伝統的なレシピ

このオールビジネスクラスの航空会社は、高く評価されているシェフのメニューを備えています

このオールビジネスクラスの航空会社は、高く評価されているシェフのメニューを備えています


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

一緒に飛ぶときに、37C席の狭い場所から最初やビジネスクラスの乗客をしかめっ面する必要はありません。 ラコンパニー、ブティック フランス語 100%ビジネスクラスの座席とサービスを提供する航空会社。

からのルートを提供する ニューヨーク市パリロンドン 毎週数便の出発で、若い 航空会社 ボーイング757の艦隊を、2 x 2の配置で74の広々としたライフラットシートを含むように変換しました。これらはすべて、落ち着いた白、グレー、スカイブルーのカラーパレットで装飾されています。

また、設備を損なうことはありません。Caudalieトラベルキットポーチ、シート内プラグアウトレット、抗アレルギー枕と毛布、映画、音楽チャンネル、テレビ番組がプリロードされたSamsungGalaxyタブレットはすべて航空運賃に含まれています。

高級なアンティは、パリのオテル・ド・マティニョン(フランス首相の住居)の受賞歴のある元シェフ、クリストフ・ラングリーによって考案されたフライトメニューによって高められ、乗客にグルメなフランス風の料理の味を提供します。メニューは、次のように、特定のルートごとに調整されています。 マグロの炒め物 ロンドンからニューヨークまでのチリライムバターが走り、 ビーフキャセロール のナゲットと フォアグラ パリ出発時。彼らの「ワインセラー」セレクションは、 Piper-HeidsieckCuvéeBrut ソーテルヌに、そしてすべての追加のソフトドリンクとアルコール飲料は無料です。

La Compagnieのおそらく最も魅力的な機能は、その価格帯です。1回の往復チケットで$ 1,800を取り戻すことができます。これは、大規模な航空会社の多くのエコノミーシートよりもわずか数百ドル多く、多くの販売やプロモーションではおそらくそれよりも少なくなります。

では、ラ・コンパニーはどのように測定するのでしょうか?手始めに、それはおそらく航空業界で最高の掘り出し物の1つです。法外な費用をかけずに真の贅沢な体験を。プレミアム空港ラウンジへのアクセスが含まれており、飛行機のマッサージ式のフラットシート、素晴らしいサービス、シームレスな乗降プロセスは非常に称賛に値します。ただし、いくつかの不具合があります。LaCompagnieは大幅な遅延の実績があり、特に著名なシェフが関与している場合、ニューヨークからロンドンへの区間では料理は良かったものの、より良かった可能性があります。また、Samsung Galaxyタブレットのユーザーエクスペリエンスは不格好で、タブレットを正しく機能させるために数人の乗客(私など)が客室乗務員を呼び出す必要がありました。これらはすべて、全体像に比べて小さな不満です。経済を超えてロンドンやパリへの快適さとサービスのためにもう少し贅沢をしたいのであれば、ラコンパニーは非常に手頃な贅沢で飛ぶための適切な選択肢です。


エールフランスは2019年にメニューに新しい特製料理を発表します

エールフランスは、一年中、高級フランス料理の大使として、ラ・プルミエールとビジネスクラスのメニューを有名なシェフに任せています。 Servair Culinary Studioと共同で、今年、同社は2人の新しいフランスのミシュランスターシェフ、AndréeRosierとEmmanuelRenautを迎えます。このように、エールフランスで働くすべての才能あるシェフは、パリや世界中の多くの空港を出発するフライトで、メニューのデザイン、製品の選択、空で楽しむグルメ料理の作成に参加しています。

パリ出発時の空飛ぶ食事

2019年7月から10月まで、 レジス・マルコン伝説的なフランス人シェフが、グルメ作品の選択肢を提供しています。レジス・マルコンは、1995年にボキューズドールという仲間に認められ、ミシュランの3つ星を獲得した批評家から絶賛され、フランスの美食の別の分野を体現しています。アルデーシュとオーヴェルニュの間の単なるスタイルや時代ではなく、彼の料理は自然を象徴し、物語を語っています。

2019年11月から2020年2月まで、初めて、 エマニュエル・レノート エールフランスのラプルミエールメニューの料理を作成します。 meilleur ouvrier de Franceの称号を授与された、3つ星のシェフEmmanuel Renautは、サヴォア料理を再発明している新世代のシェフに属しています。彼の洗練された、活気に満ちたカラフルな料理は、驚くべき調和のとれた構成を特徴としています。

2019年7月から10月まで、サヴォアのシェフ、 ガイ・マーティン彼の世代の画期的なシェフである、は、ビジネスキャビンの顧客を彼のグルメな作品で扱います。ミシュランの2つ星を受賞した彼の料理には、旅行、色、匂い、感覚、感情の思い出など、さまざまな驚くべき情報源があります。これにより、古典的なレシピだけでなく、味の組み合わせや繊細な味わいのある創造的で幸せなレシピを作成するようになりました。

2020年11月から2月まで、エールフランスはビジネスクラスメニューを アンドレ・ロジェ 初めて。 2007年にMeilleurouvrier de Franceの称号を授与された最初の女性シェフであり、ミシュランの星を獲得したシェフであるアンドレロジェは、味の本質を明らかにする本格的な料理に彼女の個人的なタッチを課しています。彼女の革新的な料理はバスク文化に基づいており、新鮮な季節の食材が主流です。

この夏以来、エールフランスはビジネスクラスのシェフとのコラボレーションを拡大し、現在はすべてのアラカルト料理*に署名しています。

国際駅からの出発時のグルメエスケープ

東京、上海、ニューヨーク、そして最近ではロサンゼルスを出発するラ・プルミエールのお客様は、シェフがサインした料理を楽しむことができました。 Jean-FrançoisRouquette、フランスのアヴェロン地域から。彼は、Gault&ampMillauガイドでミシュランスターと4つのトーク帽を授与された、パークハイアットパリヴァンドームレストランの精神に基づいて、本格的で現代的な料理を生み出しています。

