伝統的なレシピ

批評家はどのくらい早く新しいレストランをレビューする必要がありますか?開くとすぐに

批評家はどのくらい早く新しいレストランをレビューする必要がありますか?開くとすぐに


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

開店後どれくらいで新しいレストランをレビューする必要がありますか?それは、マンハッタンのベジタリアン/ビーガンレストランの非常に称賛されているシェフ兼経営者であるアマンダコーエンによって提起された質問です。 ダートキャンディー、彼女の最新の記事で Eater.com 桁、 ダートキャンディーからの発送.

「最近、レストランはドアが開くとすぐに見直されているような気がします。それでみんなが不幸になるのではないかと思います…」と彼女は書いています。彼女は、以前は、批評家は通常、施設の最初の夜と彼ら自身の最初の本格的な場所のレビューの間にまともな間隔を待っていたと指摘します。一部のレビュアーは、公に判断する前に、今では驚くべき6か月の場所を提供します。コーエン氏は、「ニューヨークタイムズ紙は通常、開店から2〜3か月以内にレストランにファイルを提出し、初めて訪れる前に6週間の猶予期間をレストランに与えるようです」と述べています。他の出版物については、今では2か月以内が一般的であるように思われます。

コーエン氏によると、問題は「初日にオープンするレストランは、6か月後、さらには6週間後に存在するレストランではない」ということです。

もちろん、それは本当です。しかし、ここには2つの問題があります。 1つ目は現代のものです。スマートフォンを持っている人は誰でもレビュアーであり、新しいレストランがオープンした瞬間に食事をすることは、ヒップさ、名声、影響力、外食への情熱のバッジです。クーラーのクラフトビールが世界に知らせないのであれば、冷やす時間がなくなる前にテーブルを手に入れることのポイントは何ですか—統計! —あなたがそこにいること、あなたが何を食べているかを彼らに示し、あなたがそれについてどう思うかを彼らに伝えるために?

したがって、まず第一に、新しいレストランがいつレビューされるかという問題は、専門家の批評家やジャーナリズムの実践とは何の関係もありません。申し訳ありませんが、Ms。またはMr. Restaurateurですが、ライトをオンにした瞬間、あなたは(たとえそれが不公平であっても)世界に対してかなり公平なゲームです。

しかし、レストランが存在する限り私たちと一緒にいた2番目の問題は、おそらくその時点でプロの批評家にとっても公正なゲームであるべきだということです。六ヶ月? 6週間?いいえ、1泊目の6時半の予約はどうですか?

中世には、コンピューターが部屋全体を占め、電話がワイヤーで壁に固定され、人々が「カメラ」と呼ばれる仕掛けで写真を撮っていたとき、私はロサンゼルスタイムズのレストランをレビューし、南カリフォルニアのレストランガイドを書いていました。私は時々、負傷したレストラン経営者、私が印刷物で不親切だった施設の男性と女性から聞いていました。彼らのコメントの口調と文法上の正当性はさまざまでしたが、一般的な考え方は次のとおりでした。私のビジネスを潜在的に減少させますか?」

私がいつも返信で指摘したのは、(a)レストラン評論家は「最初の食事」であり、自分の時間(通常は3回以上の訪問中)と他の誰かのお金(彼または彼女の雇用主の)を機能に費やす人です。一種のスカウトとして、経験を積み、それを分析して評価し、それを数千または数十万の他の人々に報告して、彼らが何を使うように求められているかを知るようにします 彼らの 時間とお金; (b)レストランの顧客もおそらく自分たちのお金のために一生懸命働いており、彼らが支払った金額と引き換えにある程度の価値を合理的に期待できるはずです。彼らが無礼に迎えられ、ひどく仕え、そして食べるためにがらくたを与えられたら、それなら、ごめんなさいレストラン経営者さん、しかしあなたは 値する あなたのビジネスを衰退させるために。

もちろん、レストラン経営者はいません(多分を除いて アリゾナでそれらのワッコ)顧客に故意に悪い経験を与えます。もちろん、新しいレストランがねじれを解決するのに時間がかかります—複雑な人間と機械の機械をすべて稼働させるには時間がかかります。しかし、なぜ有料の顧客は移行期間に助成金を支給する必要があるのでしょうか。たとえば、レストランが完全に稼働しているときの75%で営業している場合(そして、多くの新しい場所の場合、それは寛大です)、なぜ食事をする人は100%の価格を支払う必要がありますか?

シャツをブロックの下の新しいドライクリーニング店に持っていき、焦げて破れた状態に戻した場合、シャツはまだ始まったばかりなので、良いスポーツになるはずですか?新しいアンサンブルがモーツァルトを演奏するのを聞きに行き、予想していた崇高な音楽の代わりに、たくさんのきしむ音や鳴き声が聞こえる場合、彼らが実際に必要なだけ練習する時間がなかったので、あなたは彼らを許しますか?うーん。

ブロードウェイのショーは、少なくとも平均的なレストランと同じくらい多くの可動部分があり、立ち上げて稼働するのに同じくらいの費用がかかる可能性がありますが、通常は一連の半額プレビューの後に、オープニングナイトでレビューされます。 いいえ レビュー済み—そして、もし彼らが普遍的に非難されたとしても、彼らはそれほど長くは存在しないでしょう。同じルールがレストランに適用されるべきではない理由がわかりません。小切手を渡す前に、一緒に行動してください。または、すべての欠陥を開いて、チャンスをつかんでください。全体的にレストランは少なくなるかもしれませんが、より良いレストランになります。

コーエンは、レストランが それは 早い段階でレビューし、意図したとおりに機能しているときに再レビューする必要があります。私も同意します。しかし、施設がAmExカードの料金を使い始めるとすぐに、それはあなたに完全な価値を与えるはずです、そしてそうでなければ、あなたのフレンドリーな近所のレストラン評論家-そして私は20代のテーブル一杯を意味しません彼らのiPhoneと卑劣な語彙—そうではないことを世界に伝えるべきです。ピート・ウェルズ、レスリー・ブレナー、ジョナサン・ゴールド、アミーゴの準備ができていない場合は、誰の準備もできていません。


