伝統的なレシピ

スーパーボウルLIIギャラリーの前にあなたがしなければならない52のこと

スーパーボウルLIIギャラリーの前にあなたがしなければならない52のこと


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

スーパーボウルLIの前にすべき51のこと(スライドショー)

聞いてください、スーパーボウルLIIは2週間以内です。 NFLプレーヤーとスーパーボウルのハーフタイムパフォーマーがビッグゲームに至るまでの数か月の準備をするのと同じように、サッカーファンとして準備するためにやるべきことがたくさんあります。

スーパーボウルパーティーをまとめることは、最も簡単なことの1つに思えるかもしれません。ピザを注文し、最寄りのコンビニエンスストアで12パックのビールを受け取り、仲間にテキストを送信し、ケーブル料金を支払ったことを確認します。それだけです。それともそれ?

究極のゲームデーパーティーと体験をするために、あなたは仕事をしなければなりません。あなたはそれを掃除し、潜在的に宿泊客の準備をすることによってあなたの家の時計パーティーを準備する必要があります。また、スーパーボウルのパーティーは食べ物なしでは完結しないため、揚げた前菜、ディップ、スライダー、バーベキューを使って完璧なパーティーメニューを作る必要があります。スーパーボウルLIIの準備として、フィラデルフィアイーグルスがニューイングランドペイトリオッツと対戦するとき、ゲームの日の準備をするために今年行う必要のあるすべてのことを分析しました。

スーパーボウルLIIの前にあなたがしなければならない52のこと

聞いてください、スーパーボウルLIIは2週間以内です。スーパーボウルLIIの準備として、フィラデルフィアイーグルスがニューイングランドペイトリオッツと対戦するとき、ゲームの日の準備をするために今年行う必要のあるすべてのことを分析しました。

サッカーのルールを学ぶ

さて、誰もがサッカーについてすべてを知っているわけではありません。スーパーボウルのパーティーアクションに参加したいが、NFLの長年のファンではない場合は、タッチダウンの価値、ダウンとは何か、そして世界でタイトなものは何かをすばやく学ぶ時​​期かもしれません。終わりの仕事はです。スーパーボウルは、手羽先をたくさん食べてビールを飲む言い訳にすぎないことがよくありますが、ゲームが行われているので、少し注意を払う必要があります。

2017-2018フットボールシーズンのブラッシュアップ

アメリカンフットボール101を卒業したら、今シーズンのNFLで見逃したことすべてに追いつく時が来ました。クリーブランドブラウンズが0-16になったのをご存知ですか?スーパーボウルでの勝利を争っているチームの名前を教えてください。簡単なグーグルを実行して統計を学習し、可能な限り最新の状態に保ちます。

チームを選ぶ

スーパーボウルの最後の候補者が集まる2つの大都市圏のいずれかから来ていない場合、誰を応援するかを決めるのは少し難しいかもしれません。弱者であるかもしれないし、そうでないかもしれない古典的なサッカーのライバル、どのチームがより良い有名人のサポートを持っているか、そしてあなたがより好きなマスコットについて考えてください。これらはすべて、出身地や州以外のサッカーチームを応援する正当な理由です。

U.S.バンクスタジアムについて読む

iStock

スーパーボウルLIIは、ミネアポリスのU.S.バンクスタジアムで開催されます。スタジアム自体はあまり愛されていませんが、このNFLスタジアムのすり切れた芝生、プラスチックシート、歴史には感謝すべきことがたくさんあります。たとえば、NRGスタジアムの収容人数は73,000人で、2016年7月にオープンしたことをご存知ですか。はい、それは基本的に真新しいです!

ジャスティンティンバーレイクのディスコグラフィーを聞く

レディー・ガガ、コールドプレイ、ケイティ・ペリー、ブルーノ・マーズ、ビヨンセの最近の足跡をたどって、スーパースターのジャスティン・ティンバーレイクが今年スーパーボウルのハーフタイムショーに戻ってきました。あなたは「SexyBack」と「CryMea River」を知っていますが、彼のニューシングル「Filthy」を含む彼のカタログの残りの部分を聞いてください。あなたは間違いなく一緒に歌えるようになりたいです。

過去のハーフタイムショーを見る

もちろん、過去のハーフタイムショーについてすべてのパーティーゲストと話し合うことができるようにしたいと考えています。エアロスミス、プリンス、マイケルジャクソン、U2などの最近のパフォーマーによるクラシックなパフォーマンスに合わせて、スーパーボウルの歴史をブラッシュアップしましょう。

スーパーボウルのコマーシャルに追いつく

多くの人がスーパーボウルの最良の部分はコマーシャルであると主張するでしょう。最近はスーパーボウルの前にたくさんの広告が出てくるので、本当に知りたいのならYouTubeで探してみてください。 M&M'sとプリングルズのティーザーを始めましょう。

一気見「ThisIsUs」

今年、NBCはスーパーボウルを放映し、主要な放送ネットワークは、This IsUsの悲痛なエピソードになるはずのビッグゲームをリードします。大規模な死亡がある場合とない場合があり、壷鍋が関与している場合と関与していない場合があります。

あなたが投げたいパーティーの種類を把握する

イベントの雰囲気とテーマを決定することは、パーティープランナーにとっての最初のステップです。テーマは簡単です:それはスーパーボウルパーティーです。しかし、子供を招待するかどうか、持ち寄りをするか自分ですべてを作るか、ビールや特製カクテルを提供するかなど、他の一般的なパーティーの詳細を決定することは、整理する必要がある主要なパーティーの詳細の一部です。 。

あなたが高品質のテレビを持っていることを確認してください

パチパチと音を立てる古いテレビで今年最大のスポーツイベントを見たくないですか?スーパーボウルに至るまでの数週間、多くの大手小売業者が大幅な値下げのテレビを販売しているため、新しいテレビの購入を検討している場合でも、今が適切な時期かもしれません。

ホームステレオシステムを入手する

キラーサラウンドサウンドなしで完成するテレビシステムは何ですか?究極のスーパーボウル視聴体験をまとめたいと本当に考えているなら、テレビに接続する大きなホームステレオシステムがすべての違いを生むことができます。確かに、それはスーパーボウルにいるのと同じではありませんが、かなり近いです。

あなたのパーティーの予算を立てる

スーパーボウルパーティーで銀行を壊したくはありませんが、5ドルのピザと解凍した残りのクリスマスクッキーを提供したくないことは間違いありません。装飾、食べ物、飲み物にいくら費やすことができるかを把握し、新しいテレビやレンタルチェアなどの予算を立てることができるかどうかを判断します。しかし、高額商品を購入することができなくても、間違いなくキラーパーティーを開くことができます。

ゲームを見るために友達を招待する

ゲストがいなければ、適切なスーパーボウルパーティーを開くことはできません。他のことをする前に(私たちは待ちます)、ビッグゲームに人々を招待します。スーパーボウルパーティーの招待状はカジュアルにしましょう。 Facebookのイベント、電子メール、テキスト、または電話で人々を招待します。

何を着るかを理解する

スーパーボウルを観戦する場合は、準備を整える必要があります。明らかな衣装の選択は、お気に入りのNFLチームをフィーチャーしたジャージ、Tシャツ、またはスウェットシャツです。ただし、スポーツをテーマにした服がない場合は、応援しているチームの色で着飾るだけで十分です。また、ウエストラインが伸縮性のある快適なパンツを着用してください。あなたはたくさん食べることになります。

ゲスト数を再確認してください

パーティーの計画を進める前に、ゲスト数を再確認してください。そうすれば、作る食べ物の量、必要な座席の量、購入するさまざまな小さなもの(皿、ナプキン、道具、カップ)の数がわかります。

ベビーシッターを雇う

あなたやあなたの友人が一晩中たくさんの子供たちの世話をしたくない場合は、大人が楽しい時間を過ごしている間、彼らを監視するためにベビーシッターを雇うことを検討してください。エリートベビーシッターサービスに行く必要はありません。あなたの友人の一人が責任のある年上の子供を持っているなら、それはうまく仕事をするでしょう。彼または彼女に寛大に支払うことを忘れないでください。

スモールトークスキルを磨く

冬の最初の数週間、掩蔽壕に陥った場合、社会的スキルは少し錆びている可能性があります。気まずいことをぼんやりさせたり、適切な紹介をする方法を忘れたりする前に、スモールトークとエチケットのスキルを磨いてください。それは優雅なホストであることのすべての違いを生むでしょう。

