最低1つの刺身アドオンが必要)で、 ボタンエビ、メカジキ、イクラ、サーモン、細切り卵(きんしたまご)シャキッとした干しエビ のベッドの上 お寿司とご飯。

NS Unadon $ 14.90 もう一つの丼は、焼きウナギと細切り卵の巨大なスラブが特徴です。でも、肌は少し厚すぎて私の好みには合いませんでした。

和牛焼肉$ 16.90、 牛肉は黄玉ねぎ、しめじ、にんじんを細かく刻み、ごまで仕上げました。


切り身を忘れる–代わりに魚の頭と精子を試してください

私には、魚がまだ「彼を見ている」場合は、定期的に彼の魚を台所に戻すように頼む友人がいます。そして、彼は一人ではありません–島国にとって、英国人はまだ魚、特に他の文化が料理と見なしているそれらのビットについて非常にきしむです。私たちは素敵なフィレットでほぼ快適ですが、肝臓、舌、ひれ、または頭にフックを入れることに熱心な人は多くありません。

しかし、シェフのファーガス・ヘンダーソンが90年代に肉から始めたノーズ・トゥ・テール革命は、魚にとっても同様の驚異をもたらすでしょうか?

「魚の内臓はフランスですぐに消費されます」とシェフのミシェル・ルー・ジュニアは指摘します。 「私のお気に入りはおそらくタラの肝臓です。タラの舌と喉も使うのが好きです。」アンコウのレバーはアイスランドとスペインで人気があり、日本では長い間珍味(あん肝と呼ばれます)で、味噌汁や蒸し物で提供されています。

ノルウェーでは、タラの舌が非常に人気があります。ポルトガルでは、魚の頭のスープは国の料理であり、同じ成分がインドのカレーソースで頻繁に提供されます。中国や東アジアの他の地域では、ソースで煮込んだ魚の唇から皮まで、生き物のあらゆる部分が使用され、揚げられ、麺屋でおかずとして提供されます。腸は卵で蒸し、骨はストックを作るために使用されます。

しかし、英国では遅れをとっています。必ずしもそうとは限りませんでした。ルー・ジュニアが指摘するように、魚の内臓は「中世の英国では一般的に楽しんでいましたが、時代遅れになっているようです」。確かに、高レベルのビタミンDのためにタラ肝油を強制的に与えられたという子供時代の否定的な記憶を消すためのいくつかの作業が先にあるかもしれません。シェフが指摘することに熱心であるように、魚の肝臓の新鮮なバージョンははるかに口当たりが良いです。

ダートマスにある彼のレストラン、シーホースでは、魚料理のシェフ、ミッチ・トンクスがアンコウの肝臓をエビやネギとクリームでフライドポテトにするか、ピーマンと唐辛子で冷やして提供しています。 「柔らかくクリーミーな食感と、独特で美味しい塩味がわずかにあることから、シェフからは海のフォアグラと見なされています」と彼は言います。 「しかし、この国では魚について一般的なきしみがあり、人々はアンコウ、ボラ、タラの肝臓などの内臓から遠ざかっています。」

ニシンとタラの卵は、パテやスプレッドで使用するヒュー・フィアンリー・ホイッティングストールなどのシェフのおかげで、ますます人気が高まっています。そして、なぜですか?キャビアはスチュジョンの卵で構成され、ボラやマグロの卵はシチリアのキャビア(ボッタルガ)です。鯉からパンとオリーブオイルを混ぜたものならタラモサラタです。私たちのほとんどは、買い物かごにその浴槽を入れて喜んでいますが、魚の精子(白子または軟卵としても知られています)をより明確に操縦する傾向があります。日本の珍味白子(文字通り白人の子供)では、白子はしばしばポン酢と一緒に袋に入れて出されます。シチリア料理では、マグロの白子、または「ラツメ」がパスタのトッピングとして使用されます。

EU加盟国は、減少する資源を保護するために、海上での魚の廃棄を段階的に廃止する合意に署名したばかりです。私たちにできることは、捕まえた魚の完全に食べられる小片を捨てるのをやめることです。ヘイスティングスの持続可能な小売業者RockanoreFisheriesのSonnyElliotによると、英国では物事が進んでいるため、水揚げされた漁獲物のほぼ半分の重量が捨てられています。 「100kgのタラを切り身にする場合、50kg近くの頭、内臓、骨が最終的に埋め立てられます」と彼は言います。 「時折、人々はストックを作るために骨を要求しますが、ほとんどの場合、彼らはただ肉を欲しがっています。」

しかし、人々がより冒険的に料理や食事を始めているため、レストランや家庭では海の変化の小さな兆候が見られます。ロンドンの新しいシーフードレストラン、夜信オーシャンハウスでは、魚の棘の揚げ物を提供しています。ブライトンのYumYumNinjaでは、セットメニューに定期的に魚の頭のスープが含まれていますが、その鼻から尾までの哲学は貝類にまで及び、ホタテのフリルなどの廃棄物は脱水され、調味料のために粉砕されます。