パトリック・クラークの足跡をたどる

パトリック・クラークの写真を初めて見たときの気持ちを正確に覚えています。シェフは私のようにこげ茶色の肌をしていて、彼の笑顔は明るくて広く、私の叔父が家族の集まりで共有しているものを思い出させました。彼は健康で、自信があり、自信を持っているように見えました。称賛と称賛のリストは、彗星の尻尾のように彼の肖像画に添えられました:彼は25歳で画期的なニューアメリカンレストランThe Odeonのエグゼクティブシェフであり、ジェームズビアード賞&#x2013winner&#x2014aは黒人シェフとしては初めてです&#x2014at 39.彼はテレビにたくさん出演し、彼の料理は食品評論家からのラブレターを引き出しました。私が料理学校で学んだ(ほとんど)フランス人シェフとは異なり、彼は背の高い白いトークを着ていませんでした、そして彼の剃った髪は彼の笑顔の上の厚い黒い口ひげと一致しました。私は彼の顔を見たり、彼の名前を聞いたりしたことはありませんでしたが、彼はすぐに私に馴染みがあるように見えました。私はこの男についてもっと知っておくべきだと知っていました。しかし、私が学校で教えられ、常に白人のシェフや食品編集者の唇にあるように見えた同時代の人たちとは異なり、彼は集合的記憶から消えてしまったようです。シアトルのJuneBabyとSalareのシェフであるEdouardoJordanも同様の経験をしました。 &#x201C料理学校では黒人シェフについての話があまりなかったので、調査を行ったところ、彼の名前が表示されました。&#x201D彼は覚えています。彼のように、私は理解する必要がありました。私は自分のラップトップをつかみました。

1997年にクラークが競争している粒子の粗いビデオを見つけました 鉄人シェフ ワールドカップ準決勝。 &#x201CAmericanのシェフは、非常に長い間、フランス人、中国人、日本人のバックグラウンドにいました。&#x201D Patrick Clarkは、ブルックリンの育成を裏切る甲高い、耳障りな声を言います。 &#x201CSoこれは、この大会で私たちの最高の強みを示す良い機会です。&#x201D

私は彼が米国を代表するよう招待されたことに誇りを持っているのを見ることができました。しかし、私はまた、結果がどうなるかを知っていました。クラークはそのラウンドのチャンピオンシップをアランパッサールに負け、番組が放映されてからわずか数か月後、42歳で心不全で亡くなりました。このビデオが撮影されるまでの間にスペースを譲ったとき、私のキーボードに大きな涙がこぼれました。そして私が今占領している時間&#x2014年と数十年の間。私は頭を両手に置き、彼の消去に怒りを込めて震え、彼のことをすぐに知らなかったことに罪悪感を覚えました。ビデオが終わり、すすり泣きが遅くなったので、私はパトリッククラークについてこれまでに書かれたすべての単語を追いかけ、彼の名前が会話から削除された理由を理解しようと努力しました。

フランスのEug&#xE9nie-les-BainsでMichel Gu&#xE9rardに師事した後、クラークは古典的な訓練を受けたシェフの大国であり、&#x201980年代後半と&#x201990年代にニューアメリカン料理のリーダーの1人であることがすぐにわかりました。そこで彼は、フランス料理への健康的なアプローチに焦点を当てた料理ミンサーを学び、この感性をニューヨークのオデオンのメニューに適用し、そこでエグゼクティブシェフになりました。クラークの料理はエネルギッシュで、シェフ、レストラン経営者、ニューヨーク市の作家などの注目を集めました。

彼の料理は、食感と温度の巧みな理解と伝統への遊び心のあるアプローチを示しました。ポーチドエッグはクリーム色のほうれん草の上にオランデーズソースでとまり、カリカリのサヤインゲンとニンジンは繊細なポーチドエッグのメダリオンを飾りました。オデオンのカジュアルでほとんどカフェテリアのような雰囲気に並べられたクラシックな料理です。用語が作成される前は、それは高級カジュアルレストランでした。

著者と元 グルメ 編集者のルース・ライチェルは、彼のキャリアの2つの異なる時点でクラークの料理に注目しました。ロサンゼルスのイタリアンレストランであるバイスで、彼女はレストラン評論家でした。 ロサンゼルスタイムズ 1984年から1993年まで、そしてタバーンオンザグリーンで、彼女が料理評論家の役割を果たしたとき ニューヨーク・タイムズ 1993年から1999年まで。

&#x201CHeは本当に面白いアメリカ料理をやっていた&#x201D彼女は回想する。 &#x201C突然、他の国に目を向けないアメリカ人の考え方で誰かが考えているようになりました。&#x201D

1994年、クラークはワシントンD.C.のヘイアダムスホテルでの料理でベストシェフ:ミッドアトランティックリージョンジェームズビアード財団賞を受賞しました。スーシェフのダニエルリードリベラが彼と一緒に賞に出席しました。 &#x201CHeはその夜を祝うことすらしなかった&#x201Dと彼女は言います。賞は素晴らしいですが、クラークはおいしい料理を作るためにキッチンにいたかったのです。 &#x201C私たちは翌日仕事に戻りました。&#x201D謙虚さはクラークの性格とリーダーシップの中心的な部分でした。その歴史的なジェームズビアードの勝利の夜、&#x201Cheはキッチンに電話し、&#x2018weが勝ったと言いました。 &#x2019&#x201Dによると、メキシコのサンミゲルデアジェンデにあるレストランのシェフ、ドニーマスタートンは、1988年にクラークがオープンしたレストランであるメトロでラインクックとしてクラークと最初に協力し、ヘイアダムスのバイスで彼と協力しました。 、およびタバーンオンザグリーン。

&#x201CHeは、料理の各部分が可能な限り完璧であることを本当に確認しました。&#x201Dマスタートンは続けます。にんにくとハーブでローストし、ポテトパンケーキを添えた土鍋チキンのようなシンプルな料理は、クラークの技術的なスキルを披露しました。 &#x201CHis食品は食材主導で、季節ごとに構成されていました。&#x201D

クラークは有名シェフの第2波の一部でもあり、ジュリアチャイルドに出演しました。 マスターシェフとの料理, 東の偉大なシェフ、およびオリジナル 鉄人シェフ。 &#x201C彼がまだ周りにいたら、彼はエメリルよりも大きくなるでしょう&#x201Dは、オデオンとメトロでクラークと料理をし、ニューヨーク大学でアフリカ系アメリカ人の食道を研究し続けたスコット・アルベス・バートン博士は言います。 1995年、クラークは当時アメリカで最も忙しく、最も有名なレストランの1つであるタバーンオンザグリーンのキッチンを率いるという巨大な仕事を引き受けました。

&#x201CTavern on the Greenは本当にタフです&#x201DReichlは言います。彼女のレストランの1つ星のレビューで、彼女は料理を賞賛しましたが、サービスを国内で最も無礼だと呼びました。クラークはレビューを一気に受け止め、手書きのお礼状を送りました。

