伝統的なレシピ

カルーアはアイスコーヒーを提供しています

カルーアはアイスコーヒーを提供しています


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

カルーアのプレミックスアイスコーヒーは、3つのフレーバーで棚に並びます

カルーアの最新の製品、アイスコーヒーがあります。

スターバックスが酒類販売免許を取得し、宅配サービスを開始した場合を想像してみてください。そして、酒を追加しました。カルーアのプレミックスアイスコーヒー飲料の新しいラインで、渇望が襲ったときはいつでも、アルコールアイスコーヒーの肌寒い便利さが可能になりました。これらのおいしい一杯のコーヒー缶とカルーアの良さを持っていけば、毎年夏のバーベキューのヒットになります。

アイスモカ、アイスエスプレッソ、シナモンスパイス入りアイスコーヒーの3つのフレーバーは、現在、食料品店と酒屋の棚に1缶2.50ドルで販売されています。飲み物のカロリーはわずか150カロリー(そして5%のアルコール度数—スコア!)なので、夏の間ずっと涼しくて賑やかでありながら、ビキニのボディを保つことができます。そして、あなたが十分に得ることができないならば コーヒーとカクテル、私たちは特にこれらが好きです カルーアカクテルレシピ Mutineerから。


コーヒーカクテルレシピ

コーリーボールドウィン

ブランチでは、コーヒーを飲むか、犬の小さな毛を食べるかを決めることができない場合があります。良いニュースは、選ぶ必要がないことです。ブランチは、コーヒー(またはコーヒーリキュール)をカクテルに直接入れるための完璧な言い訳です。クラシックなアイリッシュコーヒーやホワイトロシアンからトロピカルなカルーアスパイクドリンクまで、お気に入りのコーヒーカクテルレシピをまとめました。

あなたの一日の飼いならされたスタートのために、少し酒をスパイクしたコーヒーベースの飲み物と一緒に行きましょう。クラシックなアイリッシュコーヒーは、ほとんどが濃厚なホットコーヒーです。アイリッシュウイスキーと少量の砂糖を加え、新鮮なホイップクリームをトッピングします。 CaféMariaTheresiaは、オレンジ色のリキュールのショットで一杯のコーヒーをスパイクすることによって作られたウィーンのコーヒーハウスで人気のある飲み物です。ニューオーリンズのArnaud&#8217sでは、オレンジキュラソー、ブランデー、クローブ、シナモンを添えたCaféBrûlotDiaboliqueと呼ばれる燃えるようなコーヒードリンクを提供しています。

映画「ビッグリボウスキ」のファンは、ホワイトロシア語の紹介を必要としません。映画は、生クリーム、ウォッカ、コーヒーリキュールで作られたこのカクテルを普及させました。基本的なレシピはさまざまです。ホワイトヌンはウォッカをブランデーに置き換えてコーヒーシロップを追加し、プチカフェはウォッカを草本の緑のシャルトリューズに置き換えて特に複雑なシッパーを作りました。

コーヒーのフレーバーは、クリーミーな飲み物だけのものではありません。 Li Hing Mui Margaritaは、カルーアを熱帯地方に連れて行き、ウォッカとサワーミックスと混ぜ合わせます。

コーヒーカクテルのコレクションで、これらすべての飲み物などを見つけてください。

安息日

このカクテルの名前は、ホワイトロシアンとタイのアイスコーヒーのクロスで、映画「ビッグリボウスキ」のジョングッドマンのキャラクターに冗談を言っています。

白ロシア語

この滑らかで甘いヴィンテージカクテルは、ウォッカとコーヒーのリキュールのお酒のクリームベースのバリエーションで、&#821740年代後半にブラックロシアンとして知られるようになりました。 1998年のカルトクラシックであるビッグリボウスキの人気が白ロシア人に復活したことを認める人もいます。ビッグリボウスキでは、主人公の「デュード」が他にほとんど消費していません。

Dulce y Salado

ワシントンD.C.のシェリー中心のバーMockingbirdHillのバーテンダーChantalTsengは、ホワイトロシアンにこの豊かなひねりを加えたシェリー酒とピーナッツラム酒のリキュールを使用しています。

プチカフェ

ホワイトロシアンコーヒーとアイリッシュコーヒーのほぼクロスであるサンフランシスコのエリクサーのH.ジョセフエーマンは、2006年のシャルトリューズカクテルコンペティションのために、強力なグリーンシャルトリューズを特徴とするこのカクテルを作成しました。

オザークスピードボール

オレゴン州ポートランドのハウススピリッツでは、このホワイトロシア語の解釈でウォッカの代わりにホワイトウイスキーが使用されています。飲み物の上にオレンジオイルを一滴垂らすと、柑橘系の香りがします。

白い尼僧

ホワイトロシアンのこのホットバージョンでは、サンフランシスコのバーテンダーであるIsaac Shumway&#8217s Tosca Cafeがウォッカを捨て、ブランデーとコーヒーリキュールをホットコーヒーとクリームの混合物と混ぜ合わせ、カプチーノのような泡立てたクリームの王冠をトッピングします。白尼僧のレシピを入手»

エスプレッソマティーニ

ウォッカ、コーヒー、コーヒーリキュール、クリームがこのカクテルでバニラリキュールと混合されています。このカクテルは、クラシックなエスプレッソマティーニとホワイトロシアンの間のどこかにあります。

ビッグリボウスキの特製ドリンクのこのオードでは、ニューヨーク市のウォールフラワーのバーテンダーであるザビエルヘリットが、ウォッカとコーヒーリキュールの代わりにコニャック、ポート、本物のコーヒーを使ってホワイトロシアンの高級リフを作りました。彼は、この正しいお酒のために卵白を泡立てるために、ドライシェイク、サンアイスを使用することを勧めています。

カフェマリアテレジア

ハプスブルク家の支配者にちなんで名付けられたこのウィーンのカフェハウスの特産品は、1つではなく2つの方法でオレンジを加えて、エスプレッソを香りのよい高さに上げます。コーヒーはオレンジリキュールのジガーになり、すりおろしたオレンジの皮の香りのよいフィニッシュは、厚いホイップクリームのトッピングを飾ります。

Arnaud&#8217sCaféBrûlotDiabolique

ニューオーリンズのArnaud&#8217sで提供される燃えるようなコーヒーカクテルの簡略版では、クローブ全体でスパイスを効かせた濃いブラックコーヒーを使用しています。

自家製アイリッシュクリーム

クリーム、ウイスキー、バニラ、コーヒーを加糖練乳と組み合わせると、店で購入したアイリッシュクリームの代わりに絹のように滑らかになります。コーヒーに加えたり、ケーキのフロスティングを甘くしたり、それだけで小さな氷の上で楽しんだりするのが大好きです。自家製アイリッシュクリームのレシピを入手»

アイリッシュコーヒー

バージニア州アレクサンドリアのレストランイブのシェフであるネイティブダブリンのカハルアームストロングは、このピックアップでレッドブレストまたはパディーアイリッシュウイスキーを使用することをお勧めします。これは、コーヒー、ウイスキー、ブラウンシュガー、ソフトピークホイップのクラシックでシンプルな組み合わせです。クリーム。アイリッシュコーヒーのレシピを入手»

