伝統的なレシピ

オランダのトップ5アップルパイ(スライドショー)

オランダのトップ5アップルパイ(スライドショー)


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

オランダでアップルパイを見つけるためのトップレビューの場所のいくつかはここにあります

5. De Jaren

ビジネスでもレジャーでも、朝食でもディナーでも、ハイティーでもビールでも、DeJarenはアムステルダム滞在中に訪れるトップカフェ/レストランの1つです。運河を見渡すDeJarenは、多様な各国料理のメニューを誇っています。しかし、だまされてはいけません。彼らのベストセラーの1つはアップルパイです。いくつか注文して、アムステルダムのこの魅力的なカフェの雰囲気を味わってください。

4.ヴィラジージヒト

Villa Zeezichtのコアビジネスは、トレードマークのアップルパイを提供することです。これもオランダのお気に入りです。ここに来て、彼らのアップルパイが最高の理由を学びましょう。

3. Dudok —ハーグ

Dudokのアップルパイはとてもapです、彼らはパイの魅力的なスライスで広く知られています。アップルパイの政治面については、ハーグのドゥドックに来てください。

2. Kobus Kuch

ウィキメディアコモンズ_テイクアウト

Kobus Kuchは年間60,000枚以上のアップルパイを販売しているので、ここに立ち寄らなければデルフトへの旅行が不完全になるのも不思議ではありません。絵のように美しいビーステンマルクトに位置し、コーヒーまたはビールとコブスクッチのアップルパイのスライスを楽しむ以外に、1日を楽しむのに最適な方法はありません。

1.ウィンケル43

リンゴの大きな塊とカリカリのパン粉が上にあるので、人々がウィンケルのアップルパイを世界中から待ち行列に入れているのも不思議ではありません。早めに来てランチを注文しますが、お気に入りのワールドクラスのアップルパイのためのスペースを確保してください。


アップルパイを作るための私たちのお気に入りの方法に焦点を合わせるのにしばらく時間がかかりましたが、私たちはついにそれを釘付けにしたと思います。このシンプルなレシピは、濃厚でやさしくスパイスが効いたソースに囲まれた完璧に調理されたリンゴを保証します。ソースやリンゴを事前に調理する必要はなく、このパイを作る手順は簡単です。少し時間が必要です。

Inspired Tasteのすべてのパイレシピと同様に、この自家製パイクラストから始めます。私はこれにこだわりを持っています。それは私たちを失敗させたことはなく、パンプキンパイ、タルト、およびブルーベリーパイのような他のフルーツパイのための私たちの頼りになるレシピです。クラストは事前に作成し、冷蔵または冷凍することができます。パイクラストのレシピを確認して、作成のヒントを確認してください(ビデオもあります)。

りんごはたくさん使っており、りんご風味のパイは2種類以上使いたいです。私は以下に私たちのお気に入りのいくつかをリストしました。完全なリストではありませんが、自家製パイを購入する際にインスピレーションを与えるはずです。

クラストに加える前にリンゴを事前に調理しません。代わりに、皮をむいてスライスしたリンゴを砂糖、塩、スパイスと一緒に大きなボウルに入れます。リンゴが非常によくコーティングされたら、ボウルを脇に置き、リンゴを約1時間放置します。

リンゴ、砂糖、塩、スパイス。

この時間に、砂糖と塩はリンゴに働きかけ、リンゴがおいしい液体を放出するのを助けます(私たちの写真とビデオでどれだけの量を見ることができます)。リンゴもかなり柔らかくなります。 (これはリンゴのパンを作るときにも行います。)

砂糖、塩、スパイスと一緒に1時間座った後のリンゴ。

次に、準備したパイ皿にリンゴを加える直前に、でんぷんを入れます。私は通常コーンスターチを使用しますが、タピオカでんぷんも使用できます。このでんぷんは、リンゴから放出されるすべての液体と混ざり合い、パイがオーブンで焼くときにそれを濃くするのに役立ちます。

私は、パイを満たす前に、そのおいしい液体の一部またはすべてを捨てるように求めるいくつかのパイレシピに従いました。 そこにはたくさんの味があります! ありがたいことに、私たちのパイ作りの方法では、すべての液体を使用することができます。これは、少し長い焼き時間で濃厚なソースになります。私は1時間でリンゴから放出される液体の量を測定し、一貫して約3/4カップを取得しました。ただし、少し多かれ少なかれ問題ありません。

リンゴの放出量がはるかに多い場合は、少し取り残しておくことを検討してください。 (リンゴが熟しすぎると、通常よりも多くの液体が放出される可能性があり、パイが少し流動的になる可能性があります。)

このテーマについては、パイを冷却するための以下のヒントを必ずお読みください。フルーツパイの場合、冷却ステップは非常に重要であり、フィリングが実際に厚く、カットした瞬間にプレートに流れ出さないようにするのに大いに役立ちます。

アップルパイに使用するリンゴ

このアップルパイを作るために、私たちは約4ポンドのリンゴを使います (またはスライスしたリンゴ約11カップ)。最高のリンゴの風味を得るには、パイに複数の種類のリンゴを追加してみてください。私たちは特に、焼きたてのデザートやパイ用のこれらの種類のリンゴが大好きです。

  • グラニースミス &#8212あなたの標準的な、決して失敗しないリンゴのベーキング。タルト、サクサク、そしてオーブンで時間をかけて構造を保ちます。
  • ハニークリスプ &#8212非常にサクサクしていて、焼いた後も常にしっかりと保持されます。私たちのお気に入りの1つ!
  • ジョナゴールド &#8212ほんのり甘みのあるタルト。彼らはまたオーブンでよく持ちこたえます。
  • ブレイバーン &#8212パイやその他の焼きたてのデザートによく耐える、パリッとした甘いリンゴ。
  • 陸奥 &#8212大きなゴールデンデリシャスのように見える大きなリンゴ。甘い蜂蜜の風味があり、パイによく持ちこたえます。
  • ピンクレディー &#8212甘さとタルトのバランスが良い。焼いたときにもその形を保ちます。
  • ゴールデンデリシャス &#8212甘くて風味豊かなリンゴで、非常に用途が広いです。パイに持ちこたえますが、上記のいくつかの品種よりも柔らかくなります。
  • ジャズ &#8212甘くてさわやかな味わい。パイでうまく持ちこたえます。

アップルパイにはどれくらい時間がかかりますか?

標準の9インチパイを400度のオーブンで約75分間焼きます。

アップルパイの最大の不満の1つは、レシピに従った後でも、詰め物があまりにも流動的であるということです。だからこそ、私たちはこのアップルパイの作り方のファンになりました。この方法(Bravetartをめくって最初に試した方法)では、パイを1つの温度で長時間焼きます。この非常に長い焼き時間は、アップルパイの詰め物の中の液体が煮て濃くなる機会があることを確実にします。

パイがいつ完成したかを知る方法

アップルパイがオーブンから出てくる準備ができたことを知るための3つの簡単な方法は次のとおりです。

  • 視覚的な手がかり:アップルパイは、ジュースがトップクラストまたはラティスの通気口から泡立っているときに行われます。泡が見えない場合は、パイにもっと時間がかかります。
  • 内部温度:パイの中央に挿入された内部温度計が華氏195度(90°C)を示すと、パイが完成します。
  • りんごの食感:パイを突き刺すことは、リンゴがどれほど柔らかいかを示す良い指標です。カリカリになりすぎると、パイにもっと時間がかかります。