来年9月から、米国とカナダの15の目的地から出発すると、エールフランスビジネスのお客様は、 ダニエルローズ、フランス料理を愛するアメリカのミシュランスターシェフ。

シンガポールを出発すると、ミシュランの星が2つあるフランス人シェフ ジュリアン・ロワイエ エールフランスのラプルミエールとビジネスのお客様向けにオーダーメイドのメニューをデザインしています。シンガポールのように、シェフは厳選された季節の食材を使ったコスモポリタン料理を提供しています。

エールフランスは、ポアントアピトル、フォールドフランス、カイエンを出発する際にシェフを任せています マルセル・ラヴィン ビジネスメニューとプレミアムエコノミーメニューのクレオール料理のデザイン。シェフは、地中海とクレオールの製品を創造性とイニシアチブと組み合わせています。ミシュランスターを受賞した彼は、現在、生まれ故郷のマルティニーク島で、島の若者たちにノウハウと経験を伝えるために働いています。

レユニオンを出発すると、ビジネスとプレミアムエコノミーのお客様はシェフが作成したメニューを楽しむことができます ブノワ・ヴァントー。 20年以上にわたってレユニオンを故郷として採用してきたブノワ・ヴァントーは、リモージュで生まれました。彼の美食の世界料理は、彼の旅行と美食の経験からの味をブレンドしています。

ソウル行きのフライトでは、韓国人シェフが作った料理 キム・ヨンヨン ビジネスクラスのお客様は、アジア料理を構成する豊富な風味の紹介です。韓国出身のキム・ヨンヨンは、高級食品愛好家の家族で育ちました。シェフは、東洋と西洋の味を微妙にブレンドした、多様でバランスの取れた季節の料理を提案します。

*すべての長距離目的地および特定の中距離目的地へのフライトでご利用いただけます。アジア行きのフライトでは、エールフランスはビジネスクラスのシェフの特製料理に加えてアジア料理を提供しています。


エールフランスは2019年にメニューに新しい特製料理を発表します

エールフランスは、一年中、高級フランス料理の大使として、ラ・プルミエールとビジネスクラスのメニューを有名なシェフに任せています。 Servair Culinary Studioと共同で、今年、同社は2人の新しいフランスのミシュランスターシェフ、AndréeRosierとEmmanuelRenautを迎えます。このように、エールフランスで働くすべての才能あるシェフは、パリや世界中の多くの空港を出発するフライトで、メニューのデザイン、製品の選択、空で楽しむグルメ料理の作成に参加しています。

パリ出発時の空飛ぶ食事

2019年7月から10月まで、 レジス・マルコン伝説的なフランス人シェフが、グルメ作品の選択肢を提供しています。レジス・マルコンは、1995年にボキューズドールという仲間に認められ、ミシュランの3つ星を獲得した批評家から絶賛され、フランスの美食の別の分野を体現しています。アルデーシュとオーヴェルニュの間の単なるスタイルや時代ではなく、彼の料理は自然を象徴し、物語を語っています。

2019年11月から2020年2月まで、初めて、 エマニュエル・レノート エールフランスのラプルミエールメニューの料理を作成します。 meilleur ouvrier de Franceの称号を授与された、3つ星のシェフEmmanuel Renautは、サヴォア料理を再発明している新世代のシェフに属しています。彼の洗練された、活気に満ちたカラフルな料理は、驚くべき調和のとれた構成を特徴としています。

2019年7月から10月まで、サヴォアのシェフ、 ガイ・マーティン彼の世代の画期的なシェフである、は、ビジネスキャビンの顧客を彼のグルメな作品で扱います。ミシュランの2つ星を受賞した彼の料理には、旅行、色、匂い、感覚、感情の思い出など、さまざまな驚くべき情報源があります。これにより、古典的なレシピだけでなく、味の組み合わせや繊細な味わいのある創造的で幸せなレシピを作成するようになりました。

2020年11月から2月まで、エールフランスはビジネスクラスメニューを アンドレ・ロジェ 初めて。 2007年にMeilleurouvrier de Franceの称号を授与された最初の女性シェフであり、ミシュランの星を獲得したシェフであるアンドレロジェは、味の本質を明らかにする本格的な料理に彼女の個人的なタッチを課しています。彼女の革新的な料理はバスク文化に基づいており、新鮮な季節の食材が主流です。

この夏以来、エールフランスはビジネスクラスのシェフとのコラボレーションを拡大し、現在はすべてのアラカルト料理*に署名しています。

国際駅からの出発時のグルメエスケープ

東京、上海、ニューヨーク、そして最近ではロサンゼルスを出発するラ・プルミエールのお客様は、シェフがサインした料理を楽しむことができました。 Jean-FrançoisRouquette、フランスのアヴェロン地域から。彼は、Gault&ampMillauガイドでミシュランスターと4つのトーク帽を授与された、パークハイアットパリヴァンドームレストランの精神に基づいて、本格的で現代的な料理を生み出しています。

来年9月から、米国とカナダの15の目的地から出発すると、エールフランスビジネスのお客様は、 ダニエルローズ、フランス料理を愛するアメリカのミシュランスターシェフ。

シンガポールを出発すると、ミシュランの星が2つあるフランス人シェフ ジュリアン・ロワイエ エールフランスのラプルミエールとビジネスのお客様向けにオーダーメイドのメニューをデザインしています。シンガポールのように、シェフは厳選された季節の食材を使ったコスモポリタン料理を提供しています。

エールフランスは、ポアントアピトル、フォールドフランス、カイエンを出発する際にシェフを任せています マルセル・ラヴィン ビジネスメニューとプレミアムエコノミーメニューのクレオール料理のデザイン。シェフは、地中海とクレオールの製品を創造性とイニシアチブと組み合わせています。ミシュランスターを受賞した彼は、現在、生まれ故郷のマルティニーク島で、島の若者たちにノウハウと経験を伝えるために働いています。

レユニオンを出発すると、ビジネスとプレミアムエコノミーのお客様はシェフが作成したメニューを楽しむことができます ブノワ・ヴァントー。 20年以上にわたってレユニオンを故郷として採用してきたブノワ・ヴァントーは、リモージュで生まれました。彼の美食の世界料理は、彼の旅行と美食の経験からの味をブレンドしています。