カフェコレット

Patrick Poelvoordeは、サンフランシスコのパークタバーンで、フェルネットブランカ(エスプレッソやダークチョコレートなどの他の強い味に耐えることができるボリュームのあるアルコールキックのアマーロ)をフィーチャーした目を見張るようなコーヒーカクテルを提供しています。

コーヒーカクテルレシピ

コーリーボールドウィン

ブランチでは、コーヒーを飲むか、犬の小さな毛を食べるかを決めることができない場合があります。良いニュースは、選ぶ必要がないことです。ブランチは、コーヒー(またはコーヒーリキュール)をカクテルに直接入れるための完璧な言い訳です。クラシックなアイリッシュコーヒーやホワイトロシアンからトロピカルなカルーアスパイクドリンクまで、お気に入りのコーヒーカクテルレシピをまとめました。

あなたの一日の飼いならされたスタートのために、少し酒をスパイクしたコーヒーベースの飲み物と一緒に行きましょう。クラシックなアイリッシュコーヒーは、ほとんどが濃厚なホットコーヒーです。アイリッシュウイスキーと少量の砂糖を加え、新鮮なホイップクリームをトッピングします。 CaféMariaTheresiaは、オレンジ色のリキュールのショットで一杯のコーヒーをスパイクすることによって作られたウィーンのコーヒーハウスで人気のある飲み物です。ニューオーリンズのArnaud&#8217sでは、オレンジキュラソー、ブランデー、クローブ、シナモンを添えたCaféBrûlotDiaboliqueと呼ばれる燃えるようなコーヒードリンクを提供しています。

映画「ビッグリボウスキ」のファンは、ホワイトロシア語の紹介を必要としません。映画は、生クリーム、ウォッカ、コーヒーリキュールで作られたこのカクテルを普及させました。基本的なレシピはさまざまです。ホワイトヌンはウォッカをブランデーに置き換えてコーヒーシロップを追加し、プチカフェはウォッカを草本の緑のシャルトリューズに置き換えて特に複雑なシッパーを作りました。

コーヒーのフレーバーは、クリーミーな飲み物だけのものではありません。 Li Hing Mui Margaritaは、カルーアを熱帯地方に連れて行き、ウォッカとサワーミックスと混ぜ合わせます。

コーヒーカクテルのコレクションで、これらすべての飲み物などを見つけてください。

安息日

このカクテルの名前は、ホワイトロシアンとタイのアイスコーヒーのクロスで、映画「ビッグリボウスキ」のジョングッドマンのキャラクターに冗談を言っています。

白ロシア語

この滑らかで甘いヴィンテージカクテルは、ウォッカとコーヒーのリキュールのお酒のクリームベースのバリエーションで、&#821740年代後半にブラックロシアンとして知られるようになりました。 1998年のカルトクラシックであるビッグリボウスキの人気が白ロシア人に復活したことを認める人もいます。ビッグリボウスキでは、主人公の「デュード」が他にほとんど消費していません。

Dulce y Salado

ワシントンD.C.のシェリー中心のバーMockingbirdHillのバーテンダーChantalTsengは、ホワイトロシアンにこの豊かなひねりを加えたシェリー酒とピーナッツラム酒のリキュールを使用しています。

プチカフェ

ホワイトロシアンコーヒーとアイリッシュコーヒーのほぼクロスであるサンフランシスコのエリクサーのH.ジョセフエーマンは、2006年のシャルトリューズカクテルコンペティションのために、強力なグリーンシャルトリューズを特徴とするこのカクテルを作成しました。

オザークスピードボール

オレゴン州ポートランドのハウススピリッツでは、このホワイトロシア語の解釈でウォッカの代わりにホワイトウイスキーが使用されています。飲み物の上にオレンジオイルを一滴垂らすと、柑橘系の香りがします。

白い尼僧

ホワイトロシアンのこのホットバージョンでは、サンフランシスコのバーテンダーであるIsaac Shumway&#8217s Tosca Cafeがウォッカを捨て、ブランデーとコーヒーリキュールをホットコーヒーとクリームの混合物と混ぜ、カプチーノのような泡立てたクリームの王冠をトッピングします。白尼僧のレシピを入手»

エスプレッソマティーニ

ウォッカ、コーヒー、コーヒーリキュール、クリームがこのカクテルでバニラリキュールと混合されています。このカクテルは、クラシックなエスプレッソマティーニとホワイトロシアンの間のどこかにあります。

ビッグリボウスキの特製ドリンクのこのオードでは、ニューヨーク市のウォールフラワーのバーテンダーであるザビエルヘリットが、ウォッカとコーヒーリキュールの代わりにコニャック、ポート、本物のコーヒーを使ってホワイトロシアンの高級リフを作りました。彼は、この正しいお酒のために卵白を泡立てるために、ドライシェイク、サンアイスを使用することを勧めています。

カフェマリアテレジア

ハプスブルク家の支配者にちなんで名付けられたこのウィーンのカフェハウスの特産品は、1つではなく2つの方法でオレンジを加えて、エスプレッソを香りのよい高さに上げます。コーヒーはオレンジリキュールのジガーになり、すりおろしたオレンジの皮の香りのよいフィニッシュは、厚いホイップクリームのトッピングを飾ります。

Arnaud&#8217sCaféBrûlotDiabolique

ニューオーリンズのArnaud&#8217sで提供される燃えるようなコーヒーカクテルの簡略版では、クローブ全体でスパイスを効かせた濃いブラックコーヒーを使用しています。

自家製アイリッシュクリーム

クリーム、ウイスキー、バニラ、コーヒーを加糖練乳と組み合わせると、店で購入したアイリッシュクリームの代わりに絹のように滑らかになります。コーヒーに加えたり、ケーキのフロスティングを甘くしたり、それだけで小さな氷の上で楽しんだりするのが大好きです。自家製アイリッシュクリームのレシピを入手»

アイリッシュコーヒー

バージニア州アレクサンドリアのレストランイブのシェフであるネイティブダブリンのカハルアームストロングは、このピックアップでレッドブレストまたはパディーアイリッシュウイスキーを使用することをお勧めします。これは、コーヒー、ウイスキー、ブラウンシュガー、ソフトピークホイップのクラシックでシンプルな組み合わせです。クリーム。アイリッシュコーヒーのレシピを入手»

カフェコレット

Patrick Poelvoordeは、サンフランシスコのPark Tavernで、フェルネットブランカ(エスプレッソやダークチョコレートなどの他の強い味に耐えることができるボリュームのあるアルコールキックのアマーロ)をフィーチャーした目を見張るようなコーヒーカクテルを提供しています。

コーヒーカクテルレシピ

コーリーボールドウィン

ブランチでは、コーヒーを飲むか、犬の小さな毛を食べるかを決めることができない場合があります。良いニュースは、選ぶ必要がないことです。ブランチは、コーヒー(またはコーヒーリキュール)をカクテルに直接入れるための完璧な言い訳です。クラシックなアイリッシュコーヒーやホワイトロシアンからトロピカルなカルーアスパイクドリンクまで、お気に入りのコーヒーカクテルレシピをまとめました。