アップルパイのためのより多くのベーキングのヒント

  • 信頼できるパイクラストレシピを使用してください。私たちはいつもこの自家製パイクラストレシピをパイに使用しています。
  • 最初にアップルパイのフィリングを準備し、1時間置いておきます。リンゴがジュースを放出してから、コーンスターチやタピオカスターチなどの増粘剤とリンゴとジュースを混ぜます。
  • 華氏400度で約75分間焼き、数回回転させて焦げ目をつけます。長い焼き時間は、パイの内側の詰め物が厚くなることを確実にします。
  • クラストの焦げ目が早すぎたり、暗くなりすぎたりする場合は、逆さまに置いたボウルに大きなホイルを成形して、ホイルドームを作ります。残りの焼き時間の間、パイの上にホイルドームを置きます。これにより、褐変が遅くなります。
  • アップルパイを切る前に冷ましてください。最良の結果を得るには、スライスする前に、フィリングを室温または低温にする必要があります。パイを冷やすと、中の液体がさらに濃くなる可能性があります。つまり、パイに切り込んだときにプールにこぼれることはありません。 (これは他のフルーツパイ、特にブルーベリーパイと自家製チェリーパイにも当てはまります。)

アップルパイを作るための私たちのお気に入りの方法に焦点を合わせるのにしばらく時間がかかりましたが、私たちはついにそれを釘付けにしたと思います。このシンプルなレシピは、濃厚でやさしくスパイスが効いたソースに囲まれた完璧に調理されたリンゴを保証します。ソースやリンゴを事前に調理する必要はなく、このパイを作る手順は簡単です。少し時間が必要です。

Inspired Tasteのすべてのパイレシピと同様に、この自家製パイクラストから始めます。私はこれにこだわりを持っています。それは私たちを失敗させたことはなく、パンプキンパイ、タルト、およびブルーベリーパイのような他のフルーツパイのための私たちの頼りになるレシピです。クラストは事前に作成し、冷蔵または冷凍することができます。パイクラストのレシピを確認して、作成のヒントを確認してください(ビデオもあります)。

りんごはたくさん使っており、りんご風味のパイは2種類以上使いたいです。私は以下に私たちのお気に入りのいくつかをリストしました。完全なリストではありませんが、自家製パイを購入する際にインスピレーションを与えるはずです。

クラストに加える前にリンゴを事前に調理しません。代わりに、皮をむいてスライスしたリンゴを砂糖、塩、スパイスと一緒に大きなボウルに入れます。リンゴが非常によくコーティングされたら、ボウルを脇に置き、リンゴを約1時間放置します。

リンゴ、砂糖、塩、スパイス。

この時間に、砂糖と塩はリンゴに働きかけ、リンゴがおいしい液体を放出するのを助けます(私たちの写真とビデオでどれだけの量を見ることができます)。リンゴもかなり柔らかくなります。 (これはリンゴのパンを作るときにも行います。)

砂糖、塩、スパイスと一緒に1時間座った後のリンゴ。

次に、準備したパイ皿にリンゴを加える直前に、でんぷんを入れます。私は通常コーンスターチを使用しますが、タピオカでんぷんも使用できます。このでんぷんは、リンゴから放出されるすべての液体と混ざり合い、パイがオーブンで焼くときにそれを濃くするのに役立ちます。

私は、パイを満たす前に、そのおいしい液体の一部またはすべてを捨てるように求めるいくつかのパイレシピに従いました。 そこにはたくさんの味があります! ありがたいことに、私たちのパイ作りの方法では、すべての液体を使用することができます。これは、少し長い焼き時間で濃厚なソースになります。私は1時間でリンゴから放出される液体の量を測定し、一貫して約3/4カップを取得しました。ただし、少し多かれ少なかれ問題ありません。

リンゴの放出量がはるかに多い場合は、少し取り残しておくことを検討してください。 (リンゴが熟しすぎると、通常よりも多くの液体が放出される可能性があり、パイが少し流動的になる可能性があります。)

このテーマについては、パイを冷却するための以下のヒントを必ずお読みください。フルーツパイの場合、冷却ステップは非常に重要であり、フィリングが実際に厚く、カットした瞬間にプレートに流れ出さないようにするのに大いに役立ちます。

アップルパイに使用するリンゴ

このアップルパイを作るために、私たちは約4ポンドのリンゴを使います (またはスライスしたリンゴ約11カップ)。最高のリンゴの風味を得るには、パイに複数の種類のリンゴを追加してみてください。私たちは特に、焼きたてのデザートやパイ用のこれらの種類のリンゴが大好きです。

  • グラニースミス &#8212あなたの標準的な、決して失敗しないリンゴのベーキング。タルト、サクサク、そしてオーブンで時間をかけて構造を保ちます。
  • ハニークリスプ &#8212非常にサクサクしていて、焼いた後も常にしっかりと保持されます。私たちのお気に入りの1つ!
  • ジョナゴールド &#8212ほんのり甘みのあるタルト。彼らはまたオーブンでよく持ちこたえます。
  • ブレイバーン &#8212パイやその他の焼きたてのデザートによく耐える、パリッとした甘いリンゴ。
  • 陸奥 &#8212大きなゴールデンデリシャスのように見える大きなリンゴ。甘い蜂蜜の風味があり、パイによく持ちこたえます。
  • ピンクレディー &#8212甘さとタルトのバランスが良い。焼いたときにもその形を保ちます。
  • ゴールデンデリシャス &#8212甘くて風味豊かなリンゴで、非常に用途が広いです。パイに持ちこたえますが、上記のいくつかの品種よりも柔らかくなります。
  • ジャズ &#8212甘くてさわやかな味わい。パイでうまく持ちこたえます。

アップルパイにはどれくらい時間がかかりますか?

標準の9インチパイを400度のオーブンで約75分間焼きます。

アップルパイの最大の不満の1つは、レシピに従った後でも、詰め物があまりにも流動的であるということです。だからこそ、私たちはこのアップルパイの作り方のファンになりました。この方法(Bravetartをめくって最初に試した方法)では、パイを1つの温度で長時間焼きます。この非常に長い焼き時間は、アップルパイの詰め物の中の液体が煮て濃くなる機会があることを確実にします。

パイがいつ完成したかを知る方法

アップルパイがオーブンから出てくる準備ができたことを知るための3つの簡単な方法は次のとおりです。

  • 視覚的な手がかり:アップルパイは、ジュースがトップクラストまたはラティスの通気口から泡立っているときに行われます。泡が見えない場合は、パイにもっと時間がかかります。
  • 内部温度:パイの中央に挿入された内部温度計が華氏195度(90°C)を示すと、パイが完成します。
  • りんごの食感:パイを突き刺すことは、リンゴがどれほど柔らかいかを示す良い指標です。カリカリになりすぎると、パイにもっと時間がかかります。

アップルパイのためのより多くのベーキングのヒント

  • 信頼できるパイクラストレシピを使用してください。私たちはいつもこの自家製パイクラストレシピをパイに使用しています。
  • 最初にアップルパイのフィリングを準備し、1時間置いておきます。リンゴがジュースを放出してから、コーンスターチやタピオカスターチなどの増粘剤とリンゴとジュースを混ぜます。
  • 華氏400度で約75分間焼き、数回回転させて焦げ目をつけます。長い焼き時間は、パイの内側の詰め物が厚くなることを確実にします。
  • クラストの焦げ目が早すぎたり、暗くなりすぎたりする場合は、逆さまに置いたボウルに大きなホイルを成形して、ホイルドームを作ります。残りの焼き時間の間、パイの上にホイルドームを置きます。これにより、褐変が遅くなります。
  • アップルパイを切る前に冷ましてください。最良の結果を得るには、スライスする前に、フィリングを室温または低温にする必要があります。パイを冷やすと、中の液体がさらに濃くなる可能性があります。つまり、パイに切り込んだときにプールにこぼれることはありません。 (これは他のフルーツパイ、特にブルーベリーパイと自家製チェリーパイにも当てはまります。)