ソウル行きのフライトでは、韓国人シェフが作った料理 キム・ヨンヨン ビジネスクラスのお客様は、アジア料理を構成する豊富な風味の紹介です。韓国出身のキム・ヨンヨンは、高級食品愛好家の家族で育ちました。シェフは、東洋と西洋の味を微妙にブレンドした、多様でバランスの取れた季節の料理を提案します。

*すべての長距離目的地および特定の中距離目的地へのフライトでご利用いただけます。アジア行きのフライトでは、エールフランスはビジネスクラスのシェフの特製料理に加えてアジア料理を提供しています。


エールフランスは2019年にメニューに新しい特製料理を発表します

エールフランスは、一年中、高級フランス料理の大使として、ラ・プルミエールとビジネスクラスのメニューを有名なシェフに任せています。 Servair Culinary Studioと共同で、今年、同社は2人の新しいフランスのミシュランスターシェフ、AndréeRosierとEmmanuelRenautを迎えます。このように、エールフランスで働くすべての才能あるシェフは、パリや世界中の多くの空港を出発するフライトで、メニューのデザイン、製品の選択、空で楽しむグルメ料理の作成に参加しています。

パリ出発時の空飛ぶ食事

2019年7月から10月まで、 レジス・マルコン伝説的なフランス人シェフが、グルメ作品の選択肢を提供しています。レジス・マルコンは、1995年にボキューズドールという仲間に認められ、ミシュランの3つ星を獲得した批評家から絶賛され、フランスの美食の別の分野を体現しています。アルデーシュとオーヴェルニュの間の単なるスタイルや時代ではなく、彼の料理は自然を象徴し、物語を語っています。

2019年11月から2020年2月まで、初めて、 エマニュエル・レノート エールフランスのラプルミエールメニューの料理を作成します。 meilleur ouvrier de Franceの称号を授与された、3つ星のシェフEmmanuel Renautは、サヴォア料理を再発明している新世代のシェフに属しています。彼の洗練された、活気に満ちたカラフルな料理は、驚くべき調和のとれた構成を特徴としています。

2019年7月から10月まで、サヴォアのシェフ、 ガイ・マーティン彼の世代の画期的なシェフである、は、ビジネスキャビンの顧客を彼のグルメな作品で扱います。ミシュランの2つ星を受賞した彼の料理には、旅行、色、匂い、感覚、感情の思い出など、さまざまな驚くべき情報源があります。これにより、古典的なレシピだけでなく、味の組み合わせや繊細な味わいのある創造的で幸せなレシピを作成するようになりました。

2020年11月から2月まで、エールフランスはビジネスクラスメニューを アンドレ・ロジェ 初めて。 2007年にMeilleurouvrier de Franceの称号を授与された最初の女性シェフであり、ミシュランの星を獲得したシェフであるアンドレロジェは、味の本質を明らかにする本格的な料理に彼女の個人的なタッチを課しています。彼女の革新的な料理はバスク文化に基づいており、新鮮な季節の食材が主流です。

この夏以来、エールフランスはビジネスクラスのシェフとのコラボレーションを拡大し、現在はすべてのアラカルト料理*に署名しています。

国際駅からの出発時のグルメエスケープ

東京、上海、ニューヨーク、そして最近ではロサンゼルスを出発するラ・プルミエールのお客様は、シェフがサインした料理を楽しむことができました。 Jean-FrançoisRouquette、フランスのアヴェロン地域から。彼は、Gault&ampMillauガイドでミシュランスターと4つのトーク帽を授与された、パークハイアットパリヴァンドームレストランの精神に基づいて、本格的で現代的な料理を生み出しています。

来年9月から、米国とカナダの15の目的地から出発すると、エールフランスビジネスのお客様は、 ダニエルローズ、フランス料理を愛するアメリカのミシュランスターシェフ。

シンガポールを出発すると、ミシュランの星が2つあるフランス人シェフ ジュリアン・ロワイエ エールフランスのラプルミエールとビジネスのお客様向けにオーダーメイドのメニューをデザインしています。シンガポールのように、シェフは厳選された季節の食材を使ったコスモポリタン料理を提供しています。

ポアントアピトル、フォールドフランス、カイエンから出発するエールフランスは、シェフを任せています マルセル・ラヴィン ビジネスメニューとプレミアムエコノミーメニューのクレオール料理のデザイン。シェフは、地中海とクレオールの製品を創造性とイニシアチブと組み合わせています。ミシュランスターを受賞した彼は、現在、生まれ故郷のマルティニーク島で、島の若者たちにノウハウと経験を伝えるために働いています。

レユニオンを出発すると、ビジネスとプレミアムエコノミーのお客様はシェフが作成したメニューを楽しむことができます ブノワ・ヴァントー。 20年以上にわたってレユニオンを故郷として採用してきたブノワ・ヴァントーは、リモージュで生まれました。彼の美食の世界料理は、彼の旅行と美食の経験からの味をブレンドしています。

ソウル行きのフライトでは、韓国人シェフが作った料理 キム・ヨンヨン ビジネスクラスのお客様は、アジア料理を構成する豊富な風味の紹介です。韓国出身のキム・ヨンヨンは、高級食品愛好家の家族で育ちました。シェフは、東洋と西洋の味を微妙にブレンドした、多様でバランスの取れた季節の料理を提案します。

*すべての長距離目的地および特定の中距離目的地へのフライトでご利用いただけます。アジア行きのフライトでは、エールフランスはビジネスクラスのシェフの特製料理に加えてアジア料理を提供しています。


エールフランスは2019年にメニューに新しい特製料理を発表します

エールフランスは、一年中、高級フランス料理の大使として、ラ・プルミエールとビジネスクラスのメニューを有名なシェフに任せています。 Servair Culinary Studioと共同で、今年、同社は2人の新しいフランスのミシュランスターシェフ、AndréeRosierとEmmanuelRenautを迎えます。このように、エールフランスで働くすべての才能あるシェフは、パリや世界中の多くの空港を出発するフライトで、メニューのデザイン、製品の選択、空で楽しむグルメ料理の作成に参加しています。

