伝統的なレシピ

邪魔なビデオは、高校生のカフェテリアの朝食からクモが這い出していることを示しています

邪魔なビデオは、高校生のカフェテリアの朝食からクモが這い出していることを示しています

学生は彼らも彼のシリアルにいたと言います

abdessamad ghayour / callum redgrave-close / istockphoto.com

オクラホマ高校の生徒は、フードサービスのバナナをはがしたとき、交渉した以上のものを手に入れました。タルサのNBC系列局は、マスコギー高校2年生のガトランモリスが3月13日火曜日、クモ類が這っているのを見つけたときにバナナの皮をむいていたと報告しています。彼のクラスメートであるクリステンオリバーは、カメラで恐ろしいシーンをキャプチャし、Snapchatにアップロードしました。

「私はびっくりしました。 「トレイを見回すと、クモの群れが見えました。シリアルを見ると、シリアルの中にありました。だから私はクモを消化しました。」

食堂の労働者の注意を引いたとき、彼女は学生に別のトレイを提供しただけだったと言われていますが、彼は食糧供給にもっとバグがあるとの推測でそれを拒否しました。

事件を受けて、外食産業局長のキム・ホール氏はKJRHに、「バナナを受け取った青年が食堂の店長に持って行って、何度か謝罪した。これは孤立した事件だった。農産物だ。残念ながら、私は母なる自然をコントロールすることはできません。」

デイリーミールは、さらなるコメントを求めてマスコギー高校に連絡を取りました。

蜘蛛が家を作ったのはこれが初めてではありません。 2015年、女性はウォルマートで購入したブドウから黒い未亡人が這い出しているのを見つけたと主張し、2016年には、ドイツのLidlスーパーマーケットでバナナのパッケージから非常に致命的なブラジルのクモが見つかりました。

蜘蛛はたんぱく質の良い供給源であるかもしれないし、そうでないかもしれませんが、代わりにこれらの健康的な朝食用食品を食べたいと思うかもしれません。


カテゴリ:食品

1日に2回、歯磨き粉のチューブと私は戦います。薬棚からチューブを取り出して、残りが少ししかないことに気付くと、「もう私から出てこない!」と言っているように笑っているのが見えます。 。私はそれを一方の端からもう一方の端まで平らにし(ここではヘアブラシをお勧めします)、ペーストの最後のビットをすべて上部に集めて、発射する準備をします。それから私はキャップを外して狂ったように絞る。それは手にとって良いトレーニングであり、歯磨き粉の寿命を延ばすための無意識の挑戦です。

歯磨き粉と言えば、今日の私のトピックはここにあります。これは本当に良い雑学クイズです。ロアルドダールの名作、&#8220チャーリーとチョコレートファクトリー&#8221では、チャーリーのお父さんは生計を立てるために何をしましたか? 彼はキャップを歯磨き粉のチューブにねじ込みました&#8230 彼のために仕事をするために機械が発明される前に。 (彼も最初の段落の前に亡くなり、物語の一部ではなかったので、少し奇妙なことを覚えています。しかし、私は逸脱します。)

早く、歯磨き粉で最初に思いつく成分に名前を付けてください。フッ化物?悪い推測ではありませんが、フッ化物が歯磨き粉の10分の1パーセントしか占めていないことをご存知ですか?それは指先のピン刺しのようなものです。フッ化物は強力です、私の友人。健康的なエナメル質に適していますが、ほんの少しの用量でのみです。それらの化学物質を近づけてください。ただし、近すぎないようにしてください。

あなたの最初の材料でした 界面活性剤?界面活性剤は基本的に「発泡剤」であり、口の内側にペーストを分散させるのに役立ち、より良い洗浄につながります。界面活性剤は、テレビコマーシャルで見られる、浴槽の表面の周りを渦巻くアニメーションのスクラビングバブルを思い出させます。シャンプーやコンディショナーにもあります。界面活性剤がないと、頭の毛のほとんどがきれいになり、コンディショニングされますが、他の毛は高く乾燥したままになります。

どうですか 香料 &#8211ご存知ですか、ペパーミント、スピアミント、ウィンターグリーン、またはシナモン?香料が歯磨き粉で最初に考えた成分である場合は、直接刑務所に行きます(つまり、GOに合格せず、200ドルを集めないでください)。香料はあなたの歯のためにジルチをします。彼らはただブラッシングをより楽しい経験にし、あなたが終わったときにあなたがより新鮮な口を持っているとあなたを騙します。ガムを噛んだほうがいいでしょう。シュガーレスの種類、つまり。

さて、追いかけましょう。練り歯磨きの主成分は 研磨剤(そしてこれがあなたの答えだった場合、あなたは無料の歯科用ドリルを獲得します)。研磨剤は、練り歯磨きチューブ内の50%を占めています。それらは、歯垢の除去を助けるように設計されています(そのフレーズを覚えておいてください)。研磨剤を含んだ歯磨き粉を液体サンドペーパーと考えてください。研磨剤は、歯磨き粉を飲みたくない理由です。また、ブラシを強くしすぎないでください。十分な圧力があれば、これらの悪い男の子はあなたのエナメル質を喜んで取り除きます。

さらに多くの歯磨き粉の成分(抗菌剤、ホワイトナー、再石灰化剤など)をリストすることもできますが、同意しましょう。チューブ内で大規模で多様なパーティーが開催されています。さて、悪い知らせです。 歯磨き粉は歯垢の減少に大きな影響を与えません&#8211 そう特定の臨床研究は言います。そのため、研磨剤は「除去に役立つように設計されている」と説明されています。それは、歯科医との次の約束まで、物事をチェックしているだけだという卑劣な言い方です。申し訳ありませんが(チャーリー)、あなたの衛生士がとても楽しんで使っている厄介な電動工具に取って代わることができるブラッシングの量はありません。

歯磨き粉の成分についての私のすべての話のために、私が使用するブランドは非常に少ないです。アースペースト(&#8220驚くほど効果的!&#8221)には、フッ化物、発泡剤、風味がほとんどありません。実際、アースペーストには、水、粘土、塩、エッセンシャルオイルの4つの成分しかありません。泥でブラッシングするようなものです。待って、それは泥でブラッシングしています!化学薬品なしで同じように効果的です(微妙なプラグ)。あなたはAmazonでそれを見つけるでしょう。

したがって、歯磨き粉についてのこのすべての話は重要かもしれませんが、チューブからすべての最後のビットを取り出すことも重要です。そして、ついにその戦いの解決策があるかもしれません。マサチューセッツ工科大学(MIT)の非常にスマートな覗き見は、LiquiGlideと呼ばれる食用製品を開発しました。それは目に見えません(それは大丈夫です、少し邪魔です)、そしてそれは中身がなるように容器の内側をコーティングするように設計されています 完全に空 引力だけで。想像できますか?平らにしたり、絞ったり、手でトレーニングしたりする必要はもうありません。チューブをひっくり返すだけで、製品の100%が注ぎ出されます。私のようなお金を稼ぐ価値のある人々は静かに喜んでいます。