アップルパイを作るための私たちのお気に入りの方法に焦点を合わせるのにしばらく時間がかかりましたが、私たちはついにそれを釘付けにしたと思います。このシンプルなレシピは、濃厚でやさしくスパイスが効いたソースに囲まれた完璧に調理されたリンゴを保証します。ソースやリンゴを事前に調理する必要はなく、このパイを作る手順は簡単です。少し時間が必要です。

Inspired Tasteのすべてのパイレシピと同様に、この自家製パイクラストから始めます。私はこれにこだわりを持っています。それは私たちに失敗したことはなく、パンプキンパイ、タルト、およびブルーベリーパイのような他のフルーツパイの頼りになるレシピです。クラストは事前に作成し、冷蔵または冷凍することができます。パイクラストのレシピを確認して、作成のヒントを確認してください(ビデオもあります)。

りんごはたくさん使っており、りんご風味のパイは2種類以上使いたいです。私は以下に私たちのお気に入りのいくつかをリストしました。完全なリストではありませんが、自家製パイを購入する際にインスピレーションを与えるはずです。

クラストに加える前にリンゴを事前に調理しません。代わりに、皮をむいてスライスしたリンゴを砂糖、塩、スパイスと一緒に大きなボウルに入れます。リンゴが非常によくコーティングされたら、ボウルを脇に置き、リンゴを約1時間放置します。

リンゴ、砂糖、塩、スパイス。

この時間に、砂糖と塩はリンゴに働きかけ、リンゴがおいしい液体を放出するのを助けます(私たちの写真とビデオでどれだけの量を見ることができます)。リンゴもかなり柔らかくなります。 (これはリンゴのパンを作るときにも行います。)

砂糖、塩、スパイスと一緒に1時間座った後のリンゴ。

次に、準備したパイ皿にリンゴを加える直前に、でんぷんを入れます。私は通常コーンスターチを使用しますが、タピオカでんぷんも使用できます。このでんぷんは、リンゴから放出されるすべての液体と混ざり合い、パイがオーブンで焼くときにそれを濃くするのに役立ちます。

私は、パイを満たす前に、そのおいしい液体の一部またはすべてを捨てるように求めるいくつかのパイレシピに従いました。 そこにはたくさんの味があります! ありがたいことに、私たちのパイ作りの方法では、すべての液体を使用することができます。これは、少し長い焼き時間で濃厚なソースになります。私は1時間でリンゴから放出される液体の量を測定し、一貫して約3/4カップを取得しました。ただし、少し多かれ少なかれ問題ありません。

リンゴの放出量がはるかに多い場合は、少し取り残しておくことを検討してください。 (リンゴが熟しすぎると、通常よりも多くの液体が放出される可能性があり、パイが少し流動的になる可能性があります。)

このテーマについては、パイを冷却するための以下のヒントを必ずお読みください。フルーツパイの場合、冷却ステップは非常に重要であり、フィリングが実際に厚く、カットした瞬間にプレートに流れ出さないようにするのに大いに役立ちます。

アップルパイに使用するリンゴ

このアップルパイを作るために、私たちは約4ポンドのリンゴを使います (またはスライスしたリンゴ約11カップ)。最高のリンゴの風味を得るには、パイに複数の種類のリンゴを追加してみてください。私たちは特に、焼きたてのデザートやパイ用のこれらの種類のリンゴが大好きです。

  • グラニースミス &#8212あなたの標準的な、決して失敗しないリンゴのベーキング。タルト、サクサク、そしてオーブンで時間をかけて構造を保ちます。
  • ハニークリスプ &#8212非常にサクサクしていて、焼いた後も常にしっかりと保持されます。私たちのお気に入りの1つ!
  • ジョナゴールド &#8212ほんのり甘みのあるタルト。彼らはまたオーブンでよく持ちこたえます。
  • ブレイバーン &#8212パイやその他の焼きたてのデザートによく耐える、パリッとした甘いリンゴ。
  • 陸奥 &#8212大きなゴールデンデリシャスのように見える大きなリンゴ。甘い蜂蜜の風味があり、パイによく持ちこたえます。
  • ピンクレディー &#8212甘さとタルトのバランスが良い。焼いたときもその形を保ちます。
  • ゴールデンデリシャス &#8212甘くて風味豊かなリンゴで、非常に用途が広いです。パイに持ちこたえますが、上記のいくつかの品種よりも柔らかくなります。
  • ジャズ &#8212甘くてさわやかな味わい。パイでうまく持ちこたえます。

アップルパイにはどれくらい時間がかかりますか?

標準の9インチパイを400度のオーブンで約75分間焼きます。

アップルパイの最大の不満の1つは、レシピに従った後でも、詰め物があまりにも流動的であるということです。だからこそ、私たちはこのアップルパイの作り方のファンになりました。この方法(Bravetartをめくって最初に試した方法)では、パイを1つの温度で長時間焼きます。この非常に長い焼き時間は、アップルパイの詰め物の中の液体が煮て濃くなる機会があることを確実にします。

パイがいつ完成したかを知る方法

アップルパイがオーブンから出てくる準備ができたことを知るための3つの簡単な方法は次のとおりです。

  • 視覚的な手がかり:アップルパイは、ジュースがトップクラストまたはラティスの通気口から泡立っているときに行われます。泡が見えない場合は、パイにもっと時間がかかります。
  • 内部温度:パイの中央に挿入された内部温度計が華氏195度(90°C)を示すと、パイが完成します。
  • りんごの食感:パイを突き刺すことは、リンゴがどれほど柔らかいかを示す良い指標です。カリカリになりすぎると、パイにもっと時間がかかります。

アップルパイのためのより多くのベーキングのヒント

  • 信頼できるパイクラストレシピを使用してください。私たちはいつもこの自家製パイクラストレシピをパイに使用しています。
  • 最初にアップルパイのフィリングを準備し、1時間置いておきます。リンゴがジュースを放出してから、コーンスターチやタピオカスターチなどの増粘剤とリンゴとジュースを混ぜます。
  • 華氏400度で約75分間焼き、数回回転させて焦げ目をつけます。長い焼き時間は、パイの内側の詰め物が厚くなることを確実にします。
  • クラストの焦げ目が早すぎたり、暗くなりすぎたりする場合は、逆さまに置いたボウルに大きなホイルを成形して、ホイルドームを作ります。残りの焼き時間の間、パイの上にホイルドームを置きます。これにより、褐変が遅くなります。
  • アップルパイを切る前に冷ましてください。最良の結果を得るには、スライスする前に、フィリングを室温または低温にする必要があります。パイを冷やすと、中の液体がさらに濃くなる可能性があります。つまり、パイに切り込んだときにプールにこぼれることはありません。 (これは他のフルーツパイ、特にブルーベリーパイと自家製チェリーパイにも当てはまります。)

アップルパイを作るための私たちのお気に入りの方法に焦点を合わせるのにしばらく時間がかかりましたが、私たちはついにそれを釘付けにしたと思います。このシンプルなレシピは、濃厚でやさしくスパイスが効いたソースに囲まれた完璧に調理されたリンゴを保証します。ソースやリンゴを事前に調理する必要はなく、このパイを作る手順は簡単です。少し時間が必要です。

Inspired Tasteのすべてのパイレシピと同様に、この自家製パイクラストから始めます。私はこれにこだわりを持っています。それは私たちを失敗させたことはなく、パンプキンパイ、タルト、およびブルーベリーパイのような他のフルーツパイのための私たちの頼りになるレシピです。クラストは事前に作成し、冷蔵または冷凍することができます。パイクラストのレシピを確認して、作成のヒントを確認してください(ビデオもあります)。