パリ出発時の空飛ぶ食事

2019年7月から10月まで、 レジス・マルコン伝説的なフランス人シェフが、グルメ作品の選択肢を提供しています。レジス・マルコンは、1995年にボキューズドールという仲間に認められ、ミシュランの3つ星を獲得した批評家から絶賛され、フランスの美食の別の分野を体現しています。アルデーシュとオーヴェルニュの間の単なるスタイルや時代ではなく、彼の料理は自然を象徴し、物語を語っています。

2019年11月から2020年2月まで、初めて、 エマニュエル・レノート エールフランスのラプルミエールメニューの料理を作成します。 meilleur ouvrier de Franceの称号を授与された、3つ星のシェフEmmanuel Renautは、サヴォア料理を再発明している新世代のシェフに属しています。彼の洗練された、活気に満ちたカラフルな料理は、驚くべき調和のとれた構成を特徴としています。

2019年7月から10月まで、サヴォアのシェフ、 ガイ・マーティン彼の世代の画期的なシェフである、は、ビジネスキャビンの顧客を彼のグルメな作品で扱います。ミシュランの2つ星を受賞した彼の料理には、旅行、色、匂い、感覚、感情の思い出など、さまざまな驚くべき情報源があります。これにより、古典的なレシピだけでなく、味の組み合わせや繊細な味わいのある創造的で幸せなレシピを作成するようになりました。

2020年11月から2月まで、エールフランスはビジネスクラスメニューを アンドレ・ロジェ 初めて。 2007年にMeilleurouvrier de Franceの称号を授与された最初の女性シェフであり、ミシュランの星を獲得したシェフであるアンドレロジェは、味の本質を明らかにする本格的な料理に彼女の個人的なタッチを課しています。彼女の革新的な料理はバスク文化に基づいており、新鮮な季節の食材が主流です。

この夏以来、エールフランスはビジネスクラスのシェフとのコラボレーションを拡大し、現在はすべてのアラカルト料理*に署名しています。

国際駅からの出発時のグルメエスケープ

東京、上海、ニューヨーク、そして最近ではロサンゼルスを出発するラ・プルミエールのお客様は、シェフがサインした料理を楽しむことができました。 Jean-FrançoisRouquette、フランスのアヴェロン地域から。彼は、Gault&ampMillauガイドでミシュランスターと4つのトーク帽を授与された、パークハイアットパリヴァンドームレストランの精神に基づいて、本格的で現代的な料理を生み出しています。

来年9月から、米国とカナダの15の目的地から出発すると、エールフランスビジネスのお客様は、 ダニエルローズ、フランス料理を愛するアメリカのミシュランスターシェフ。

シンガポールを出発すると、ミシュランの星が2つあるフランス人シェフ ジュリアン・ロワイエ エールフランスのラプルミエールとビジネスのお客様向けにオーダーメイドのメニューをデザインしています。シンガポールのように、シェフは厳選された季節の食材を使ったコスモポリタン料理を提供しています。

ポアントアピトル、フォールドフランス、カイエンから出発するエールフランスは、シェフを任せています マルセル・ラヴィン ビジネスメニューとプレミアムエコノミーメニューのクレオール料理のデザイン。シェフは、地中海とクレオールの製品を創造性とイニシアチブと組み合わせています。ミシュランスターを受賞した彼は、現在、生まれ故郷のマルティニーク島で、島の若者たちにノウハウと経験を伝えるために働いています。

レユニオンを出発すると、ビジネスとプレミアムエコノミーのお客様はシェフが作成したメニューを楽しむことができます ブノワ・ヴァントー。 20年以上にわたってレユニオンを故郷として採用してきたブノワ・ヴァントーは、リモージュで生まれました。彼の美食の世界料理は、彼の旅行と美食の経験からの味をブレンドしています。

ソウル行きのフライトでは、韓国人シェフが作った料理 キム・ヨンヨン ビジネスクラスのお客様は、アジア料理を構成する豊富な風味の紹介です。韓国出身のキム・ヨンヨンは、高級食品愛好家の家族で育ちました。シェフは、東洋と西洋の味を微妙にブレンドした、多様でバランスの取れた季節の料理を提案します。

*すべての長距離目的地および特定の中距離目的地へのフライトでご利用いただけます。アジア行きのフライトでは、エールフランスはビジネスクラスのシェフの特製料理に加えてアジア料理を提供しています。


エールフランスは2019年にメニューに新しい特製料理を発表します

エールフランスは、一年中、高級フランス料理の大使として、ラ・プルミエールとビジネスクラスのメニューを有名なシェフに任せています。 Servair Culinary Studioと共同で、今年、同社は2人の新しいフランスのミシュランスターシェフ、AndréeRosierとEmmanuelRenautを迎えます。このように、エールフランスで働くすべての才能あるシェフは、パリや世界中の多くの空港を出発するフライトで、メニューのデザイン、製品の選択、空で楽しむグルメ料理の作成に参加しています。

パリ出発時の空飛ぶ食事

2019年7月から10月まで、 レジス・マルコン伝説的なフランス人シェフが、グルメ作品の選択肢を提供しています。レジス・マルコンは、1995年にボキューズドールという仲間に認められ、ミシュランの3つ星を獲得した批評家から絶賛され、フランスの美食の別の分野を体現しています。アルデーシュとオーヴェルニュの間の単なるスタイルや時代ではなく、彼の料理は自然を象徴し、物語を語っています。

2019年11月から2020年2月まで、初めて、 エマニュエル・レノート エールフランスのラプルミエールメニューの料理を作成します。 meilleur ouvrier de Franceの称号を授与された、3つ星のシェフEmmanuel Renautは、サヴォア料理を再発明している新世代のシェフに属しています。彼の洗練された、活気に満ちたカラフルな料理は、驚くべき調和のとれた構成を特徴としています。