あなたの一日の飼いならされたスタートのために、少し酒をスパイクしたコーヒーベースの飲み物と一緒に行きましょう。クラシックなアイリッシュコーヒーは、ほとんどが濃厚なホットコーヒーです。アイリッシュウイスキーと少量の砂糖を加え、新鮮なホイップクリームをトッピングします。 CaféMariaTheresiaは、オレンジ色のリキュールのショットで一杯のコーヒーをスパイクすることによって作られたウィーンのコーヒーハウスで人気のある飲み物です。ニューオーリンズのArnaud&#8217sでは、オレンジキュラソー、ブランデー、クローブ、シナモンを添えたCaféBrûlotDiaboliqueと呼ばれる燃えるようなコーヒードリンクを提供しています。

映画「ビッグリボウスキ」のファンは、ホワイトロシア語の紹介を必要としません。映画は、生クリーム、ウォッカ、コーヒーリキュールで作られたこのカクテルを普及させました。基本的なレシピはさまざまです。ホワイトヌンはウォッカをブランデーに置き換えてコーヒーシロップを追加し、プチカフェはウォッカを草本の緑のシャルトリューズに置き換えて特に複雑なシッパーを作りました。

コーヒーのフレーバーは、クリーミーな飲み物だけのものではありません。 Li Hing Mui Margaritaは、カルーアを熱帯地方に連れて行き、ウォッカとサワーミックスと混ぜ合わせます。

コーヒーカクテルのコレクションで、これらすべての飲み物などを見つけてください。

安息日

このカクテルの名前は、ホワイトロシアンとタイのアイスコーヒーのクロスで、映画「ビッグリボウスキ」のジョングッドマンのキャラクターに冗談を言っています。

白ロシア語

この滑らかで甘いヴィンテージカクテルは、ウォッカとコーヒーのリキュールのお酒のクリームベースのバリエーションで、&#821740年代後半にブラックロシアンとして知られるようになりました。 1998年のカルトクラシックであるビッグリボウスキの人気が白ロシア人に復活したことを認める人もいます。ビッグリボウスキでは、主人公の「デュード」は他にほとんど消費していません。

Dulce y Salado

ワシントンD.C.のシェリー中心のバーMockingbirdHillのバーテンダーChantalTsengは、ホワイトロシアンにこの豊かなひねりを加えたシェリー酒とピーナッツラム酒のリキュールを使用しています。

プチカフェ

ホワイトロシアンコーヒーとアイリッシュコーヒーのほぼクロスであるサンフランシスコのエリクサーのH.ジョセフエーマンは、2006年のシャルトリューズカクテルコンペティションのために、強力なグリーンシャルトリューズを特徴とするこのカクテルを作成しました。

オザークスピードボール

オレゴン州ポートランドのハウススピリッツでは、このホワイトロシア語の解釈でウォッカの代わりにホワイトウイスキーが使用されています。飲み物の上にオレンジオイルを一滴垂らすと、柑橘系の香りがします。

白い尼僧

ホワイトロシアンのこのホットバージョンでは、サンフランシスコのバーテンダーであるIsaac Shumway&#8217s Tosca Cafeがウォッカを捨て、ブランデーとコーヒーリキュールをホットコーヒーとクリームの混合物と混ぜ合わせ、カプチーノのような泡立てたクリームの王冠をトッピングします。白尼僧のレシピを入手»

エスプレッソマティーニ

ウォッカ、コーヒー、コーヒーリキュール、クリームがこのカクテルでバニラリキュールと混合されています。このカクテルは、クラシックなエスプレッソマティーニとホワイトロシアンの間のどこかにあります。

ビッグリボウスキの特製ドリンクのこのオードでは、ニューヨーク市のウォールフラワーのバーテンダーであるザビエルヘリットが、ウォッカとコーヒーリキュールの代わりにコニャック、ポート、本物のコーヒーを使ってホワイトロシアンの高級リフを作りました。彼は、この正しいお酒のために卵白を泡立てるために、ドライシェイク、サンアイスを使用することを勧めています。

カフェマリアテレジア

ハプスブルク家の支配者にちなんで名付けられたこのウィーンのカフェハウスの特産品は、1つではなく2つの方法でオレンジを加えて、エスプレッソを香りのよい高さに上げます。コーヒーはオレンジリキュールのジガーになり、すりおろしたオレンジの皮の香りのよいフィニッシュは、厚いホイップクリームのトッピングを飾ります。

Arnaud&#8217sCaféBrûlotDiabolique

ニューオーリンズのArnaud&#8217sで提供される燃えるようなコーヒーカクテルの簡略版では、クローブ全体でスパイスを効かせた濃いブラックコーヒーを使用しています。

自家製アイリッシュクリーム

クリーム、ウイスキー、バニラ、コーヒーを加糖練乳と組み合わせると、店で購入したアイリッシュクリームの代わりに絹のように滑らかになります。コーヒーに加えたり、ケーキのフロスティングを甘くしたり、それだけで小さな氷の上で楽しんだりするのが大好きです。自家製アイリッシュクリームのレシピを入手»

アイリッシュコーヒー

バージニア州アレクサンドリアのレストランイブのシェフであるネイティブダブリンのカハルアームストロングは、このピックアップでレッドブレストまたはパディーアイリッシュウイスキーを使用することをお勧めします。これは、コーヒー、ウイスキー、ブラウンシュガー、ソフトピークホイップのクラシックでシンプルな組み合わせです。クリーム。アイリッシュコーヒーのレシピを入手»

カフェコレット

Patrick Poelvoordeは、サンフランシスコのPark Tavernで、フェルネットブランカ(エスプレッソやダークチョコレートなどの他の強い味に耐えることができるボリュームのあるアルコールキックのアマーロ)をフィーチャーした目を見張るようなコーヒーカクテルを提供しています。

コーヒーカクテルレシピ

コーリーボールドウィン

ブランチでは、コーヒーを飲むか、犬の小さな毛を食べるかを決めることができない場合があります。良いニュースは、選ぶ必要がないことです。ブランチは、コーヒー(またはコーヒーリキュール)をカクテルに直接入れるための完璧な言い訳です。クラシックなアイリッシュコーヒーやホワイトロシアンからトロピカルなカルーアスパイクドリンクまで、お気に入りのコーヒーカクテルレシピをまとめました。

あなたの一日の飼いならされたスタートのために、少し酒をスパイクしたコーヒーベースの飲み物と一緒に行きましょう。クラシックなアイリッシュコーヒーは、ほとんどが濃厚なホットコーヒーです。アイリッシュウイスキーと少量の砂糖を加え、新鮮なホイップクリームをトッピングします。 CaféMariaTheresiaは、オレンジ色のリキュールのショットで一杯のコーヒーをスパイクすることによって作られたウィーンのコーヒーハウスで人気のある飲み物です。ニューオーリンズのArnaud&#8217sでは、オレンジキュラソー、ブランデー、クローブ、シナモンを添えたCaféBrûlotDiaboliqueと呼ばれる燃えるようなコーヒードリンクを提供しています。

映画「ビッグリボウスキ」のファンは、ホワイトロシア語の紹介を必要としません。映画は、生クリーム、ウォッカ、コーヒーリキュールで作られたこのカクテルを普及させました。基本的なレシピはさまざまです。ホワイトヌンはウォッカをブランデーに置き換えてコーヒーシロップを追加し、プチカフェはウォッカを草本の緑のシャルトリューズに置き換えて特に複雑なシッパーを作りました。