組織する

スーパーボウルパーティーを主催することは簡単なことではありません。他の種類のイベント計画と同様に、組織が鍵となります。買い物、掃除、食事の準備、掃除、再編成などをいつ行う必要があるかを知って、時間を1時間にスケジュールします。少し小刻みに動く部屋も忘れずに。ゲストが到着し始めたら、有名なワカモレのために玉ねぎを刻むのは嫌です。

掃除

|

ゲストがリラックスしてスーパーボウルパーティーを楽しんでいるときに、ゲストがソファからパン粉を払い落としたり、ストーブにこぼれたものを見つめたり、雑然とした山をまたいだりすることは望ましくありません。最初の友達がドアを通り抜けるずっと前に、キッチン、リビングルーム、バスルーム、その他の目に見えるスペースを必ず掃除してください。

潜在的な宿泊客のためのスペースを作る

|

何が起こるかわかりません。友達の1人が冬のエールを少し飲みすぎたり、大吹雪が襲ったり、第4四半期が終わる前に少し疲れすぎたりする可能性があります。スペースがある場合は、万が一の場合に備えて、客室を清潔なリネンとタオルで片付けてください。

あなたの家を飾る

あなたはあなたの家が可能な限り最高のスーパーボウルパーティーのためにお祝いを感じることを確実にしたいので、飾ることを忘れないでください。もちろん、明らかな装飾のモチーフは、サッカー場を模倣するために、サッカー、のどの草、ゴールポストであなたの家を埋めることです。しかし、トロフィーとペイトリオッツとイーグルスの色でもう少しクリエイティブになることもできます。

キッズルームを設置する

フットボールの試合は、若者を興奮させるような活動ではありません。スーパーボウルパーティーに参加している子供たちがゲーム中に振る舞うことができないと思われる場合は、子供たちが遊ぶことができる別のスペースを設定してください。子供部屋を年齢に応じたゲーム、映画、軽食でいっぱいにします。物事をチェックするために、ベビーシッターまたは大人がいることを確認してください。

代替活動を計画する

パーティーの全員がゲームに非常に興味を持っているわけではないので、手羽先とビールは好きだがサッカーはあまり好きではない友達のために、いくつかの代替アクティビティを計画してください。別の部屋でパピーボウルをオンにしたり、ボードゲームを開始したり、より伝統的なパーティー要素や音楽を演奏できる完全に独立したスペースを用意したりできます。

ゲーム前のプレイリストを作成する

実際のスーパーボウルが始まる前に、ゲーム前の報道が何時間もあります。あなたやあなたのゲストが本当にそれに興味がない場合は、いくつかのポンプアップチューンを使って伝統的な方法であなた自身のパーティーを始めてください。マイケルジャクソン、プリンス、マドンナ、ケイティペリーなどの元ハーフタイムパフォーマーでいっぱいのスーパーボウルプレイリストを作成します。クイーンの「ウィ・ウィル・ロック・ユー」やホワイト・ストライプスの「セブン・ネーション・アーミー」などのスタジアムのアンセムも忘れないでください。

メニューを計画する

スーパーボウルパーティーの最高の部分の1つは食べ物です。したがって、メニューをTまで計画する必要があります。もちろん、ピザ、翼、唐辛子、ビールで作られたものなど、クラシックなスーパーボウルパーティーフードが必要です。しかし、特製料理を1つか2つ使って、自由に創造力を発揮してください。

食料品を買いに行く

パーティーメニューを計画したら、食料品店に向かいます。パーティーの規模やメニューの料理の数によっては、複数回の旅行が必要になる場合があります。その場合は、まず缶詰、ソース、その他の腐りにくい食品を購入してください。次に、ゲームがほんの数日で終わったら、肉を購入して生産し、できるだけ新鮮なものにします。

魅力的なディップを作る

ポップコーンをポップする

文字通り、ポップコーンを数杯飲まないと、どんな種類のイベントも見ることができません。だから、あなたのスーパーボウルパーティーでこの魅力的なスナックのいくつかの大きなボウルを持っていることを確認してください。わかりやすくする場合でも、パーティーミックスにポップコーンを入れる場合でも、必ず存在するようにしてください。

手羽先のレシピをブラッシュアップ

手羽先がなければスーパーボウルサンデーは完結しないので、パーティーのためにいくつかの手羽先のレシピを用意しておいてください。宮保鶏丁にふける、パルメザンチーズのガーリックで炒める、クラシックなバッファローに行くなど、どれを選んでも美味しいはずです。

ピザを注文または作る

もちろん、スーパーボウルパーティーのためにピザを出す必要があります。テイクアウトピザを何時間も待つ代わりに、自分でパイをいくつか発射します。ピザを作るのは複雑である必要はありません。既製の生地から、瓶詰めのピザソースや細かく刻んだモッツァレラチーズまで、簡単なショートカットがたくさんあります。新鮮なトッピングを用意してください。そうすれば、あなたは金色になります。

キラーバーベキューを作る

iStock

スペアリブをグリルしたり、プルドポークを作ったり、バーベキューチキンの胸肉を使ってクラシックにしたりする場合でも、エントリーにぴったりのソースがあることを確認する必要があります。

スライダーにスライドする

iStock

何が素晴らしいか知っていますか?サンドイッチ。あなたはさらに良いものを知っていますか?ミニサンドイッチ!すでにかなり積み上げられているメニューの場合、フルサイズのハンバーガーは必要ありません。代わりに、これらのベーコンとブルーチーズのスライダーを選択してください。ブリスケットスライダーやバインミースライダーを使えば、いつでもハンバーガーの外で考えることができます。

いくつかのベジタリアン料理のオプションがあります

これまでのところ、メニューが少し肉食的に聞こえる場合、それはそうだからです。あなたのメニューにいくつかの野菜に優しいオプションがあることを確認してください。菜食主義の友人が一晩中あなたの野菜トレイを選んでいないことを確実にするために、いくつかの黒豆のハンバーガー、菜食主義の唐辛子、またはレンズ豆のタコスを作ってください。

ブラウニーを焼く

どういうわけか、ブラウニーは人気のスーパーボウルサンデーデザートになっています。この濃厚でファッジなデザートは、あらゆる年齢の人々にとってかなり満足のいくものなので、私たちはそれを手に入れます。箱入りのブラウニーミックスから離れて、最初から作ってみてください。違いは顕著になります。

他のデザートを作る

ブラウニーを超えて、他のデザートにいくつかの愛を与えます。サッカーの形をした巨大なサクサクのご飯を作る場合でも、クッキーを焼く場合でも、ケーキを焼く場合でも、他に甘いものを用意してください。

テイクアウトのバックアップをとる

聞いてください、間違いは台所で起こります。ピザが焼け、手羽先が乾き、黒豆のハンバーガーの実験がうまくいかないことがあります。これがあなたに起こった場合は、ピザのジョイントを予約しておいてください。あなたはあなたの食べ物を長い間待たなければならないかもしれませんが、少なくともそれは良いでしょう。

あなたの食べ物のすべてを準備する

玉ねぎを刻んだり、ピザにガーリックパウダーを振りかけたり、ゲストが到着し始めたときにチョコレートクッキーのバッチを混ぜたりしたくはありません。 「miseenplace」の芸術を学び、事前にすべての材料を準備します。料理を始める前にすべてを洗って切り刻むことに加えて、ディップやデザートなどの特定の料理を数日前に作ることができます。

盛り合わせをゲット

大皿、チップとディップのセット、ビュッフェ式フードウォーマーをまだ持っていない場合は、これらの人気のあるエンターテイメントアイテムに投資する必要があります。信頼してください:大量の料理を提供しているときは、逃げる必要がなく、マカロニとチーズの新しいトレイを出す価値があるときに感謝します。

ビュッフェをセットアップする

すべての料理が準備されて作られた後、あなたの光沢のある新しいサービングプラッターをすべて使用してください。あなたの大規模な食品の広がりのためにあなたの台所のカウンタースペースを予約してください。食べ物を整理してください。プレートと銀器の後、ビュッフェの前にある前菜から始めて、メインコースとデザートが続きます。

(たくさんの)ビールを買う

大量のビールなしでスーパーボウルパーティーを完了することはできますか?いいえ、もちろん違います。パーティーで地元産のクラフトビールに夢中になる必要はありませんが、バドライト、クアーズライト、コロナ、パブストブルーリボンなど、アメリカで人気のビールを豊富に取り揃えている必要があります。

あなたのホームバーをストックする

|

ゲストが完全に明るくなることは望ましくありませんが、日常のビールやワインに代わるものがあることは常に素晴らしいことです。ウォッカ、テキーラ、ジン、ラム酒などの基本的なお酒と、いくつかの簡単なミキサーを用意して、ゲストが自分でカクテルを作ることができるようにします。