りんごはたくさん使っており、りんご風味のパイは2種類以上使いたいです。私は以下に私たちのお気に入りのいくつかをリストしました。完全なリストではありませんが、自家製パイを購入する際にインスピレーションを与えるはずです。

クラストに加える前にリンゴを事前に調理しません。代わりに、皮をむいてスライスしたリンゴを砂糖、塩、スパイスと一緒に大きなボウルに入れます。リンゴが非常によくコーティングされたら、ボウルを脇に置き、リンゴを約1時間放置します。

リンゴ、砂糖、塩、スパイス。

この時間に、砂糖と塩はリンゴに働きかけ、リンゴがおいしい液体を放出するのを助けます(私たちの写真とビデオでどれだけの量を見ることができます)。リンゴもかなり柔らかくなります。 (これはリンゴのパンを作るときにも行います。)

砂糖、塩、スパイスと一緒に1時間座った後のリンゴ。

次に、準備したパイ皿にリンゴを加える直前に、でんぷんを入れます。私は通常コーンスターチを使用しますが、タピオカでんぷんも使用できます。このでんぷんは、リンゴから放出されるすべての液体と混ざり合い、パイがオーブンで焼くときにそれを濃くするのに役立ちます。

私は、パイを満たす前に、そのおいしい液体の一部またはすべてを捨てるように求めるいくつかのパイレシピに従いました。 そこにはたくさんの味があります! ありがたいことに、私たちのパイ作りの方法では、すべての液体を使用することができます。これは、少し長い焼き時間で濃厚なソースになります。私は1時間でリンゴから放出される液体の量を測定し、一貫して約3/4カップを取得しました。ただし、少し多かれ少なかれ問題ありません。

リンゴの放出量がはるかに多い場合は、少し取り残しておくことを検討してください。 (リンゴが熟しすぎると、通常よりも多くの液体が放出される可能性があり、パイが少し流動的になる可能性があります。)

このテーマについては、パイを冷却するための以下のヒントを必ずお読みください。フルーツパイの場合、冷却ステップは非常に重要であり、フィリングが実際に厚く、カットした瞬間にプレートに流れ出さないようにするのに大いに役立ちます。

アップルパイに使用するリンゴ

このアップルパイを作るために、私たちは約4ポンドのリンゴを使います (またはスライスしたリンゴ約11カップ)。最高のリンゴの風味を得るには、パイに複数の種類のリンゴを追加してみてください。私たちは特に、焼きたてのデザートやパイ用のこれらの種類のリンゴが大好きです。

  • グラニースミス &#8212あなたの標準的な、決して失敗しないリンゴのベーキング。タルト、サクサク、そしてオーブンで時間をかけて構造を保ちます。
  • ハニークリスプ &#8212非常にサクサクしていて、焼いた後も常にしっかりと保持されます。私たちのお気に入りの1つ!
  • ジョナゴールド &#8212ほんのり甘みのあるタルト。彼らはまたオーブンでよく持ちこたえます。
  • ブレイバーン &#8212パイやその他の焼きたてのデザートによく耐える、パリッとした甘いリンゴ。
  • 陸奥 &#8212大きなゴールデンデリシャスのように見える大きなリンゴ。甘い蜂蜜の風味があり、パイによく持ちこたえます。
  • ピンクレディー &#8212甘さとタルトのバランスが良い。焼いたときにもその形を保ちます。
  • ゴールデンデリシャス &#8212甘くて風味豊かなリンゴで、非常に用途が広いです。パイに持ちこたえますが、上記のいくつかの品種よりも柔らかくなります。
  • ジャズ &#8212甘くてさわやかな味わい。パイでうまく持ちこたえます。

アップルパイにはどれくらい時間がかかりますか?

標準の9インチパイを400度のオーブンで約75分間焼きます。

アップルパイの最大の不満の1つは、レシピに従った後でも、詰め物があまりにも流動的であるということです。だからこそ、私たちはこのアップルパイの作り方のファンになりました。この方法(Bravetartをめくって最初に試した方法)では、パイを1つの温度で長時間焼きます。この非常に長い焼き時間は、アップルパイの詰め物の中の液体が煮て濃くなる機会があることを確実にします。

パイがいつ完成したかを知る方法

アップルパイがオーブンから出てくる準備ができたことを知るための3つの簡単な方法は次のとおりです。

  • 視覚的な手がかり:アップルパイは、ジュースがトップクラストまたはラティスの通気口から泡立っているときに行われます。泡が見えない場合は、パイにもっと時間がかかります。
  • 内部温度:パイの中央に挿入された内部温度計が華氏195度(90°C)を示すと、パイが完成します。
  • りんごの食感:パイを突き刺すことは、リンゴがどれほど柔らかいかを示す良い指標です。カリカリになりすぎると、パイにもっと時間がかかります。

アップルパイのためのより多くのベーキングのヒント

  • 信頼できるパイクラストレシピを使用してください。私たちはいつもこの自家製パイクラストレシピをパイに使用しています。
  • 最初にアップルパイのフィリングを準備し、1時間置いておきます。リンゴがジュースを放出してから、コーンスターチやタピオカスターチなどの増粘剤とリンゴとジュースを混ぜます。
  • 華氏400度で約75分間焼き、数回回転させて焦げ目をつけます。長い焼き時間は、パイの内側の詰め物が厚くなることを確実にします。
  • クラストの焦げ目が早すぎたり、暗くなりすぎたりする場合は、逆さまに置いたボウルに大きなホイルを成形して、ホイルドームを作ります。残りの焼き時間の間、パイの上にホイルドームを置きます。これにより、褐変が遅くなります。
  • アップルパイを切る前に冷ましてください。最良の結果を得るには、スライスする前に、フィリングを室温または低温にする必要があります。パイを冷やすと、中の液体がさらに濃くなる可能性があります。つまり、パイに切り込んだときにプールにこぼれることはありません。 (これは他のフルーツパイ、特にブルーベリーパイと自家製チェリーパイにも当てはまります。)

アップルパイを作るための私たちのお気に入りの方法に焦点を合わせるのにしばらく時間がかかりましたが、私たちはついにそれを釘付けにしたと思います。このシンプルなレシピは、濃厚でやさしくスパイスが効いたソースに囲まれた完璧に調理されたリンゴを保証します。ソースやリンゴを事前に調理する必要はなく、このパイを作る手順は簡単です。少し時間が必要です。

Inspired Tasteのすべてのパイレシピと同様に、この自家製パイクラストから始めます。私はこれにこだわりを持っています。それは私たちを失敗させたことはなく、パンプキンパイ、タルト、およびブルーベリーパイのような他のフルーツパイのための私たちの頼りになるレシピです。クラストは事前に作成し、冷蔵または冷凍することができます。パイクラストのレシピを確認して、作成のヒントを確認してください(ビデオもあります)。

りんごはたくさん使っており、りんご風味のパイは2種類以上使いたいです。私は以下に私たちのお気に入りのいくつかをリストしました。完全なリストではありませんが、自家製パイを購入する際にインスピレーションを与えるはずです。

クラストに加える前にリンゴを事前に調理しません。代わりに、皮をむいてスライスしたリンゴを砂糖、塩、スパイスと一緒に大きなボウルに入れます。リンゴが非常によくコーティングされたら、ボウルを脇に置き、リンゴを約1時間放置します。

リンゴ、砂糖、塩、スパイス。

この時間に、砂糖と塩はリンゴに働きかけ、リンゴがおいしい液体を放出するのを助けます(私たちの写真とビデオでどれだけの量を見ることができます)。リンゴもかなり柔らかくなります。 (これはリンゴのパンを作るときにも行います。)