コーヒーのフレーバーは、クリーミーな飲み物だけのものではありません。 Li Hing Mui Margaritaは、カルーアを熱帯地方に連れて行き、ウォッカとサワーミックスと混ぜ合わせます。

コーヒーカクテルのコレクションで、これらすべての飲み物などを見つけてください。

安息日

このカクテルの名前は、ホワイトロシアンとタイのアイスコーヒーのクロスで、映画「ビッグリボウスキ」のジョングッドマンのキャラクターに冗談を言っています。

白ロシア語

この滑らかで甘いヴィンテージカクテルは、ウォッカとコーヒーのリキュールのお酒のクリームベースのバリエーションで、&#821740年代後半にブラックロシアンとして知られるようになりました。 1998年のカルトクラシックであるビッグリボウスキの人気が白ロシア人に復活したことを認める人もいます。ビッグリボウスキでは、主人公の「デュード」が他にほとんど消費していません。

Dulce y Salado

ワシントンD.C.のシェリー中心のバーMockingbirdHillのバーテンダーChantalTsengは、ホワイトロシアンにこの豊かなひねりを加えたシェリー酒とピーナッツラム酒のリキュールを使用しています。

プチカフェ

ホワイトロシアンコーヒーとアイリッシュコーヒーのほぼクロスであるサンフランシスコのエリクサーのH.ジョセフエーマンは、2006年のシャルトリューズカクテルコンペティションのために、強力なグリーンシャルトリューズを特徴とするこのカクテルを作成しました。

オザークスピードボール

オレゴン州ポートランドのハウススピリッツでは、このホワイトロシア語の解釈でウォッカの代わりにホワイトウイスキーが使用されています。飲み物の上にオレンジオイルを一滴垂らすと、柑橘系の香りがします。

白い尼僧

ホワイトロシアンのこのホットバージョンでは、サンフランシスコのバーテンダーであるIsaac Shumway&#8217s Tosca Cafeがウォッカを捨て、ブランデーとコーヒーリキュールをホットコーヒーとクリームの混合物と混ぜ、カプチーノのような泡立てたクリームの王冠をトッピングします。白尼僧のレシピを入手»

エスプレッソマティーニ

ウォッカ、コーヒー、コーヒーリキュール、クリームがこのカクテルでバニラリキュールと混合されています。このカクテルは、クラシックなエスプレッソマティーニとホワイトロシアンの間のどこかにあります。

ビッグリボウスキの特製ドリンクのこのオードでは、ニューヨーク市のウォールフラワーのバーテンダーであるザビエルヘリットが、ウォッカとコーヒーリキュールの代わりにコニャック、ポート、本物のコーヒーを使ってホワイトロシアンの高級リフを作りました。彼は、この正しいお酒のために卵白を泡立てるために、ドライシェイク、サンアイスを使用することを勧めています。

カフェマリアテレジア

ハプスブルク家の支配者にちなんで名付けられたこのウィーンのカフェハウスの特産品は、1つではなく2つの方法でオレンジを加えて、エスプレッソを香りのよい高さに上げます。コーヒーはオレンジリキュールのジガーになり、すりおろしたオレンジの皮の香りのよいフィニッシュは、厚いホイップクリームのトッピングを飾ります。

Arnaud&#8217sCaféBrûlotDiabolique

ニューオーリンズのArnaud&#8217sで提供される燃えるようなコーヒーカクテルの簡略版では、クローブ全体でスパイスを効かせた濃いブラックコーヒーを使用しています。

自家製アイリッシュクリーム

クリーム、ウイスキー、バニラ、コーヒーを加糖練乳と組み合わせると、店で購入したアイリッシュクリームの代わりに絹のように滑らかになります。コーヒーに加えたり、ケーキのフロスティングを甘くしたり、それだけで小さな氷の上で楽しんだりするのが大好きです。自家製アイリッシュクリームのレシピを入手»

アイリッシュコーヒー

バージニア州アレクサンドリアのレストランイブのシェフであるネイティブダブリンのカハルアームストロングは、このピックアップでレッドブレストまたはパディーアイリッシュウイスキーを使用することをお勧めします。これは、コーヒー、ウイスキー、ブラウンシュガー、ソフトピークホイップのクラシックでシンプルな組み合わせです。クリーム。アイリッシュコーヒーのレシピを入手»

カフェコレット

Patrick Poelvoordeは、サンフランシスコのパークタバーンで、フェルネットブランカ(エスプレッソやダークチョコレートなどの他の強い味に耐えることができるボリュームのあるアルコールキックのアマーロ)をフィーチャーした目を見張るようなコーヒーカクテルを提供しています。

コーヒーカクテルレシピ

コーリーボールドウィン

ブランチでは、コーヒーを飲むか、犬の小さな毛を食べるかを決めることができない場合があります。良いニュースは、選ぶ必要がないことです。ブランチは、コーヒー(またはコーヒーリキュール)をカクテルに直接入れるための完璧な言い訳です。クラシックなアイリッシュコーヒーやホワイトロシアンからトロピカルなカルーアスパイクドリンクまで、お気に入りのコーヒーカクテルレシピをまとめました。

あなたの一日の飼いならされたスタートのために、少し酒をスパイクしたコーヒーベースの飲み物と一緒に行きましょう。クラシックなアイリッシュコーヒーは、ほとんどが濃厚なホットコーヒーです。アイリッシュウイスキーと少量の砂糖を加え、新鮮なホイップクリームをトッピングします。 CaféMariaTheresiaは、オレンジ色のリキュールのショットで一杯のコーヒーをスパイクすることによって作られたウィーンのコーヒーハウスで人気のある飲み物です。ニューオーリンズのArnaud&#8217sでは、オレンジキュラソー、ブランデー、クローブ、シナモンを添えたCaféBrûlotDiaboliqueと呼ばれる燃えるようなコーヒードリンクを提供しています。

映画「ビッグリボウスキ」のファンは、ホワイトロシア語の紹介を必要としません。映画は、生クリーム、ウォッカ、コーヒーリキュールで作られたこのカクテルを普及させました。基本的なレシピはさまざまです。ホワイトヌンはウォッカをブランデーに置き換えてコーヒーシロップを追加し、プチカフェはウォッカを草本の緑のシャルトリューズに置き換えて特に複雑なシッパーを作りました。

コーヒーのフレーバーは、クリーミーな飲み物だけのものではありません。 Li Hing Mui Margaritaは、カルーアを熱帯地方に連れて行き、ウォッカとサワーミックスと混ぜ合わせます。

コーヒーカクテルのコレクションで、これらすべての飲み物などを見つけてください。

安息日

このカクテルの名前は、ホワイトロシアンとタイのアイスコーヒーのクロスで、映画「ビッグリボウスキ」のジョングッドマンのキャラクターに冗談を言っています。

白ロシア語

この滑らかで甘いヴィンテージカクテルは、ウォッカとコーヒーのリキュールのお酒のクリームベースのバリエーションで、&#821740年代後半にブラックロシアンとして知られるようになりました。 1998年のカルトクラシックであるビッグリボウスキの人気が白ロシア人に復活したことを認める人もいます。ビッグリボウスキでは、主人公の「デュード」が他にほとんど消費していません。