ノンアルコール飲料を手元に用意する

あなたのパーティーの誰もが飲むことができる、または飲みたがるわけではありません。ノンアルコール飲料の多様な提供を持っています。ソーダ、ジュース、ボトル入り飲料水は、21歳未満のゲストや指定されたドライバーを幸せにするのに大いに役立ちます。

たくさんの氷を買う(または作る)

シャッフルで頻繁に忘れられるパーティーの詳細を知っていますか?氷。アメリカ人は冷やした飲み物を好むので、スーパーボウルサンデーの前に、必ず大量の氷を作るか、ガソリンスタンドからそれらの大きな古いバッグの1つを購入してください。

十分なテーブルとカウンタースペースがあることを確認してください

ディップ、サンドイッチ、ピザ、翼、デザートをすべて出すのに十分なスペースがないことに気付くためだけに、大規模なメニューを準備したくはありません。ビュッフェが出るずっと前に、スプレッドのためのスペースがあることを確認してください。そうでない場合は、折りたたみ式テーブルをレンタル(または購入)することを恐れないでください。

十分な座席がある

スーパーボウルを見ようとしている間、ゲストを不器用に立ったままにしたくないでしょう。誰もが快適に座れるように、表示スペースに十分なソファと椅子があることを確認してください。スペースが足りない場合は、床に枕を置いたり、ダイニングルームの椅子をリビングルームに引き込んだり、座席が本当に足りない場合はレンタルの椅子をいくつか用意したりして、即興で演奏することができます。

使い捨てのすべてを購入する

使い捨ての食器に眉をひそめる人もいますが、スーパーボウルの大きなバッシュでは、簡単に掃除することが重要です。プラスチック製の銀器、紙皿、使い捨てナプキンの膨大なスタックに投資します。とにかく、古典的なアメリカのジャンクフードを食べることになります。ゴミ箱に捨てられるものを食べているかどうかは誰も気にしません。

こぼれや事故に備えましょう

スーパーボウルの間、劇的で興奮する瞬間があり、人々が跳ね上がり、ソファや床全体に食べ物をこぼす可能性があります。これらのことが起こることを理解し、カーペットクリーナー、洗剤ペン、ペーパータオルを用意して準備してください。

ゲーム後のクリーニング用品があることを確認してください

パーティーが終わり、片付けの準備をして、大きなゴミ袋、食器用洗剤、スポンジが完全になくなったことを発見することほど悪いことはありません。キックオフのずっと前に、ゲームの前後に十分なクリーニング用品があることを再確認してください。

ベッティングプールを設定する

スーパーボウルパーティーでは友好的な競争が必要なので、小さな賭けプールを用意することを忘れないでください。あなたはいくつかのサッカーの正方形を作ることによって古典的になるか、いくつかのラスベガスのオッズと賭けを持ち込むことによってあなたの賭けプールで少し創造的になることができます。ただし、すべてを楽しんでください。不法なカジノを誤って家から追い出したいと思う人は誰もいません。

私道をシャベルで掘る

スーパーボウルサンデーは真冬の真っ只中にあります。お住まいの地域で雪が降っている可能性が高い場合は、ゲストが駐車できる場所がはっきりしていることを確認してください。私道と歩道をシャベルで塩漬けにします。それは簡単で礼儀正しいことです。

ゲストが安全に帰宅できるようにする

雪に加えて、スーパーボウルサンデーは少しずさんなことがあります。友達に飲酒運転をさせないでください。相乗り、タクシー、またはUberに電話するかどうかにかかわらず、全員が安全に家に帰ることができることを確認してください。それは命を救うことができ、それは十分に簡単です。

リラックスして楽しんでください!

スーパーボウルLIの前に行うべき最も重要なことは、リラックスして楽しむことです。はい、大規模なサッカーパーティーを計画することは少しストレスになる可能性がありますが、あまり真剣に受け止めないでください。時間を取って、パーティーの計画を数人に広げてください。 2番目のゲームは国歌で始まります。必ず座って、大きなお皿を手に取り、光景を楽しんでください。あなたは究極のスーパーボウルホストです。


スーパーボウルLIIは、アナグマのランニングバックの伝統を強化するだけです

ランニングバックをしているアナグマは、ジョン・セトルから嘘つきを作っています。

ウィスコンシン大学のランニングバックコーチは、次のレベルでトップに立ってスーパーボウルでプレーすることがいかに難しいかをプレーヤーに説きます。選手の場合を除いて、彼は正しいです。

2人の元アナグマのランニングバック&#8212ニューイングランドのジェームズホワイトとフィラデルフィアのコーリークレメント&#8212は、日曜日にU.S.バンクスタジアムで開催されるスーパーボウルLIIで重要な役割を果たします。ホワイトは、ペイトリオッツとの第4シーズンの日曜日に3回目のスーパーボウルに出演し、クレメントは、2014年にデンバーで行った元アナグマモンテボールと同じように、最初のプロシーズンにスーパーボウルでプレーします。

そして、それには、NFLの最高のバックの1人としての地位を確立したメルヴィンゴードンをランニングバックするチャージャーズも含まれていません。ウィスコンシン州は、1990年代初頭にバリーアルバレスがプログラムを引き継いだ後、強力なランニングバックプレイの伝統を発展させてきましたが、これらのバックが次のレベルに与える影響という点で、近年新しいレベルに達しました。

「間違いなく多くの良いランニングバックを生み出しました」とホワイトは言いました。

それには理由があります。ウィスコンシンはプロスタイルのオフェンスを実行しており、オフェンスプレーヤーを次のレベルにうまく移行するシステムに配置します。その攻撃を効果的に実行するには、チェーンを動かし、クォーターバックを保護するために何か他のことをするのを助けるためにボールをうまく動かすバックが必要です。

セトル氏によると、アナグマは、防御を認識して読み取る方法、安全性を特定する方法、防御からの圧力がどこから来るのかを把握する方法について、裏付けの基盤を構築しているという。セトルは、背中をホワイトボードに送り、防御を作成させることで背中をテストします。

「私は彼らから不安を取り除こうとします」とセトルは言いました。 「私は教室でそれを世話するようにしています、それで私たちがフィールドにぶつかったとき、あなたはそれを緩めて、予約なしで遊ぶことができます。」

もちろん、誰をブロックするかを知っていて、実際にそれを実行しています。

「私たちは、十分にタフで、ブロックされていない可能性のある充電ラインバッカーまたはディフェンシブラインマンの前でステップアップすることをいとわない男が欲しいです」とセトルは言いました。ボールをレシーバーに届けるチャンス。それは多い。"

そして、それは次のレベルで足を上げて走っているアナグマを与えました。ペイトリオッツの攻撃コーディネーターであるジョシュマクダニエルズは、ニューイングランドの攻撃における大きな責任は電撃を拾うことができることであると述べました。

「そして、それは大学の多くのバックが必ずしも行うことに長けているわけではないことです」とマクダニエルズは言いました。 「電撃戦を阻止できなければ、保護を理解できなければ、サードダウンやパスダウンでプレーすることはできません。クォーターバックがあなたを信頼していない場合、その男をゲームに参加させるのは難しいです。」

フィラデルフィアがクレメントを信頼しているように、ニューイングランドはホワイトをサードダウンで信頼しています。

セトル氏によると、ウィスコンシン州は賢くて才能のある「完全なアスリート」を探しているという。ウィスコンシンが行っていないことの1つは、背中がバックフィールドから多くのボールをキャッチすることですが、それはホワイトとクレメントの両方の強みです。この2人は、大学でもそれに取り組むことに時間を費やしました。セトル氏によると、ホワイトは練習後、毎日水差しマシンで作業するという。 2018年2月1日木曜日、ミネアポリスで開催されたNFLスーパーボウル52フットボールゲームの練習中に、コーリークレメント(30)をバックに走るフィラデルフィアイーグルスがドリルを駆け抜けます。フィラデルフィアは日曜日にニューイングランドペイトリオッツと対戦する予定です。 (AP写真/エリックゲイ)

「それは彼にとって重要でした」とセトルは言いました。 「彼は仕事に行く男だとはあまり言いませんでした。彼は競争したかった。彼よりも多くのインクを手に入れている人もいましたが、彼はただ働き、働き、機会が訪れたときに準備ができていることを確認する人でした。」

クレメント氏は、ウィスコンシンでの準備が次のレベルで彼を助けたと語った。担当者を競う能力もあります。ホワイトとクレメントは現在、ウィスコンシンのときと同じように、他の多くの才能のあるバックと混雑したバックフィールドにいます。

「私は自分が何に反対しているのかを知って、(ウィスコンシンで)その状況に身を置いたと思います」とクレメントは言いました。 「彼らがジェームス・ホワイトを持っていること、メルヴィン・ゴードンを持っていることを知っていたので、私は常に競争が本当にあなたを良くするところに自分自身を置きました。ここに来ると、ランニングバックグループの深さのタイプを知っていたので、自分のゲームを向上させることができる場所のために戦い続けなければならないことを知っている場所に自分自身を置きたかったのです。」

クレメントとホワイトはどちらも、次のレベルに進むことができる質の高いランニングバックを生み出すというウィスコンシンの伝統が、彼らがアナグマにコミットした理由の大きな部分であると述べました。ホワイト氏は、ウィスコンシン州のランニングバックのプロトタイプはないと述べました。「ニューイングランドペイトリオッツのように、タフでスマートで信頼できる人たちです。」

ウィスコンシンはクレメントやホワイトのような人たちを助けましたが、彼らは最高レベルで成功することで恩返しをしています。日曜日にスーパーボウルをオンにするようにランニングバックの新入社員に指示するよりも優れた採用ピッチは何ですか?