LiquiGlideの証拠はプリン、えーとケチャップにあります。ボトルを叩いたり振ったりする必要はもうありません。これ以上&#8220An-ti-ci-pay-yay-tion&#8221(1970年代のハインツジングルを覚えている人のために)。私たちの将来のケチャップボトルと歯磨き粉のチューブは、ごみ箱に向かうまでに透明&#8211と空&#8211になります。

残念ながら、LiquiGlideのメリットを体験したい場合は、アースペーストをあきらめてヨーロッパに移動する必要があります。 (同社は北米で製品を販売する当面の計画はありません)。それは起こらないので、さらに通知があるまで、あなたは私の歯磨き粉のチューブとの戦いをしているバスルームで私を見つけるでしょう。歯をきれいにすることはそれほど重要ではありません。それは私のお金の価値を得ることについてです。

CNN.comの記事、&#8220MITがケチャップを注ぐのにどのように役立つか&#8221、CNN.comの記事、&#8220Colgateの新しい歯磨き粉チューブ&#8230&#8221、および ウィキペディア 、&​​#8220無料の百科事典&#8221。


カテゴリ:食品

1日に2回、歯磨き粉のチューブと私は戦います。薬棚からチューブを取り出して、そこにほんの少ししか残っていないことに気付くと、「あなたはもう私から出てこない!」と言っているかのように笑っているのが見えます。 。私はそれを一方の端からもう一方の端まで平らにし(ここではヘアブラシをお勧めします)、ペーストの最後のビットをすべて上部に集めて、発射する準備をします。それから私はキャップを外して狂ったように絞る。それは手にとって良いトレーニングであり、歯磨き粉の寿命を延ばすための無意識の挑戦です。

歯磨き粉と言えば、今日の私のトピックはここにあります。これは本当に良い雑学クイズです。ロアルドダールの名作、&#8220チャーリーとチョコレートファクトリー&#8221では、チャーリーのお父さんは生計を立てるために何をしましたか? 彼はキャップを歯磨き粉のチューブにねじ込みました&#8230 彼のために仕事をするために機械が発明される前に。 (彼も最初の段落の前に亡くなり、物語の一部ではなかったので、少し奇妙なことを覚えています。しかし、私は逸脱します。)

早く、歯磨き粉で最初に思いつく成分に名前を付けてください。フッ化物?悪い推測ではありませんが、フッ化物が歯磨き粉の10分の1パーセントしか占めていないことをご存知ですか?それは指先のピン刺しのようなものです。フッ化物は強力です、私の友人。健康的なエナメル質に適していますが、ほんの少しの用量でのみです。それらの化学物質を近づけてください。ただし、近すぎないようにしてください。

あなたの最初の材料でした 界面活性剤?界面活性剤は基本的に「発泡剤」であり、口の内側にペーストを分散させるのに役立ち、より良い洗浄につながります。界面活性剤は、テレビコマーシャルで見られる、浴槽の表面の周りを渦巻くアニメーションのスクラビングバブルを思い出させます。シャンプーやコンディショナーにもあります。界面活性剤がないと、頭の毛のほとんどがきれいになり、コンディショニングされますが、他の毛は高く乾燥したままになります。

どうですか 香料 &#8211ご存知ですか、ペパーミント、スピアミント、ウィンターグリーン、またはシナモン?香料が歯磨き粉で最初に考えた成分である場合は、直接刑務所に行きます(つまり、GOに合格せず、200ドルを集めないでください)。香料はあなたの歯のためにジルチをします。彼らはただブラッシングをより楽しい経験にし、あなたが終わったときにあなたがより新鮮な口を持っているとあなたを騙します。ガムを噛んだほうがいいでしょう。シュガーレスの種類、つまり。

さて、追いかけましょう。練り歯磨きの主成分は 研磨剤(そしてこれがあなたの答えだった場合、あなたは無料の歯科用ドリルを獲得します)。研磨剤は、練り歯磨きチューブ内の50%を占めています。それらは、歯垢の除去を助けるように設計されています(そのフレーズを覚えておいてください)。研磨剤を含んだ歯磨き粉を液体サンドペーパーと考えてください。研磨剤は、歯磨き粉を飲みたくない理由です。また、ブラシを強くしすぎないでください。十分な圧力があれば、これらの悪い男の子はあなたのエナメル質を喜んで取り除きます。

さらに多くの歯磨き粉の成分(抗菌剤、ホワイトナー、再石灰化剤など)をリストすることもできますが、同意しましょう。チューブ内で大規模で多様なパーティーが開催されています。さて、悪い知らせです。 歯磨き粉は歯垢の減少に大きな影響を与えません&#8211 そう特定の臨床研究は言います。そのため、研磨剤は「除去に役立つように設計されている」と説明されています。それは、歯科医との次の約束まで、物事をチェックしているだけだという卑劣な言い方です。申し訳ありませんが(チャーリー)、あなたの衛生士がとても楽しんで使っている厄介な電動工具に取って代わることができるブラッシングの量はありません。

歯磨き粉の成分についての私のすべての話のために、私が使用するブランドは非常に少ないです。アースペースト(&#8220驚くほど効果的!&#8221)には、フッ化物、発泡剤、風味がほとんどありません。実際、アースペーストには、水、粘土、塩、エッセンシャルオイルの4つの成分しかありません。泥でブラッシングするようなものです。待って、それは泥でブラッシングしています!化学薬品なしで同じように効果的です(微妙なプラグ)。あなたはAmazonでそれを見つけるでしょう。

したがって、歯磨き粉についてのこのすべての話は重要かもしれませんが、チューブからすべての最後のビットを取り出すことも重要です。そして、ついにその戦いの解決策があるかもしれません。マサチューセッツ工科大学(MIT)の非常にスマートな覗き見は、LiquiGlideと呼ばれる食用製品を開発しました。それは目に見えません(それは大丈夫です、少し邪魔です)、そしてそれは中身がなるように容器の内側をコーティングするように設計されています 完全に空 引力だけで。想像できますか?平らにしたり、絞ったり、手でトレーニングしたりする必要はもうありません。チューブをひっくり返すだけで、製品の100%が注ぎ出されます。私のようなお金を稼ぐ価値のある人々は静かに喜んでいます。

LiquiGlideの証拠はプリン、えーとケチャップにあります。ボトルを叩いたり振ったりする必要はもうありません。これ以上&#8220An-ti-ci-pay-yay-tion&#8221(1970年代のハインツジングルを覚えている人のために)。私たちの将来のケチャップボトルと歯磨き粉のチューブは、ごみ箱に向かうまでに透明&#8211と空&#8211になります。

残念ながら、LiquiGlideのメリットを体験したい場合は、アースペーストをあきらめてヨーロッパに移動する必要があります。 (同社は北米で製品を販売する当面の計画はありません)。それは起こらないので、さらに気が付くまで、あなたは私の歯磨き粉のチューブと戦いながら、バスルームで私を見つけます。歯をきれいにすることはそれほど重要ではありません。それは私のお金の価値を得ることについてです。