3年も経たないうちに、クラークはわずか42歳で心臓移植を待っている間に亡くなりました。この時期、ほとんどのシェフ、特に彼の身長を達成したシェフは、料理を通じて独自の視点を翻訳する方法を微調整しています。チャーリートロッターが率いるシェフコミュニティは、クラークを記念するイベントを開催し、妻のリネットとその5人の子供たちのためにお金を集めるために料理本をまとめました。それには、彼の仲間のホストであるトーマス・ケラー、ジャック・P&#xE9ピン、アリス・ウォータース、ダニエル・ブールーからの温かい思い出とレシピが含まれていました。マーカス・サミュエルソンは次のように書いています。&#x201CAsニューヨークに到着した若いシェフ、私は頻繁にパトリックに指導とインスピレーションを求めました。アメリカで最も有名で尊敬されている黒人シェフであることは彼にとって大きな責任であり、彼は喜んで受け入れました。役割モデルおよびリーダーとして、パトリックは、そうでなければこの業界を選択しなかったであろう若くて意欲的なシェフに多くの扉を開きました。&#x201D

彼の話を考えると、クラークの基本的なアメリカ料理とシェフの指導からだまされたと感じないのは難しいです。彼が彼の技術と進歩するアメリカ料理にどれほど熱心であったか、そして彼がどのように彼の仲間からとてもはっきりと尊敬されていたかを見ると、なぜ彼がほとんど忘れられているのか疑問に思います。しかし、私は答えを知っているのではないかと心配しています。多くの黒人シェフのように、彼の仕事は無視され、その上に立つ白人シェフを支持しています。インストラクターと編集者は、彼らがカバーする人々と場所が常に彼にふさわしい信用を与えていないので、彼の遺産を支持しません。この消去は無意識であるか無知から生まれている可能性がありますが、いずれにせよ、それは周期的で広範囲に及ぶ可能性があり、おそらく最悪の場合、私たちの国を形作った多様な力の完全な物語を学ぶ機会の新世代のシェフを奪います&# x2019sの高級料理文化。

どこを見ればよいかがわかったら、クラークの仕事がレストランの風景全体に与える影響を認識しなければならないからです。カジュアルなレストランがたくさんある今日のダイニングシーンでそれを目にします。ニューヨーク市のライフホテルにあるヘンリーのJJジョンソン、ザグレイのマシャマベイリーなど、黒人シェフの世代に彼の影響を感じています。サバンナ、ジョージア、エドゥアルドジョーダン。特に、マンハッタンのルアーフィッシュバーのシェフであるパトリックの息子であるプレストンクラークに見られます。

&#x201Cアメリカ料理について話すとき、あなたは私の父について話さなければなりません、&#x201Dプレストンは言います。黒人経営の高級レストランの公式統計はないようですが、当時または現在、マンハッタンでの彼の父親のレストラン所有の話はまだ非常にまれです。なかったらいいのに。

パトリッククラークの物語の中には、この国の料理の歴史に欠かせない黒人シェフの物語がありますが、それでも目に見えず、黒人料理人の可能性を継承しています。私と同じように、その夜と同じようにクラークの物語をつなぎ合わせなければならない、自分に似たシェフを探している黒人がたくさんいることを知っています。そうすれば、彼らはインスピレーションが必要なときにそれを思い出すことができます。しかし、誰もが彼の話を知っている必要があります。

&#x201Cパトリッククラークデーがあるはずです&#x201Dはジョーダンが言います。 &#x201CHeは私たちの多くに道を開いた。私は彼が私を誇りに思うかどうか常に自問しています。&#x201D

2018年のジェームズビアード賞で、ヨルダンは彼のレストランジューンベイビーのベストニューレストラン賞を受賞した最初の黒人シェフになりました。彼は受け入れのスピーチでクラークに感謝した。

それを見た後、私はこのシェフの遺産を他に2回涙を流しました 鉄人シェフ クリップ。クラークが人生の最後の数か月でニューヨークの病院に滞在していたとき、彼は家族とスーシェフに新鮮なシーフードと農産物を自分の部屋に持ってきてもらい、そこで自分で食事を準備したと聞いたことがあります。彼の仲間の患者。もう1つは、クラークの妻であるリネットがジューンベイビーに電話をかけて、彼がそのステージに立っている間に亡くなった夫について言及してくれたことに感謝しているとジョーダンが私に言ったときです。

最近、私はパトリッククラークについて、クラークが育ったブルックリン南東部のカナージーからそう遠くないブラウンズビルコミュニティ料理センターのクラスに話しました。私のプレゼンテーションの最初のスライドは、私が最初に彼に見たのと同じ写真でした。生徒たちの目が親しみやすさと好奇心のミックスで照らされているのを見て、彼らは彼らのように見えるシェフを見ました。そしてその瞬間、クラークの物語は過去を照らしているだけではないことが明らかになりました。それは前進の道を照らします。

&#x201Cパトリッククラークデーがあるはずです&#x201Dはエドゥアルドジョーダンが言います。 &#x201CHeは私たちの多くに道を開いた。私は彼が私を誇りに思うかどうか常に自問しています。&#x201D


バトンルージュでこの春と夏に注目する新しいレストランのオープン

課題にもかかわらず 地元の料理産業は過去1年間に直面してきましたが、バトンルージュ全体でまだ多くの発展が見られます。ここに、目を離さないためのいくつかの新しい開口部があります—そしてあなたが最初に彼らのドアを通り抜けることを期待するかもしれないとき。

他にどのような食品事業がすべきか 毎日225 チームはファーストルック機能のために私たちのレーダーにいますか? [メール&#160保護]にヒントを送ってください。

かみ傷とボード

巧みに作られたあなたの夢のチーズブティックは、ウィローグローブのデビューからほんの数日です。新しい店は4月15日までにオープンするはずだとオーナーのロビン・ニコシア・パーカーは言います。これは、2018年にオープンしたブランドの最初の実店舗です。最新の情報については、Instagramの@bitesandboardsでBites andBoardsをフォローしてください。

ハイランドパークマーケットプレイスのシティポーク

バトンルージュのお気に入りは、以前はエイドリアンが住んでいたハイランドパークマーケットプレイスのスポットに4番目の場所をオープンすることです。オーナーのスティーブン・ハイタワーによると、新しい場所は5月にオープンし、キッチン&パイやデリ&シャルキュトリーなど、以前のシティポークベンチャーのメニューアイテムを紹介します。 @city_porkでCityPorkのメニューとInstagrammable料理をチェックしてください。

BRcade

間もなく、20以上の古典的なアーケードゲームをプレイし、BRcadeで本格的なバーを楽しむことができるようになります。この新しいレトロなアーケードバーは、かつてのポップショップレコードスペースの2963ガバメントストリートにショップを設置します。共同所有者のCaveDaughdrill氏によると、2021年初夏の開業日を狙っています。最新情報については、Facebookでフォローしてください。