オンラインの魚屋であるFishSocietyは、肝臓、頬、「ひれの端」(端材と残り物)を販売しています。数年前、魚の頭がサイトに追加され、すぐにホワイティングなどの魚の売り上げを上回りました。魚の頭は安価な栄養源であり、素晴らしい食事に変えることができます。丸ごと、またはストック、スープ、カレーに分けて使用するか、必要に応じて、20分間煮込んだ後、驚くほど大量の肉を取り除き、料理に追加します。 。


アイスランドの大雪解け

アイスランドで何が起こったのか(クラッシュ、銀行の破綻、最近の回復の兆候)を理解したい場合は、レイキャビクのダウンタウンにある首相官邸から始めて、急な崖を登るまで少し東に進みます。ファクサ湾の氷の海。そこに中古車ロットが到着します。この施設の所有者は、Gudfinnur S. Halldorssonという非常に厚い眼鏡をかけた61歳の短い男性で、Guffi(グーフィーと発音)という名前で呼ばれています。与え続けたポルシェ。

2003年から2008年まで続いたアイスランドのブームの間に、顧客がグッフィのディーラーに現れ、お金をかけずにポルシェをクレジットで購入したいと考えていました。グッフィは実際、男性の職種について質問しませんでした。男性がローンを返済したかどうかは気にしませんでした。それは銀行の問題であり、彼の問題ではありませんでした。グッフィはポルシェを販売し、顧客は最初の支払い期日まで1か月ほどそれを運転しました。男は支払いに興味がなかったので、いつも喜ばせることを目指していたグッフィは、男が利益のために車を転売するのを手伝いました。 Guffiは1か月後に同じことをしました、そしてその1か月後に再び、Guffiは6か月に5回同じ車を販売し、連続する販売ごとに驚くほど高い価格を請求しました。

この戦略がどのように可能であったかを理解するには、アイスランドの銀行について少し知ることが役立ちます。 2001年、アイスランド政府は民営化を可能にするために銀行部門の支配権を放棄し始めました。アイスランド大学の経済学教授であるGylfiZoegaは、「銀行の所有権は少数の裕福なビジネスマンに委ねられた」という結果をもたらしました。ゾエガ氏によると、これらのビジネスマンは、国際銀行の経験が非常に限られている地元の銀行家を雇って、機関投資家が喜んで購入できない国際市場で債券を発行したものを運営しました。結局のところ、これはアルゼンチンではありませんでした。これは、国立銀行がローンの不履行の歴史を持っていなかったスカンジナビアの国であるアイスランドでした。 「それは健全な投資であるように見えました」とZoegaは言います。国にお金が注ぎ込まれ、経済は活況を呈した。銀行の助けを借りて、投資家は、国内外の企業の大規模な株式を購入し、家から中古車まですべての価格が急上昇し、アイスランドの株式市場が急上昇し、2002年から2008年の間に900%上昇し、もちろんお金が流れました。グッフィのようなあらゆる種類のアイスランド人の手に渡った。

グッフィはブームの間にたくさんの車を売りましたが、彼はあまり節約しませんでした。私が彼に彼のお金を何に使ったか尋ねたとき、彼は彼が広く旅行し、頻繁にスキーをし、そして海外からの多くのガールフレンドを楽しませたと答えました。 「ウクライナとスイスの美しい女の子たちを見てください」と彼は物憂げに私に言った。 「あなたはおもちゃ屋の子供のようです。彼らがここで休暇をとれるように、私は何度か彼らを家に連れてきました。それから私は彼らにアイスランドを見せます。」彼は思慮深く、「私がやっていたことは観光事業にとって良かった」と付け加えた。

最初は、グッフィが官能的なガールフレンドと一緒にラウガヴェーグル通りをローラーブレードで下り、同じ高級車を販売して転売したとき、それはすべて素晴らしく進んでいました。それから彼は疲れました—本当に疲れました。彼は13時間働いていた。 「誰かが車のローンを組むたびに、これらすべての書類を銀行に持っていくのにどれくらいの時間がかかるか知っていますか?」彼は私に尋ねた。ガールフレンドも元気になりました。 「インターネットで大変な仕事をしている女の子を見つけました。あなたは彼らが送るこれらすべての愚かな手紙を読んでいます。」クラッシュが発生するまでに、2008年後半にGuffiは安心しました。現在、彼は販売する車の数が少なく、同じ車を販売するたびに定期的にお金を稼ぐことはありませんが、それでも手数料を受け取り、ライフスタイルはよりシンプルになっています。 「私は愚かなことは何もしません、そしてそれから私はストレスがありません」と彼は喜んで説明しました。 「ウクライナ人やスイス人のガールフレンドはもういません。私には今アイスランドの女性がいます。」