Dulce y Salado

ワシントンD.C.のシェリー中心のバーMockingbirdHillのバーテンダーChantalTsengは、ホワイトロシアンにこの豊かなひねりを加えたシェリー酒とピーナッツラム酒のリキュールを使用しています。

プチカフェ

ホワイトロシアンコーヒーとアイリッシュコーヒーのほぼクロスであるサンフランシスコのエリクサーのH.ジョセフエーマンは、2006年のシャルトリューズカクテルコンペティションのために、強力なグリーンシャルトリューズを特徴とするこのカクテルを作成しました。

オザークスピードボール

オレゴン州ポートランドのハウススピリッツでは、このホワイトロシア語の解釈でウォッカの代わりにホワイトウイスキーが使用されています。飲み物の上にオレンジオイルを一滴垂らすと、柑橘系の香りがします。

白い尼僧

ホワイトロシアンのこのホットバージョンでは、サンフランシスコのバーテンダーであるIsaac Shumway&#8217s Tosca Cafeがウォッカを捨て、ブランデーとコーヒーリキュールをホットコーヒーとクリームの混合物と混ぜ合わせ、カプチーノのような泡立てたクリームの王冠をトッピングします。白尼僧のレシピを入手»

エスプレッソマティーニ

ウォッカ、コーヒー、コーヒーリキュール、クリームがこのカクテルでバニラリキュールと混合されています。このカクテルは、クラシックなエスプレッソマティーニとホワイトロシアンの間のどこかにあります。

ビッグリボウスキの特製ドリンクのこのオードでは、ニューヨーク市のウォールフラワーのバーテンダーであるザビエルヘリットが、ウォッカとコーヒーリキュールの代わりにコニャック、ポート、本物のコーヒーを使ってホワイトロシアンの高級リフを作りました。彼は、この正しいお酒のために卵白を泡立てるために、ドライシェイク、サンアイスを使用することを勧めています。

カフェマリアテレジア

ハプスブルク家の支配者にちなんで名付けられたこのウィーンのカフェハウスの特産品は、1つではなく2つの方法でオレンジを加えて、エスプレッソを香りのよい高さに上げます。コーヒーはオレンジリキュールのジガーになり、すりおろしたオレンジの皮の香りのよいフィニッシュは、厚いホイップクリームのトッピングを飾ります。

Arnaud&#8217sCaféBrûlotDiabolique

ニューオーリンズのArnaud&#8217sで提供される燃えるようなコーヒーカクテルの簡略版では、クローブ全体でスパイスを効かせた濃いブラックコーヒーを使用しています。

自家製アイリッシュクリーム

クリーム、ウイスキー、バニラ、コーヒーを加糖練乳と組み合わせると、店で購入したアイリッシュクリームの代わりに絹のように滑らかになります。コーヒーに加えたり、ケーキのフロスティングを甘くしたり、それだけで小さな氷の上で楽しんだりするのが大好きです。自家製アイリッシュクリームのレシピを入手»

アイリッシュコーヒー

バージニア州アレクサンドリアのレストランイブのシェフであるネイティブダブリンのカハルアームストロングは、このピックアップでレッドブレストまたはパディーアイリッシュウイスキーを使用することをお勧めします。これは、コーヒー、ウイスキー、ブラウンシュガー、ソフトピークホイップのクラシックでシンプルな組み合わせです。クリーム。アイリッシュコーヒーのレシピを入手»

カフェコレット

Patrick Poelvoordeは、サンフランシスコのPark Tavernで、フェルネットブランカ(エスプレッソやダークチョコレートなどの他の強い味に耐えることができるボリュームのあるアルコールキックのアマーロ)をフィーチャーした目を見張るようなコーヒーカクテルを提供しています。

コーヒーカクテルレシピ

コーリーボールドウィン

ブランチでは、コーヒーを飲むか、犬の小さな毛を食べるかを決めることができない場合があります。良いニュースは、選ぶ必要がないことです。ブランチは、コーヒー(またはコーヒーリキュール)をカクテルに直接入れるための完璧な言い訳です。クラシックなアイリッシュコーヒーやホワイトロシアンからトロピカルなカルーアスパイクドリンクまで、お気に入りのコーヒーカクテルレシピをまとめました。

あなたの一日の飼いならされたスタートのために、少し酒をスパイクしたコーヒーベースの飲み物と一緒に行きましょう。クラシックなアイリッシュコーヒーは、ほとんどが濃厚なホットコーヒーです。アイリッシュウイスキーと少量の砂糖を加え、新鮮なホイップクリームをトッピングします。 CaféMariaTheresiaは、オレンジ色のリキュールのショットで一杯のコーヒーをスパイクすることによって作られたウィーンのコーヒーハウスで人気のある飲み物です。ニューオーリンズのArnaud&#8217sでは、オレンジキュラソー、ブランデー、クローブ、シナモンを添えたCaféBrûlotDiaboliqueと呼ばれる燃えるようなコーヒードリンクを提供しています。

映画「ビッグリボウスキ」のファンは、ホワイトロシア語の紹介を必要としません。映画は、生クリーム、ウォッカ、コーヒーリキュールで作られたこのカクテルを普及させました。基本的なレシピはさまざまです。ホワイトヌンはウォッカをブランデーに置き換えてコーヒーシロップを追加し、プチカフェはウォッカを草本の緑のシャルトリューズに置き換えて特に複雑なシッパーを作りました。

コーヒーのフレーバーは、クリーミーな飲み物だけのものではありません。 Li Hing Mui Margaritaは、カルーアを熱帯地方に連れて行き、ウォッカとサワーミックスと混ぜ合わせます。

コーヒーカクテルのコレクションで、これらすべての飲み物などを見つけてください。

安息日

このカクテルの名前は、ホワイトロシアンとタイのアイスコーヒーのクロスで、映画「ビッグリボウスキ」のジョングッドマンのキャラクターに冗談を言っています。

白ロシア語

この滑らかで甘いヴィンテージカクテルは、ウォッカとコーヒーのリキュールのお酒のクリームベースのバリエーションで、&#821740年代後半にブラックロシアンとして知られるようになりました。 1998年のカルトクラシックであるビッグリボウスキの人気が白ロシア人に復活したことを認める人もいます。ビッグリボウスキでは、主人公の「デュード」は他にほとんど消費していません。

Dulce y Salado

ワシントンD.C.のシェリー中心のバーMockingbirdHillのバーテンダーChantalTsengは、ホワイトロシアンにこの豊かなひねりを加えたシェリー酒とピーナッツラム酒のリキュールを使用しています。

プチカフェ

ホワイトロシアンコーヒーとアイリッシュコーヒーのほぼクロスであるサンフランシスコのエリクサーのH.ジョセフエーマンは、2006年のシャルトリューズカクテルコンペティションのために、強力なグリーンシャルトリューズを特徴とするこのカクテルを作成しました。

オザークスピードボール

オレゴン州ポートランドのハウススピリッツでは、このホワイトロシア語の解釈でウォッカの代わりにホワイトウイスキーが使用されています。飲み物の上にオレンジオイルを一滴垂らすと、柑橘系の香りがします。

白い尼僧

ホワイトロシアンのこのホットバージョンでは、サンフランシスコのバーテンダーであるIsaac Shumway&#8217s Tosca Cafeがウォッカを捨て、ブランデーとコーヒーリキュールをホットコーヒーとクリームの混合物と混ぜ、カプチーノのような泡立てたクリームの王冠をトッピングします。白尼僧のレシピを入手»