CNN.comの記事、&#8220MITがケチャップを注ぐのにどのように役立つか&#8221、CNN.comの記事、&#8220Colgateの新しい歯磨き粉チューブ&#8230&#8221、および ウィキペディア 、&​​#8220無料百科事典&#8221。


カテゴリ:食品

1日に2回、歯磨き粉のチューブと私は戦います。薬棚からチューブを取り出して、残りが少ししかないことに気付くと、「もう私から出てこない!」と言っているように笑っているのが見えます。 。私はそれを一方の端からもう一方の端まで平らにし(ここではヘアブラシをお勧めします)、ペーストの最後のビットをすべて上部に集めて、発射する準備をします。それから私はキャップを外して狂ったように絞る。それは手にとって良いトレーニングであり、歯磨き粉の寿命を延ばすための無意識の挑戦です。

歯磨き粉と言えば、今日の私のトピックはここにあります。これは本当に良い雑学クイズです。ロアルドダールの名作、&#8220チャーリーとチョコレートファクトリー&#8221では、チャーリーのお父さんは生計を立てるために何をしましたか? 彼はキャップを歯磨き粉のチューブにねじ込みました&#8230 彼のために仕事をするために機械が発明される前に。 (彼も最初の段落の前に亡くなり、物語の一部ではなかったので、少し奇妙なことを覚えています。しかし、私は逸脱します。)

早く、歯磨き粉で最初に思いつく成分に名前を付けてください。フッ化物?悪い推測ではありませんが、フッ化物が歯磨き粉の10分の1パーセントしか占めていないことをご存知ですか?それは指先のピン刺しのようなものです。フッ化物は強力です、私の友人。健康的なエナメル質に適していますが、ほんの少しの用量でのみです。それらの化学物質を近づけてください。ただし、近すぎないようにしてください。

あなたの最初の材料でした 界面活性剤?界面活性剤は基本的に「発泡剤」であり、口の内側にペーストを分散させるのに役立ち、より良い洗浄につながります。界面活性剤は、テレビコマーシャルで見られる、浴槽の表面の周りを渦巻くアニメーションのスクラビングバブルを思い出させます。シャンプーやコンディショナーにもあります。界面活性剤がないと、頭の毛のほとんどがきれいになり、コンディショニングされますが、他の毛は高く乾燥したままになります。

どうですか 香料 &#8211ご存知ですか、ペパーミント、スピアミント、ウィンターグリーン、またはシナモン?香料が歯磨き粉で最初に考えた成分である場合は、直接刑務所に行きます(つまり、GOに合格せず、200ドルを集めないでください)。香料はあなたの歯のためにジルチをします。彼らはただブラッシングをより楽しい経験にし、あなたが終わったときにあなたがより新鮮な口を持っているとあなたを騙します。ガムを噛んだほうがいいでしょう。シュガーレスの種類、つまり。

さて、追いかけましょう。練り歯磨きの主成分は 研磨剤(そしてこれがあなたの答えだった場合、あなたは無料の歯科用ドリルを獲得します)。研磨剤は、練り歯磨きチューブ内の50%を占めています。それらは、歯垢の除去を助けるように設計されています(そのフレーズを覚えておいてください)。研磨剤を含んだ歯磨き粉を液体サンドペーパーと考えてください。研磨剤は、歯磨き粉を飲みたくない理由です。また、ブラシを強くしすぎないでください。十分な圧力があれば、これらの悪い男の子はあなたのエナメル質を喜んで取り除きます。

さらに多くの歯磨き粉の成分(抗菌剤、ホワイトナー、再石灰化剤など)をリストすることもできますが、同意しましょう。チューブ内で大規模で多様なパーティーが開催されています。さて、悪い知らせです。 歯磨き粉は歯垢の減少に大きな影響を与えません&#8211 そう特定の臨床研究は言います。そのため、研磨剤は「除去に役立つように設計されている」と説明されています。それは、歯科医との次の約束まで、物事をチェックしているだけだという卑劣な言い方です。申し訳ありませんが(チャーリー)、あなたの衛生士がとても楽しんで使っている厄介な電動工具に取って代わることができるブラッシングの量はありません。

歯磨き粉の成分についての私のすべての話のために、私が使用するブランドは非常に少ないです。アースペースト(&#8220驚くほど効果的!&#8221)には、フッ化物、発泡剤、風味がほとんどありません。実際、アースペーストには、水、粘土、塩、エッセンシャルオイルの4つの成分しかありません。泥でブラッシングするようなものです。待って、それは泥でブラッシングしています!化学薬品なしで同じように効果的です(微妙なプラグ)。あなたはAmazonでそれを見つけるでしょう。

したがって、歯磨き粉についてのこのすべての話は重要かもしれませんが、チューブからすべての最後のビットを取り出すことも重要です。そして、ついにその戦いの解決策があるかもしれません。マサチューセッツ工科大学(MIT)の非常にスマートな覗き見は、LiquiGlideと呼ばれる食用製品を開発しました。それは目に見えません(それは大丈夫です、少し邪魔です)、そしてそれは中身がなるように容器の内側をコーティングするように設計されています 完全に空 引力だけで。想像できますか?平らにしたり、絞ったり、手でトレーニングしたりする必要はもうありません。チューブをひっくり返すだけで、製品の100%が注ぎ出されます。私のようなお金を稼ぐ価値のある人々は静かに喜んでいます。

LiquiGlideの証拠はプリン、えーとケチャップにあります。ボトルを叩いたり振ったりする必要はもうありません。これ以上&#8220An-ti-ci-pay-yay-tion&#8221(1970年代のハインツジングルを覚えている人のために)。私たちの将来のケチャップボトルと歯磨き粉のチューブは、ごみ箱に向かうまでに透明&#8211と空&#8211になります。

残念ながら、LiquiGlideのメリットを体験したい場合は、アースペーストをあきらめてヨーロッパに移動する必要があります。 (同社は北米で製品を販売する当面の計画はありません)。それは起こらないので、さらに気が付くまで、あなたは私の歯磨き粉のチューブと戦いながら、バスルームで私を見つけます。歯をきれいにすることはそれほど重要ではありません。それは私のお金の価値を得ることについてです。

CNN.comの記事、&#8220MITがケチャップを注ぐのにどのように役立つか&#8221、CNN.comの記事、&#8220Colgateの新しい歯磨き粉チューブ&#8230&#8221、および ウィキペディア 、&​​#8220無料百科事典&#8221。


カテゴリ:食品

1日に2回、歯磨き粉のチューブと私は戦います。薬棚からチューブを取り出して、残りが少ししかないことに気付くと、「もう私から出てこない!」と言っているように笑っているのが見えます。 。私はそれを一方の端からもう一方の端まで平らにし(ここではヘアブラシをお勧めします)、ペーストの最後のビットをすべて上部に集めて、発射する準備をします。それから私はキャップを外して狂ったように絞る。それは手にとって良いトレーニングであり、歯磨き粉の寿命を延ばすための無意識の挑戦です。