私たちがおしゃべりをしていると、若いカップルがグッフィの店に入り、すぐに彼は彼らに黒い2005フォードフォーカスを売りました。グッフィは、この車を販売したのはこれが2回目であると誇らしげに述べました。ポルシェではありませんでしたが、グッフィは喜んで見えました。

ブームの年の間に、アイスランドは銀行業に取りつかれた国になりました。 「物理学者から哲学者まで、誰もが銀行のために働いていました」とあるアイスランド人は私に言いました。私は20代半ばの2人の女性に会いました。彼らは大学を卒業したとき、事実上すべてのクラスメートが金融に参入するために冗談を言っていました、そして短い間、彼らは両方とも銀行家になりました。私は、エンジニアになるための訓練を受けた女性の1人に、本当に銀行家になりたいかどうかを検討するために一時停止したことがあるかどうか尋ねました。 「それはただ最もクールだった」と彼女はうっとりと思い出した。 「みんな、そうだね、ハイタッチしてくれ!」

しかし、国の銀行の成功は控えめに言っても欺瞞的でした。アイスランドの銀行の資産は、2003年には国内総生産の174%に相当し、2007年には744%に上昇しましたが、G.D.P。それ自体は年平均5.5パーセント上昇しました。経済はほぼ完全に外貨によって支えられていました。その後、世界の金融インフラが崩壊の危機に瀕していたため、債券の期限が到来し、アイスランドの銀行はそれらを返済することができませんでした。他の国の預金者は、アイスランドの銀行からお金を引き出すために競争しました。政府は銀行が失敗した救済のためのリソースを持っていませんでした。政府は、アイスランド人が普通預金口座のお金を失わないことを保証しましたが、銀行が提供した多くの投資ファンドを含む他の金融資産の価値は急落し、多くの普通のアイスランド人は安全に投資されたと信じている多額の金額を失いました。

さらに悪いことに、多くのアイスランド人は今、深刻な借金を抱えています。アイスランドの通貨が強く、銀行が海外からお金を受け取っていた好況期には、アイスランド人は「外貨ローン」を簡単に手に入れることができました。たとえば、消費者は、円で返済することを条件に、非常に低い金利で日本円を借りました。墜落後、アイスランドの通貨(クローナ)の価値が急落し、突然、住宅ローンや自動車ローンの支払いが2倍になりました。クローナが低いと、他にも多くの問題が発生します。2007年以降、輸入品の価格は85%上昇し、消費者の価格は34%上昇しました。

通貨安にはプラス面があります。つまり、アイスランドの輸出は他の国の人々が購入するのに今では安いのです。この島国は魚以外に何を輸出すべきか?そして、アイスランド人が世界を支配する銀行家ではない場合、彼らは何ですか? Gudjon Mar Gudjonssonは、私が答えを求めて出会った数十人のアイスランド人の1人でした。 Gudjonssonは、最終的にNokiaに買収されたソフトウェア会社であるOz Communicationsを含む、多くの成功した新興企業を設立した起業家です。お金が簡単だったとき、彼は「国の革新は最小限でした」と言いました。 「他の誰かからイノベーションを買う」ことができるのに、自分で物事を発明するのは時間の無駄だというのが一般的な感覚でした。ブームは、グジョンソンが「私たちを怠惰な思想家にした」と結論付けました。

他の起業家はグジョンソンの感情を共有し、アイスランドのビジネス革新を再活性化することを決意しました。彼らは2つの地元の大学の助けを借りて、人々が集まって働くことができるHouse ofIdeasとして知られるインキュベーターを設立しました。 2月の早朝、レイキャビクのダウンタウンのウォーターフロントにある、かつての水産加工工場にあるHouse ofIdeasを訪れました。中には、ソファ、オレンジ色の吊りランプ、鉢植えの植物、エスプレッソバーを備えた、洞窟のようなコンクリートの空間がありました。それは金融セクターにとって真の避難所でした。 I met a 26-year-old man named Agnar Sigmarsson, who introduced himself as a former stockbroker at what he described as “one of the most corrupt banks ever.” Sigmarsson told me that his bank was buying large tracts of land in order to build a new city from scratch. “Personally, I was like, ‘Why would anyone buy this land, because there was a perfectly nice town that had a lot of space right next to it?’ ” he recalled. Sigmarsson has since gone to work at a software company. I met two women, both former bankers, who invented a board game. And there was an architect, Gunnar Sigurdsson, who during the boom years was working on a massive new headquarters for a bank and was now collaborating with another architect, Astridur Magnusdottir, to design a park.

Sigurdsson and Magnusdottir drove me out to the proposed park site and explained how they incorporated ideas from drawings done by neighborhood children into his designs. As we stood together in the howling wind and snow, Sigurdsson spoke fondly of his young collaborators: “We really have some good future designers in them. A few guys really drew some crazy and nice lighting. You see these boring lamp posts? They’re going to go.”