エスプレッソマティーニ

ウォッカ、コーヒー、コーヒーリキュール、クリームがこのカクテルでバニラリキュールと混合されています。このカクテルは、クラシックなエスプレッソマティーニとホワイトロシアンの間のどこかにあります。

ビッグリボウスキの特製ドリンクのこのオードでは、ニューヨーク市のウォールフラワーのバーテンダーであるザビエルヘリットが、ウォッカとコーヒーリキュールの代わりにコニャック、ポート、本物のコーヒーを使ってホワイトロシアンの高級リフを作りました。彼は、この正しいお酒のために卵白を泡立てるために、ドライシェイク、サンアイスを使用することを勧めています。

カフェマリアテレジア

ハプスブルク家の支配者にちなんで名付けられたこのウィーンのカフェハウスの特産品は、1つではなく2つの方法でオレンジを加えて、エスプレッソを香りのよい高さに上げます。コーヒーはオレンジリキュールのジガーになり、すりおろしたオレンジの皮の香りのよいフィニッシュは、厚いホイップクリームのトッピングを飾ります。

Arnaud&#8217sCaféBrûlotDiabolique

ニューオーリンズのArnaud&#8217sで提供される燃えるようなコーヒーカクテルの簡略版では、クローブ全体でスパイスを効かせた濃いブラックコーヒーを使用しています。

自家製アイリッシュクリーム

クリーム、ウイスキー、バニラ、コーヒーを加糖練乳と組み合わせると、店で購入したアイリッシュクリームの代わりに絹のように滑らかになります。コーヒーに加えたり、ケーキのフロスティングを甘くしたり、それだけで小さな氷の上で楽しんだりするのが大好きです。自家製アイリッシュクリームのレシピを入手»

アイリッシュコーヒー

バージニア州アレクサンドリアのレストランイブのシェフであるネイティブダブリンのカハルアームストロングは、このピックアップでレッドブレストまたはパディーアイリッシュウイスキーを使用することをお勧めします。これは、コーヒー、ウイスキー、ブラウンシュガー、ソフトピークホイップのクラシックでシンプルな組み合わせです。クリーム。アイリッシュコーヒーのレシピを入手»

カフェコレット

Patrick Poelvoordeは、サンフランシスコのPark Tavernで、フェルネットブランカ(エスプレッソやダークチョコレートなどの他の強い味に耐えることができるボリュームのあるアルコールキックのアマーロ)をフィーチャーした目を見張るようなコーヒーカクテルを提供しています。

コーヒーカクテルレシピ

コーリーボールドウィン

ブランチでは、コーヒーを飲むか、犬の小さな毛を食べるかを決めることができない場合があります。良いニュースは、選ぶ必要がないことです。ブランチは、コーヒー(またはコーヒーリキュール)をカクテルに直接入れるための完璧な言い訳です。クラシックなアイリッシュコーヒーやホワイトロシアンからトロピカルなカルーアスパイクドリンクまで、お気に入りのコーヒーカクテルレシピをまとめました。

あなたの一日の飼いならされたスタートのために、少し酒をスパイクしたコーヒーベースの飲み物と一緒に行きましょう。クラシックなアイリッシュコーヒーは、ほとんどが濃厚なホットコーヒーです。アイリッシュウイスキーと少量の砂糖を加え、新鮮なホイップクリームをトッピングします。 CaféMariaTheresiaは、オレンジ色のリキュールのショットで一杯のコーヒーをスパイクすることによって作られたウィーンのコーヒーハウスで人気のある飲み物です。ニューオーリンズのArnaud&#8217sでは、オレンジキュラソー、ブランデー、クローブ、シナモンを添えたCaféBrûlotDiaboliqueと呼ばれる燃えるようなコーヒードリンクを提供しています。

映画「ビッグリボウスキ」のファンは、ホワイトロシア語の紹介を必要としません。 The movie popularized this cocktail made of heavy cream, vodka, and coffee liqueur. The basic recipe is open to variation. The White Nun replaces the vodka with brandy and adds a coffee syrup, while the Petit Café replaced the vodka with herbaceous green chartreuse for an especially complex sipper.

Coffee flavors aren’t just for creamy drinks. The Li Hing Mui Margarita takes Kahlua to the tropics, mixing it with vodka and sour mix.

Find all of these drinks and more in our collection of coffee cocktails.

The Sabbath

The name of this cocktail—a cross between a White Russian and a Thai iced coffee—is a joking nod to John Goodman’s character in the film the Big Lebowski.

白ロシア語

This smooth and sweet vintage cocktail is a cream-based variation on the vodka and coffee liqueur libation that became known as the Black Russian in the late 󈧬s. Some credit the White Russian’s resurgence in popularity to 1998 cult classic The Big Lebowski, in which the lead character “The Dude” consumes little else.

Dulce y Salado

Bartender Chantal Tseng of sherry-centric bar Mockingbird Hill in Washington D.C. uses sherry and peanut rum liqueur in this rich twist on the White Russian.

Petit Café

Almost a cross between a White Russian and an Irish coffee, H. Joseph Ehrmann of Elixir in San Francisco created this cocktail, which features potent green chartreuse, for the 2006 Chartreuse Cocktail Competition.

Ozark Speedball

At House Spirits in Portland, Oregon, white whiskey takes the place of vodka in this interpretation of the White Russian. Drops of orange oil on top of the drink lend it a citrusy aroma.

White Nun

For this hot version of the White Russian, bartender Isaac Shumway of San Francisco’s Tosca Cafe ditches the vodka, mixing brandy and coffee liqueur with a hot coffee-cream mixture, and topping with cappuccino-like crown of frothed cream. Get the recipe for White Nun »

エスプレッソマティーニ

Vodka, coffee, coffee liqueur, and cream are mixed with vanilla liqueur in this cocktail, which sits somewhere between a classic espresso martini and a White Russian.

The Dude

In this ode to The Big Lebowski’s signature drink, Xavier Herit, bartender at New York City’s Wallflower, concocted an upmarket riff on the White Russian with cognac, port, and real coffee in place of vodka and coffee liqueur. He advises using a dry shake, sans ice, to froth the egg white for this righteous libation.

Café Maria Theresia

This Viennese kaffeehaus specialty, named in honor of a Hapsburg ruler, raises espresso to fragrant heights with the addition of orange in not one but two ways. The coffee gets a jigger of orange liqueur, while a fragrant finish of grated orange zest crowns the thick whipped cream topping.

Arnaud’s Café Brûlot Diabolique

Our simplified version of the flaming coffee cocktail served at Arnaud’s in New Orleans uses strong black coffee spiced with whole cloves.

Homemade Irish Cream

Cream, whiskey, vanilla, and coffee combine with sweetened condensed milk for a silky-smooth alternative to store-bought Irish cream. We love it added to coffee, used to sweeten cake frosting, or just on its own, enjoyed over a little ice. Get the recipe for Homemade Irish Cream »

アイリッシュコーヒー

Native Dubliner Cathal Armstrong, chef of Restaurant Eve in Alexandria, Virginia, recommends using Red Breast or Paddy Irish whiskey in this pick-me-up that’s a classic, simple combination of coffee, whiskey, brown sugar, and soft-peaked whipped cream. Get the recipe for Irish Coffee »

Café Corretto

Patrick Poelvoorde offers an eye-opening coffee cocktail featuring Fernet-Branca—an amaro with a hearty alcohol kick that can stand up to other strong flavors like espresso and dark chocolate—at San Francisco’s Park Tavern.