歯磨き粉と言えば、今日の私のトピックはここにあります。これは本当に良い雑学クイズです。ロアルドダールの名作、&#8220チャーリーとチョコレートファクトリー&#8221では、チャーリーのお父さんは生計を立てるために何をしましたか? 彼はキャップを歯磨き粉のチューブにねじ込みました&#8230 彼のために仕事をするために機械が発明される前に。 (彼も最初の段落の前に亡くなり、物語の一部ではなかったので、少し奇妙なことを覚えています。しかし、私は逸脱します。)

早く、歯磨き粉で最初に思いつく成分に名前を付けてください。フッ化物?悪い推測ではありませんが、フッ化物が歯磨き粉の10分の1パーセントしか占めていないことをご存知ですか?それは指先のピン刺しのようなものです。フッ化物は強力です、私の友人。健康的なエナメル質に適していますが、ほんの少しの用量でのみです。それらの化学物質を近づけてください。ただし、近すぎないようにしてください。

あなたの最初の材料でした 界面活性剤?界面活性剤は基本的に「発泡剤」であり、口の内側にペーストを分散させるのに役立ち、より良い洗浄につながります。界面活性剤は、テレビコマーシャルで見られる、浴槽の表面の周りを渦巻くアニメーションのスクラビングバブルを思い出させます。シャンプーやコンディショナーにもあります。界面活性剤がないと、頭の毛のほとんどがきれいになり、コンディショニングされますが、他の毛は高く乾燥したままになります。

どうですか 香料 &#8211ご存知ですか、ペパーミント、スピアミント、ウィンターグリーン、またはシナモン?香料が歯磨き粉で最初に考えた成分である場合は、直接刑務所に行きます(つまり、GOに合格せず、200ドルを集めないでください)。香料はあなたの歯のためにジルチをします。彼らはただブラッシングをより楽しい経験にし、あなたが終わったときにあなたがより新鮮な口を持っているとあなたを騙します。ガムを噛んだほうがいいでしょう。シュガーレスの種類、つまり。

さて、追いかけましょう。練り歯磨きの主成分は 研磨剤(そしてこれがあなたの答えだった場合、あなたは無料の歯科用ドリルを獲得します)。研磨剤は、練り歯磨きチューブ内の50%を占めています。それらは、歯垢の除去を助けるように設計されています(そのフレーズを覚えておいてください)。研磨剤を含んだ歯磨き粉を液体サンドペーパーと考えてください。研磨剤は、歯磨き粉を飲みたくない理由です。また、ブラシを強くしすぎないでください。十分な圧力があれば、これらの悪い男の子はあなたのエナメル質を喜んで取り除きます。

さらに多くの歯磨き粉の成分(抗菌剤、ホワイトナー、再石灰化剤など)をリストすることもできますが、同意しましょう。チューブ内で大規模で多様なパーティーが開催されています。さて、悪い知らせです。 歯磨き粉は歯垢の減少に大きな影響を与えません&#8211 そう特定の臨床研究は言います。そのため、研磨剤は「除去に役立つように設計されている」と説明されています。それは、歯科医との次の約束まで、物事をチェックしているだけだという卑劣な言い方です。申し訳ありませんが(チャーリー)、あなたの衛生士がとても楽しんで使っている厄介な電動工具に取って代わることができるブラッシングの量はありません。

歯磨き粉の成分についての私のすべての話のために、私が使用するブランドは非常に少ないです。アースペースト(&#8220驚くほど効果的!&#8221)には、フッ化物、発泡剤、風味がほとんどありません。実際、アースペーストには、水、粘土、塩、エッセンシャルオイルの4つの成分しかありません。泥でブラッシングするようなものです。待って、それは泥でブラッシングしています!化学薬品なしで同じように効果的です(微妙なプラグ)。あなたはAmazonでそれを見つけるでしょう。

したがって、歯磨き粉についてのこのすべての話は重要かもしれませんが、チューブからすべての最後のビットを取り出すことも重要です。そして、ついにその戦いの解決策があるかもしれません。マサチューセッツ工科大学(MIT)の非常にスマートな覗き見は、LiquiGlideと呼ばれる食用製品を開発しました。それは目に見えません(それは大丈夫です、少し邪魔です)、そしてそれは中身がなるように容器の内側をコーティングするように設計されています 完全に空 引力だけで。想像できますか?平らにしたり、絞ったり、手でトレーニングしたりする必要はもうありません。チューブをひっくり返すだけで、製品の100%が注ぎ出されます。私のようなお金を稼ぐ価値のある人々は静かに喜んでいます。

LiquiGlideの証拠はプリン、えーとケチャップにあります。ボトルを叩いたり振ったりする必要はもうありません。もう&#8220An-ti-ci-pay-yay-tion&#8221(1970年代のハインツジングルを覚えている人のために)はもうありません。私たちの将来のケチャップボトルと歯磨き粉のチューブは、ごみ箱に向かうまでに透明&#8211と空&#8211になります。

残念ながら、LiquiGlideのメリットを体験したい場合は、アースペーストをあきらめてヨーロッパに移動する必要があります。 (同社は北米で製品を販売する当面の計画はありません)。それは起こらないので、さらに通知があるまで、あなたは私の歯磨き粉のチューブとの戦いをしているバスルームで私を見つけるでしょう。歯をきれいにすることはそれほど重要ではありません。それは私のお金の価値を得ることについてです。

CNN.comの記事、&#8220MITがケチャップを注ぐのにどのように役立つか&#8221、CNN.comの記事、&#8220Colgateの新しい歯磨き粉チューブ&#8230&#8221、および ウィキペディア 、&​​#8220無料百科事典&#8221。


カテゴリ:食品

1日に2回、歯磨き粉のチューブと私は戦います。薬棚からチューブを取り出して、そこにほんの少ししか残っていないことに気付くと、「あなたはもう私から出てこない!」と言っているかのように笑っているのが見えます。 。私はそれを一方の端からもう一方の端まで平らにし(ここではヘアブラシをお勧めします)、ペーストの最後のビットをすべて上部に集めて、発射する準備をします。それから私はキャップを外して狂ったように絞る。それは手にとって良いトレーニングであり、歯磨き粉の寿命を延ばすための無意識の挑戦です。

歯磨き粉と言えば、今日の私のトピックはここにあります。これは本当に良い雑学クイズです。ロアルドダールの名作、&#8220チャーリーとチョコレートファクトリー&#8221では、チャーリーのお父さんは生計を立てるために何をしましたか? 彼はキャップを歯磨き粉のチューブにねじ込みました&#8230 彼のために仕事をするために機械が発明される前に。 (彼も最初の段落の前に亡くなり、物語の一部ではなかったので、少し奇妙なことを覚えています。しかし、私は逸脱します。)

早く、歯磨き粉で最初に思いつく成分に名前を付けてください。フッ化物?悪い推測ではありませんが、フッ化物が歯磨き粉の10分の1パーセントしか占めていないことをご存知ですか?それは指先のピン刺しのようなものです。フッ化物は強力です、私の友人。健康的なエナメル質に適していますが、ほんの少しの用量でのみです。それらの化学物質を近づけてください。ただし、近すぎないようにしてください。