At the House of Ideas, there was something like euphoria that the age of banking had come and gone. One man observed that the banks were “brain-draining the nation,” but since the crash these same banks “were off-loading lots of people — lots of good and clever people — who became available for us.” Another entrepreneur remarked, “I think there was a lot of pent up pressure — creative pressure –—and companies and people were dreaming of making interesting things for years without being able to do so.”

Some of this was simply the rhetoric of the unfailingly optimistic businessman trying to put a shine on things. Just a month after my visit, the House of Ideas had to close its doors because of budget cuts. The incubator’s former managers are looking for new investors so they can reopen. And yet despite the challenges that Icelandic entrepreneurs face, they do seem to share a genuine sense of relief that their nation had given up its vision of becoming an island of Porsche-driving, Armani-wearing financiers. Gunnar Grimsson, an Internet entrepreneur, told me that Oct. 6, 2008 — when Iceland’s economy hit rock bottom, and the entire country was seized by panic — was also his son’s 16th birthday. “I went up to my boy, and I had already congratulated him on his birthday, but then I said, ‘Congratulations, you will now be able to live in a society which is closer to realizing what it is.’ ” I pressed Grimsson, asking why exactly he was so happy for his son. “After this,” Grimsson replied, “he had a much better chance of growing up to be a real person instead of a vapid airhead.”

Historically, Iceland was a nation of farmers and fisherman. Just a century ago, more than half of all homes were made of turf. What money people had, they spent on food. Icelanders proved ingenious at making their food last, and they did that, in part, by eating everything that was even arguably edible.

画像

When I visited Iceland in mid-February, the country was observing a holiday known as Thorrablot — a kind of Icelandic version of Thanksgiving, featuring the traditional food that helped sustain Icelanders of the past. Instead of turkey, sweet potatoes and cranberry sauce, the meal was rotten shark meat, sheep’s head and ram’s testicles. I partook in this cuisine in a restaurant in Reykjavik called Mulakaffi, whose walls were adorned with pictures of the owner — a burly man, rifle in hand, dressed in a bright orange full-body snowsuit. “The owner is a big hunter,” one regular patron told me. “He kills almost everything he sees.”

I loaded my plate and was promptly invited to take a seat at a table of large, boisterous and very muscular men. Gudmundur Sigurdsson and Hjalti Ursus Arnason were both former professional strongmen Arnason was also something of a local celebrity known to many by his nickname, the Great Ursus.

“We only get to eat this food for two weeks of the year,” Arnason told me as he savored his meal.

“Even the dogs in Greenland would not eat this,” another man at the table said proudly.

For Arnason and his compatriots, this holiday represented the ethos of Iceland — a willingness to do whatever needs to be done to survive. “I lived in Norway, and they’re well organized, but they don’t take risks,” remarked Hallur Magnusson, who, along with me, was the only other man at the table who did not look as if he could bench-press 400 pounds. “The Icelanders came from Norway, but they were the younger sons, who didn’t inherit land, so they went to Ireland and got all the most beautiful women, and then they brought them here. That’s why we are the bravest men and the women are so beautiful.” This was also why, the men at the table explained, Icelandic men have won the World’s Strongest Man title eight times and Icelandic women have won the Miss World competition three times, despite the country’s size. (There are only about 300,000 inhabitants.)

At the mention of women, I noted that I had yet to see a single female patron at the cafe. “This is not a fag place,” said one of the men somewhat defensively. “It is because there are no salads or that kind of stuff,” Magnusson added.

In general, Icelanders are quite proud of their rugged Viking past. Politicians made much of this during the boom years. In 2005, the president of Iceland, Olafur Ragnar Grimsson, visited London and talked at length about “why daring Icelandic entrepreneurs are succeeding where others hesitate or fail.” He explained that the “success of this voyage” is “rooted in our traditions and national identity,” and “we are succeeding because we are different, and our track record should inspire the business establishment in other countries to re-examine their previous beliefs and the norms.” He concluded by vowing, “You ain’t seen nothing yet.”

The men at Mulakaffi conceded that it was precisely this kind of thinking that led the nation’s bankers to take such enormous risks and that ultimately led to the economic meltdown. But this didn’t seem to give them much pause. One of them told me that when the economy was flying high, he owned a construction company that employed 500 people, and then his business “went straight off a cliff.” “I didn’t want to cry over it,” he assured me. “I feel no regrets.”

Sigurdsson, the former strongman, agreed. “We are a bit like bulldozers,” he said. “You cannot tell an Icelander they can’t do something. Of course there are some mistakes, but you go to the end, even if it’s the hard way.”

Eventually, Arnason offered his opinion and, as the Great Ursus spoke, his friends listened with deference. “Like most Icelanders, I had some stocks, and I lost all that money overnight,” he explained. “I had a show on the sports channel — a strongman and power-lifting show — and all of a sudden the advertisers disappeared. We had to continue doing it for much less money, and we couldn’t even give away prizes. Even so, I wouldn’t want to go back to when people were being crazy — buying everything without paying for it.”