「そうです、それは助けになります」とセトルは新入社員にピッチに入る前に言った。 「次のレベルでプレーするためのショットを準備する機会があります。 …今準備してコーチングを受けると…後でキャリアを積むときに自分を助けるのに最適な立場になります。」


スーパーボウルLIIは、アナグマのランニングバックの伝統を強化するだけです

ランニングバックをしているアナグマは、ジョン・セトルから嘘つきを作っています。

ウィスコンシン大学のランニングバックコーチは、次のレベルでトップに立ってスーパーボウルでプレーすることがいかに難しいかをプレーヤーに説きます。選手の場合を除いて、彼は正しいです。

2人の元アナグマのランニングバック&#8212ニューイングランドのジェームズホワイトとフィラデルフィアのコーリークレメント&#8212は、日曜日にU.S.バンクスタジアムで開催されるスーパーボウルLIIで重要な役割を果たします。ホワイトは、ペイトリオッツとの第4シーズンの日曜日に3回目のスーパーボウルに出演し、クレメントは、2014年にデンバーで行った元アナグマモンテボールと同じように、最初のプロシーズンにスーパーボウルでプレーします。

そして、それには、NFLの最高のバックの1人としての地位を確立したメルヴィンゴードンをランニングバックするチャージャーズも含まれていません。ウィスコンシン州は、1990年代初頭にバリーアルバレスがプログラムを引き継いだ後、強力なランニングバックプレイの伝統を発展させてきましたが、これらのバックが次のレベルに与える影響という点で、近年新しいレベルに達しました。

「間違いなく多くの良いランニングバックを生み出しました」とホワイトは言いました。

それには理由があります。ウィスコンシンはプロスタイルのオフェンスを実行しており、オフェンスプレーヤーを次のレベルにうまく移行するシステムに配置します。その攻撃を効果的に実行するには、チェーンを動かし、クォーターバックを保護するために何か他のことをするのを助けるためにボールをうまく動かすバックが必要です。

セトル氏によると、アナグマは、防御を認識して読み取る方法、安全性を特定する方法、防御からの圧力がどこから来るのかを把握する方法について、裏付けの基盤を構築しているという。セトルは、背中をホワイトボードに送り、防御を作成させることで背中をテストします。

「私は彼らから不安を取り除こうとします」とセトルは言いました。 「私は教室でそれを世話するようにしています、それで私たちがフィールドにぶつかったとき、あなたはそれを緩めて、予約なしで遊ぶことができます。」

もちろん、誰をブロックするかを知っていて、実際にそれを実行しています。

「私たちは、十分にタフで、ブロックされていない可能性のある充電ラインバッカーまたはディフェンシブラインマンの前でステップアップすることをいとわない男が欲しいです」とセトルは言いました。ボールをレシーバーに届けるチャンス。それは多い。"

そして、それは次のレベルで足を上げて走っているアナグマを与えました。ペイトリオッツの攻撃コーディネーターであるジョシュマクダニエルズは、ニューイングランドの攻撃における大きな責任は電撃を拾うことができることであると述べました。

「そして、それは大学の多くのバックが必ずしも行うことに長けているわけではないことです」とマクダニエルズは言いました。 「電撃戦を阻止できなければ、保護を理解できなければ、サードダウンやパスダウンでプレーすることはできません。クォーターバックがあなたを信頼していない場合、その男をゲームに参加させるのは難しいです。」

フィラデルフィアがクレメントを信頼しているように、ニューイングランドはホワイトをサードダウンで信頼しています。

セトル氏によると、ウィスコンシン州は賢くて才能のある「完全なアスリート」を探しているという。ウィスコンシンが行っていないことの1つは、背中がバックフィールドから多くのボールをキャッチすることですが、それはホワイトとクレメントの両方の強みです。この2人は、大学でもそれに取り組むことに時間を費やしました。セトル氏によると、ホワイトは練習後、毎日水差しマシンで作業するという。 2018年2月1日木曜日、ミネアポリスで開催されたNFLスーパーボウル52フットボールゲームの練習中に、コーリークレメント(30)をバックに走るフィラデルフィアイーグルスがドリルを駆け抜けます。フィラデルフィアは日曜日にニューイングランドペイトリオッツと対戦する予定です。 (AP写真/エリックゲイ)

「それは彼にとって重要でした」とセトルは言いました。 「彼は仕事に行く男だとはあまり言いませんでした。彼は競争したかった。彼よりも多くのインクを手に入れている人もいましたが、彼はただ働き、働き、機会が訪れたときに準備ができていることを確認する人でした。」

クレメント氏は、ウィスコンシンでの準備が次のレベルで彼を助けたと語った。担当者を競う能力もあります。ホワイトとクレメントは現在、ウィスコンシンのときと同じように、他の多くの才能のあるバックと混雑したバックフィールドにいます。

「私は自分が何に反対しているのかを知って、(ウィスコンシンで)そのような状況に身を置いたと思います」とクレメントは言いました。 「彼らがジェームス・ホワイトを持っていること、メルヴィン・ゴードンを持っていることを知っていたので、私は常に競争が本当にあなたを良くするところに自分自身を置きました。ここに来ると、ランニングバックグループの深さのタイプを知っていたので、自分のゲームを向上させることができる場所のために戦い続けなければならないことを知っている場所に自分自身を置きたかったのです。」

クレメントとホワイトはどちらも、次のレベルに進むことができる質の高いランニングバックを生み出すというウィスコンシンの伝統が、彼らがアナグマにコミットした理由の大きな部分であると述べました。ホワイト氏は、ウィスコンシン州のランニングバックのプロトタイプはないと述べました。「ニューイングランドペイトリオッツのように、タフでスマートで信頼できる人たちです。」

ウィスコンシンはクレメントやホワイトのような人たちを助けましたが、彼らは最高レベルで成功することで恩返しをしています。日曜日にスーパーボウルをオンにするようにランニングバックの新入社員に指示するよりも優れた採用ピッチは何ですか?

「そうです、それは助けになります」とセトルは新入社員にピッチに入る前に言った。 「次のレベルでプレーするためのショットを準備する機会があります。 …今準備してコーチングを受けると…後でキャリアを積むときに自分を助けるのに最適な立場になります。」


スーパーボウルLIIは、アナグマのランニングバックの伝統を強化するだけです

ランニングバックをしているアナグマは、ジョン・セトルから嘘つきを作っています。

ウィスコンシン大学のランニングバックコーチは、次のレベルでトップに立ってスーパーボウルでプレーすることがいかに難しいかをプレーヤーに説きます。選手の場合を除いて、彼は正しいです。

2人の元アナグマのランニングバック&#8212ニューイングランドのジェームズホワイトとフィラデルフィアのコーリークレメント&#8212は、日曜日にU.S.バンクスタジアムで開催されるスーパーボウルLIIで重要な役割を果たします。 White will make his third Super Bowl appearance in his fourth season Sunday with the Patriots, and Clement will play in the Super Bowl in his first professional season, just like fellow former Badger Montee Ball did with Denver in 2014.

And that doesn’t even include Chargers running back Melvin Gordon, who has established himself as one of the NFL’s best backs. Wisconsin has developed a tradition of strong running back play since Barry Alvarez took over the program in the early 1990s, but it has reached a new level in recent years in terms of the impact those backs are making at the next level.