あなたの最初の材料でした 界面活性剤?界面活性剤は基本的に「発泡剤」であり、口の内側にペーストを分散させるのに役立ち、より良い洗浄につながります。界面活性剤は、テレビコマーシャルで見られる、浴槽の表面の周りを渦巻くアニメーションのスクラビングバブルを思い出させます。シャンプーやコンディショナーにもあります。界面活性剤がないと、頭の毛のほとんどがきれいになり、コンディショニングされますが、他の毛は高く乾燥したままになります。

どうですか 香料 &#8211ご存知ですか、ペパーミント、スピアミント、ウィンターグリーン、またはシナモン?香料が歯磨き粉で最初に考えた成分である場合は、直接刑務所に行きます(つまり、GOに合格せず、200ドルを集めないでください)。香料はあなたの歯のためにジルチをします。彼らはただブラッシングをより楽しい経験にし、あなたが終わったときにあなたがより新鮮な口を持っているとあなたを騙します。ガムを噛んだほうがいいでしょう。シュガーレスの種類、つまり。

さて、追いかけましょう。練り歯磨きの主成分は 研磨剤(そしてこれがあなたの答えだった場合、あなたは無料の歯科用ドリルを獲得します)。研磨剤は、練り歯磨きチューブ内の50%を占めています。それらは、歯垢の除去を助けるように設計されています(そのフレーズを覚えておいてください)。研磨剤を含んだ歯磨き粉を液体サンドペーパーと考えてください。研磨剤は、歯磨き粉を飲みたくない理由です。また、ブラシを強くしすぎないでください。十分な圧力があれば、これらの悪い男の子はあなたのエナメル質を喜んで取り除きます。

さらに多くの歯磨き粉の成分(抗菌剤、ホワイトナー、再石灰化剤など)をリストすることもできますが、同意しましょう。チューブ内で大規模で多様なパーティーが開催されています。さて、悪い知らせです。 歯磨き粉は歯垢の減少に大きな影響を与えません&#8211 そう特定の臨床研究は言います。そのため、研磨剤は「除去に役立つように設計されている」と説明されています。それは、歯科医との次の約束まで、物事をチェックしているだけだという卑劣な言い方です。申し訳ありませんが(チャーリー)、あなたの衛生士がとても楽しんで使っている厄介な電動工具に取って代わることができるブラッシングの量はありません。

歯磨き粉の成分についての私のすべての話のために、私が使用するブランドは非常に少ないです。アースペースト(&#8220驚くほど効果的!&#8221)には、フッ化物、発泡剤、風味がほとんどありません。実際、アースペーストには、水、粘土、塩、エッセンシャルオイルの4つの成分しかありません。泥でブラッシングするようなものです。待って、それは泥でブラッシングしています!化学薬品なしで同じように効果的です(微妙なプラグ)。あなたはAmazonでそれを見つけるでしょう。

したがって、歯磨き粉についてのこのすべての話は重要かもしれませんが、チューブからすべての最後のビットを取り出すことも重要です。そして、ついにその戦いの解決策があるかもしれません。マサチューセッツ工科大学(MIT)の非常にスマートな覗き見は、LiquiGlideと呼ばれる食用製品を開発しました。それは目に見えません(それは大丈夫です、少し邪魔です)、そしてそれは中身がなるように容器の内側をコーティングするように設計されています 完全に空 引力だけで。想像できますか?平らにしたり、絞ったり、手でトレーニングしたりする必要はもうありません。チューブをひっくり返すだけで、製品の100%が注ぎ出されます。私のようなお金を稼ぐ価値のある人々は静かに喜んでいます。

LiquiGlideの証拠はプリン、えーとケチャップにあります。ボトルを叩いたり振ったりする必要はもうありません。もう&#8220An-ti-ci-pay-yay-tion&#8221(1970年代のハインツジングルを覚えている人のために)はもうありません。私たちの将来のケチャップボトルと歯磨き粉のチューブは、ごみ箱に向かうまでに透明&#8211と空&#8211になります。

残念ながら、LiquiGlideのメリットを体験したい場合は、アースペーストをあきらめてヨーロッパに移動する必要があります。 (同社は北米で製品を販売する当面の計画はありません)。それは起こらないので、さらに通知があるまで、あなたは私の歯磨き粉のチューブとの戦いをしているバスルームで私を見つけるでしょう。歯をきれいにすることはそれほど重要ではありません。それは私のお金の価値を得ることについてです。

CNN.comの記事、&#8220MITがケチャップを注ぐのにどのように役立つか&#8221、CNN.comの記事、&#8220Colgateの新しい歯磨き粉チューブ&#8230&#8221、および ウィキペディア 、&​​#8220無料の百科事典&#8221。


カテゴリ:食品

1日に2回、歯磨き粉のチューブと私は戦います。薬棚からチューブを取り出して、そこにほんの少ししか残っていないことに気付くと、「あなたはもう私から出てこない!」と言っているかのように笑っているのが見えます。 。私はそれを一方の端からもう一方の端まで平らにし(ここではヘアブラシをお勧めします)、ペーストの最後のビットをすべて上部に集めて、発射する準備をします。それから私はキャップを外して狂ったように絞る。それは手にとって良いトレーニングであり、歯磨き粉の寿命を延ばすための無意識の挑戦です。

歯磨き粉と言えば、今日の私のトピックはここにあります。これは本当に良い雑学クイズです。ロアルドダールの名作、&#8220チャーリーとチョコレートファクトリー&#8221では、チャーリーのお父さんは生計を立てるために何をしましたか? 彼はキャップを歯磨き粉のチューブにねじ込みました&#8230 彼のために仕事をするために機械が発明される前に。 (彼も最初の段落の前に亡くなり、物語の一部ではなかったので、少し奇妙なことを覚えています。しかし、私は逸脱します。)

早く、歯磨き粉で最初に思いつく成分に名前を付けてください。 Flouride? Not a bad guess, but did you know fluoride makes up only a tenth of a percent of toothpaste? That’s like a pinprick on the tip of your finger. Flouride is potent, my friends. Good for healthy enamel but only in itty-bitty doses. Keep those chemicals close, but not too close.

Was your first ingredient surfactants? A surfactant is basically a “foaming agent”, which helps distribute the paste around the inside of your mouth, which translates to better cleaning. Surfactants remind me of those animated scrubbing bubbles you’d see in TV commercials, whirling around the bathtub surface. You also find them in shampoos and conditioners. Without surfactants, most of the hairs on your head would get clean and conditioned, but others would be left high and dry.

どうですか flavorants – you know, peppermint, spearmint, wintergreen, or cinnamon? If flavorants were the first ingredient you thought about with toothpaste, go directly to Jail (i.e. do not pass GO, do not collect $200). Flavorants do zilch for your teeth. They just make brushing a more pleasant experience and fool you into thinking you have a fresher mouth when you’re done. You might as well chew gum. The sugarless kind, that is.

