伝統的なレシピ

ルイーズ王女:ラフのダイヤモンド

ルイーズ王女:ラフのダイヤモンド


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ラフのダイヤモンドとして知られるこのスポットは、ロンドンで最も視覚的に魅力的なバーの1つとして知られています。ダークウッドと素朴な照明のある昔ながらのスポットは地元の人々の間で人気があり、新しいロンドン市民を真の英国体験に連れて行くスポットです。

Yelpユーザーは、この装飾を「素朴で息をのむようなビクトリア朝」と表現しています。装飾にはスツールと小さなソファが散らばっており、バーに「アットホームな雰囲気」を与えています。ここにはヨーロッパで最も古い小便器の1つもありますので、ぜひチェックしてください。

しかし、ショーの本当のスターは飲み物です。パブは印象的なビールのセレクションを提供し、あらゆる種類のビールを飲む人にアピールするマイルドでシンプルなビールがあることで有名です。

スタッフはとてもフレンドリーで温かく、どのビールをお勧めするかを知っていることでも有名です。そしてビールの選択は絶えず変化しているので、親切なスタッフが絶対に必要です。


曇ったダイヤモンド&#8211ダイヤモンドがかすんでいる、または乳白色に見えるのはなぜですか?

婚約指輪に関して言えば、ほとんどの人は、くすんでいて乳白色に見える曇ったダイヤモンドを見るのが好きではないと確信しています。代わりに、目にきれいで生き生きと見えるダイヤモンドリングが必要になるでしょう。

この記事では、ダイヤモンドを曇らせる3つの主な理由と、スマートに買い物をすることでかすんで見えるダイヤモンドの購入を回避する方法について説明します。


ビクトリア女王の5人の王室の娘の本当の生活

ビクトリア女王には、愛する夫のアルバート王子と4人の男の子と5人の女の子と9人の子供がいました。

君主は妊娠と出産を嫌っていたと言われていましたが、彼女は自分の子供たちを信じられないほど誇りに思っており、家族の「赤ちゃん」であるベアトリス王女に特に近かったです。

ダイヤモンドジュビリーのビクトリア女王。 (LIFE Picture Collection via)

ヴィッキーとして知られる彼女の最初の子供ビクトリアが生まれたとき、女王は「次は王子になるでしょう」と言うのを聞いた。もちろん彼女は正しかったが、次の年にはさらに4人の王女を迎えるだろう。

これらは、1人の結婚スキャンダルとほとんど結婚しなかった人を含む彼らの人生の物語です。

ビクトリアアデレードメアリールイーズ

1840年11月21日に生まれたビクトリアは、楽しいユーモアのセンスと非常に感情的な性質で知られていました。彼女は読書が大好きで父親を追いかけ、彼のお気に入りの女の子だと言われていました。

1865年頃の将来のドイツ皇后であるプロシアのビクトリア王女(1840年-1901年)。彼女はビクトリア女王の長男です。 (ゲッティ)

一方、ビクトリア女王は、ビクトリアはしばしば「難しい子供」であると言われていました。ヴィッキーが17歳のとき、母親は彼女に「私が見たことがないと思う、より劣悪で不平等な子供と女の子」と書いています。

1858年、若いビクトリアはプロイセンのフリードリヒヴィルヘルム王子、後にドイツ皇帝フリードリヒ3世と結婚しました。結婚から30年後、フレデリックは王位に就きましたが、わずか3か月の治世の後に咽頭がんで亡くなりました。

プロイセンの皇太子と王女(ビクトリア)とその家族、c1875。 (ゲッティ)

ビクトリア女王が1901年1月に亡くなったとき、彼女の子供と孫のほとんどは彼女のそばにいました。しかし、ヴィッキーは脊椎のガンに非常に苦しんでおり、最後に母親に会うためにドイツから旅行することができませんでした。

ビクトリア女王が亡くなってから7か月後、ヴィッキー自身が1901年8月5日に亡くなりました。娘のソフィーは後にギリシャの女王になりました。

アリスモードメアリー

アリスは1843年4月25日に生まれました。著者のジョン・ファン・デル・キステによれば、彼女は信じられないほど思いやりがあり、常に他の人を助けてくれました。父親のアルバート王子が腸チフスで亡くなっていたとき、アリスはほとんどの時間を彼の看護に費やしました。