砂糖、塩、スパイスと一緒に1時間座った後のリンゴ。

次に、準備したパイ皿にリンゴを加える直前に、でんぷんを入れます。私は通常コーンスターチを使用しますが、タピオカでんぷんも使用できます。このでんぷんは、リンゴから放出されるすべての液体と混ざり合い、パイがオーブンで焼くときにそれを濃くするのに役立ちます。

私は、パイを満たす前に、そのおいしい液体の一部またはすべてを捨てるように求めるいくつかのパイレシピに従いました。 そこにはたくさんの味があります! ありがたいことに、私たちのパイ作りの方法では、すべての液体を使用することができます。これは、少し長い焼き時間で濃厚なソースになります。私は1時間でリンゴから放出される液体の量を測定し、一貫して約3/4カップを取得しました。ただし、少し多かれ少なかれ問題ありません。

リンゴの放出量がはるかに多い場合は、少し取り残しておくことを検討してください。 (リンゴが熟しすぎると、通常よりも多くの液体が放出される可能性があり、パイが少し流動的になる可能性があります。)

このテーマについては、パイを冷却するための以下のヒントを必ずお読みください。フルーツパイの場合、冷却ステップは非常に重要であり、フィリングが実際に厚く、カットした瞬間にプレートに流れ出さないようにするのに大いに役立ちます。

アップルパイに使用するリンゴ

このアップルパイを作るために、私たちは約4ポンドのリンゴを使います (またはスライスしたリンゴ約11カップ)。最高のリンゴの風味を得るには、パイに複数の種類のリンゴを追加してみてください。私たちは特に、焼きたてのデザートやパイ用のこれらの種類のリンゴが大好きです。

  • グラニースミス &#8212あなたの標準的な、決して失敗しないリンゴのベーキング。タルト、サクサク、そしてオーブンで時間をかけて構造を保ちます。
  • ハニークリスプ &#8212非常にサクサクしていて、焼いた後も常にしっかりと保持されます。私たちのお気に入りの1つ!
  • ジョナゴールド &#8212ほんのり甘みのあるタルト。彼らはまたオーブンでよく持ちこたえます。
  • ブレイバーン &#8212パイやその他の焼きたてのデザートによく耐える、パリッとした甘いリンゴ。
  • 陸奥 &#8212大きなゴールデンデリシャスのように見える大きなリンゴ。甘い蜂蜜の風味があり、パイによく持ちこたえます。
  • ピンクレディー &#8212甘さとタルトのバランスが良い。焼いたときにもその形を保ちます。
  • ゴールデンデリシャス &#8212甘くて風味豊かなリンゴで、非常に用途が広いです。パイに持ちこたえますが、上記のいくつかの品種よりも柔らかくなります。
  • ジャズ &#8212甘くてさわやかな味わい。パイでうまく持ちこたえます。

アップルパイにはどれくらい時間がかかりますか?

標準の9インチパイを400度のオーブンで約75分間焼きます。

アップルパイの最大の不満の1つは、レシピに従った後でも、詰め物があまりにも流動的であるということです。だからこそ、私たちはこのアップルパイの作り方のファンになりました。この方法(Bravetartをめくって最初に試した方法)では、パイを1つの温度で長時間焼きます。この非常に長い焼き時間は、アップルパイの詰め物の中の液体が煮て濃くなる機会があることを確実にします。

パイがいつ完成したかを知る方法

アップルパイがオーブンから出てくる準備ができたことを知るための3つの簡単な方法は次のとおりです。

  • 視覚的な手がかり:アップルパイは、ジュースがトップクラストまたはラティスの通気口から泡立っているときに行われます。泡が見えない場合は、パイにもっと時間がかかります。
  • 内部温度:パイの中央に挿入された内部温度計が華氏195度(90°C)を示すと、パイが完成します。
  • りんごの食感:パイを突き刺すことは、リンゴがどれほど柔らかいかを示す良い指標です。カリカリになりすぎると、パイにもっと時間がかかります。

アップルパイのためのより多くのベーキングのヒント

  • 信頼できるパイクラストレシピを使用してください。私たちはいつもこの自家製パイクラストレシピをパイに使用しています。
  • 最初にアップルパイのフィリングを準備し、1時間置いておきます。リンゴがジュースを放出してから、コーンスターチやタピオカスターチなどの増粘剤とリンゴとジュースを混ぜます。
  • Bake at 400 degrees F for approximately 75 minutes, turning a few times for even browning. The long bake time makes sure that the filling thickens inside the pie.
  • If your crust starts to brown too quickly or looks to be turning too dark, mold a large piece of foil over a bowl that’s been placed upside down to make a foil dome. Place the foil dome over the pie for the remaining bake time. This will slow the browning.
  • Let apple pie cool before cutting into it. For the best results, the filling should be room temperature or cold before slicing. Cooling the pie gives the liquid inside a chance to thicken even more, which means it won’t spill out into a pool when you cut into the pie. (This is true for other fruit pies, especially blueberry pie and homemade cherry pie.)

It’s taken us a while to zero in on our favorite method for making apple pie, but I think we’ve finally nailed it. This simple recipe guarantees perfectly cooked apples surrounded with a thick gently spiced sauce. There’s no need for precooking the sauce or apples and the steps to make this pie are simple, you just need a little time.

As with all of the pie recipes on Inspired Taste, we start with this homemade pie crust. I’m a stickler on this one. It has never failed us and is our go-to recipe for pumpkin pie, tarts, and other fruit pies like blueberry pie. The crust can be made in advance and refrigerated or frozen. Definitely check our pie crust recipe for our tips on making it (it even has a video).

As for the apples, we use a lot of them and like to use two or more varieties for the most apple-flavored pie. I’ve listed some of our favorites below. It isn’t a complete list, but it should give you some inspiration when shopping for your homemade pie.

We don’t precook the apples before adding to the crust。 Instead, we toss peeled and sliced apples with sugar, salt, and spices in a large bowl. When the apples are very well coated, we set the bowl aside and let the apples sit for about an hour.

Apples, sugar, salt, and spices.

In this hour, the sugar and salt work on the apples to help them release their delicious liquid (you can see how much in our photos and in the video). The apples also soften quite a bit. (We do this when making apple bread, too.)

The apples after 1 hour of sitting with the sugar, salt, and spices.

Then just before adding the apples to the prepared pie dish, we toss in some starch — I usually use cornstarch, but tapioca starch works, too. This starch mixes with all that liquid released by the apples and will help thicken it as the pie bakes in the oven.

I’ve followed a few pie recipes that ask you to throw away some or all of that delicious liquid before filling the pie. There’s so much flavor there! Thankfully, with our pie making method, you can use all of the liquid, which with our slightly longer bake time will turn into a thickened sauce. I’ve measured how much liquid is released from the apples over 1 hour and consistently get about 3/4 cup. A little more or a little less is fine, though.

If you find that your apples released much more, you might want to consider leaving a little behind. (When apples are overripe, they can release more liquid than usual, which can make your pie a bit more runny.)

On this subject, make sure to read our tips below for cooling the pie. The cooling step is crucial with fruit pies and goes a long way to making sure the filling is actually thick and won’t run out onto your plate the moment you cut it.