2019年7月から10月まで、サヴォアのシェフ、 ガイ・マーティン彼の世代の画期的なシェフである、は、ビジネスキャビンの顧客を彼のグルメな作品で扱います。ミシュランの2つ星を受賞した彼の料理には、旅行、色、匂い、感覚、感情の思い出など、さまざまな驚くべき情報源があります。これにより、古典的なレシピだけでなく、味の組み合わせや繊細な味わいのある創造的で幸せなレシピを作成するようになりました。

2020年11月から2月まで、エールフランスはビジネスクラスメニューを アンドレ・ロジェ 初めて。 2007年にMeilleurouvrier de Franceの称号を授与された最初の女性シェフであり、ミシュランの星を獲得したシェフであるアンドレロジェは、味の本質を明らかにする本格的な料理に彼女の個人的なタッチを課しています。彼女の革新的な料理はバスク文化に基づいており、新鮮な季節の食材が主流です。

この夏以来、エールフランスはビジネスクラスのシェフとのコラボレーションを拡大し、現在はすべてのアラカルト料理*に署名しています。

国際駅からの出発時のグルメエスケープ

東京、上海、ニューヨーク、そして最近ではロサンゼルスを出発するラ・プルミエールのお客様は、シェフがサインした料理を楽しむことができました。 Jean-FrançoisRouquette、フランスのアヴェロン地域から。彼は、Gault&ampMillauガイドでミシュランスターと4つのトーク帽を授与された、パークハイアットパリヴァンドームレストランの精神に基づいて、本格的で現代的な料理を生み出しています。

来年9月から、米国とカナダの15の目的地から出発すると、エールフランスビジネスのお客様は、 ダニエルローズ、フランス料理を愛するアメリカのミシュランスターシェフ。

シンガポールを出発すると、ミシュランの星が2つあるフランス人シェフ ジュリアン・ロワイエ エールフランスのラプルミエールとビジネスのお客様向けにオーダーメイドのメニューをデザインしています。シンガポールのように、シェフは厳選された季節の食材を使ったコスモポリタン料理を提供しています。

ポアントアピトル、フォールドフランス、カイエンから出発するエールフランスは、シェフを任せています マルセル・ラヴィン ビジネスメニューとプレミアムエコノミーメニューのクレオール料理のデザイン。シェフは、地中海とクレオールの製品を創造性とイニシアチブと組み合わせています。ミシュランスターを受賞した彼は、現在、生まれ故郷のマルティニーク島で、島の若者たちにノウハウと経験を伝えるために働いています。

レユニオンを出発すると、ビジネスとプレミアムエコノミーのお客様はシェフが作成したメニューを楽しむことができます ブノワ・ヴァントー。 20年以上にわたってレユニオンを故郷として採用してきたブノワ・ヴァントーは、リモージュで生まれました。彼の美食の世界料理は、彼の旅行と美食の経験からの味をブレンドしています。

ソウル行きのフライトでは、韓国人シェフが作った料理 キム・ヨンヨン ビジネスクラスのお客様は、アジア料理を構成する豊富な風味の紹介です。韓国出身のキム・ヨンヨンは、高級食品愛好家の家族で育ちました。シェフは、東洋と西洋の味を微妙にブレンドした、多様でバランスの取れた季節の料理を提案します。

*すべての長距離目的地および特定の中距離目的地へのフライトでご利用いただけます。アジア行きのフライトでは、エールフランスはビジネスクラスのシェフの特製料理に加えてアジア料理を提供しています。


エールフランスは2019年にメニューに新しい特製料理を発表します

エールフランスは、一年中、高級フランス料理の大使として、ラ・プルミエールとビジネスクラスのメニューを有名なシェフに任せています。 Servair Culinary Studioと共同で、今年、同社は2人の新しいフランスのミシュランスターシェフ、AndréeRosierとEmmanuelRenautを迎えます。このように、エールフランスで働くすべての才能あるシェフは、パリや世界中の多くの空港を出発するフライトで、メニューのデザイン、製品の選択、空で楽しむグルメ料理の作成に参加しています。

パリ出発時の空飛ぶ食事

2019年7月から10月まで、 レジス・マルコン伝説的なフランス人シェフが、グルメ作品の選択肢を提供しています。レジス・マルコンは、1995年にボキューズドールという仲間に認められ、ミシュランの3つ星を獲得した批評家から絶賛され、フランスの美食の別の分野を体現しています。アルデーシュとオーヴェルニュの間の単なるスタイルや時代ではなく、彼の料理は自然を象徴し、物語を語っています。

2019年11月から2020年2月まで、初めて、 エマニュエル・レノート エールフランスのラプルミエールメニューの料理を作成します。 meilleur ouvrier de Franceの称号を授与された、3つ星のシェフEmmanuel Renautは、サヴォア料理を再発明している新世代のシェフに属しています。彼の洗練された、活気に満ちたカラフルな料理は、驚くべき調和のとれた構成を特徴としています。

2019年7月から10月まで、サヴォアのシェフ、 ガイ・マーティン彼の世代の画期的なシェフである、は、ビジネスキャビンの顧客を彼のグルメな作品で扱います。ミシュランの2つ星を受賞した彼の料理には、旅行、色、匂い、感覚、感情の思い出など、さまざまな驚くべき情報源があります。これにより、古典的なレシピだけでなく、味の組み合わせや繊細な味わいのある創造的で幸せなレシピを作成するようになりました。

2020年11月から2月まで、エールフランスはビジネスクラスメニューを アンドレ・ロジェ 初めて。 2007年にMeilleurouvrier de Franceの称号を授与された最初の女性シェフであり、ミシュランの星を獲得したシェフであるアンドレロジェは、味の本質を明らかにする本格的な料理に彼女の個人的なタッチを課しています。彼女の革新的な料理はバスク文化に基づいており、新鮮な季節の食材が主流です。

この夏以来、エールフランスはビジネスクラスのシェフとのコラボレーションを拡大し、現在はすべてのアラカルト料理*に署名しています。

国際駅からの出発時のグルメエスケープ

東京、上海、ニューヨーク、そして最近ではロサンゼルスを出発するラ・プルミエールのお客様は、シェフがサインした料理を楽しむことができました。 Jean-FrançoisRouquette、フランスのアヴェロン地域から。彼は、Gault&ampMillauガイドでミシュランスターと4つのトーク帽を授与された、パークハイアットパリヴァンドームレストランの精神に基づいて、本格的で現代的な料理を生み出しています。