Okay, let’s cut to the chase. The primary ingredient in toothpaste is abrasives (and if this was your answer, you win a free dental drill). Abrasives make up 50% of what’s inside the toothpaste tube. They’re “designed to help remove plaque” (remember that phrase). Think of abrasive-laden toothpaste as liquid sandpaper. Abrasives are the reason you don’t want to swallow toothpaste. And don’t brush too hard either. With enough pressure, these bad boys would be happy to remove your enamel.

I could list even more toothpaste ingredients (ex. antibacterial agents, whiteners, re-mineralizers), but let’s just agree: there’s a big, diverse party going on inside the tube. Now for the bad news. Toothpaste has no significant impact on the reduction of plaque – so says certain clinical studies. That’s why abrasives are described as “designed to help remove”. That’s a sneaky way of saying they just keep things in check until your next appointment with the dentist. Sorry (Charlie), no amount of brushing can replace those nasty power tools your hygienist has so much fun using.

For all my talk about toothpaste ingredients, the brand I use has very few. Earthpaste (“Amazingly Effective!”) has no fluoride, no foaming agents, and almost no flavor. In fact, Earthpaste has only four ingredients – water, clay, salt, and essential oils. It’s like brushing with mud. Wait, it IS brushing with mud! Just as effective, without the chemicals (subtle plug). You’ll find it on Amazon.

So all this talk about toothpaste may be important, but so is getting every last bit out of the tube. And there may finally be a solution to that battle. The very smart peeps at Massachusetts Institute of Technology (MIT) have developed an edible product called LiquiGlide. It’s invisible (which okay, is a little disturbing), and it’s designed to coat the inside of a container so the contents will completely empty with just gravitational pull. Can you imagine? No more flattening, squeezing, or hand workouts. Just upend the tube and 100% of the product comes pouring out. Get-your-money’s-worth people like me silently rejoice.

LiquiGlide’s proof is in the pudding, er – ketchup. No more smacking or shaking the bottle. No more “An-ti-ci-pay-yay-tion” (for those of you who remember the 1970s Heinz jingle). Our future ketchup bottles and toothpaste tubes will be transparent – and empty – by the time they head to the recycling bin.

Unfortunately, I’d have to give up my Earthpaste and move to Europe if I want to experience the benefits of LiquiGlide. (The company has no immediate plans to sell its products in North America). That’s not gonna happen, so until further notice you’ll find me in the bathroom, doing battle with my toothpaste tube. It’s not so much about getting my teeth clean. It’s about getting my money’s worth.

Some content sourced from the CNN.com article, “How MIT could help you pour ketchup”, the CNN.com article, “Colgate’s new toothpaste tube…”, and Wikipedia , “the free encyclopedia”.


Category: food

Twice a day, my toothpaste tube and I do battle. When I take the tube out of the medicine cabinet and realize there’s only a little bit left, I can see it smirking as if to say, “You’re not getting any more out of ME!” Yeah, right. I just flatten it from one end to the other (I recommend a hairbrush here), forcing every last bit of paste to gather at the top, ready to launch. Then I take off the cap and squeeze like crazy. It’s a good workout for the hands, and a mindless challenge to extend the life of your toothpaste.

Speaking of toothpaste – yep, that’s my topic today – here’s a really good trivia question. In the Roald Dahl classic, “Charlie and the Chocolate Factory”, what did Charlie’s dad do for a living? He screwed the caps onto toothpaste tubes… before machines were invented to do the job for him. (He also died before the first paragraph and was never part of the story, so it’s a little weird I remember that bit. But I digress.)

Quick, name the first ingredient you think of in toothpaste. Flouride? Not a bad guess, but did you know fluoride makes up only a tenth of a percent of toothpaste? That’s like a pinprick on the tip of your finger. Flouride is potent, my friends. Good for healthy enamel but only in itty-bitty doses. Keep those chemicals close, but not too close.

Was your first ingredient surfactants? A surfactant is basically a “foaming agent”, which helps distribute the paste around the inside of your mouth, which translates to better cleaning. Surfactants remind me of those animated scrubbing bubbles you’d see in TV commercials, whirling around the bathtub surface. You also find them in shampoos and conditioners. Without surfactants, most of the hairs on your head would get clean and conditioned, but others would be left high and dry.

どうですか flavorants – you know, peppermint, spearmint, wintergreen, or cinnamon? If flavorants were the first ingredient you thought about with toothpaste, go directly to Jail (i.e. do not pass GO, do not collect $200). Flavorants do zilch for your teeth. They just make brushing a more pleasant experience and fool you into thinking you have a fresher mouth when you’re done. You might as well chew gum. The sugarless kind, that is.

Okay, let’s cut to the chase. The primary ingredient in toothpaste is abrasives (and if this was your answer, you win a free dental drill). Abrasives make up 50% of what’s inside the toothpaste tube. They’re “designed to help remove plaque” (remember that phrase). Think of abrasive-laden toothpaste as liquid sandpaper. Abrasives are the reason you don’t want to swallow toothpaste. And don’t brush too hard either. With enough pressure, these bad boys would be happy to remove your enamel.

I could list even more toothpaste ingredients (ex. antibacterial agents, whiteners, re-mineralizers), but let’s just agree: there’s a big, diverse party going on inside the tube. Now for the bad news. Toothpaste has no significant impact on the reduction of plaque – so says certain clinical studies. That’s why abrasives are described as “designed to help remove”. That’s a sneaky way of saying they just keep things in check until your next appointment with the dentist. Sorry (Charlie), no amount of brushing can replace those nasty power tools your hygienist has so much fun using.

For all my talk about toothpaste ingredients, the brand I use has very few. Earthpaste (“Amazingly Effective!”) has no fluoride, no foaming agents, and almost no flavor. In fact, Earthpaste has only four ingredients – water, clay, salt, and essential oils. It’s like brushing with mud. Wait, it IS brushing with mud! Just as effective, without the chemicals (subtle plug). You’ll find it on Amazon.

So all this talk about toothpaste may be important, but so is getting every last bit out of the tube. And there may finally be a solution to that battle. The very smart peeps at Massachusetts Institute of Technology (MIT) have developed an edible product called LiquiGlide. It’s invisible (which okay, is a little disturbing), and it’s designed to coat the inside of a container so the contents will completely empty with just gravitational pull. Can you imagine? No more flattening, squeezing, or hand workouts. Just upend the tube and 100% of the product comes pouring out. Get-your-money’s-worth people like me silently rejoice.

LiquiGlide’s proof is in the pudding, er – ketchup. No more smacking or shaking the bottle. No more “An-ti-ci-pay-yay-tion” (for those of you who remember the 1970s Heinz jingle). Our future ketchup bottles and toothpaste tubes will be transparent – and empty – by the time they head to the recycling bin.

Unfortunately, I’d have to give up my Earthpaste and move to Europe if I want to experience the benefits of LiquiGlide. (The company has no immediate plans to sell its products in North America). That’s not gonna happen, so until further notice you’ll find me in the bathroom, doing battle with my toothpaste tube. It’s not so much about getting my teeth clean. It’s about getting my money’s worth.