The Apples We Use For Apple Pie

To make this apple pie, we use approximately 4 pounds of apples (or about 11 cups of sliced apples)。 For the best apple flavor, try adding more than one variety of apple to your pie. We especially love these varieties of apples for baked desserts and pie:

  • Granny Smith — Your standard, never-fails baking apple. Tart, crisp, and they keep their structure after time in the oven.
  • Honeycrisp — Extra crisp and always holds firm after baking. One of our favorites!
  • Jonagold — Tart with a bit of sweetness. They also hold up well in the oven.
  • Braeburn — Crisp, sweet apples that hold up well in pie and other baked desserts.
  • Mutsu — Big apples that look like a large Golden Delicious. Has a sweet honeyed flavor and holds up well in pie.
  • ピンクレディー — A good balance of sweet and tart. Will also hold its shape when baked.
  • Golden Delicious — Sweet and flavorful apple that’s very versatile. Will hold up in pie, but will become softer than some of the varieties mentioned above.
  • Jazz — Sweet and crisp flavor. Will hold up nicely in pie.

How Long Does Apple Pie Take?

We bake a standard 9-inch pie in a 400 degree oven for about 75 minutes.

One of the biggest complaints with apple pie is that the filling is too runny, even after following a recipe. That’s why we’ve become such fans of this method of making apple pie. With this method (which we first tried after flipping through Bravetart), the pie bakes at one temperature for a long time. This extra long bake time makes sure the liquid in the apple pie filling has a chance to simmer and thicken.

How to Tell When The Pie Is Done

Here are three simple methods for telling when apple pie is ready to come out of the oven:

  • Visual cue: Apple pie is done when the juices are bubbling through the vents of the top crust or lattice. If you do not see bubbles, the pie needs more time.
  • Internal temperature: The pie is done when an internal thermometer inserted into the middle of the pie reads 195 degrees Fahrenheit (90C).
  • Texture of the apples: Piercing the pie is a good indication of how soft the apples are. If they feel too crunchy, the pie needs more time.

More Baking Tips for Apple Pie

  • Use a trusted pie crust recipe. We always use this homemade pie crust recipe for our pies.
  • Prepare the apple pie filling first and set it aside for 1 hour, allowing the apples to release their juices then mix the apples and the juices with a thickener like cornstarch or tapioca starch.
  • Bake at 400 degrees F for approximately 75 minutes, turning a few times for even browning. The long bake time makes sure that the filling thickens inside the pie.
  • If your crust starts to brown too quickly or looks to be turning too dark, mold a large piece of foil over a bowl that’s been placed upside down to make a foil dome. Place the foil dome over the pie for the remaining bake time. This will slow the browning.
  • Let apple pie cool before cutting into it. For the best results, the filling should be room temperature or cold before slicing. Cooling the pie gives the liquid inside a chance to thicken even more, which means it won’t spill out into a pool when you cut into the pie. (This is true for other fruit pies, especially blueberry pie and homemade cherry pie.)

It’s taken us a while to zero in on our favorite method for making apple pie, but I think we’ve finally nailed it. This simple recipe guarantees perfectly cooked apples surrounded with a thick gently spiced sauce. There’s no need for precooking the sauce or apples and the steps to make this pie are simple, you just need a little time.

As with all of the pie recipes on Inspired Taste, we start with this homemade pie crust. I’m a stickler on this one. It has never failed us and is our go-to recipe for pumpkin pie, tarts, and other fruit pies like blueberry pie. The crust can be made in advance and refrigerated or frozen. Definitely check our pie crust recipe for our tips on making it (it even has a video).

As for the apples, we use a lot of them and like to use two or more varieties for the most apple-flavored pie. I’ve listed some of our favorites below. It isn’t a complete list, but it should give you some inspiration when shopping for your homemade pie.

We don’t precook the apples before adding to the crust。 Instead, we toss peeled and sliced apples with sugar, salt, and spices in a large bowl. When the apples are very well coated, we set the bowl aside and let the apples sit for about an hour.

Apples, sugar, salt, and spices.

In this hour, the sugar and salt work on the apples to help them release their delicious liquid (you can see how much in our photos and in the video). The apples also soften quite a bit. (We do this when making apple bread, too.)

The apples after 1 hour of sitting with the sugar, salt, and spices.

Then just before adding the apples to the prepared pie dish, we toss in some starch — I usually use cornstarch, but tapioca starch works, too. This starch mixes with all that liquid released by the apples and will help thicken it as the pie bakes in the oven.

I’ve followed a few pie recipes that ask you to throw away some or all of that delicious liquid before filling the pie. There’s so much flavor there! Thankfully, with our pie making method, you can use all of the liquid, which with our slightly longer bake time will turn into a thickened sauce. I’ve measured how much liquid is released from the apples over 1 hour and consistently get about 3/4 cup. A little more or a little less is fine, though.

If you find that your apples released much more, you might want to consider leaving a little behind. (When apples are overripe, they can release more liquid than usual, which can make your pie a bit more runny.)

On this subject, make sure to read our tips below for cooling the pie. The cooling step is crucial with fruit pies and goes a long way to making sure the filling is actually thick and won’t run out onto your plate the moment you cut it.

The Apples We Use For Apple Pie

To make this apple pie, we use approximately 4 pounds of apples (or about 11 cups of sliced apples)。 For the best apple flavor, try adding more than one variety of apple to your pie. We especially love these varieties of apples for baked desserts and pie:

  • Granny Smith — Your standard, never-fails baking apple. Tart, crisp, and they keep their structure after time in the oven.
  • Honeycrisp — Extra crisp and always holds firm after baking. One of our favorites!
  • Jonagold — Tart with a bit of sweetness. They also hold up well in the oven.
  • Braeburn — Crisp, sweet apples that hold up well in pie and other baked desserts.
  • Mutsu — Big apples that look like a large Golden Delicious. Has a sweet honeyed flavor and holds up well in pie.
  • ピンクレディー — A good balance of sweet and tart. Will also hold its shape when baked.
  • Golden Delicious — Sweet and flavorful apple that’s very versatile. Will hold up in pie, but will become softer than some of the varieties mentioned above.
  • Jazz — Sweet and crisp flavor. Will hold up nicely in pie.

How Long Does Apple Pie Take?

We bake a standard 9-inch pie in a 400 degree oven for about 75 minutes.

One of the biggest complaints with apple pie is that the filling is too runny, even after following a recipe. That’s why we’ve become such fans of this method of making apple pie. With this method (which we first tried after flipping through Bravetart), the pie bakes at one temperature for a long time. This extra long bake time makes sure the liquid in the apple pie filling has a chance to simmer and thicken.

How to Tell When The Pie Is Done

Here are three simple methods for telling when apple pie is ready to come out of the oven:

  • Visual cue: Apple pie is done when the juices are bubbling through the vents of the top crust or lattice. If you do not see bubbles, the pie needs more time.
  • Internal temperature: The pie is done when an internal thermometer inserted into the middle of the pie reads 195 degrees Fahrenheit (90C).
  • Texture of the apples: Piercing the pie is a good indication of how soft the apples are. If they feel too crunchy, the pie needs more time.

More Baking Tips for Apple Pie

  • Use a trusted pie crust recipe. We always use this homemade pie crust recipe for our pies.
  • Prepare the apple pie filling first and set it aside for 1 hour, allowing the apples to release their juices then mix the apples and the juices with a thickener like cornstarch or tapioca starch.
  • Bake at 400 degrees F for approximately 75 minutes, turning a few times for even browning. The long bake time makes sure that the filling thickens inside the pie.
  • If your crust starts to brown too quickly or looks to be turning too dark, mold a large piece of foil over a bowl that’s been placed upside down to make a foil dome. Place the foil dome over the pie for the remaining bake time. This will slow the browning.
  • Let apple pie cool before cutting into it. For the best results, the filling should be room temperature or cold before slicing. Cooling the pie gives the liquid inside a chance to thicken even more, which means it won’t spill out into a pool when you cut into the pie. (This is true for other fruit pies, especially blueberry pie and homemade cherry pie.)