来年9月から、米国とカナダの15の目的地から出発すると、エールフランスビジネスのお客様は、 ダニエルローズ、フランス料理を愛するアメリカのミシュランスターシェフ。

シンガポールを出発すると、ミシュランの星が2つあるフランス人シェフ ジュリアン・ロワイエ エールフランスのラプルミエールとビジネスのお客様向けにオーダーメイドのメニューをデザインしています。シンガポールのように、シェフは厳選された季節の食材を使ったコスモポリタン料理を提供しています。

ポアントアピトル、フォールドフランス、カイエンから出発するエールフランスは、シェフを任せています マルセル・ラヴィン ビジネスメニューとプレミアムエコノミーメニューのクレオール料理のデザイン。シェフは、地中海とクレオールの製品を創造性とイニシアチブと組み合わせています。ミシュランスターを受賞した彼は、現在、生まれ故郷のマルティニーク島で、島の若者たちにノウハウと経験を伝えるために働いています。

レユニオンを出発すると、ビジネスとプレミアムエコノミーのお客様はシェフが作成したメニューを楽しむことができます ブノワ・ヴァントー。 20年以上にわたってレユニオンを故郷として採用してきたブノワ・ヴァントーは、リモージュで生まれました。彼の美食の世界料理は、彼の旅行と美食の経験からの味をブレンドしています。

ソウル行きのフライトでは、韓国人シェフが作った料理 キム・ヨンヨン ビジネスクラスのお客様は、アジア料理を構成する豊富な風味の紹介です。韓国出身のキム・ヨンヨンは、高級食品愛好家の家族で育ちました。シェフは、東洋と西洋の味を微妙にブレンドした、多様でバランスの取れた季節の料理を提案します。

*Offer available on flights to all long-haul destinations and certain medium-haul destinations. On flights to Asia, Air France offers an Asian dish in addition to the chefs’ signature dishes in Business class.


Air France unveils its new signature dishes on the menu in 2019

As an ambassador of fine French cuisine, all year round, Air France entrusts its La Première and Business class menus to renowned chefs. In collaboration with the Servair Culinary Studio, this year the company welcomes two new French Michelin-starred chefs, Andrée Rosier and Emmanuel Renaut. All the talented chefs working with Air France thus take part in the design of menus, the choice of products and the creation of gourmet dishes to be enjoyed in the sky, on flights departing from Paris and numerous airports worldwide.

High-flying dining on departure from Paris

From July to October 2019, Régis Marcon, legendary French chef, is offering a choice of gourmet creations. Recognized by his peers – Bocuse d’Or in 1995 – and acclaimed by critics with 3 Michelin stars – Régis Marcon embodies a different branch of French gastronomy. More than just a style or an era, between Ardèche and Auvergne, his cuisine symbolizes nature and tells a story.

From November 2019 to February 2020, for the first time, Emmanuel Renaut will be creating dishes for Air France’s La Première menu. Awarded the title of meilleur ouvrier de France, triple-starred chef Emmanuel Renaut belongs to a new generation of chefs who are reinventing Savoyard cuisine. His refined, vibrant and colourful cuisine features surprising and harmonious compositions.

From July to October 2019, Savoyard chef, Guy Martin, a groundbreaking chef of his generation, treats customers in the Business cabin to his gourmet creations. Awarded two Michelin stars, his cuisine has multiple and surprising sources – memories of trips, colours, smells, sensations and emotions, which have inspired him to create classical recipes and also creative and happy ones with good taste combinations and delicate flavours.

From November to February 2020, Air France will entrust its Business class menu to Andrée Rosier for the first time. The first female chef to be awarded the title of Meilleur ouvrier de France in 2007 and a Michelin-starred chef, Andrée Rosier imposes her personal touch on an authentic cuisine that reveals the essence of taste. Her innovative cuisine is based on Basque culture, predominated by fresh seasonal produce.

Since this summer, Air France has extended its collaboration with chefs in Business class, who now sign all the à la carte dishes*.

A gourmet escapade on departure from international stations

On departure from Tokyo, Shanghai, New York and more recently Los Angeles, La Première customers have been able to enjoy dishes signed by chef Jean-François Rouquette, from the Aveyron region of France. He creates an authentic and contemporary cuisine, in the spirit of his Park Hyatt Paris-Vendôme restaurant awarded a Michelin star and 4 toques in the Gault&Millau guide.

Starting next September 2019, on departure from 15 US and Canadian destinations, Air France Business customers will be able to enjoy new dishes created by Daniel Rose, an American Michelin-starred chef with a love for French cuisine.

On departure from Singapore, the French chef with two Michelin stars Julien Royer designs a tailor-made menu for Air France’s La Première and Business customers. Like Singapore, the chef offers a cosmopolitan cuisine, with carefully selected seasonal products.

On departure from Pointe-à-Pitre, Fort-de-France and Cayenne, Air France is entrusting chef Marcel Ravin with the design of the Creole dish for its Business and Premium Economy menus. The chef combines Mediterranean and Creole products with creativity and initiative. Awarded a Michelin star, he is now working in his native Martinique to pass on his know-how and experience to the young people of his island.

On departure from Réunion, Business and Premium Economy customers can enjoy a menu created by chef Benoît Vantaux。 Having adopted Réunion as his home for more than twenty years, Benoît Vantaux was born in Limoges. His gastronomic world cuisine blends flavours from his travels and gastronomic experiences.

On flights to Seoul, the dishes created by Korean chef Youn-Young Kim for Business class customers are an introduction to the wealth of flavous that make up Asian cuisine. Originating from South Korea, Youn-Young Kim grew up in a family of fine food lovers. The chef proposes a range of diverse and balanced seasonal dishes that subtly blend flavours of the East and West.