Coffee Cocktail Recipes

Cory Baldwin

Sometimes at brunch you can’t decide whether you want a cup of coffee or a little hair of the dog. The good news is that you don’t have to pick—brunch is the perfect excuse to put coffee (or coffee liqueur) straight into your cocktail. From a classic Irish coffee and White Russian to a tropical Kahlua-spiked drink, we’ve rounded up our favorite coffee cocktail recipes.

For a tame start to your day, go with a coffee-based drink spiked with a little booze. A classic Irish coffee is mostly strong, hot coffee—it’s perked up with a shot of Irish whiskey and a little sugar and topped with fresh whipped cream. the Café Maria Theresia is a popular drink in Viennese coffee houses made by spiking a cup of coffee with a shot of orange liqueur. At Arnaud’s in New Orleans, they serve a flaming coffee drink called the Café Brûlot Diabolique with orange curacao, brandy, cloves, and cinnamon.

Fans of the film The Big Lebowski don’t need an introduction to the White Russian. The movie popularized this cocktail made of heavy cream, vodka, and coffee liqueur. The basic recipe is open to variation. The White Nun replaces the vodka with brandy and adds a coffee syrup, while the Petit Café replaced the vodka with herbaceous green chartreuse for an especially complex sipper.

Coffee flavors aren’t just for creamy drinks. The Li Hing Mui Margarita takes Kahlua to the tropics, mixing it with vodka and sour mix.

Find all of these drinks and more in our collection of coffee cocktails.

The Sabbath

The name of this cocktail—a cross between a White Russian and a Thai iced coffee—is a joking nod to John Goodman’s character in the film the Big Lebowski.

白ロシア語

This smooth and sweet vintage cocktail is a cream-based variation on the vodka and coffee liqueur libation that became known as the Black Russian in the late 󈧬s. Some credit the White Russian’s resurgence in popularity to 1998 cult classic The Big Lebowski, in which the lead character “The Dude” consumes little else.

Dulce y Salado

Bartender Chantal Tseng of sherry-centric bar Mockingbird Hill in Washington D.C. uses sherry and peanut rum liqueur in this rich twist on the White Russian.

Petit Café

Almost a cross between a White Russian and an Irish coffee, H. Joseph Ehrmann of Elixir in San Francisco created this cocktail, which features potent green chartreuse, for the 2006 Chartreuse Cocktail Competition.

Ozark Speedball

At House Spirits in Portland, Oregon, white whiskey takes the place of vodka in this interpretation of the White Russian. Drops of orange oil on top of the drink lend it a citrusy aroma.

White Nun

For this hot version of the White Russian, bartender Isaac Shumway of San Francisco’s Tosca Cafe ditches the vodka, mixing brandy and coffee liqueur with a hot coffee-cream mixture, and topping with cappuccino-like crown of frothed cream. Get the recipe for White Nun »

エスプレッソマティーニ

Vodka, coffee, coffee liqueur, and cream are mixed with vanilla liqueur in this cocktail, which sits somewhere between a classic espresso martini and a White Russian.

The Dude

In this ode to The Big Lebowski’s signature drink, Xavier Herit, bartender at New York City’s Wallflower, concocted an upmarket riff on the White Russian with cognac, port, and real coffee in place of vodka and coffee liqueur. He advises using a dry shake, sans ice, to froth the egg white for this righteous libation.

Café Maria Theresia

This Viennese kaffeehaus specialty, named in honor of a Hapsburg ruler, raises espresso to fragrant heights with the addition of orange in not one but two ways. The coffee gets a jigger of orange liqueur, while a fragrant finish of grated orange zest crowns the thick whipped cream topping.

Arnaud’s Café Brûlot Diabolique

Our simplified version of the flaming coffee cocktail served at Arnaud’s in New Orleans uses strong black coffee spiced with whole cloves.

Homemade Irish Cream

Cream, whiskey, vanilla, and coffee combine with sweetened condensed milk for a silky-smooth alternative to store-bought Irish cream. We love it added to coffee, used to sweeten cake frosting, or just on its own, enjoyed over a little ice. Get the recipe for Homemade Irish Cream »

アイリッシュコーヒー

Native Dubliner Cathal Armstrong, chef of Restaurant Eve in Alexandria, Virginia, recommends using Red Breast or Paddy Irish whiskey in this pick-me-up that’s a classic, simple combination of coffee, whiskey, brown sugar, and soft-peaked whipped cream. Get the recipe for Irish Coffee »

Café Corretto

Patrick Poelvoorde offers an eye-opening coffee cocktail featuring Fernet-Branca—an amaro with a hearty alcohol kick that can stand up to other strong flavors like espresso and dark chocolate—at San Francisco’s Park Tavern.

Coffee Cocktail Recipes

Cory Baldwin

Sometimes at brunch you can’t decide whether you want a cup of coffee or a little hair of the dog. The good news is that you don’t have to pick—brunch is the perfect excuse to put coffee (or coffee liqueur) straight into your cocktail. From a classic Irish coffee and White Russian to a tropical Kahlua-spiked drink, we’ve rounded up our favorite coffee cocktail recipes.

For a tame start to your day, go with a coffee-based drink spiked with a little booze. A classic Irish coffee is mostly strong, hot coffee—it’s perked up with a shot of Irish whiskey and a little sugar and topped with fresh whipped cream. the Café Maria Theresia is a popular drink in Viennese coffee houses made by spiking a cup of coffee with a shot of orange liqueur. At Arnaud’s in New Orleans, they serve a flaming coffee drink called the Café Brûlot Diabolique with orange curacao, brandy, cloves, and cinnamon.

Fans of the film The Big Lebowski don’t need an introduction to the White Russian. The movie popularized this cocktail made of heavy cream, vodka, and coffee liqueur. The basic recipe is open to variation. The White Nun replaces the vodka with brandy and adds a coffee syrup, while the Petit Café replaced the vodka with herbaceous green chartreuse for an especially complex sipper.

Coffee flavors aren’t just for creamy drinks. The Li Hing Mui Margarita takes Kahlua to the tropics, mixing it with vodka and sour mix.

Find all of these drinks and more in our collection of coffee cocktails.

The Sabbath

The name of this cocktail—a cross between a White Russian and a Thai iced coffee—is a joking nod to John Goodman’s character in the film the Big Lebowski.

白ロシア語

This smooth and sweet vintage cocktail is a cream-based variation on the vodka and coffee liqueur libation that became known as the Black Russian in the late 󈧬s. Some credit the White Russian’s resurgence in popularity to 1998 cult classic The Big Lebowski, in which the lead character “The Dude” consumes little else.

Dulce y Salado

Bartender Chantal Tseng of sherry-centric bar Mockingbird Hill in Washington D.C. uses sherry and peanut rum liqueur in this rich twist on the White Russian.