“Definitely produced a lot of good running backs,” White said.

There’s a reason for that. Wisconsin runs a pro-style offense, which puts its offensive players in a system that transitions well to the next level. To effectively run that offense, you need backs that run the ball well to help move the chains and do something else — protect the quarterback.

Settle said the Badgers build a foundation for their backs of how to recognize and read defenses, how to locate the safeties and figure out where the pressure will come from defensively. Settle will test his backs by sending them up to the whiteboard and having them draw up defenses.

“I try to take any anxiety away from them,” Settle said. “I try to take care of it in the classroom, so when we hit the field you can just cut it loose and play with no reservations.”

Of course, there’s knowing who to block, and then there’s actually doing it.

“We want to have guys that are tough enough and willing to step up in front of a charging linebacker or a defensive lineman that may be unblocked,” Settle said, “and stick his face in there and try to block him and give our quarterback a chance to get the ball to our receivers. It’s a lot.”

And it gave Badgers running backs a leg up at the next level. Patriots offensive coordinator Josh McDaniels said a big responsibility in New England’s offense is being able to pick up the blitz.

“And that’s something a lot of backs in college aren’t necessarily adept at doing,” McDaniels said. “You really can’t play on third down or passing downs if you can’t block blitzes, if you can’t figure out the protections. If the quarterback doesn’t trust you, it’s hard to have that guy in the game on those downs.”

New England trusts White on third down, just as Philadelphia trusts Clement.

Settle said Wisconsin looks for “complete athletes” who are smart and talented. One thing Wisconsin doesn’t do is have its backs catch many balls out of the backfield, yet that’s a strength for both White and Clement. Those two put the time into working on that in college, too. Settle said White would work on the jug machine each day after practice. Philadelphia Eagles running back Corey Clement (30) runs through drills during a practice for the NFL Super Bowl 52 football game Thursday, Feb. 1, 2018, in Minneapolis. Philadelphia is scheduled to face the New England Patriots Sunday. (AP Photo/Eric Gay)

“It was important to him,” Settle said. “He didn’t say a lot he was a guy that went to work. He wanted to compete. There were some guys that were getting more ink than he was, but he was a guy that would just work and work and make sure that he was prepared when his opportunity presented itself.”

Clement said the preparation the backs put in at Wisconsin has helped him at the next level. As has the ability to compete for reps. White and Clement are currently in crowded backfields with a number of other talented backs, much like it was at Wisconsin.

“I think I put myself in that situation (at Wisconsin) knowing what I was going up against,” Clement said. “I knew they had James White, knew they had Melvin Gordon, so I always put myself where competition really makes you better. Coming here, I knew the type of depth that we had in the running back group, and I just wanted to put myself somewhere where I knew I had to keep fighting for a spot, somewhere where I could elevate my game.”

Both Clement and White said Wisconsin’s tradition of churning out quality running backs who could advance to the next level was a big part of why they committed to the Badgers. White noted there’s no prototype for a Wisconsin running back — “it’s just tough, smart and dependable guys, kind of like the New England Patriots.”

And while Wisconsin helped guys like Clement and White, they are returning the favor by succeeding at the highest level. What’s a better recruiting pitch than telling running back recruits to simply turn on the Super Bowl on Sunday?

“It does, it helps,” Settle said, before going into his pitch to recruits. “You’ll have an opportunity to ready yourself to have a shot to play at the next level. … If you prepare now and take the coaching … it’s going to put you in a great position to help yourself later on as you go forward in your career.”


Super Bowl LII only strengthens Badgers’ running back tradition

Badgers running backs are making liars out of John Settle.

The University of Wisconsin’s running backs coach preaches to his players how difficult it is to make it to the top at the next level and play in the Super Bowl. He’s right, except when it comes to his players.

Two former Badger running backs — New England’s James White and Philadelphia’s Corey Clement — will play key roles in Super Bowl LII on Sunday at U.S. Bank Stadium. White will make his third Super Bowl appearance in his fourth season Sunday with the Patriots, and Clement will play in the Super Bowl in his first professional season, just like fellow former Badger Montee Ball did with Denver in 2014.

And that doesn’t even include Chargers running back Melvin Gordon, who has established himself as one of the NFL’s best backs. Wisconsin has developed a tradition of strong running back play since Barry Alvarez took over the program in the early 1990s, but it has reached a new level in recent years in terms of the impact those backs are making at the next level.

“Definitely produced a lot of good running backs,” White said.

There’s a reason for that. Wisconsin runs a pro-style offense, which puts its offensive players in a system that transitions well to the next level. To effectively run that offense, you need backs that run the ball well to help move the chains and do something else — protect the quarterback.

Settle said the Badgers build a foundation for their backs of how to recognize and read defenses, how to locate the safeties and figure out where the pressure will come from defensively. Settle will test his backs by sending them up to the whiteboard and having them draw up defenses.

“I try to take any anxiety away from them,” Settle said. “I try to take care of it in the classroom, so when we hit the field you can just cut it loose and play with no reservations.”

Of course, there’s knowing who to block, and then there’s actually doing it.

“We want to have guys that are tough enough and willing to step up in front of a charging linebacker or a defensive lineman that may be unblocked,” Settle said, “and stick his face in there and try to block him and give our quarterback a chance to get the ball to our receivers. It’s a lot.”

And it gave Badgers running backs a leg up at the next level. Patriots offensive coordinator Josh McDaniels said a big responsibility in New England’s offense is being able to pick up the blitz.

“And that’s something a lot of backs in college aren’t necessarily adept at doing,” McDaniels said. “You really can’t play on third down or passing downs if you can’t block blitzes, if you can’t figure out the protections. If the quarterback doesn’t trust you, it’s hard to have that guy in the game on those downs.”

New England trusts White on third down, just as Philadelphia trusts Clement.

Settle said Wisconsin looks for “complete athletes” who are smart and talented. One thing Wisconsin doesn’t do is have its backs catch many balls out of the backfield, yet that’s a strength for both White and Clement. Those two put the time into working on that in college, too. Settle said White would work on the jug machine each day after practice. Philadelphia Eagles running back Corey Clement (30) runs through drills during a practice for the NFL Super Bowl 52 football game Thursday, Feb. 1, 2018, in Minneapolis. Philadelphia is scheduled to face the New England Patriots Sunday. (AP Photo/Eric Gay)

“It was important to him,” Settle said. “He didn’t say a lot he was a guy that went to work. He wanted to compete. There were some guys that were getting more ink than he was, but he was a guy that would just work and work and make sure that he was prepared when his opportunity presented itself.”

Clement said the preparation the backs put in at Wisconsin has helped him at the next level. As has the ability to compete for reps. White and Clement are currently in crowded backfields with a number of other talented backs, much like it was at Wisconsin.

“I think I put myself in that situation (at Wisconsin) knowing what I was going up against,” Clement said. “I knew they had James White, knew they had Melvin Gordon, so I always put myself where competition really makes you better. Coming here, I knew the type of depth that we had in the running back group, and I just wanted to put myself somewhere where I knew I had to keep fighting for a spot, somewhere where I could elevate my game.”

Both Clement and White said Wisconsin’s tradition of churning out quality running backs who could advance to the next level was a big part of why they committed to the Badgers. White noted there’s no prototype for a Wisconsin running back — “it’s just tough, smart and dependable guys, kind of like the New England Patriots.”

And while Wisconsin helped guys like Clement and White, they are returning the favor by succeeding at the highest level. What’s a better recruiting pitch than telling running back recruits to simply turn on the Super Bowl on Sunday?

“It does, it helps,” Settle said, before going into his pitch to recruits. “You’ll have an opportunity to ready yourself to have a shot to play at the next level. … If you prepare now and take the coaching … it’s going to put you in a great position to help yourself later on as you go forward in your career.”


Super Bowl LII only strengthens Badgers’ running back tradition

Badgers running backs are making liars out of John Settle.

The University of Wisconsin’s running backs coach preaches to his players how difficult it is to make it to the top at the next level and play in the Super Bowl. He’s right, except when it comes to his players.

Two former Badger running backs — New England’s James White and Philadelphia’s Corey Clement — will play key roles in Super Bowl LII on Sunday at U.S. Bank Stadium. White will make his third Super Bowl appearance in his fourth season Sunday with the Patriots, and Clement will play in the Super Bowl in his first professional season, just like fellow former Badger Montee Ball did with Denver in 2014.

And that doesn’t even include Chargers running back Melvin Gordon, who has established himself as one of the NFL’s best backs. Wisconsin has developed a tradition of strong running back play since Barry Alvarez took over the program in the early 1990s, but it has reached a new level in recent years in terms of the impact those backs are making at the next level.