ディロンファレルは当初、2019年7月にコーヒーカートSocialCoffeeをオープンしました。写真提供:Dillon Farrell

ソーシャルコーヒー

このポップアップコーヒーショップは現在、Chow Yum Phatカウンターで飲み物を提供しており、ダウンタウンの恒久的な場所の準備をしています。新しい場所では、CounterspaceBRの焼き菓子とともに、特製コーヒーとエスプレッソを提供します。新しい場所は初夏の到着が予定されている、とオーナーのディロン・ファレルは語った 日報 先月。 @socialcoffeebrでInstagramをフォローすると、現在のお気に入りのメニュー項目のいくつかを見ることができます。

チェバハット

大麻をテーマにしたサンドイッチ店はしばらくの間工事中ですが、オーナーのメレディスベックウィギンズは7月上旬にようやく開店すると述べています。コロラド生まれの飲食店では、プレッツェルナゲットやロードされた&#8220not’chosなどの食欲をそそるサイドとともに、特製のトーストしたサブメニューを提供します。[email protected] chebahutでチェックしてください。

スポークアンドハブ

レストラン経営者のスティーブンハイタワーからの別のベンチャーである新しい近所のレストランは、ガバメントストリートの古いビストロバイロンズスペースを引き継ぎます。ハイタワー氏によると、スポークアンドハブは2021年7月にオープンする予定です。

アジャイル醸造所

この新しい醸造所は、現在閉鎖されているサザンクラフトブリューイングカンパニースペースのエアラインハイウェイにオープンすると、20回の回転タップを提供します。蛇口には、昆布茶とニトロコールドブリューコーヒーも含まれます。醸造所は7月か8月にオープンする予定だとオーナーのキース・プリモーは語った 日報 今年の初め。

ビストロバイロンズの元のミッドシティの場所。コリン・リッチーによる写真

ビストロバイロンズ

かつてホワイトスターマーケットがあった空いているスクエア46のスペースをドライブするのは少し悲しい気持ちです。しかし、Bistro Byronzは、この夏、建物に新しい命を吹き込むでしょう。レストランは以前のガバメントストリートの場所から移転しており、Square 46のスペースは少し狭くなりますが、ダイニング用の屋外パティオが自慢になります。オーナーのエメリー・アルトン氏によると、新しい場所は今年の夏に暫定的にオープンする予定です。 @bistrobyronzの最新情報については、BistroByronzのInstagramページをご覧ください。


ブラッドA.ジョンソンのその他の作品

Ysidoraのメニューについては、ほとんど調べ始めていません。現在、範囲だけでなく時間も限られています。レストランは今のところ木曜日から土曜日まで週に3泊しか開いていません。

だから今のところ、これをお伝えします。パティオに座って、冷凍のパロマカクテルを注文し、カルパッチョデレを食べます。生の牛肉は絶妙です。削ったリブアイは脂肪で斑点があり、サフランアイオリ、揚げケーパー、硬化卵黄、マンチェゴチーズの涙で飾られています。上に散らばっているシューストリングポテトの繁栄は、一口ごとに少し歯ごたえを与えます。

この料理はほんの数秒で消費されますが、その記憶は何日もあなたを悩ませます。


Small Bites:サウスベイの7つの新しいレストランと飲食店

鮮やかな色のバンコクのカフェで、おいしいタイ料理の豊富なメニューが揃っています。不思議なことに、バンコクの空港のコードにちなんで名付けられました。これは、モニカのわかりにくい情報源です。

魚と友達

キングハーバー、136インターナショナルボードウォーク、レドンドビーチ310-376-9215、www.afishandfriends.com

Basq Kitchenが出発し、2階に屋外ダイニング用のパティオがあり、フィッシュアンドチップスを吸いながら港の素晴らしい景色を眺めることができます。オールドベイのポーチドエビとロブスターロールもあります。木曜日のパエリアナイトとシーフードボイルサンデーをお見逃しなく。

執拗なガイフィエリのこの最新のコンセプト—テレビの有名シェフsine qua non —は、ウェブサイトからのガイチョウの配達のみを提供する「ゴーストキッチン」です:バーボンブラウンシュガーチキンウィング、チーズステーキエッグロール、マカロニアンドチーズバーガー。男は彼のカロリーを愛しています—そして彼の多くのファンもそうです。

フライドポテトさん

元の場所(14800 S. Western Ave.、Gardena 424-292-3616)は、スピンオフ(1120 W. Florence Ave.、Inglewood 424-702-5100)を生み出し、どちらも8つをトッピングしたフライドポテトの山盛り注文を提供していますタンパク質—鶏肉やエビから、ズワイガニやビヨンドミートの植物まで。フライドポテトなどを中心に作った食事。 USCの近くに新しいショップが間もなくオープンする予定です。フライドポテトのルール!

ナナのイタリアン&メキシコ料理

2617 Manhattan Beach Blvd.、レドンドビーチ714-338-9250、www.cometonanas.com

オーナーの遺産はイタリア料理とメキシコ料理の両方であり、どちらの料理を提供するかを争うのではなく、両方を選択しました。これにより、ケサディーヤとチキンパルメザンの食事に加えて、ハラペーニョブカティーニとカラブリアエビのタコスを注文できます。これは、このRBの目的地に固有の料理です。

サンペドロの悲しいことに荒廃したPortso’Callを覚えていますか?将来的には、ウェストハーバーと呼ばれる新しい複合施設に置き換わります。この複合施設には、グラッドストーンの支店と、シェメランジュで有名なロバートベルによるものを含む他のさまざまな飲食店があります。ウォーターフロントの円形劇場、ビアガーデンのある醸造所もあります。画期的なのは今年後半で、数年後にオープンします。乞うご期待…

ウッドアーバンキッチンアンドスポーツラウンジ

129 N. Market St.、Inglewood 310-466-9741、www.thewoodbbq.com

&#8216queの大きな盛り合わせ(リブ、ブリスケット、手羽先、七面鳥の脚)と、今のゲームよりも優れているものは何ですか。スポーツと&#8216queは人生を生きる価値のあるものにします。


メニューの内容は次のとおりです

レストランは朝食、週末のブランチ、ランチに営業しています。朝食とブランチの料理には、クリスピーなプロシュート、ブラタ、トマトコンフィット、アーティチョーク、カラブリアチリオイルをトッピングしたアボカドトースト、ベーコン、焼き玉ねぎ、家宝のトマトを添えたキューバンブレッドのプレス卵サンドイッチ、ココナッツをまぶしたトレッシュフレンチトーストが含まれます。グアバとラムキャラメルバナナを添えて。ランチには、モジョローストポークをトッピングしたショートリブブリスケットバーガー、ミュンスターチーズ、赤玉ねぎのピクルス、ブリオッシュパンコーヒーでこすった赤い鯛のタコスにマンゴー、ジカマスローを添えたチミチュリなど、サラダ、サンドイッチ、ボリュームたっぷりの料理を取り揃えています。 、赤玉ねぎのピクルスとチポトルアイオリ、フレンチオニオンスープにインスパイアされたグリルチーズサンドイッチのサイドにオージュを添えて。