Some content sourced from the CNN.com article, “How MIT could help you pour ketchup”, the CNN.com article, “Colgate’s new toothpaste tube…”, and Wikipedia , “the free encyclopedia”.


Category: food

Twice a day, my toothpaste tube and I do battle. When I take the tube out of the medicine cabinet and realize there’s only a little bit left, I can see it smirking as if to say, “You’re not getting any more out of ME!” Yeah, right. I just flatten it from one end to the other (I recommend a hairbrush here), forcing every last bit of paste to gather at the top, ready to launch. Then I take off the cap and squeeze like crazy. It’s a good workout for the hands, and a mindless challenge to extend the life of your toothpaste.

Speaking of toothpaste – yep, that’s my topic today – here’s a really good trivia question. In the Roald Dahl classic, “Charlie and the Chocolate Factory”, what did Charlie’s dad do for a living? He screwed the caps onto toothpaste tubes… before machines were invented to do the job for him. (He also died before the first paragraph and was never part of the story, so it’s a little weird I remember that bit. But I digress.)

Quick, name the first ingredient you think of in toothpaste. Flouride? Not a bad guess, but did you know fluoride makes up only a tenth of a percent of toothpaste? That’s like a pinprick on the tip of your finger. Flouride is potent, my friends. Good for healthy enamel but only in itty-bitty doses. Keep those chemicals close, but not too close.

Was your first ingredient surfactants? A surfactant is basically a “foaming agent”, which helps distribute the paste around the inside of your mouth, which translates to better cleaning. Surfactants remind me of those animated scrubbing bubbles you’d see in TV commercials, whirling around the bathtub surface. You also find them in shampoos and conditioners. Without surfactants, most of the hairs on your head would get clean and conditioned, but others would be left high and dry.

どうですか flavorants – you know, peppermint, spearmint, wintergreen, or cinnamon? If flavorants were the first ingredient you thought about with toothpaste, go directly to Jail (i.e. do not pass GO, do not collect $200). Flavorants do zilch for your teeth. They just make brushing a more pleasant experience and fool you into thinking you have a fresher mouth when you’re done. You might as well chew gum. The sugarless kind, that is.

Okay, let’s cut to the chase. The primary ingredient in toothpaste is abrasives (and if this was your answer, you win a free dental drill). Abrasives make up 50% of what’s inside the toothpaste tube. They’re “designed to help remove plaque” (remember that phrase). Think of abrasive-laden toothpaste as liquid sandpaper. Abrasives are the reason you don’t want to swallow toothpaste. And don’t brush too hard either. With enough pressure, these bad boys would be happy to remove your enamel.

I could list even more toothpaste ingredients (ex. antibacterial agents, whiteners, re-mineralizers), but let’s just agree: there’s a big, diverse party going on inside the tube. Now for the bad news. Toothpaste has no significant impact on the reduction of plaque – so says certain clinical studies. That’s why abrasives are described as “designed to help remove”. That’s a sneaky way of saying they just keep things in check until your next appointment with the dentist. Sorry (Charlie), no amount of brushing can replace those nasty power tools your hygienist has so much fun using.

For all my talk about toothpaste ingredients, the brand I use has very few. Earthpaste (“Amazingly Effective!”) has no fluoride, no foaming agents, and almost no flavor. In fact, Earthpaste has only four ingredients – water, clay, salt, and essential oils. It’s like brushing with mud. Wait, it IS brushing with mud! Just as effective, without the chemicals (subtle plug). You’ll find it on Amazon.

So all this talk about toothpaste may be important, but so is getting every last bit out of the tube. And there may finally be a solution to that battle. The very smart peeps at Massachusetts Institute of Technology (MIT) have developed an edible product called LiquiGlide. It’s invisible (which okay, is a little disturbing), and it’s designed to coat the inside of a container so the contents will completely empty with just gravitational pull. Can you imagine? No more flattening, squeezing, or hand workouts. Just upend the tube and 100% of the product comes pouring out. Get-your-money’s-worth people like me silently rejoice.

LiquiGlide’s proof is in the pudding, er – ketchup. No more smacking or shaking the bottle. No more “An-ti-ci-pay-yay-tion” (for those of you who remember the 1970s Heinz jingle). Our future ketchup bottles and toothpaste tubes will be transparent – and empty – by the time they head to the recycling bin.

Unfortunately, I’d have to give up my Earthpaste and move to Europe if I want to experience the benefits of LiquiGlide. (The company has no immediate plans to sell its products in North America). That’s not gonna happen, so until further notice you’ll find me in the bathroom, doing battle with my toothpaste tube. It’s not so much about getting my teeth clean. It’s about getting my money’s worth.

Some content sourced from the CNN.com article, “How MIT could help you pour ketchup”, the CNN.com article, “Colgate’s new toothpaste tube…”, and Wikipedia , “the free encyclopedia”.


Category: food

Twice a day, my toothpaste tube and I do battle. When I take the tube out of the medicine cabinet and realize there’s only a little bit left, I can see it smirking as if to say, “You’re not getting any more out of ME!” Yeah, right. I just flatten it from one end to the other (I recommend a hairbrush here), forcing every last bit of paste to gather at the top, ready to launch. Then I take off the cap and squeeze like crazy. It’s a good workout for the hands, and a mindless challenge to extend the life of your toothpaste.

Speaking of toothpaste – yep, that’s my topic today – here’s a really good trivia question. In the Roald Dahl classic, “Charlie and the Chocolate Factory”, what did Charlie’s dad do for a living? He screwed the caps onto toothpaste tubes… before machines were invented to do the job for him. (He also died before the first paragraph and was never part of the story, so it’s a little weird I remember that bit. But I digress.)

Quick, name the first ingredient you think of in toothpaste. Flouride? Not a bad guess, but did you know fluoride makes up only a tenth of a percent of toothpaste? That’s like a pinprick on the tip of your finger. Flouride is potent, my friends. Good for healthy enamel but only in itty-bitty doses. Keep those chemicals close, but not too close.

Was your first ingredient surfactants? A surfactant is basically a “foaming agent”, which helps distribute the paste around the inside of your mouth, which translates to better cleaning. Surfactants remind me of those animated scrubbing bubbles you’d see in TV commercials, whirling around the bathtub surface. You also find them in shampoos and conditioners. Without surfactants, most of the hairs on your head would get clean and conditioned, but others would be left high and dry.

どうですか flavorants – you know, peppermint, spearmint, wintergreen, or cinnamon? If flavorants were the first ingredient you thought about with toothpaste, go directly to Jail (i.e. do not pass GO, do not collect $200). Flavorants do zilch for your teeth. They just make brushing a more pleasant experience and fool you into thinking you have a fresher mouth when you’re done. You might as well chew gum. The sugarless kind, that is.

Okay, let’s cut to the chase. The primary ingredient in toothpaste is abrasives (and if this was your answer, you win a free dental drill). Abrasives make up 50% of what’s inside the toothpaste tube. They’re “designed to help remove plaque” (remember that phrase). Think of abrasive-laden toothpaste as liquid sandpaper. Abrasives are the reason you don’t want to swallow toothpaste. And don’t brush too hard either. With enough pressure, these bad boys would be happy to remove your enamel.