“Definitely produced a lot of good running backs,” White said.

There’s a reason for that. Wisconsin runs a pro-style offense, which puts its offensive players in a system that transitions well to the next level. To effectively run that offense, you need backs that run the ball well to help move the chains and do something else — protect the quarterback.

Settle said the Badgers build a foundation for their backs of how to recognize and read defenses, how to locate the safeties and figure out where the pressure will come from defensively. Settle will test his backs by sending them up to the whiteboard and having them draw up defenses.

“I try to take any anxiety away from them,” Settle said. “I try to take care of it in the classroom, so when we hit the field you can just cut it loose and play with no reservations.”

Of course, there’s knowing who to block, and then there’s actually doing it.

“We want to have guys that are tough enough and willing to step up in front of a charging linebacker or a defensive lineman that may be unblocked,” Settle said, “and stick his face in there and try to block him and give our quarterback a chance to get the ball to our receivers. It’s a lot.”

And it gave Badgers running backs a leg up at the next level. Patriots offensive coordinator Josh McDaniels said a big responsibility in New England’s offense is being able to pick up the blitz.

“And that’s something a lot of backs in college aren’t necessarily adept at doing,” McDaniels said. “You really can’t play on third down or passing downs if you can’t block blitzes, if you can’t figure out the protections. If the quarterback doesn’t trust you, it’s hard to have that guy in the game on those downs.”

New England trusts White on third down, just as Philadelphia trusts Clement.

Settle said Wisconsin looks for “complete athletes” who are smart and talented. One thing Wisconsin doesn’t do is have its backs catch many balls out of the backfield, yet that’s a strength for both White and Clement. Those two put the time into working on that in college, too. Settle said White would work on the jug machine each day after practice. Philadelphia Eagles running back Corey Clement (30) runs through drills during a practice for the NFL Super Bowl 52 football game Thursday, Feb. 1, 2018, in Minneapolis. Philadelphia is scheduled to face the New England Patriots Sunday. (AP Photo/Eric Gay)

“It was important to him,” Settle said. “He didn’t say a lot he was a guy that went to work. He wanted to compete. There were some guys that were getting more ink than he was, but he was a guy that would just work and work and make sure that he was prepared when his opportunity presented itself.”

Clement said the preparation the backs put in at Wisconsin has helped him at the next level. As has the ability to compete for reps. White and Clement are currently in crowded backfields with a number of other talented backs, much like it was at Wisconsin.

“I think I put myself in that situation (at Wisconsin) knowing what I was going up against,” Clement said. “I knew they had James White, knew they had Melvin Gordon, so I always put myself where competition really makes you better. Coming here, I knew the type of depth that we had in the running back group, and I just wanted to put myself somewhere where I knew I had to keep fighting for a spot, somewhere where I could elevate my game.”

Both Clement and White said Wisconsin’s tradition of churning out quality running backs who could advance to the next level was a big part of why they committed to the Badgers. White noted there’s no prototype for a Wisconsin running back — “it’s just tough, smart and dependable guys, kind of like the New England Patriots.”

And while Wisconsin helped guys like Clement and White, they are returning the favor by succeeding at the highest level. What’s a better recruiting pitch than telling running back recruits to simply turn on the Super Bowl on Sunday?

“It does, it helps,” Settle said, before going into his pitch to recruits. “You’ll have an opportunity to ready yourself to have a shot to play at the next level. … If you prepare now and take the coaching … it’s going to put you in a great position to help yourself later on as you go forward in your career.”


Super Bowl LII only strengthens Badgers’ running back tradition

Badgers running backs are making liars out of John Settle.

The University of Wisconsin’s running backs coach preaches to his players how difficult it is to make it to the top at the next level and play in the Super Bowl. He’s right, except when it comes to his players.

Two former Badger running backs — New England’s James White and Philadelphia’s Corey Clement — will play key roles in Super Bowl LII on Sunday at U.S. Bank Stadium. White will make his third Super Bowl appearance in his fourth season Sunday with the Patriots, and Clement will play in the Super Bowl in his first professional season, just like fellow former Badger Montee Ball did with Denver in 2014.

And that doesn’t even include Chargers running back Melvin Gordon, who has established himself as one of the NFL’s best backs. Wisconsin has developed a tradition of strong running back play since Barry Alvarez took over the program in the early 1990s, but it has reached a new level in recent years in terms of the impact those backs are making at the next level.

“Definitely produced a lot of good running backs,” White said.

There’s a reason for that. Wisconsin runs a pro-style offense, which puts its offensive players in a system that transitions well to the next level. To effectively run that offense, you need backs that run the ball well to help move the chains and do something else — protect the quarterback.

Settle said the Badgers build a foundation for their backs of how to recognize and read defenses, how to locate the safeties and figure out where the pressure will come from defensively. Settle will test his backs by sending them up to the whiteboard and having them draw up defenses.

“I try to take any anxiety away from them,” Settle said. “I try to take care of it in the classroom, so when we hit the field you can just cut it loose and play with no reservations.”

Of course, there’s knowing who to block, and then there’s actually doing it.

“We want to have guys that are tough enough and willing to step up in front of a charging linebacker or a defensive lineman that may be unblocked,” Settle said, “and stick his face in there and try to block him and give our quarterback a chance to get the ball to our receivers. It’s a lot.”

And it gave Badgers running backs a leg up at the next level. Patriots offensive coordinator Josh McDaniels said a big responsibility in New England’s offense is being able to pick up the blitz.

“And that’s something a lot of backs in college aren’t necessarily adept at doing,” McDaniels said. “You really can’t play on third down or passing downs if you can’t block blitzes, if you can’t figure out the protections. If the quarterback doesn’t trust you, it’s hard to have that guy in the game on those downs.”

New England trusts White on third down, just as Philadelphia trusts Clement.

Settle said Wisconsin looks for “complete athletes” who are smart and talented. One thing Wisconsin doesn’t do is have its backs catch many balls out of the backfield, yet that’s a strength for both White and Clement. Those two put the time into working on that in college, too. Settle said White would work on the jug machine each day after practice. Philadelphia Eagles running back Corey Clement (30) runs through drills during a practice for the NFL Super Bowl 52 football game Thursday, Feb. 1, 2018, in Minneapolis. Philadelphia is scheduled to face the New England Patriots Sunday. (AP Photo/Eric Gay)

“It was important to him,” Settle said. “He didn’t say a lot he was a guy that went to work. He wanted to compete. There were some guys that were getting more ink than he was, but he was a guy that would just work and work and make sure that he was prepared when his opportunity presented itself.”

Clement said the preparation the backs put in at Wisconsin has helped him at the next level. As has the ability to compete for reps. White and Clement are currently in crowded backfields with a number of other talented backs, much like it was at Wisconsin.

“I think I put myself in that situation (at Wisconsin) knowing what I was going up against,” Clement said. “I knew they had James White, knew they had Melvin Gordon, so I always put myself where competition really makes you better. Coming here, I knew the type of depth that we had in the running back group, and I just wanted to put myself somewhere where I knew I had to keep fighting for a spot, somewhere where I could elevate my game.”

Both Clement and White said Wisconsin’s tradition of churning out quality running backs who could advance to the next level was a big part of why they committed to the Badgers. White noted there’s no prototype for a Wisconsin running back — “it’s just tough, smart and dependable guys, kind of like the New England Patriots.”

And while Wisconsin helped guys like Clement and White, they are returning the favor by succeeding at the highest level. What’s a better recruiting pitch than telling running back recruits to simply turn on the Super Bowl on Sunday?

“It does, it helps,” Settle said, before going into his pitch to recruits. “You’ll have an opportunity to ready yourself to have a shot to play at the next level. … If you prepare now and take the coaching … it’s going to put you in a great position to help yourself later on as you go forward in your career.”


Super Bowl LII only strengthens Badgers’ running back tradition

Badgers running backs are making liars out of John Settle.

The University of Wisconsin’s running backs coach preaches to his players how difficult it is to make it to the top at the next level and play in the Super Bowl. He’s right, except when it comes to his players.

Two former Badger running backs — New England’s James White and Philadelphia’s Corey Clement — will play key roles in Super Bowl LII on Sunday at U.S. Bank Stadium. White will make his third Super Bowl appearance in his fourth season Sunday with the Patriots, and Clement will play in the Super Bowl in his first professional season, just like fellow former Badger Montee Ball did with Denver in 2014.