月の兎、シェフのケビン・ティエンが間もなくオープンするワーフレストランの独占詳細

世界的大流行はさておき、シェフのケビン・ティエンは1年のジェットコースターを経験しました。 33歳のシェフは彼の小さな最初のレストランひみつを去りました—彼はジェームズ・ビアードと ボナペティ-最後の8月。その後、約2か月後に、DCで最も賑やかなダイニングルームの1つであるEmilie’sをオープンしました。しかし、わずか8か月後、ティエンもそこを去りました。彼は、彼と彼のビジネスパートナーが国会議事堂のホットスポットに対して異なるビジョンを持っていたと述べました。それ以来、彼は人気のボールストンチキンサンドイッチスポットHot Lola’sを続け、新しいアジアのバーベキューコンセプトを立ち上げ、最近、彼の婚約者であるエミリーと結婚しました。これは彼のかつてのレストランの名前の由来です。

これで、ティエンは次の冒険の準備が整いました。ムーンラビットは、10月末までに埠頭のインターコンチネンタルにオープンする現代的なベトナム料理レストランです。ティエンが言うように、高級ホテルの経営者は、別の著名なシェフ、クワミ・オンウアチが7月にキツとキンをそこに残した後、彼に連絡しました。それ以来、かつてのアフロカリビアンレストランは閉鎖され、ウォーターフロントのダイニングルームはアトランタを拠点とするアーティストTranNguyenのカスタムアート作品で一変しました。現在、豊かな緑がたくさんあります。これは、家が植物でいっぱいのティエンのベトナム人の祖母へのオマージュです。

埠頭にある彼の新しいレストランの家でシェフのケビン・ティエン。

ティエンがやった他のすべてのように、月の兎は個人的な冒険のように感じます。

「Covidが始まったとき、私は家族や背景とのつながりを取り戻すために、より多くのベトナム料理を作り始めました。母と祖母が教えてくれたレシピです」とティエンは言います。ベトナム人とアメリカ人の子孫であるシェフは、ルイジアナで育ちました。

月の兎の場合、ティエンは、あまり見られない郷土料理や祖母が育ったサイゴン原産の料理など、家族のレシピを最新の技術を使用して再解釈します。 「多くの人がベトナム料理をフォー、ライスプレート、ヌードルボウルと考えています。私たちのメニューには、そのようなものがあったとしても、あまり表示されません」とティエンは言います。

代わりに、シェフは祖母のコンジーを再発明することに忙しくしています。生姜と鶏肉のライスシチューの代わりに、ティエンのバージョンでは、地元のカニと「何トンもの食感」を使ってシーフードストックで調理したクリーミーなカロライナゴールドライスを主演しています。彼はまた、エビのグリル、イチジクを添えた鶏レバーのパテ、家族向けのbo luc lac(シェイクビーフ)のリフを、フランスのaupoivreソースのスタイルでコショウの実をたっぷり使って作っています。彼はすでに、最近結婚式のために町にいる母親と祖母をレストランに招待して、新しい料理を試しました。

「私は20年間祖母に会っていません。彼らは両方ともこれまで私の料理をしたことがありません。彼らがそれについてどう思ったかを聞くのは楽しかったです」とティエンは言います。それで彼らは承認しましたか? 「私はいつでもすべてを改善することができます。ベトナム人の両親は最も厳しい批評家です。」と彼は冗談を言います。

イチジクと鶏レバーのパテ。

パンデミックの初めに、ティエンは言った ワシントニアン ワクチンが出るまで、彼はエミリーのダイニングルームを再開しないだろうと。彼はホテルの安全上の注意に勇気づけられたと言い、「標準的な規制をはるかに上回っています」と言います。月の兎で、彼はゆっくりと安全を意識した展開を計画しています。レストランはディナーのみ営業し(天気の良い日には屋外パティオがあります)、最終的にはよりカジュアルなランチが続きます。彼はテイクアウトを計画しておらず、ホテルでのケータリングイベントはミニギャザリングとマイクロウェディングに限定されています。

サクサクのパン焼きブランジーノ。

必ずしもご存知とは限りませんが、レストランの名前は、開店したパンデミックの秋にちなんでいます。ベトナムの秋のお祭りで祝われる「月の兎」は神話のキャラクターです。伝説では、一般的なウサギは、乞食を装った月の皇帝を養うために火で自分自身を犠牲にします。皇帝はウサギを火から引き離し、それを月に持ってきて永遠の生命の秘薬を与えることによって、その高潔で無私の性質のために生き物に報酬を与えます。

「私はウサギについて、そして彼が他の人のためにどれだけ犠牲にしたかについて多くのことを考えました。これは文字通り、パンデミック時にレストラン業界が行っていることであり、業界が常に行っていることと非常に一致しています」とTien氏は言います。 「誰もがまだ仕事をし、自分自身を危険にさらし、スタッフ、友人、家族を養っています。今は本当に共鳴しています。」

*このストーリーは、月の兎からの新しいオープニングタイムラインで更新されました。

今週の&#8220ブランチ&#8221ニュースレターを入手

毎週末に試すのに最適な朝食とブランチに加えて、その週で最も人気のあるフードストーリー。


タイガーウッズのPopStrokeパットパットバーとレストランがウェズリーチャペルに間もなくオープンします

オーランド、サラソタ、デルレイビーチの新しい場所が、フォートの既存のPopStrokeに加わりました。マイヤーズとポートセントルーシー。

popstroke / Facebook

タイガーウッズが共同所有するゴルフ中心のカジュアルダイニングコンセプトであるポップストロークがウェズリーチャペルにオープンする予定なので、ビュイックを隠してください。

リリースによると、このコンセプトには、36ホールの専門的に手入れされたパッティング施設、ダイニングエリア、卓球やコーンホールなどのゲームを完備した屋外の遊び場が含まれ、フロリダのオーランド、サラソタ、デルレイビーチにもオープンする計画があります。カスタマイズされたアプリは、プロパティなどのどこにでも食品の配達を可能にします。

タンパベイビジネスジャーナルによると、ポップストロークウェズリーチャペルの場所は、I-75とウェズリーチャペルブルバードの間のSR-56にあるサイプレスクリークタウンセンターにあります。

"We are very excited to expand our unique golf entertainment experience across the United States, particularly in markets supported by surging population growth and great climates,” said co-owner Greg Bartoli in a press release .