Petit Café

Almost a cross between a White Russian and an Irish coffee, H. Joseph Ehrmann of Elixir in San Francisco created this cocktail, which features potent green chartreuse, for the 2006 Chartreuse Cocktail Competition.

Ozark Speedball

At House Spirits in Portland, Oregon, white whiskey takes the place of vodka in this interpretation of the White Russian. Drops of orange oil on top of the drink lend it a citrusy aroma.

White Nun

For this hot version of the White Russian, bartender Isaac Shumway of San Francisco’s Tosca Cafe ditches the vodka, mixing brandy and coffee liqueur with a hot coffee-cream mixture, and topping with cappuccino-like crown of frothed cream. Get the recipe for White Nun »

エスプレッソマティーニ

Vodka, coffee, coffee liqueur, and cream are mixed with vanilla liqueur in this cocktail, which sits somewhere between a classic espresso martini and a White Russian.

The Dude

In this ode to The Big Lebowski’s signature drink, Xavier Herit, bartender at New York City’s Wallflower, concocted an upmarket riff on the White Russian with cognac, port, and real coffee in place of vodka and coffee liqueur. He advises using a dry shake, sans ice, to froth the egg white for this righteous libation.

Café Maria Theresia

This Viennese kaffeehaus specialty, named in honor of a Hapsburg ruler, raises espresso to fragrant heights with the addition of orange in not one but two ways. The coffee gets a jigger of orange liqueur, while a fragrant finish of grated orange zest crowns the thick whipped cream topping.

Arnaud’s Café Brûlot Diabolique

Our simplified version of the flaming coffee cocktail served at Arnaud’s in New Orleans uses strong black coffee spiced with whole cloves.

Homemade Irish Cream

Cream, whiskey, vanilla, and coffee combine with sweetened condensed milk for a silky-smooth alternative to store-bought Irish cream. We love it added to coffee, used to sweeten cake frosting, or just on its own, enjoyed over a little ice. Get the recipe for Homemade Irish Cream »

アイリッシュコーヒー

Native Dubliner Cathal Armstrong, chef of Restaurant Eve in Alexandria, Virginia, recommends using Red Breast or Paddy Irish whiskey in this pick-me-up that’s a classic, simple combination of coffee, whiskey, brown sugar, and soft-peaked whipped cream. Get the recipe for Irish Coffee »

Café Corretto

Patrick Poelvoorde offers an eye-opening coffee cocktail featuring Fernet-Branca—an amaro with a hearty alcohol kick that can stand up to other strong flavors like espresso and dark chocolate—at San Francisco’s Park Tavern.

Coffee Cocktail Recipes

Cory Baldwin

Sometimes at brunch you can’t decide whether you want a cup of coffee or a little hair of the dog. The good news is that you don’t have to pick—brunch is the perfect excuse to put coffee (or coffee liqueur) straight into your cocktail. From a classic Irish coffee and White Russian to a tropical Kahlua-spiked drink, we’ve rounded up our favorite coffee cocktail recipes.

For a tame start to your day, go with a coffee-based drink spiked with a little booze. A classic Irish coffee is mostly strong, hot coffee—it’s perked up with a shot of Irish whiskey and a little sugar and topped with fresh whipped cream. the Café Maria Theresia is a popular drink in Viennese coffee houses made by spiking a cup of coffee with a shot of orange liqueur. At Arnaud’s in New Orleans, they serve a flaming coffee drink called the Café Brûlot Diabolique with orange curacao, brandy, cloves, and cinnamon.

Fans of the film The Big Lebowski don’t need an introduction to the White Russian. The movie popularized this cocktail made of heavy cream, vodka, and coffee liqueur. The basic recipe is open to variation. The White Nun replaces the vodka with brandy and adds a coffee syrup, while the Petit Café replaced the vodka with herbaceous green chartreuse for an especially complex sipper.

Coffee flavors aren’t just for creamy drinks. The Li Hing Mui Margarita takes Kahlua to the tropics, mixing it with vodka and sour mix.

Find all of these drinks and more in our collection of coffee cocktails.

The Sabbath

The name of this cocktail—a cross between a White Russian and a Thai iced coffee—is a joking nod to John Goodman’s character in the film the Big Lebowski.

白ロシア語

This smooth and sweet vintage cocktail is a cream-based variation on the vodka and coffee liqueur libation that became known as the Black Russian in the late 󈧬s. Some credit the White Russian’s resurgence in popularity to 1998 cult classic The Big Lebowski, in which the lead character “The Dude” consumes little else.

Dulce y Salado

Bartender Chantal Tseng of sherry-centric bar Mockingbird Hill in Washington D.C. uses sherry and peanut rum liqueur in this rich twist on the White Russian.

Petit Café

Almost a cross between a White Russian and an Irish coffee, H. Joseph Ehrmann of Elixir in San Francisco created this cocktail, which features potent green chartreuse, for the 2006 Chartreuse Cocktail Competition.

Ozark Speedball

At House Spirits in Portland, Oregon, white whiskey takes the place of vodka in this interpretation of the White Russian. Drops of orange oil on top of the drink lend it a citrusy aroma.

White Nun

For this hot version of the White Russian, bartender Isaac Shumway of San Francisco’s Tosca Cafe ditches the vodka, mixing brandy and coffee liqueur with a hot coffee-cream mixture, and topping with cappuccino-like crown of frothed cream. Get the recipe for White Nun »

エスプレッソマティーニ

Vodka, coffee, coffee liqueur, and cream are mixed with vanilla liqueur in this cocktail, which sits somewhere between a classic espresso martini and a White Russian.

The Dude

In this ode to The Big Lebowski’s signature drink, Xavier Herit, bartender at New York City’s Wallflower, concocted an upmarket riff on the White Russian with cognac, port, and real coffee in place of vodka and coffee liqueur. He advises using a dry shake, sans ice, to froth the egg white for this righteous libation.

Café Maria Theresia

This Viennese kaffeehaus specialty, named in honor of a Hapsburg ruler, raises espresso to fragrant heights with the addition of orange in not one but two ways. The coffee gets a jigger of orange liqueur, while a fragrant finish of grated orange zest crowns the thick whipped cream topping.

Arnaud’s Café Brûlot Diabolique

Our simplified version of the flaming coffee cocktail served at Arnaud’s in New Orleans uses strong black coffee spiced with whole cloves.

Homemade Irish Cream

Cream, whiskey, vanilla, and coffee combine with sweetened condensed milk for a silky-smooth alternative to store-bought Irish cream. We love it added to coffee, used to sweeten cake frosting, or just on its own, enjoyed over a little ice. Get the recipe for Homemade Irish Cream »

アイリッシュコーヒー

Native Dubliner Cathal Armstrong, chef of Restaurant Eve in Alexandria, Virginia, recommends using Red Breast or Paddy Irish whiskey in this pick-me-up that’s a classic, simple combination of coffee, whiskey, brown sugar, and soft-peaked whipped cream. Get the recipe for Irish Coffee »

Café Corretto

Patrick Poelvoorde offers an eye-opening coffee cocktail featuring Fernet-Branca—an amaro with a hearty alcohol kick that can stand up to other strong flavors like espresso and dark chocolate—at San Francisco’s Park Tavern.


ビデオを見る: HOW TO MAKE ICED COFFEE QUICK AND EASY RECIPE (かもしれません 2022).