I asked Arnason if, like so many Icelanders, he had taken out large loans from the bank. “I thought there was something wrong with me because I wasn’t taking millions in loans,” he admitted. “Everyone had brand-new cars and built big summer homes and boats. You felt like a loser or something if you didn’t have it. This is the feeling that many regular people felt if they weren’t making trillions, but maybe we weren’t so stupid.”

The real value of the economic crash, one young woman told me, was that “people are rethinking, Who am I as an Icelandic person?” A number of people suggested to me that the nation, as a whole, was going through a period of intense introspection and that the consensus seemed to be that Icelanders needed to return to their roots. “Everyone is knitting” is how Steinunn Knutsdottir, a drama teacher, put it. “People are also making jam.” I thought that Knutsdottir was joking, until one day I saw a woman standing directly across the street from my hotel, perched on a chair, yarn in hand, stitching some so-called “knit graffiti” into place around a tree.

The knitter’s name was Ragga Eiriksdottir, and ever since the crash, she has been earning a living with her knitting. Before that, she had several other jobs, including working for a pharmaceutical company and writing a sex column for a national newspaper. “I touched on the topics that might be forbidden, like masturbation or fantasizing while having sex with your partner,” Eiriksdottir said from her perch. She started a business that publishes books and produces popular DVDs on the art of knitting. She also runs a series of “knitting tours” in which she escorts knitters from all over the world on trips around Iceland. Eiriksdottir’s first book came out around the time of the crash. The timing was perfect, she said, because Icelanders finally realized that “we weren’t good with money and that we should do something that we are actually good at.”

“Knitting is the opposite of idolizing money,” she explained. “Knitting embodies thriftiness and is something old that has been with the nation forever. In the 1800s, the state actually published documents that outlined how much citizens should knit. It was said, for example, that a child from the age of 8 should finish a pair of socks each week.”

Eiriksdottir continued with her work. I noticed that she was using a bizarre-looking needle.

“Yes, it’s a cow bone,” she replied, explaining that this is what they used in the old days. “I prefer it to the modern needle, especially with all the fuzzy Icelandic yarn.”

If Icelanders are truly interested in getting back to what they’ve always done best, that means getting back to fishing. Fishing still accounts for approximately 40 percent of the nation’s exports. It offers a great deal of promise for economic growth because Iceland has managed its fisheries well and maintained a healthy stock of fish.

No one knows this better than Armann Kr Olafsson. Olafsson, a 44-year-old former member of Parliament and advertising executive, found himself out of work after the crash. Uncertain of his future, he accompanied his brother, the owner of a successful fish farm, on a trip to Boston to attend the city’s annual seafood convention. At the convention, an American asked Olafsson and his brother if they knew how to get a hold of some foie gras de la mer。 The brothers inquired what that was. Monkfish liver, the American explained, and it was now a hot item at high-end sushi restaurants. “Our faces were just big question marks,” Olafsson recalled. “In Iceland, we usually threw this liver out.”


評決

Shikigiku is a reliable option in Central, especially for a business lunch or dinner. In addition to tempura, they also serve kaiseki menus, teppanyaki, sushi and sashimi. The prices reflect the quality of the food, beautiful harbour views and convenient location.

4/F, ifc mall, 8 Finance Street, Central, 2805 0600


This write-up is based on a complimentary media tasting provided in exchange for an honest review and no monetary compensation. The opinions expressed here represent the author’s.


Acquired Tastes

I have already introduced the recipe for preparing Ankimo/Frogfish Liver (Japanese Foie Gras) in a precedent article.

Although there are very few variations possible from the basic recipe, Lindsay at DeLuscious Life will be glad to hear that there exist many ways indeed to present that celebrated Japanese culinary experience:

It could be the very traditional and simple manner of just serving it inside a lacquer bowl:

(Fuji Sushi, Shizuoka City)
Another very traditional way is to present it cut in round slices with ponzu, chopped thin leeks and “momiji oroshi/grated daikon with chili pepper”:

(Sushi tetsu, Shizuoka City)
As it is easy to shape, you could emulate Sushi Ko’s, Shizuoka City, creation:

Now, there is a slightly more complicated, if not tradtional fashion to prepare ankimo.
Suehiro Hamanako No Aji in Hamamatsu City cooks the ankimo again (after steaming it) in soy sauce, mirin and sake, and probaly one more secret ingredient, obtaining a great morsel reminiscent of real terrine or pate:

to be served as follows:

two diiferent tastes and aspects!

Ankimo is rapidly acquiring great popularity abroad, especially in the States where it is served in a traditional but definitely imposing way:

(Courtesy of Chuckeats.com)
or as a totally new gastronomic adventure such as “Ankimo with Plum sauce and Truffles”!

(Courtesy of Chuckeats.com)

Let’s seee if we can discover more!