"I am very excited about our expansion plans," Woods wrote in the release. "Putting is a universal part of golf that can be enjoyed by people of all ages and skill levels.”

The new PopStroke joins current locations in Ft. Myers and Port St. Lucie. Until the new golf course opens, feel free to make the drive over to Topgolf or other smaller mini golf courses.

PopStroke

Support local journalism in these crazy days. Our small but mighty team is working tirelessly to bring you up to the minute news on how Coronavirus is affecting Tampa and surrounding areas. Please consider making a one time or monthly donation to help support our staff. Every little bit helps.

Want to know everything going on with Tampa Bay's food and drink scene? Sign up for our Bites newsletter.


Two Music Critics Dive Back Into the Scene

By Kevin Curtin and Raoul Hernandez, Fri., May 28, 2021


Raoul: Hey dude, so Saturday I attended my first show since the 2020 Austin Music Awards: Nemegata and Tiarra Girls at the Far Out Lounge, a new venue for me. The idea of witnessing live music again sounded so novel that Agnes asked to tag along, which she never does. Date night in far South Austin proved an evening we'll never forget.

Kevin: First show? Pshhh, rookie. I've been back at concerts for six weeks &ndash though not anywhere near my pre-pandemic click of five nights a week. After a year away, I find myself so enthusiastic about live music that I even get excited watching bands soundcheck, like, "Oh yeah, that snare's gonna sound goooood!" So far, the act I've seen the most is Jesse Ebaugh's great hippie country band the Tender Things. I caught them at Spaceflight Records' Scholz Garten series and at the Long Time, performing during a sandlot baseball game, both outside shows, which feel pretty safe.

Raoul: Nemegata soundchecks a song, walks off, and Agnes goes, "Wait, what!? That's IT?" We're soooo green again &ndash born again live-music virgins. Lemme tell you this, though: When that band began to glow phosphorus &ndash that Colombian voodoo of theirs &ndash I turns to the wife and sez, "Live music is alive and well in Austin, Texas." And the Tiarra Girls, fuggedaboutit. They went off like ZZ Top meets Selena.

Kevin: I've felt the "Live music is alive and well in Austin" vibe on different scales. A couple weeks ago, I watched the Fontanelles play a private concert to 30 friends in their backyard and it evidenced this beautiful DIY concert scene that I love. That band is simply lovely: saxophone imbued art-pop, with African grooves and three fantastic vocalists harmonizing idiosyncratic lyrics. It was a going away party for my local guitar hero, Bill Anderson. I also witnessed the resuscitation of live music when Golden Dawn Arkestra brought 600 seated attendees at ACL Live to their feet in early May with their infectious Afrobeat/funk/disco circus. I watched the set from backstage and seeing the sold-out audience come to life as the set raged on was a thing to behold.

Raoul: Not sure I'm ready for a concert on that scale, although there are three Austin City Limits tapings I'd like to see at the Moody in the next month. A year later, all the venues in town go by some variation of "Moody"! That physical dominion over people, though &ndash definitely witnessed it. Those Latin bands at Far Out drew out the dancers, and for rock music, no less. I seriously dug the miles and miles of Texas at that venue, but by the time it got dark, those bands pulled everyone toward the stage like a tractor beam, proverbial moths to flame.

Kevin: The moth analogy reminds me, I had my first pandemic freakout after that Golden Dawn show. I'd eaten some mushrooms and was having a great time with friends backstage, then we all headed to Coconut Club to afterparty. They let our large group in through the alleyway, so I didn't get a sense of how crowded it was until the door opened to a full-capacity squash of people &ndash the kind of environment I used to thrive in, but haven't experienced in over a year. I think I screamed, "Oh fuck no!" and ran out like I was on fire.

Raoul: Well, I became the whole Coconut Club in one person. First off, Far Out's mezcal margarita hit me straight between my third eye like the time they served Jimmy Buffett's own margarita mix at ACL Live and Agnes and I went blind for a week. After a couple of those, I became それ guy at the Christmas party: HUGGING ON EVERYONE like COVID-19 never existed. And me, the dude who only felt marginally better about all this after attending the best show evah at COTA: the Pfizer world tour. At Far Out, the bands, their labels, managers, and parents &ndash I hugged 'em ALL and I'm not even that touchy-feely! Worst hangover ever: not the alcohol, but knowing I'd committed the ultimate party foul.

Kevin: Who can blame you? It feels so damn good to be back enjoying the human connection of live music. I might have even encroached a hug or two last week at the Long Center when I saw Harry Edohoukwa and Jake Lloyd fire up impressive sets. That connection is the constant, even when the places change. Speaking of which, I need to take you to the Sagebrush &ndash coolest new venue in town! I know we both have a lot to look forward to. For me, it's Scott H. Biram's Monday night residency at C-Boy's &ndash that opens this week.


Openings and Closings: Common Bond On-the-Go in G.O., Fegen's Heights

拡大

Support the independent voice of Houston and help keep the future of Houston Press free.

Common Bond On-The-Go, 3210 N. Shepherd, opened March 4 in Garden Oaks. It's the second location for the brand's more casual, trimmed down version of its popular Common Bond Bistro and Bakery. The first offshoot opened in the Heights in May 2020.

Common Bond's success lies in its fresh baked bread and beautiful pastries which offer Houstonians a taste of European-style delicacies. The pastries, though not inexpensive, are delicious pieces of art and the breads are reminiscent of a Parisian boulangerie. While the full-on Common Bond Bistro offers a place to unwind and linger, the On-The-Go version offers a limited menu of grab n' go salads, sandwiches and breakfast treats. However, there's a full pastry case and a small selection of loaves is available. The Country Sourdough is a particular favorite among Houstonians. Its croissants are also a big draw with butter, Nutella, pistachio and chocolate iterations.

拡大

The fast-casual concept also offers breakfast items from 7 a.m. to 11 a.m. which includes yogurt and fruit cups, croissant breakfast sandwiches and its Breakfast Bites, mini versions of crust-less quiche. The croissants also play a major role in the lunch offerings with a variety of sandwiches like the Chicken Salad. There are also choices like Curried Egg Salad on Ciabatta and Tuscan Vegetable on Rye.

拡大

Common Bond excels with its delectable, pretty pastries from its pastel macarons to its Turtle Brownies, Chocolate Parisian Brest and Strawberry Chocolate Passion. There is a selection of typical coffee drinks like cappuccino, cortado, nitro cold brew and more. The Frozen Bond is a slushie option, made with espresso, whole milk and sugar. There's also Underwood wines available in cans.