And that doesn’t even include Chargers running back Melvin Gordon, who has established himself as one of the NFL’s best backs. Wisconsin has developed a tradition of strong running back play since Barry Alvarez took over the program in the early 1990s, but it has reached a new level in recent years in terms of the impact those backs are making at the next level.

“Definitely produced a lot of good running backs,” White said.

There’s a reason for that. Wisconsin runs a pro-style offense, which puts its offensive players in a system that transitions well to the next level. To effectively run that offense, you need backs that run the ball well to help move the chains and do something else — protect the quarterback.

Settle said the Badgers build a foundation for their backs of how to recognize and read defenses, how to locate the safeties and figure out where the pressure will come from defensively. Settle will test his backs by sending them up to the whiteboard and having them draw up defenses.

“I try to take any anxiety away from them,” Settle said. “I try to take care of it in the classroom, so when we hit the field you can just cut it loose and play with no reservations.”

Of course, there’s knowing who to block, and then there’s actually doing it.

“We want to have guys that are tough enough and willing to step up in front of a charging linebacker or a defensive lineman that may be unblocked,” Settle said, “and stick his face in there and try to block him and give our quarterback a chance to get the ball to our receivers. It’s a lot.”

And it gave Badgers running backs a leg up at the next level. Patriots offensive coordinator Josh McDaniels said a big responsibility in New England’s offense is being able to pick up the blitz.

“And that’s something a lot of backs in college aren’t necessarily adept at doing,” McDaniels said. “You really can’t play on third down or passing downs if you can’t block blitzes, if you can’t figure out the protections. If the quarterback doesn’t trust you, it’s hard to have that guy in the game on those downs.”

New England trusts White on third down, just as Philadelphia trusts Clement.

Settle said Wisconsin looks for “complete athletes” who are smart and talented. One thing Wisconsin doesn’t do is have its backs catch many balls out of the backfield, yet that’s a strength for both White and Clement. Those two put the time into working on that in college, too. Settle said White would work on the jug machine each day after practice. Philadelphia Eagles running back Corey Clement (30) runs through drills during a practice for the NFL Super Bowl 52 football game Thursday, Feb. 1, 2018, in Minneapolis. Philadelphia is scheduled to face the New England Patriots Sunday. (AP Photo/Eric Gay)

“It was important to him,” Settle said. “He didn’t say a lot he was a guy that went to work. He wanted to compete. There were some guys that were getting more ink than he was, but he was a guy that would just work and work and make sure that he was prepared when his opportunity presented itself.”

Clement said the preparation the backs put in at Wisconsin has helped him at the next level. As has the ability to compete for reps. White and Clement are currently in crowded backfields with a number of other talented backs, much like it was at Wisconsin.

“I think I put myself in that situation (at Wisconsin) knowing what I was going up against,” Clement said. “I knew they had James White, knew they had Melvin Gordon, so I always put myself where competition really makes you better. Coming here, I knew the type of depth that we had in the running back group, and I just wanted to put myself somewhere where I knew I had to keep fighting for a spot, somewhere where I could elevate my game.”

Both Clement and White said Wisconsin’s tradition of churning out quality running backs who could advance to the next level was a big part of why they committed to the Badgers. White noted there’s no prototype for a Wisconsin running back — “it’s just tough, smart and dependable guys, kind of like the New England Patriots.”

And while Wisconsin helped guys like Clement and White, they are returning the favor by succeeding at the highest level. What’s a better recruiting pitch than telling running back recruits to simply turn on the Super Bowl on Sunday?

“It does, it helps,” Settle said, before going into his pitch to recruits. “You’ll have an opportunity to ready yourself to have a shot to play at the next level. … If you prepare now and take the coaching … it’s going to put you in a great position to help yourself later on as you go forward in your career.”


Super Bowl LII only strengthens Badgers’ running back tradition

Badgers running backs are making liars out of John Settle.

The University of Wisconsin’s running backs coach preaches to his players how difficult it is to make it to the top at the next level and play in the Super Bowl. He’s right, except when it comes to his players.

Two former Badger running backs — New England’s James White and Philadelphia’s Corey Clement — will play key roles in Super Bowl LII on Sunday at U.S. Bank Stadium. White will make his third Super Bowl appearance in his fourth season Sunday with the Patriots, and Clement will play in the Super Bowl in his first professional season, just like fellow former Badger Montee Ball did with Denver in 2014.

And that doesn’t even include Chargers running back Melvin Gordon, who has established himself as one of the NFL’s best backs. Wisconsin has developed a tradition of strong running back play since Barry Alvarez took over the program in the early 1990s, but it has reached a new level in recent years in terms of the impact those backs are making at the next level.

“Definitely produced a lot of good running backs,” White said.

There’s a reason for that. Wisconsin runs a pro-style offense, which puts its offensive players in a system that transitions well to the next level. To effectively run that offense, you need backs that run the ball well to help move the chains and do something else — protect the quarterback.

Settle said the Badgers build a foundation for their backs of how to recognize and read defenses, how to locate the safeties and figure out where the pressure will come from defensively. Settle will test his backs by sending them up to the whiteboard and having them draw up defenses.

“I try to take any anxiety away from them,” Settle said. “I try to take care of it in the classroom, so when we hit the field you can just cut it loose and play with no reservations.”

Of course, there’s knowing who to block, and then there’s actually doing it.

“We want to have guys that are tough enough and willing to step up in front of a charging linebacker or a defensive lineman that may be unblocked,” Settle said, “and stick his face in there and try to block him and give our quarterback a chance to get the ball to our receivers. It’s a lot.”

And it gave Badgers running backs a leg up at the next level. Patriots offensive coordinator Josh McDaniels said a big responsibility in New England’s offense is being able to pick up the blitz.

“And that’s something a lot of backs in college aren’t necessarily adept at doing,” McDaniels said. “You really can’t play on third down or passing downs if you can’t block blitzes, if you can’t figure out the protections. If the quarterback doesn’t trust you, it’s hard to have that guy in the game on those downs.”

New England trusts White on third down, just as Philadelphia trusts Clement.

Settle said Wisconsin looks for “complete athletes” who are smart and talented. One thing Wisconsin doesn’t do is have its backs catch many balls out of the backfield, yet that’s a strength for both White and Clement. Those two put the time into working on that in college, too. Settle said White would work on the jug machine each day after practice. Philadelphia Eagles running back Corey Clement (30) runs through drills during a practice for the NFL Super Bowl 52 football game Thursday, Feb. 1, 2018, in Minneapolis. Philadelphia is scheduled to face the New England Patriots Sunday. (AP Photo/Eric Gay)

“It was important to him,” Settle said. “He didn’t say a lot he was a guy that went to work. He wanted to compete. There were some guys that were getting more ink than he was, but he was a guy that would just work and work and make sure that he was prepared when his opportunity presented itself.”

Clement said the preparation the backs put in at Wisconsin has helped him at the next level. As has the ability to compete for reps. White and Clement are currently in crowded backfields with a number of other talented backs, much like it was at Wisconsin.

“I think I put myself in that situation (at Wisconsin) knowing what I was going up against,” Clement said. “I knew they had James White, knew they had Melvin Gordon, so I always put myself where competition really makes you better. Coming here, I knew the type of depth that we had in the running back group, and I just wanted to put myself somewhere where I knew I had to keep fighting for a spot, somewhere where I could elevate my game.”

Both Clement and White said Wisconsin’s tradition of churning out quality running backs who could advance to the next level was a big part of why they committed to the Badgers. White noted there’s no prototype for a Wisconsin running back — “it’s just tough, smart and dependable guys, kind of like the New England Patriots.”

And while Wisconsin helped guys like Clement and White, they are returning the favor by succeeding at the highest level. What’s a better recruiting pitch than telling running back recruits to simply turn on the Super Bowl on Sunday?

“It does, it helps,” Settle said, before going into his pitch to recruits. “You’ll have an opportunity to ready yourself to have a shot to play at the next level. … If you prepare now and take the coaching … it’s going to put you in a great position to help yourself later on as you go forward in your career.”


Super Bowl LII only strengthens Badgers’ running back tradition

Badgers running backs are making liars out of John Settle.

The University of Wisconsin’s running backs coach preaches to his players how difficult it is to make it to the top at the next level and play in the Super Bowl. He’s right, except when it comes to his players.

Two former Badger running backs — New England’s James White and Philadelphia’s Corey Clement — will play key roles in Super Bowl LII on Sunday at U.S. Bank Stadium. White will make his third Super Bowl appearance in his fourth season Sunday with the Patriots, and Clement will play in the Super Bowl in his first professional season, just like fellow former Badger Montee Ball did with Denver in 2014.