“Namako” (in Japanese) has all kinds of English (and not so English) names: seslug, sea cucumber, trepang, beche de mer. The Chinese have always been a bit crazy about them inciting Europeans to trade them as far back as the 17th Century. The Chinese themselves have made themselves somewhat notorious for ollegal catching in Japanese seas…

They come in various colopurs (the red one is the most popular) and names: “manamako”, “Akako”, and “Kaiso”.
They are caught all along the Japanese shores.

Numazu Harbour in Shizuoka Prefecture is renown for its catches in winter, the best season as far as taste is concerned.
There are many ways to prepare it:

“Namasu” or namako pickled in vinegar and 2Namako Chaburi” are the most popular ways, but many people appreciate them cut in raw slices.

Even the insides/innards are appreciated under the name of “konowata” and are usually served as “gunkan” style sushi.
———————
Tarako/Cod Roe

As much as I love Cod Whiting (“Shirako”), I have some reservations about Cod Roe or “Tarako”.
Tarako comes in two shapes:
1) fresh as it is
2) pickled in chili pepper, a very popular delicay in Japan under the name of “Mentaiko”, which originally came from Korea (“myonte”).

If it is fresh I appreciate grilled over charcoal until it becomes pink dry in the middle.

but most Japanese like it on top of freshly steamed rice oin “chazuke” (rice topped with hot tea)

Unfortunately it is not easy too find, whereas

“Mentaiko” can be bought at any good supermarket or fishmonger.
It does come in many varieties and fluctuating quality.
Although most cod is caught off Siberia and North America, mentaiko is of course prepared in Hokkaido, but also in Kyushu. Actually “mentaiko” represents 70% of all “tarako” sold as it is easy to preserve.
When you choose a pack, ascertain there is no water under it and that the colour is even and shiny (which means the outer “skin” is fine).

As for sushi, there are many possibilities with maki filled with mentaiko and raw squid (“ika”=ikamentaiko maki), mentaiko with cucumber sticks, etc.


Now for nigiri, I discovered this interesting combination in above picture:
the “shari” (rice ball) is topped with a slice of grilled tofu, then secured with a strip of “nori” (dried seaweed) and topped with fresh mentaiko. Mind you this a favourite for my better (worse?) Japanese half, not for me!

“Ankimo” is the liver of the Frogfish (“anko”), a fish that can be found in most the Northern Hemisphere and elsewhere. Not a nicelooking fish, it is nonetheless appreciated almost everywhere.
The Japanese love it in “nabe” (Japanese-style fish pot au feu), while the French either introduce it in Bouillabaisse, or even better, baked rooled inside prime bacon.

The liver is much appreciated in some countries, especially France and Scandinavia.
In Japan they steam it in sake to make “ankimo”, which I usually introduce to neophytes as “Japanese fish foie gras”!

Pic taken at Yumeshin, Shizuoka City.
I asked for it served (it is a cold appetizer) as it is as “tsumami” (hors d’oeuvre) with “ponzu shoyu”, finely chopped thin leeks and a dash of “Momiji-oroshi” (grated daikon and chili pepper) on a shiso leaf.
It is also great in small pieces on a gunkan topped with the same as above!

As promised, here is the recipe for making “Ankimo”!
Note that sake can be replaced white wine.

ステップ1:

Choose fresh ankimo. That is how it should look!

ステップ2:

Take off blood vessels. Don’t worry about the nerves.

ステップ3:

After taking blood vessels away it does not look pretty. Nothing to worry about actually!

ステップ4:

Lightly salt all sides

ステップ5:

Wrap it in cooking wrap and let rest for an hour.

ステップ6:

That is how it will look after an hour.

ステップ7:

Take off all water and salt with kitchen paper.
Get the teamer ready.

ステップ8:

As in the picture place wrap on bamboo roll maker (use a soft plastic sheet if not available). Place the frogfish liver on third of the way as equally as possible.

ステップ9:

Roll in carefully, making sure the wrap sheet does not accidentally penetrate the liver.

ステップ10:

Twist both ends of the wrap sheet until there is no space left inside.

ステップ11:

Cut extremities of the wrap making sure the roll does not unfold and wrap it inside another sheet.

ステップ12:

Wrap inside cooking aluminum foil.

ステップ13:

Twist ends to close.

Step 14-15-16:

-Put inside steamer and close.
-Cook for 30 minutes above strong heat
-Take off and let cool

ステップ17:

For better consistency leave in refrigerator for a full day. Cut slices to your preferred thickness.

ステップ18:

(For example) serve astride sliced cucumber, sprinkle it with a generous amount of ponzu shoyu and place half a spoon of “momiji oroshi” (grated daikon seasoned with chili pepper). Finely chopped thin leeks or shiso would make a nice finishing touch, too!