The Garden Oaks location is set in a former service station with one of the service bays transformed into a drive-thru. Patrons picking up orders can admire the mural done by local artist Shelbi Nicole who also designed the artwork for Alto Ride Share vehicles, a ride-sharing app that hit Houston streets in October 2020.

Fegen's, 1050 Studewood, is set to open this spring. It comes from F.E.E.D. TX Restaurant Group, with partners, Lance Fegen Carl Eaves, Will Davis and Jim Jard. F.E.E.D. TX founded Liberty Kitchen in 2010. The group sold the brand last summer. The new restaurant will focus on American cuisine and classic cocktails as it takes over the space which formerly house Liberty Kitchen and Oyster Bar.

Chef and owner Lance Fegen (FEE-gehn) is a graduate of the Culinary Institute of America in New York. Over the years, he's had stints at Brennan's of Houston, served as executive sous chef at The Houstonian Hotel Club & Spa and worked at Zula and Trevisio before opening Glass Wall, also on Studewood, in 2005. In 2010, he and his partners founded F.E.E.D. TX, after leaving Glass Wall. It shuttered in 2017 and the space is now occupied by BCK.

拡大

The Heights neighborhood is a perfect fit for Fegen and F.E.E.D. TX Restaurant Group. Managing partner Will Davis says, "When we sold the Liberty Kitchen brand last year, we knew we had to keep this particular locale it's where Liberty Kitchen started." Davis added that the neighborhood is a special place for the team because it's where they live and where they go with friends and family.

For the menu, Fegen says to expect solid seafood salads and refined American food plus pastas and pizzas that are a nod to his Southern Italian-American roots. Dishes like Chicken Schnitzel, Neapolitan-style pizza, Blue Mussels in tomato-garlic butter and a special Surrago's Sunday Meatball, Veal and Pork Tomato Gravy and Macaroni give an idea of the fare on offer.

拡大

Fegen's Bar, on the other hand, will be open late night Thursday through Saturday with cheeseburgers, chowder fries and oysters brought in occasionally. Nicole Meza will be in charge of the beverage program serving classic cocktails with a modern twist. Meza brings experience from highly-regarded establishments like Weights + Measures and Julep.

The space no longer has the coastal vibes and bright colors of Liberty Kitchen & Oyster Bar. Instead, Fegen's partner, Carl Eaves, owner of Eaves Construction and Design Service, has redone the space to be more sophisticated using dark greens and reds and rich-colored paneling with cozy booths, brass accents and sepia-toned artwork giving a nostalgic feel. The dropped-down ceiling features glazed, emerald ceramic tiles.

拡大

Matt Hart, Certified Sommelier (wine)and Cicerone (beer), will take on the role of general manager. Hart has over 20 years of experience working with large hospitality corporations such as Landry's Inc. and Darden Restaurants. Hart will curate the wine selection for the restaurant as well.

Fegen's will open for dinner only in the beginning, adding lunch and brunch service a few weeks after opening. However, it will offer to-go and online ordering from the start.

拡大

Acme Oyster House, 1201 Westheimer, should be making its appearance this April according to a Facebook post, as reported by Eater Houston。 This will make the sixth location for the storied restaurant which first opened in the French Quarter of New Orleans as the Acme Cafe in 1910. After a fire destroyed the restaurant, it relocated to another French Quarter address, 724 Iberville, in 1924. Subsequent locations in the 21st century include Louisiana locations in Baton Rouge and Metairie plus Destin, Florida and Gulf Shores, Alabama.

The Houston location takes over the Tower Theatre spot which most recently housed El Real, Brian Caswell's Tex-Mex restaurant which shuttered in October 2019. A spokesperson told the Press that the restaurant does not have any interior photos to share as there is still some ongoing construction but that the opening looks to be mid-April.

Parma Restaurant and Lounge, 6003 Richmond, opened March 4. If the address seems familiar, it's because Parma has taken over the space which once housed Barry's Pizza, the family-owned pizza parlor that had served pies for 37 years on Richmond. While the new restaurant is offering pizza by the slice and pie, it also offers a far different atmosphere than the previous tenant.

拡大

Under multiple light fixtures and the glow of televisions, the new space is pizza joint by day and party lounge by night, complete with a DJ booth and a green neon sign that outlines a quote from Notorious B.I.G. After 8 p.m., it's also 21 and up only. For lunch there are specials on slice combos and also a Businessman's Lunch which is a slice of pepperoni and a shot of Jameson's for eight bucks. Along with New York and Detroit-style pizza, there are a few pasta dishes plus boiled Cajun crawfish which are offered at the unbelievable price of $3 per pound, with a five pound minimum. Potatoes and corn are extra. Those are prices I use to pay at places like Sam's Boat on Richmond in my younger days.

Owner Michael Collins purchased Detroit-style steel pizza pans necessary to get the crispy edges for Detroit-style pizza, according to CultureMap Houston。 The new venture comes from Eighty-Six'd Bar and Restaurant Group which also operates Bovine and Barley and The Fish Restaurant and Sushi in Midtown. The group also owned South Bank Seafood Bar which closed in 2019.

Houston Farmers Market, 2520 Airline, may be just weeks from opening its produce market. In the meantime, it was announced that Trong Nyguen will join as a tenant with a second location of his Crawfish and Noodles, as reported by CultureMap。 Nguyen, a James Beard Award finalist for Best Chef three times, will join with another JBA alumnus, chef/restaurateur Chris Shepherd, whose Underbelly Hospitality has two concepts in the works for the market including Wild Oats by chef Nick Fine.

Nguyen is considered by many to be the pioneer of Vietnamese and Cajun fusion cuisine, perfecting the Viet-Cajun crawfish boil that has become ubiquitous at almost every Houston establishment selling the freshwater crustaceans.

House of Pies, 25686 Northwest Freeway, is shooting to open in the fall of 2021. The Cypress store will make the fifth location for the diner and bakery which has been a go-to standard for Houston pie fanatics for decades. It was founded in 1967 as a chain out of California but it was the Kirby and Westheimer stores in Houston that survived through changes in ownership. The remaining restaurants have been a workers' lunch stop and a late-night hangout in the Houston area for years. In the 1980s, HOP was the place to go after clubbing and enjoy watching the customers, many who brought to mind characters from Lou Reed's " Walk on the Wild Side".

Now, with a new direction, the House of Pies has expanded to the suburbs with the Lake Woodlands location and the upcoming Cypress restaurant. While this writer is happy to have House of Pies closer, the temptation of its Monte Cristo sandwich is dangerous.