It’s taken us a while to zero in on our favorite method for making apple pie, but I think we’ve finally nailed it. This simple recipe guarantees perfectly cooked apples surrounded with a thick gently spiced sauce. There’s no need for precooking the sauce or apples and the steps to make this pie are simple, you just need a little time.

As with all of the pie recipes on Inspired Taste, we start with this homemade pie crust. I’m a stickler on this one. It has never failed us and is our go-to recipe for pumpkin pie, tarts, and other fruit pies like blueberry pie. The crust can be made in advance and refrigerated or frozen. Definitely check our pie crust recipe for our tips on making it (it even has a video).

As for the apples, we use a lot of them and like to use two or more varieties for the most apple-flavored pie. I’ve listed some of our favorites below. It isn’t a complete list, but it should give you some inspiration when shopping for your homemade pie.

We don’t precook the apples before adding to the crust。 Instead, we toss peeled and sliced apples with sugar, salt, and spices in a large bowl. When the apples are very well coated, we set the bowl aside and let the apples sit for about an hour.

Apples, sugar, salt, and spices.

In this hour, the sugar and salt work on the apples to help them release their delicious liquid (you can see how much in our photos and in the video). The apples also soften quite a bit. (We do this when making apple bread, too.)

The apples after 1 hour of sitting with the sugar, salt, and spices.

Then just before adding the apples to the prepared pie dish, we toss in some starch — I usually use cornstarch, but tapioca starch works, too. This starch mixes with all that liquid released by the apples and will help thicken it as the pie bakes in the oven.

I’ve followed a few pie recipes that ask you to throw away some or all of that delicious liquid before filling the pie. There’s so much flavor there! Thankfully, with our pie making method, you can use all of the liquid, which with our slightly longer bake time will turn into a thickened sauce. I’ve measured how much liquid is released from the apples over 1 hour and consistently get about 3/4 cup. A little more or a little less is fine, though.

If you find that your apples released much more, you might want to consider leaving a little behind. (When apples are overripe, they can release more liquid than usual, which can make your pie a bit more runny.)

On this subject, make sure to read our tips below for cooling the pie. The cooling step is crucial with fruit pies and goes a long way to making sure the filling is actually thick and won’t run out onto your plate the moment you cut it.

The Apples We Use For Apple Pie

To make this apple pie, we use approximately 4 pounds of apples (or about 11 cups of sliced apples)。 For the best apple flavor, try adding more than one variety of apple to your pie. We especially love these varieties of apples for baked desserts and pie:

  • Granny Smith — Your standard, never-fails baking apple. Tart, crisp, and they keep their structure after time in the oven.
  • Honeycrisp — Extra crisp and always holds firm after baking. One of our favorites!
  • Jonagold — Tart with a bit of sweetness. They also hold up well in the oven.
  • Braeburn — Crisp, sweet apples that hold up well in pie and other baked desserts.
  • Mutsu — Big apples that look like a large Golden Delicious. Has a sweet honeyed flavor and holds up well in pie.
  • ピンクレディー — A good balance of sweet and tart. Will also hold its shape when baked.
  • Golden Delicious — Sweet and flavorful apple that’s very versatile. Will hold up in pie, but will become softer than some of the varieties mentioned above.
  • Jazz — Sweet and crisp flavor. Will hold up nicely in pie.

How Long Does Apple Pie Take?

We bake a standard 9-inch pie in a 400 degree oven for about 75 minutes.

One of the biggest complaints with apple pie is that the filling is too runny, even after following a recipe. That’s why we’ve become such fans of this method of making apple pie. With this method (which we first tried after flipping through Bravetart), the pie bakes at one temperature for a long time. This extra long bake time makes sure the liquid in the apple pie filling has a chance to simmer and thicken.

How to Tell When The Pie Is Done

Here are three simple methods for telling when apple pie is ready to come out of the oven:

  • Visual cue: Apple pie is done when the juices are bubbling through the vents of the top crust or lattice. If you do not see bubbles, the pie needs more time.
  • Internal temperature: The pie is done when an internal thermometer inserted into the middle of the pie reads 195 degrees Fahrenheit (90C).
  • Texture of the apples: Piercing the pie is a good indication of how soft the apples are. If they feel too crunchy, the pie needs more time.

More Baking Tips for Apple Pie

  • Use a trusted pie crust recipe. We always use this homemade pie crust recipe for our pies.
  • Prepare the apple pie filling first and set it aside for 1 hour, allowing the apples to release their juices then mix the apples and the juices with a thickener like cornstarch or tapioca starch.
  • Bake at 400 degrees F for approximately 75 minutes, turning a few times for even browning. The long bake time makes sure that the filling thickens inside the pie.
  • If your crust starts to brown too quickly or looks to be turning too dark, mold a large piece of foil over a bowl that’s been placed upside down to make a foil dome. Place the foil dome over the pie for the remaining bake time. This will slow the browning.
  • Let apple pie cool before cutting into it. For the best results, the filling should be room temperature or cold before slicing. Cooling the pie gives the liquid inside a chance to thicken even more, which means it won’t spill out into a pool when you cut into the pie. (This is true for other fruit pies, especially blueberry pie and homemade cherry pie.)

It’s taken us a while to zero in on our favorite method for making apple pie, but I think we’ve finally nailed it. This simple recipe guarantees perfectly cooked apples surrounded with a thick gently spiced sauce. There’s no need for precooking the sauce or apples and the steps to make this pie are simple, you just need a little time.

As with all of the pie recipes on Inspired Taste, we start with this homemade pie crust. I’m a stickler on this one. It has never failed us and is our go-to recipe for pumpkin pie, tarts, and other fruit pies like blueberry pie. The crust can be made in advance and refrigerated or frozen. Definitely check our pie crust recipe for our tips on making it (it even has a video).

As for the apples, we use a lot of them and like to use two or more varieties for the most apple-flavored pie. I’ve listed some of our favorites below. It isn’t a complete list, but it should give you some inspiration when shopping for your homemade pie.

We don’t precook the apples before adding to the crust。 Instead, we toss peeled and sliced apples with sugar, salt, and spices in a large bowl. When the apples are very well coated, we set the bowl aside and let the apples sit for about an hour.

Apples, sugar, salt, and spices.

In this hour, the sugar and salt work on the apples to help them release their delicious liquid (you can see how much in our photos and in the video). The apples also soften quite a bit. (We do this when making apple bread, too.)

The apples after 1 hour of sitting with the sugar, salt, and spices.

Then just before adding the apples to the prepared pie dish, we toss in some starch — I usually use cornstarch, but tapioca starch works, too. This starch mixes with all that liquid released by the apples and will help thicken it as the pie bakes in the oven.

I’ve followed a few pie recipes that ask you to throw away some or all of that delicious liquid before filling the pie. There’s so much flavor there! Thankfully, with our pie making method, you can use all of the liquid, which with our slightly longer bake time will turn into a thickened sauce. I’ve measured how much liquid is released from the apples over 1 hour and consistently get about 3/4 cup. A little more or a little less is fine, though.

If you find that your apples released much more, you might want to consider leaving a little behind. (When apples are overripe, they can release more liquid than usual, which can make your pie a bit more runny.)

On this subject, make sure to read our tips below for cooling the pie. The cooling step is crucial with fruit pies and goes a long way to making sure the filling is actually thick and won’t run out onto your plate the moment you cut it.