*Offer available on flights to all long-haul destinations and certain medium-haul destinations. On flights to Asia, Air France offers an Asian dish in addition to the chefs’ signature dishes in Business class.


Air France unveils its new signature dishes on the menu in 2019

As an ambassador of fine French cuisine, all year round, Air France entrusts its La Première and Business class menus to renowned chefs. In collaboration with the Servair Culinary Studio, this year the company welcomes two new French Michelin-starred chefs, Andrée Rosier and Emmanuel Renaut. All the talented chefs working with Air France thus take part in the design of menus, the choice of products and the creation of gourmet dishes to be enjoyed in the sky, on flights departing from Paris and numerous airports worldwide.

High-flying dining on departure from Paris

From July to October 2019, Régis Marcon, legendary French chef, is offering a choice of gourmet creations. Recognized by his peers – Bocuse d’Or in 1995 – and acclaimed by critics with 3 Michelin stars – Régis Marcon embodies a different branch of French gastronomy. More than just a style or an era, between Ardèche and Auvergne, his cuisine symbolizes nature and tells a story.

From November 2019 to February 2020, for the first time, Emmanuel Renaut will be creating dishes for Air France’s La Première menu. Awarded the title of meilleur ouvrier de France, triple-starred chef Emmanuel Renaut belongs to a new generation of chefs who are reinventing Savoyard cuisine. His refined, vibrant and colourful cuisine features surprising and harmonious compositions.

From July to October 2019, Savoyard chef, Guy Martin, a groundbreaking chef of his generation, treats customers in the Business cabin to his gourmet creations. Awarded two Michelin stars, his cuisine has multiple and surprising sources – memories of trips, colours, smells, sensations and emotions, which have inspired him to create classical recipes and also creative and happy ones with good taste combinations and delicate flavours.

From November to February 2020, Air France will entrust its Business class menu to Andrée Rosier for the first time. The first female chef to be awarded the title of Meilleur ouvrier de France in 2007 and a Michelin-starred chef, Andrée Rosier imposes her personal touch on an authentic cuisine that reveals the essence of taste. Her innovative cuisine is based on Basque culture, predominated by fresh seasonal produce.

Since this summer, Air France has extended its collaboration with chefs in Business class, who now sign all the à la carte dishes*.

A gourmet escapade on departure from international stations

On departure from Tokyo, Shanghai, New York and more recently Los Angeles, La Première customers have been able to enjoy dishes signed by chef Jean-François Rouquette, from the Aveyron region of France. He creates an authentic and contemporary cuisine, in the spirit of his Park Hyatt Paris-Vendôme restaurant awarded a Michelin star and 4 toques in the Gault&Millau guide.

Starting next September 2019, on departure from 15 US and Canadian destinations, Air France Business customers will be able to enjoy new dishes created by Daniel Rose, an American Michelin-starred chef with a love for French cuisine.

On departure from Singapore, the French chef with two Michelin stars Julien Royer designs a tailor-made menu for Air France’s La Première and Business customers. Like Singapore, the chef offers a cosmopolitan cuisine, with carefully selected seasonal products.

On departure from Pointe-à-Pitre, Fort-de-France and Cayenne, Air France is entrusting chef Marcel Ravin with the design of the Creole dish for its Business and Premium Economy menus. The chef combines Mediterranean and Creole products with creativity and initiative. Awarded a Michelin star, he is now working in his native Martinique to pass on his know-how and experience to the young people of his island.

On departure from Réunion, Business and Premium Economy customers can enjoy a menu created by chef Benoît Vantaux。 Having adopted Réunion as his home for more than twenty years, Benoît Vantaux was born in Limoges. His gastronomic world cuisine blends flavours from his travels and gastronomic experiences.

On flights to Seoul, the dishes created by Korean chef Youn-Young Kim for Business class customers are an introduction to the wealth of flavous that make up Asian cuisine. Originating from South Korea, Youn-Young Kim grew up in a family of fine food lovers. The chef proposes a range of diverse and balanced seasonal dishes that subtly blend flavours of the East and West.

*Offer available on flights to all long-haul destinations and certain medium-haul destinations. On flights to Asia, Air France offers an Asian dish in addition to the chefs’ signature dishes in Business class.


Air France unveils its new signature dishes on the menu in 2019

As an ambassador of fine French cuisine, all year round, Air France entrusts its La Première and Business class menus to renowned chefs. In collaboration with the Servair Culinary Studio, this year the company welcomes two new French Michelin-starred chefs, Andrée Rosier and Emmanuel Renaut. All the talented chefs working with Air France thus take part in the design of menus, the choice of products and the creation of gourmet dishes to be enjoyed in the sky, on flights departing from Paris and numerous airports worldwide.

High-flying dining on departure from Paris

From July to October 2019, Régis Marcon, legendary French chef, is offering a choice of gourmet creations. Recognized by his peers – Bocuse d’Or in 1995 – and acclaimed by critics with 3 Michelin stars – Régis Marcon embodies a different branch of French gastronomy. More than just a style or an era, between Ardèche and Auvergne, his cuisine symbolizes nature and tells a story.

From November 2019 to February 2020, for the first time, Emmanuel Renaut will be creating dishes for Air France’s La Première menu. Awarded the title of meilleur ouvrier de France, triple-starred chef Emmanuel Renaut belongs to a new generation of chefs who are reinventing Savoyard cuisine. His refined, vibrant and colourful cuisine features surprising and harmonious compositions.

From July to October 2019, Savoyard chef, Guy Martin, a groundbreaking chef of his generation, treats customers in the Business cabin to his gourmet creations. Awarded two Michelin stars, his cuisine has multiple and surprising sources – memories of trips, colours, smells, sensations and emotions, which have inspired him to create classical recipes and also creative and happy ones with good taste combinations and delicate flavours.

From November to February 2020, Air France will entrust its Business class menu to Andrée Rosier for the first time. The first female chef to be awarded the title of Meilleur ouvrier de France in 2007 and a Michelin-starred chef, Andrée Rosier imposes her personal touch on an authentic cuisine that reveals the essence of taste. Her innovative cuisine is based on Basque culture, predominated by fresh seasonal produce.