And that doesn’t even include Chargers running back Melvin Gordon, who has established himself as one of the NFL’s best backs. Wisconsin has developed a tradition of strong running back play since Barry Alvarez took over the program in the early 1990s, but it has reached a new level in recent years in terms of the impact those backs are making at the next level.

“Definitely produced a lot of good running backs,” White said.

There’s a reason for that. Wisconsin runs a pro-style offense, which puts its offensive players in a system that transitions well to the next level. To effectively run that offense, you need backs that run the ball well to help move the chains and do something else — protect the quarterback.

Settle said the Badgers build a foundation for their backs of how to recognize and read defenses, how to locate the safeties and figure out where the pressure will come from defensively. Settle will test his backs by sending them up to the whiteboard and having them draw up defenses.

“I try to take any anxiety away from them,” Settle said. “I try to take care of it in the classroom, so when we hit the field you can just cut it loose and play with no reservations.”

Of course, there’s knowing who to block, and then there’s actually doing it.

“We want to have guys that are tough enough and willing to step up in front of a charging linebacker or a defensive lineman that may be unblocked,” Settle said, “and stick his face in there and try to block him and give our quarterback a chance to get the ball to our receivers. It’s a lot.”

And it gave Badgers running backs a leg up at the next level. Patriots offensive coordinator Josh McDaniels said a big responsibility in New England’s offense is being able to pick up the blitz.

“And that’s something a lot of backs in college aren’t necessarily adept at doing,” McDaniels said. “You really can’t play on third down or passing downs if you can’t block blitzes, if you can’t figure out the protections. If the quarterback doesn’t trust you, it’s hard to have that guy in the game on those downs.”

New England trusts White on third down, just as Philadelphia trusts Clement.

Settle said Wisconsin looks for “complete athletes” who are smart and talented. One thing Wisconsin doesn’t do is have its backs catch many balls out of the backfield, yet that’s a strength for both White and Clement. Those two put the time into working on that in college, too. Settle said White would work on the jug machine each day after practice. Philadelphia Eagles running back Corey Clement (30) runs through drills during a practice for the NFL Super Bowl 52 football game Thursday, Feb. 1, 2018, in Minneapolis. Philadelphia is scheduled to face the New England Patriots Sunday. (AP Photo/Eric Gay)

“It was important to him,” Settle said. “He didn’t say a lot he was a guy that went to work. He wanted to compete. There were some guys that were getting more ink than he was, but he was a guy that would just work and work and make sure that he was prepared when his opportunity presented itself.”

Clement said the preparation the backs put in at Wisconsin has helped him at the next level. As has the ability to compete for reps. White and Clement are currently in crowded backfields with a number of other talented backs, much like it was at Wisconsin.

“I think I put myself in that situation (at Wisconsin) knowing what I was going up against,” Clement said. “I knew they had James White, knew they had Melvin Gordon, so I always put myself where competition really makes you better. Coming here, I knew the type of depth that we had in the running back group, and I just wanted to put myself somewhere where I knew I had to keep fighting for a spot, somewhere where I could elevate my game.”

Both Clement and White said Wisconsin’s tradition of churning out quality running backs who could advance to the next level was a big part of why they committed to the Badgers. White noted there’s no prototype for a Wisconsin running back — “it’s just tough, smart and dependable guys, kind of like the New England Patriots.”

And while Wisconsin helped guys like Clement and White, they are returning the favor by succeeding at the highest level. What’s a better recruiting pitch than telling running back recruits to simply turn on the Super Bowl on Sunday?

“It does, it helps,” Settle said, before going into his pitch to recruits. “You’ll have an opportunity to ready yourself to have a shot to play at the next level. … If you prepare now and take the coaching … it’s going to put you in a great position to help yourself later on as you go forward in your career.”


Super Bowl LII only strengthens Badgers’ running back tradition

Badgers running backs are making liars out of John Settle.

The University of Wisconsin’s running backs coach preaches to his players how difficult it is to make it to the top at the next level and play in the Super Bowl. He’s right, except when it comes to his players.

Two former Badger running backs — New England’s James White and Philadelphia’s Corey Clement — will play key roles in Super Bowl LII on Sunday at U.S. Bank Stadium. White will make his third Super Bowl appearance in his fourth season Sunday with the Patriots, and Clement will play in the Super Bowl in his first professional season, just like fellow former Badger Montee Ball did with Denver in 2014.

And that doesn’t even include Chargers running back Melvin Gordon, who has established himself as one of the NFL’s best backs. Wisconsin has developed a tradition of strong running back play since Barry Alvarez took over the program in the early 1990s, but it has reached a new level in recent years in terms of the impact those backs are making at the next level.

“Definitely produced a lot of good running backs,” White said.

There’s a reason for that. Wisconsin runs a pro-style offense, which puts its offensive players in a system that transitions well to the next level. To effectively run that offense, you need backs that run the ball well to help move the chains and do something else — protect the quarterback.

Settle said the Badgers build a foundation for their backs of how to recognize and read defenses, how to locate the safeties and figure out where the pressure will come from defensively. Settle will test his backs by sending them up to the whiteboard and having them draw up defenses.

“I try to take any anxiety away from them,” Settle said. “I try to take care of it in the classroom, so when we hit the field you can just cut it loose and play with no reservations.”

Of course, there’s knowing who to block, and then there’s actually doing it.

“We want to have guys that are tough enough and willing to step up in front of a charging linebacker or a defensive lineman that may be unblocked,” Settle said, “and stick his face in there and try to block him and give our quarterback a chance to get the ball to our receivers. It’s a lot.”

And it gave Badgers running backs a leg up at the next level. Patriots offensive coordinator Josh McDaniels said a big responsibility in New England’s offense is being able to pick up the blitz.

“And that’s something a lot of backs in college aren’t necessarily adept at doing,” McDaniels said. “You really can’t play on third down or passing downs if you can’t block blitzes, if you can’t figure out the protections. If the quarterback doesn’t trust you, it’s hard to have that guy in the game on those downs.”

New England trusts White on third down, just as Philadelphia trusts Clement.

Settle said Wisconsin looks for “complete athletes” who are smart and talented. One thing Wisconsin doesn’t do is have its backs catch many balls out of the backfield, yet that’s a strength for both White and Clement. Those two put the time into working on that in college, too. Settle said White would work on the jug machine each day after practice. Philadelphia Eagles running back Corey Clement (30) runs through drills during a practice for the NFL Super Bowl 52 football game Thursday, Feb. 1, 2018, in Minneapolis. Philadelphia is scheduled to face the New England Patriots Sunday. (AP Photo/Eric Gay)

“It was important to him,” Settle said. “He didn’t say a lot he was a guy that went to work. He wanted to compete. 彼よりも多くのインクを手に入れている人もいましたが、彼はただ働き、働き、機会が訪れたときに準備ができていることを確認する人でした。」

クレメント氏は、ウィスコンシンでの準備が次のレベルで彼を助けたと語った。担当者を競う能力もあります。ホワイトとクレメントは現在、ウィスコンシンのときと同じように、他の多くの才能のあるバックと混雑したバックフィールドにいます。

「私は自分が何に反対しているのかを知って、(ウィスコンシンで)そのような状況に身を置いたと思います」とクレメントは言いました。 「彼らがジェームス・ホワイトを持っていること、メルヴィン・ゴードンを持っていることを知っていたので、私は常に競争が本当にあなたを良くするところに自分自身を置きました。ここに来ると、ランニングバックグループの深さのタイプを知っていたので、自分のゲームを向上させることができる場所のために戦い続けなければならないことを知っている場所に自分自身を置きたかったのです。」

クレメントとホワイトはどちらも、次のレベルに進むことができる質の高いランニングバックを生み出すというウィスコンシンの伝統が、彼らがアナグマにコミットした理由の大きな部分であると述べました。ホワイト氏は、ウィスコンシン州のランニングバックのプロトタイプはないと述べました。「ニューイングランドペイトリオッツのように、タフでスマートで信頼できる人たちです。」

ウィスコンシンはクレメントやホワイトのような人たちを助けましたが、彼らは最高レベルで成功することで恩返しをしています。日曜日にスーパーボウルをオンにするようにランニングバックの新入社員に指示するよりも優れた採用ピッチは何ですか?

「そうです、それは助けになります」とセトルは新入社員にピッチに入る前に言った。 「次のレベルでプレーするためのショットを準備する機会があります。 …今準備してコーチングを受けると…後でキャリアを積むときに自分を助けるのに最適な立場になります。」