Pacific Coast Tacos, 6329 Washington, softly opened February 26. This is the second location for the Baja-inspired fast-casual restaurant which opened its first store in Sugar Land in late 2017. Guests can start off with botanas like Baja Queso, Ceviche Tostadas, Pacific Pig Skins and Tahitian-Style Sticky Wings. Pacific Coast also offers fare that you wouldn't expect to find at a Baja joint including Tom Kha Soup and a Pork Bahn Mi taco. There are also bowls including its Poke and build-your-own Baja Bowls or Burritos. Loaded fries like Tsunami, Wasted Rage and Cheesy Hot are made with twice-fried fries as is the PCT Original version.

However, it's the wide variety of tacos that make its name. Customers can choose from fish and shrimp, both grilled and fried, beef, chicken, pulled pork, jerk chicken, Korean beef, fried octopus, veggie and Hawaiian carnitas. The restaurant also has breakfast tacos and online ordering for pick-up.

There's a full bar with frozen cocktails, a variety of margaritas, sangria and plenty of beer options.

拡大

W Kitchen Chinese Restaurant, 10928 Westheimer, opened February 15 but like many restaurants in Houston, it suffered some power outages over the next few days which affected its service. However, it got back in the running February 18 with its very reasonable weekday lunch and dinner specials for dine-in with counter service. Guests pay in advance and the food is brought to the table. However, it also offers pick-up and delivery through online ordering, by phone, or through UberEats, GrubHub and DoorDash. Unlike many Chinese restaurants in Houston, it is open late night Sunday through Thursday till 1 a.m. and Friday and Saturday till 2 a.m., for pick-up only after 10 p.m.

拡大

The lunch specials ($6.25, from 11 a.m. to 4 p.m.) and dinner deals ($8.25, from 4 p.m. to 10 p.m.) run Monday through Friday and offer diners a choice of eggroll or cheese puff appetizer, rice and entrees options like Orange Chicken, Pepper Steak and Eggplant with Garlic Sauce. The restaurant's menu offers lo mein, udon and rice noodle dishes plus seafood boils and fried seafood baskets. Kids meals are $5.

拡大

Vintage Crown Micheladas and Tacos, 628 FM 517, began its soft opening January 16 in Dickinson. This is the second location for the brand which originally began in Galveston as a retail shop selling high end streetwear. Owner Angelo Arriaga recruited his retired father to pass out flyers to visitors on the island when local business owners suggested they should set up a beer booth for the 2015 Mardi Gras. The beer booth morphed into a bar selling over-the-top michelada concoctions along with preparadasmangonadas.

拡大

The new location in Dickinson takes the michelada bar concept and adds some snacks and mariscos to go with it. It's a family affair with Arriaga, his girlfriend, his younger brothers, mom and dad all operating both locations. The micheladas are the stars and can be ordered regular size or in a 64-ounce fish bowl ($20). For a meal and cocktail in one, the B.O.I. ($20) offers 24 ounces of michelada with beer, fresh shrimp, cucumbers, spicy tortilla chips and its in-house jerky, carne seca。 There's also spiked mangonadas, sangritas with wine and fruit plus other refreshing drinks like Red Hurricane, Blue Hypnotic and Margarita.

The Dickinson store also offers a daiquiri bar where guests can create their own flavors or try one of the signature daiquiris such as Miami Vice (pina colada and strawberry) and Pink Starburst (margarita and watermelon). The drive-thru service also makes it easy to take daquiris to-go. Arriaga told the Houston Press that he is currently working to get the patio area ready by the end of March.

拡大

Arriaga also said that he is trying to recruit staff to expand the food menu at the Dickinson location. He admits that the current pandemic situation and extra unemployment benefits are making hiring more difficult.

For now, the mariscos on offer include items like ceviche, aquachile (verderojo) plus snacks like elote, hot cheetos and cheese and the carne seca。 The Vasito Loco (Crazy Cup) is a 16-ounce cup filled with mixed fruit, chamoy, chili powder, candy, cacahuates, chips and lime juice. Arriaga plans to add more options like street-style Mexican hot dogs, carnitas and Baja-style fish tacos in the future.

Juanita's Mexican Kitchen, 29110 US 290 Frontage Road, is currently hiring. We have reached out for an opening date and were told the restaurant is shooting for a soft opening the first week of April but it could be as early as the last week of March, if things move a bit quicker. Juanita's is a family-owned Mexican restaurant from the Nunez family who use recipes from their Guanajuato, Mexico heritage. They originally opened Juanita's on TC Jester in 2000 but as of 2015, that location is no longer part of the family's current restaurant operations which includes a location on Louetta and the upcoming 290 spot.

Keep the Houston Press Free. Since we started the Houston Press, it has been defined as the free, independent voice of Houston, and we would like to keep it that way.読者に地元のニュース、食べ物、文化の鋭い報道への無料アクセスを提供します。政治スキャンダルから最もホットな新しいバンドまで、あらゆるものに関するストーリーを制作します。勇敢な報道、スタイリッシュな執筆、そしてプロジャーナリスト協会のシグマデルタチーの特集執筆賞から功績のあるジャーナリズムのケーシーメダルまですべてを獲得したスタッフがいます。しかし、包囲された地元のジャーナリズムの存在と広告収入の後退がより大きな影響を及ぼしているため、地元のジャーナリズムへの資金提供の背後にある支援を結集することが今まで以上に重要になっています。 You can help by participating in our "I Support" membership program, allowing us to keep covering Houston with no paywalls.


More from Brad A. Johnson

The tartine isn’t the only great sandwich here. They roast an impressive porchetta, which gets sliced into inch-thick slabs and piled onto hand-cut sourdough with handfuls of arugula, pickled onions, sour cherry jam and salsa verde. The housemade potato chips are terrific.

There’s an impressive slow-food philosophy at play in the kitchen here. They appear to make just about everything in-house, including all the pastas. While the rolled-and-cut noodles are thicker, denser and chewier than what most Italian restaurants serve, they are absolutely delicious. Uncharacteristically thick taglierini, for example, are tinted deep yellow from egg yolks and tossed with aged parmesan in a stunning riff on cacio e pepe. I’m glad the portion size of this dish is modest because I would have licked the bowl clean no matter how big it was, and I don’t need to be doing that.

The cooks make their own spinach tagliatelle, which gets tossed with a very nice bolognese and topped with housemade ricotta and fried breadcrumbs.

Caesar salad gets a modern makeover with baby romaine, pancetta and aged balsamic vinegar. And a beautifully cooked flat-iron steak comes with confit cherry tomatoes and dueling sauces, romesco and salsa verde.

The menu is refreshingly concise. After just a handful of dishes, I’ve already sampled a third of the menu. And I genuinely can’t wait for the pandemic to end, because I really want to dine here and see this place in action. This could prove to be the most exciting Italian restaurant ever to open in Westminster, by a mile.


ビデオを見る: משייה (六月 2022).