Since this summer, Air France has extended its collaboration with chefs in Business class, who now sign all the à la carte dishes*.

A gourmet escapade on departure from international stations

On departure from Tokyo, Shanghai, New York and more recently Los Angeles, La Première customers have been able to enjoy dishes signed by chef Jean-François Rouquette, from the Aveyron region of France. He creates an authentic and contemporary cuisine, in the spirit of his Park Hyatt Paris-Vendôme restaurant awarded a Michelin star and 4 toques in the Gault&Millau guide.

Starting next September 2019, on departure from 15 US and Canadian destinations, Air France Business customers will be able to enjoy new dishes created by Daniel Rose, an American Michelin-starred chef with a love for French cuisine.

On departure from Singapore, the French chef with two Michelin stars Julien Royer designs a tailor-made menu for Air France’s La Première and Business customers. Like Singapore, the chef offers a cosmopolitan cuisine, with carefully selected seasonal products.

On departure from Pointe-à-Pitre, Fort-de-France and Cayenne, Air France is entrusting chef Marcel Ravin with the design of the Creole dish for its Business and Premium Economy menus. The chef combines Mediterranean and Creole products with creativity and initiative. Awarded a Michelin star, he is now working in his native Martinique to pass on his know-how and experience to the young people of his island.

On departure from Réunion, Business and Premium Economy customers can enjoy a menu created by chef Benoît Vantaux。 Having adopted Réunion as his home for more than twenty years, Benoît Vantaux was born in Limoges. His gastronomic world cuisine blends flavours from his travels and gastronomic experiences.

On flights to Seoul, the dishes created by Korean chef Youn-Young Kim for Business class customers are an introduction to the wealth of flavous that make up Asian cuisine. Originating from South Korea, Youn-Young Kim grew up in a family of fine food lovers. The chef proposes a range of diverse and balanced seasonal dishes that subtly blend flavours of the East and West.

*Offer available on flights to all long-haul destinations and certain medium-haul destinations. On flights to Asia, Air France offers an Asian dish in addition to the chefs’ signature dishes in Business class.


Air France unveils its new signature dishes on the menu in 2019

As an ambassador of fine French cuisine, all year round, Air France entrusts its La Première and Business class menus to renowned chefs. In collaboration with the Servair Culinary Studio, this year the company welcomes two new French Michelin-starred chefs, Andrée Rosier and Emmanuel Renaut. All the talented chefs working with Air France thus take part in the design of menus, the choice of products and the creation of gourmet dishes to be enjoyed in the sky, on flights departing from Paris and numerous airports worldwide.

High-flying dining on departure from Paris

From July to October 2019, Régis Marcon, legendary French chef, is offering a choice of gourmet creations. Recognized by his peers – Bocuse d’Or in 1995 – and acclaimed by critics with 3 Michelin stars – Régis Marcon embodies a different branch of French gastronomy. More than just a style or an era, between Ardèche and Auvergne, his cuisine symbolizes nature and tells a story.

From November 2019 to February 2020, for the first time, Emmanuel Renaut will be creating dishes for Air France’s La Première menu. Awarded the title of meilleur ouvrier de France, triple-starred chef Emmanuel Renaut belongs to a new generation of chefs who are reinventing Savoyard cuisine. His refined, vibrant and colourful cuisine features surprising and harmonious compositions.

From July to October 2019, Savoyard chef, Guy Martin, a groundbreaking chef of his generation, treats customers in the Business cabin to his gourmet creations. Awarded two Michelin stars, his cuisine has multiple and surprising sources – memories of trips, colours, smells, sensations and emotions, which have inspired him to create classical recipes and also creative and happy ones with good taste combinations and delicate flavours.

From November to February 2020, Air France will entrust its Business class menu to Andrée Rosier for the first time. The first female chef to be awarded the title of Meilleur ouvrier de France in 2007 and a Michelin-starred chef, Andrée Rosier imposes her personal touch on an authentic cuisine that reveals the essence of taste. Her innovative cuisine is based on Basque culture, predominated by fresh seasonal produce.

Since this summer, Air France has extended its collaboration with chefs in Business class, who now sign all the à la carte dishes*.

A gourmet escapade on departure from international stations

On departure from Tokyo, Shanghai, New York and more recently Los Angeles, La Première customers have been able to enjoy dishes signed by chef Jean-François Rouquette, from the Aveyron region of France. He creates an authentic and contemporary cuisine, in the spirit of his Park Hyatt Paris-Vendôme restaurant awarded a Michelin star and 4 toques in the Gault&Millau guide.

Starting next September 2019, on departure from 15 US and Canadian destinations, Air France Business customers will be able to enjoy new dishes created by Daniel Rose, an American Michelin-starred chef with a love for French cuisine.

On departure from Singapore, the French chef with two Michelin stars Julien Royer designs a tailor-made menu for Air France’s La Première and Business customers. Like Singapore, the chef offers a cosmopolitan cuisine, with carefully selected seasonal products.

On departure from Pointe-à-Pitre, Fort-de-France and Cayenne, Air France is entrusting chef Marcel Ravin with the design of the Creole dish for its Business and Premium Economy menus. The chef combines Mediterranean and Creole products with creativity and initiative. Awarded a Michelin star, he is now working in his native Martinique to pass on his know-how and experience to the young people of his island.

On departure from Réunion, Business and Premium Economy customers can enjoy a menu created by chef Benoît Vantaux。 Having adopted Réunion as his home for more than twenty years, Benoît Vantaux was born in Limoges. His gastronomic world cuisine blends flavours from his travels and gastronomic experiences.

On flights to Seoul, the dishes created by Korean chef Youn-Young Kim for Business class customers are an introduction to the wealth of flavous that make up Asian cuisine. Originating from South Korea, Youn-Young Kim grew up in a family of fine food lovers. The chef proposes a range of diverse and balanced seasonal dishes that subtly blend flavours of the East and West.

*Offer available on flights to all long-haul destinations and certain medium-haul destinations. On flights to Asia, Air France offers an Asian dish in addition to the chefs’ signature dishes in Business class.