Shirako/Cod Whiting


(Sushiya No Ichi, Shizuoka City)

“Shirako” is “whiting”, or in more prosaic terms, male fish sperm sacs.
It seems to be an acquired taste even for the Japanese.
The most available kind is that of “tara”, or cod. Do not confuse it with “tarako”, which is the exact opposite as it means female cod roe!
Other kinds, more expensive and tasty, are those of “tai” (seabream ) and “fugu” (globefish).
The best way to enjoy it is either:
as a “tsumami” (snack) with ponzu, momijioroshi (grated daikon with chili pepper) and some finely chopped thin leeks. Fresh seaweed is optional.
or:
As a sushi, either on top of a gunkan. Ask your sushi chef to season it, so as to avoid the chore of dipping it into shoyu, or, if your chef is a real expert, as a nigiri. The last might seem difficult. Actually, there are two tricks to stabilize the “shirako” on the “shari” (rice ball): coat the the “shari” with chopped thin leeks, or put the “shirako” on a “shiso” (perilla/beefsteak plant) leaf, place the “shari” on top, press very lightly and turn it over!


Customer reviews

Reviews with images

Top reviews from the United States

There was a problem filtering reviews right now. Please try again later.

Tarantulas in Cambodia, live sea worms in Samoa, maggot cheese in Italy (an actual illegal food!), cobra in Vietnam, scorpions on a stick in Thailand, and yes, even coffee beans plucked from the poop of a civet cat in Indonesia. All of these delights and more await you in this little book. What's more, the author has actually eaten the foods he describes. I haven't decided whether that makes him studly or just stupid, but he declares most of the "delicacies" in the book to be scrumptious. I'll have to take his word for it. No live octopus tentacles for me today, thanks. I'm not a picky eater, but I don't seek out disgusting and potentially dangerous culinary experiences. They're fascinating to read about, though.

There are excellent close-up photos of each (ahem) "food," and entertaining, concise descriptions. For each item, he tells what exactly the food consists of, where in the world it is eaten, how it's prepared and eaten, and what the actual taste/texture experience is like. His sense of humor makes it fun to read. I had quite a few laugh out loud moments.
I liked the entry for bull penis, where he says, "Don't be a dick. Eat one instead."

Top reviews from other countries

This is THE book on the topic of so called "Extreme Cuisine" or "World Food", proving once and for all that one mans meat is another mans poison it is a graphic guide to some of the most exotic food stuffs that there are around the world.

I've been interested in odd or gross out food since I was young and watched the Indiana Jones' culinary challenge in The Temple of Doom, since then I've seen occasional magazine articles, tracked down some things myself on my own travels (mainly within the UK so limited) and read two good but mainly literary books on the topic The Year of Eating Dangerously: A Global Adventure in Search of Culinary Extremes and Are You Really Going to Eat That?: Reflections of a Culinary Thrill Seeker .

While these other books might give a great deal more detail they are trumped by the visuals in Extreme Cuisine and this Lonely Planet production is much more in the way of a quick, at a glance, guide to some of the most infamous (such as Balut, which is essentially a bird embryo, or Witchetty Grubs of I'm a Celebrity fame) to the most esoteric and unusual (such as Sea Star, a variety of star fish, Sea Worms, the closest thing to Klingon Gak you'll encounter in real life, not to mention all the things you'd associate more with dog food than human consumption such as penis, pigs ear and pigs intestines).

The book itself is landscape rather than portrait in presentation, works like a postcard flick book, each culinary delight has an entire page photo presentation on one page and the write up opposite it. Each write up is very succinct and to the point, including What It Is Where It Is How It Works The Experience and finally references, often including websites and addresses of where it can be found should you wish to embark upon the adventure of eating it yourself.

This would make absolutely fantastic birthday gift, Christmas gift or other fare, foodies or culinary adventurers will definitely appreciate it but equally would any interested reader. Its the sort of thing you could produce as a talking point among friends and make for some really interesting comparisons and contrasts in taste. As the author says in the introduction "Food is a very cultural, very personal experience. Indeed, it's as much about the mind as it is about the mouth." Recommended Highly. Great Fun.

I want to start this review by stating the obvious from the front cover which shows a lady with something resembling a long creepy crawly hanging out of her mouth. THIS IS NOT FOR THE FAINT HEARTED.

I am such a picky eater that my mother despairs, especially as she has spent her life as a chef. To have a daughter that turns her nose up at anything that "doesn't look right" or "doesn't smell right" is practically a sin in her eyes. I must confess that I am terrible, but have improved with age and will try more and more stuff as I get older.

However, although I am a fussy eater myself it doesn't mean that I am weak stomached, in actual fact I'm the total opposite. I am one of those sad people that sit glued to the TV shows watching while they put Celebrities in front of a plate of something revolting. I have no problem watching other people eat weird stuff I just don't want to try it myself.

When I saw the front cover of this book I was intrigued as I love to see what other countries eat and consider delicacies. This book is perfect for people that are curious and don't have problems with pictures that may make some a little sick to the stomach! The book itself is quite small and is only around 7" x 5" and around ½" thick but makes for a perfect conversation starter if left lying on your coffee table!