I could list even more toothpaste ingredients (ex. antibacterial agents, whiteners, re-mineralizers), but let’s just agree: there’s a big, diverse party going on inside the tube. Now for the bad news. Toothpaste has no significant impact on the reduction of plaque – so says certain clinical studies. That’s why abrasives are described as “designed to help remove”. That’s a sneaky way of saying they just keep things in check until your next appointment with the dentist. Sorry (Charlie), no amount of brushing can replace those nasty power tools your hygienist has so much fun using.

For all my talk about toothpaste ingredients, the brand I use has very few. Earthpaste (“Amazingly Effective!”) has no fluoride, no foaming agents, and almost no flavor. In fact, Earthpaste has only four ingredients – water, clay, salt, and essential oils. It’s like brushing with mud. Wait, it IS brushing with mud! Just as effective, without the chemicals (subtle plug). You’ll find it on Amazon.

So all this talk about toothpaste may be important, but so is getting every last bit out of the tube. And there may finally be a solution to that battle. The very smart peeps at Massachusetts Institute of Technology (MIT) have developed an edible product called LiquiGlide. It’s invisible (which okay, is a little disturbing), and it’s designed to coat the inside of a container so the contents will completely empty with just gravitational pull. Can you imagine? No more flattening, squeezing, or hand workouts. Just upend the tube and 100% of the product comes pouring out. Get-your-money’s-worth people like me silently rejoice.

LiquiGlide’s proof is in the pudding, er – ketchup. No more smacking or shaking the bottle. No more “An-ti-ci-pay-yay-tion” (for those of you who remember the 1970s Heinz jingle). Our future ketchup bottles and toothpaste tubes will be transparent – and empty – by the time they head to the recycling bin.

Unfortunately, I’d have to give up my Earthpaste and move to Europe if I want to experience the benefits of LiquiGlide. (The company has no immediate plans to sell its products in North America). That’s not gonna happen, so until further notice you’ll find me in the bathroom, doing battle with my toothpaste tube. It’s not so much about getting my teeth clean. It’s about getting my money’s worth.

Some content sourced from the CNN.com article, “How MIT could help you pour ketchup”, the CNN.com article, “Colgate’s new toothpaste tube…”, and Wikipedia , “the free encyclopedia”.


Category: food

Twice a day, my toothpaste tube and I do battle. When I take the tube out of the medicine cabinet and realize there’s only a little bit left, I can see it smirking as if to say, “You’re not getting any more out of ME!” Yeah, right. I just flatten it from one end to the other (I recommend a hairbrush here), forcing every last bit of paste to gather at the top, ready to launch. Then I take off the cap and squeeze like crazy. It’s a good workout for the hands, and a mindless challenge to extend the life of your toothpaste.

Speaking of toothpaste – yep, that’s my topic today – here’s a really good trivia question. In the Roald Dahl classic, “Charlie and the Chocolate Factory”, what did Charlie’s dad do for a living? He screwed the caps onto toothpaste tubes… before machines were invented to do the job for him. (He also died before the first paragraph and was never part of the story, so it’s a little weird I remember that bit. But I digress.)

Quick, name the first ingredient you think of in toothpaste. Flouride? Not a bad guess, but did you know fluoride makes up only a tenth of a percent of toothpaste? That’s like a pinprick on the tip of your finger. Flouride is potent, my friends. Good for healthy enamel but only in itty-bitty doses. Keep those chemicals close, but not too close.

Was your first ingredient surfactants? A surfactant is basically a “foaming agent”, which helps distribute the paste around the inside of your mouth, which translates to better cleaning. Surfactants remind me of those animated scrubbing bubbles you’d see in TV commercials, whirling around the bathtub surface. You also find them in shampoos and conditioners. Without surfactants, most of the hairs on your head would get clean and conditioned, but others would be left high and dry.

どうですか flavorants – you know, peppermint, spearmint, wintergreen, or cinnamon? If flavorants were the first ingredient you thought about with toothpaste, go directly to Jail (i.e. do not pass GO, do not collect $200). Flavorants do zilch for your teeth. They just make brushing a more pleasant experience and fool you into thinking you have a fresher mouth when you’re done. You might as well chew gum. The sugarless kind, that is.

Okay, let’s cut to the chase. The primary ingredient in toothpaste is abrasives (and if this was your answer, you win a free dental drill). Abrasives make up 50% of what’s inside the toothpaste tube. They’re “designed to help remove plaque” (remember that phrase). Think of abrasive-laden toothpaste as liquid sandpaper. Abrasives are the reason you don’t want to swallow toothpaste. And don’t brush too hard either. With enough pressure, these bad boys would be happy to remove your enamel.

I could list even more toothpaste ingredients (ex. antibacterial agents, whiteners, re-mineralizers), but let’s just agree: there’s a big, diverse party going on inside the tube. Now for the bad news. Toothpaste has no significant impact on the reduction of plaque – so says certain clinical studies. That’s why abrasives are described as “designed to help remove”. That’s a sneaky way of saying they just keep things in check until your next appointment with the dentist. Sorry (Charlie), no amount of brushing can replace those nasty power tools your hygienist has so much fun using.

For all my talk about toothpaste ingredients, the brand I use has very few. Earthpaste (“Amazingly Effective!”) has no fluoride, no foaming agents, and almost no flavor. In fact, Earthpaste has only four ingredients – water, clay, salt, and essential oils. It’s like brushing with mud. Wait, it IS brushing with mud! Just as effective, without the chemicals (subtle plug). You’ll find it on Amazon.

So all this talk about toothpaste may be important, but so is getting every last bit out of the tube. And there may finally be a solution to that battle. The very smart peeps at Massachusetts Institute of Technology (MIT) have developed an edible product called LiquiGlide. It’s invisible (which okay, is a little disturbing), and it’s designed to coat the inside of a container so the contents will completely empty with just gravitational pull. Can you imagine? No more flattening, squeezing, or hand workouts. Just upend the tube and 100% of the product comes pouring out. Get-your-money’s-worth people like me silently rejoice.

LiquiGlide’s proof is in the pudding, er – ketchup. No more smacking or shaking the bottle. No more “An-ti-ci-pay-yay-tion” (for those of you who remember the 1970s Heinz jingle). Our future ketchup bottles and toothpaste tubes will be transparent – and empty – by the time they head to the recycling bin.

Unfortunately, I’d have to give up my Earthpaste and move to Europe if I want to experience the benefits of LiquiGlide. (The company has no immediate plans to sell its products in North America). That’s not gonna happen, so until further notice you’ll find me in the bathroom, doing battle with my toothpaste tube. It’s not so much about getting my teeth clean. It’s about getting my money’s worth.

Some content sourced from the CNN.com article, “How MIT could help you pour ketchup”, the CNN.com article, “Colgate’s new toothpaste tube…”, and Wikipedia , “the free encyclopedia”.