The Apples We Use For Apple Pie

To make this apple pie, we use approximately 4 pounds of apples (or about 11 cups of sliced apples)。 For the best apple flavor, try adding more than one variety of apple to your pie. We especially love these varieties of apples for baked desserts and pie:

  • Granny Smith — Your standard, never-fails baking apple. Tart, crisp, and they keep their structure after time in the oven.
  • Honeycrisp — Extra crisp and always holds firm after baking. One of our favorites!
  • Jonagold — Tart with a bit of sweetness. They also hold up well in the oven.
  • Braeburn — Crisp, sweet apples that hold up well in pie and other baked desserts.
  • Mutsu — Big apples that look like a large Golden Delicious. Has a sweet honeyed flavor and holds up well in pie.
  • ピンクレディー — A good balance of sweet and tart. Will also hold its shape when baked.
  • Golden Delicious — Sweet and flavorful apple that’s very versatile. Will hold up in pie, but will become softer than some of the varieties mentioned above.
  • Jazz — Sweet and crisp flavor. Will hold up nicely in pie.

How Long Does Apple Pie Take?

We bake a standard 9-inch pie in a 400 degree oven for about 75 minutes.

One of the biggest complaints with apple pie is that the filling is too runny, even after following a recipe. That’s why we’ve become such fans of this method of making apple pie. With this method (which we first tried after flipping through Bravetart), the pie bakes at one temperature for a long time. This extra long bake time makes sure the liquid in the apple pie filling has a chance to simmer and thicken.

How to Tell When The Pie Is Done

Here are three simple methods for telling when apple pie is ready to come out of the oven:

  • Visual cue: Apple pie is done when the juices are bubbling through the vents of the top crust or lattice. If you do not see bubbles, the pie needs more time.
  • Internal temperature: The pie is done when an internal thermometer inserted into the middle of the pie reads 195 degrees Fahrenheit (90C).
  • Texture of the apples: Piercing the pie is a good indication of how soft the apples are. If they feel too crunchy, the pie needs more time.

More Baking Tips for Apple Pie

  • Use a trusted pie crust recipe. We always use this homemade pie crust recipe for our pies.
  • Prepare the apple pie filling first and set it aside for 1 hour, allowing the apples to release their juices then mix the apples and the juices with a thickener like cornstarch or tapioca starch.
  • Bake at 400 degrees F for approximately 75 minutes, turning a few times for even browning. The long bake time makes sure that the filling thickens inside the pie.
  • If your crust starts to brown too quickly or looks to be turning too dark, mold a large piece of foil over a bowl that’s been placed upside down to make a foil dome. Place the foil dome over the pie for the remaining bake time. This will slow the browning.
  • Let apple pie cool before cutting into it. For the best results, the filling should be room temperature or cold before slicing. Cooling the pie gives the liquid inside a chance to thicken even more, which means it won’t spill out into a pool when you cut into the pie. (This is true for other fruit pies, especially blueberry pie and homemade cherry pie.)

It’s taken us a while to zero in on our favorite method for making apple pie, but I think we’ve finally nailed it. This simple recipe guarantees perfectly cooked apples surrounded with a thick gently spiced sauce. There’s no need for precooking the sauce or apples and the steps to make this pie are simple, you just need a little time.

As with all of the pie recipes on Inspired Taste, we start with this homemade pie crust. I’m a stickler on this one. It has never failed us and is our go-to recipe for pumpkin pie, tarts, and other fruit pies like blueberry pie. The crust can be made in advance and refrigerated or frozen. Definitely check our pie crust recipe for our tips on making it (it even has a video).

As for the apples, we use a lot of them and like to use two or more varieties for the most apple-flavored pie. I’ve listed some of our favorites below. It isn’t a complete list, but it should give you some inspiration when shopping for your homemade pie.

We don’t precook the apples before adding to the crust。 Instead, we toss peeled and sliced apples with sugar, salt, and spices in a large bowl. When the apples are very well coated, we set the bowl aside and let the apples sit for about an hour.

Apples, sugar, salt, and spices.

In this hour, the sugar and salt work on the apples to help them release their delicious liquid (you can see how much in our photos and in the video). The apples also soften quite a bit. (We do this when making apple bread, too.)

The apples after 1 hour of sitting with the sugar, salt, and spices.

Then just before adding the apples to the prepared pie dish, we toss in some starch — I usually use cornstarch, but tapioca starch works, too. This starch mixes with all that liquid released by the apples and will help thicken it as the pie bakes in the oven.

I’ve followed a few pie recipes that ask you to throw away some or all of that delicious liquid before filling the pie. There’s so much flavor there! Thankfully, with our pie making method, you can use all of the liquid, which with our slightly longer bake time will turn into a thickened sauce. I’ve measured how much liquid is released from the apples over 1 hour and consistently get about 3/4 cup. A little more or a little less is fine, though.

If you find that your apples released much more, you might want to consider leaving a little behind. (When apples are overripe, they can release more liquid than usual, which can make your pie a bit more runny.)

On this subject, make sure to read our tips below for cooling the pie. The cooling step is crucial with fruit pies and goes a long way to making sure the filling is actually thick and won’t run out onto your plate the moment you cut it.

The Apples We Use For Apple Pie

To make this apple pie, we use approximately 4 pounds of apples (or about 11 cups of sliced apples)。 For the best apple flavor, try adding more than one variety of apple to your pie. We especially love these varieties of apples for baked desserts and pie:

  • Granny Smith — Your standard, never-fails baking apple. Tart, crisp, and they keep their structure after time in the oven.
  • Honeycrisp — Extra crisp and always holds firm after baking. One of our favorites!
  • Jonagold — Tart with a bit of sweetness. They also hold up well in the oven.
  • Braeburn — Crisp, sweet apples that hold up well in pie and other baked desserts.
  • Mutsu — Big apples that look like a large Golden Delicious. Has a sweet honeyed flavor and holds up well in pie.
  • ピンクレディー — A good balance of sweet and tart. Will also hold its shape when baked.
  • Golden Delicious — Sweet and flavorful apple that’s very versatile. Will hold up in pie, but will become softer than some of the varieties mentioned above.
  • Jazz — Sweet and crisp flavor. Will hold up nicely in pie.

How Long Does Apple Pie Take?

We bake a standard 9-inch pie in a 400 degree oven for about 75 minutes.

One of the biggest complaints with apple pie is that the filling is too runny, even after following a recipe. That’s why we’ve become such fans of this method of making apple pie. With this method (which we first tried after flipping through Bravetart), the pie bakes at one temperature for a long time. This extra long bake time makes sure the liquid in the apple pie filling has a chance to simmer and thicken.

How to Tell When The Pie Is Done

Here are three simple methods for telling when apple pie is ready to come out of the oven:

  • Visual cue: Apple pie is done when the juices are bubbling through the vents of the top crust or lattice. If you do not see bubbles, the pie needs more time.
  • Internal temperature: The pie is done when an internal thermometer inserted into the middle of the pie reads 195 degrees Fahrenheit (90C).
  • Texture of the apples: Piercing the pie is a good indication of how soft the apples are. If they feel too crunchy, the pie needs more time.

More Baking Tips for Apple Pie

  • Use a trusted pie crust recipe. We always use this homemade pie crust recipe for our pies.
  • Prepare the apple pie filling first and set it aside for 1 hour, allowing the apples to release their juices then mix the apples and the juices with a thickener like cornstarch or tapioca starch.
  • Bake at 400 degrees F for approximately 75 minutes, turning a few times for even browning. The long bake time makes sure that the filling thickens inside the pie.
  • If your crust starts to brown too quickly or looks to be turning too dark, mold a large piece of foil over a bowl that’s been placed upside down to make a foil dome. Place the foil dome over the pie for the remaining bake time. This will slow the browning.
  • Let apple pie cool before cutting into it. For the best results, the filling should be room temperature or cold before slicing. Cooling the pie gives the liquid inside a chance to thicken even more, which means it won’t spill out into a pool when you cut into the pie. (This is true for other fruit pies, especially blueberry pie and homemade cherry pie.)