This book is a collection of what Lonely Planet consider a glimpse of 65 of the worlds most challenging Foods. The first page is a note from the author Eddie Lin. Eddie is a former break-dancer turned food writer and has travelled the world looking for the weird and wonderful of the culinary world.

Each of the 65 foods has a double page spread. On the left you will find a brightly colourful picture of the food. On the opposite page he has broken down the food into four sections, what it is, where it is, how it works and the experience. Now I must warn you that if you have no desire to know about the actual foods then please don't read on. I want to give people an idea on the sorts of weird and wonderful are in this book.

The first page that I hit when I must admit my stomach did a topsy-turvy was the page with the name Maggot Cheese. Maggot Cheese comes from Sardinia and folks it is what it says it is. There are varying types of cheese, there is `Casu Marzu' which is basically rotten cheese, but maggot cheese is just the next step on. I won't spoil all the information given on this page but it is definitely an eye opener.

Page after page had me turning my head away and then back again to read the details of the vile picture on the left. It appalled and shocked me all at the same time, but again curiosity got the better of me and I just had to carry on reading.

I loved this book just because it addresses the sorts of food that the average person would squirm at. It is interesting to see what other countries consider delicacies, but admittedly there were times when I couldn't help but cover my mouth to stop from gagging whilst reading some of the more horrendous choices of food, such as fish sperm and fermented herring. The most bizarre page was 77 I had just recovered from page 76 which was Lutefisk to discover that Marmite is considered one of 65 most challenging. All in all, this book is very interesting, albeit a little stomach churning, and most definitely a conversation starter like I said before. I took this to work and found that out of the 8 in my team, two of my colleagues were fascinated and two were disgusted. The rest were indifferent. I figure it depends on the type of person you are as to whether you would find this interesting or awful. Personally I thought it was unusual but great.


EVENT DETAILS

7 th Annual LA LUCKYRICE Grand Feast hosted by Bombay Sapphire EAST

Friday, July 29 th | VIP 7PM – 10PM, GA 8PM – 10PM

WHERE

Vibiana, 214 S Main St, Los Angeles, CA 90012

TICKET INFO

www.luckyrice.com | VIP (Early Entry): $150 | GA: $88

After six years of increasing hype and (sold-out) popularity in NY, SF, Miami and Houston (for the very first-time this year), the nation’s preeminent celebration of Asian epicurean culture is hosting one Grand Feast in Los Angeles! This one-night extravaganza will bring together the most popular Asian-inspired dinner concepts with local culinary and bartending talent from across the country. From kimchi and ramen to newer innovations and specialty pre-dinner cocktails, this year’s Festival will celebrate authentic culture and culinary fusions that have transformed the U.S. into a major Asian cuisine expert.

SIGNATURE YEAR OF THE FIRE MONKEY COCKTAIL FOR 2016

“Each ingredient from the “Silk Journey” is inspired by Asian Culture with a bold red color. This signature drink combines ingredients with great significance in Chinese culture while integrating popular ingredients in Western culture such as ginger beer. Pomegranates symbolize large families and health while mandarins are one of the luckiest fruits for the year. Lastly, Oolong Tea is a New Year’s Day staple for well wishes passed on by generation to generation. It’s drank by the eldest family member first, then onto the next eldest, and so forth.” – Bombay Sapphire North American Brand Ambassador Gary Hayward

サイン Bombay Sapphire EAST cocktails – like the exotic “Silk Journey” elixir, which was created to honor the Year of the Fire Monkey – will be served throughout the evening (recipe below). Top LA mixologists will create their own specialty drinks from craft cocktail hotspots such as Birch, General Lee’s, Upstairs at the Ace Hotel もっと.

Slow Roasted Pork & Shrimp Rice Noodle Roll, Fresh Herbs, Spicy Fish Sauce

AYARA THAI CUISINE

Spicy Thai Larb Salmon on Betel Leaves

BLING BLING DUMPLING

Chicken & Thai Basil Dumplings

Pastrami Dumplings, Saurkraut, Sriracha, Thousand Island Dressing

BLUE RIBBON SUSHI BAR & GRILL

CRÈME CARAMEL LA

Filipino Mini Pavlova: Coconut Meringu, Ube Custard, Graham Cracker, Greek Yogurt Crumble

Coconut Fluff with Lychee Jelly

GENGHIS COHEN

HANJIP KOREAN BBQ

HINOKI & THE BIRD

Housemade Tofu with Cherry Tomatoes

Homemade “Tofu Caprese,” Heirloom Tomato, California Olive Oil-marinated Kombu, Shisho Leaves

Soy Milk Panna Cotta, Matcha Green Tea Sauce, Candied Edamame

Ahi Tuna & Beet Tar Tar, Crispy Julienne Carrots

LITTLE SISTER

Braised Oxtail & Tendon Dumpling, Fermented Chili, Yu Choy, Black Vin, Herbs, Sprouts


ビデオを見る: (六月 2022).