彼の死はついに1861年12月16日に起こり、アリスは悲しみに暮れる母親に切望されていた道徳的支援を提供した娘でした。

ヘッセ大公爵夫人となったビクトリア女王の娘、アリス王女(1843年-1878年)。 (ゲッティ)

1862年、アリスはヘッセのルイ王子とライン川と結婚しました。ドイツへの移住は、英国での非常に高い生活水準に慣れていた王女にとって大きなショックだったに違いありません。しかし、ヘッセンでは、彼女はにぎやかな道路の近くの小さな家に住んでいて、家族はわずかな収入で済まさなければなりませんでした。

夫婦には7人の子供がいて、女王は彼女がアリスの育児スタイルを承認しなかったことを明らかにしました。アリスは乳母を使う代わりに子供に母乳を与えることを主張しました。彼女の人生の中で、アリスはいくつかの慈善団体、特に女性の大義を含む慈善団体を支援するために一生懸命働きました。彼女は看護にも興味があり、フローレンス・ナイチンゲールと友達になりました。

アリス王女と子供たち、ビクトリア王女、エリザベート王女、アイリーン王女、アーネストルイス王子、アレクサンドラ王女、マリー王女。 (ゲッティ)

息子のフレデリックが2歳で亡くなったときに悲劇が起こり、アリスは1878年に35歳で父親の死の記念日にジフテリアで亡くなるまで、何年もの間落ち込んでいました。

ヘレナオーガスタビクトリア

1846年5月25日に生まれたヘレナは、ビクトリア女王の5人の娘の「最も平凡な」と残酷に描写され、彼女の容姿にあまり注意を払わなかったおてんば娘と言われました。

1866年、ヘレナはシュレスヴィヒホルシュタインのドイツ王子クリスチャンと結婚し、夫婦はイギリスに住むことを決心しました。ヘレナは信じられないほど勤勉で、さまざまな慈善団体を支援し、大人の生活の中で多くの女王の仕事を引き受けました。舞台裏では、彼女は非常に母親の非公式の秘書でした。

ヘレナオーガスタビクトリア王女、後にシュレスヴィヒホルシュタインのクリスチャン王女(1846年-1923年)、1861年3月1日。彼女はビクトリア女王の5番目の子供でした。 (ジョン・ジェイベズ・エドウィン・メイオール/ハルトン・アーカイブ/ゲッティイメージズによる写真)(ゲッティ)

ヘレナは王室の最も活発なメンバーであり、英国王室看護師協会と英国赤十字社の女性委員会で精力的に働いていました。彼女はまた、貧しい家族に無料の夕食を提供するのを手伝い、作家チャールズ・グレイが父親についての伝記を書き、手紙やさまざまな論文をドイツ語から英語に翻訳するのを手伝う時間を見つけました。

ヘレナとクリスチャンには6人の子供がいて、4人は成人期まで生きていました。ヘレナは1923年の一連の心臓発作の後、77歳で亡くなりました。

ルイーズキャロラインアルバータ

1848年3月18日に生まれたルイーズは、ビクトリアの娘の中で最も美しいと見なされていました。彼女は、絵画、デッサン、彫刻に優れていると言われる才能のある芸術家でした。彼女は芸術に情熱を注いでおり、教育と雇用における女性の平等を支持していることから、王室の最も「前向きな考え方」として知られていました。

ビクトリア女王の息子であるレオポルド王子ジョージダンカンアルバートと妹のルイーズ王女。 (ゲッティ)

ルイーズは王室の最初の公教育機関に通い、国立芸術訓練学校で勉強しました。彼女の最高の作品は、戴冠式のローブを着た母親の法令であると言われ、ボーア戦争で殺された植民地時代の兵士の記念碑も作成しました。

ルイーズは1871年3月に庶民と結婚しました。当時は非常に前代未聞でした。彼女の夫ジョン・キャンベルは後にアーガイル公爵第9代、自由党議員、そしてカナダ総督になりました。

ルイーズ・キャロライン・アルベルタ王女(1848-1939)、第9代アーガイル公爵の妻、ビクトリア女王の娘。 (ゲッティ)

夫婦には子供がなく、離れて多くの時間を過ごすと言われていました–ジョンが同性愛者であり、ルイーズが法廷で男性といくつかの事件にふけっていたという噂がありました。女王の娘の中で最も反抗的であると知られているルイーズは、1939年に91歳で亡くなるまで、慈善活動で忙しく過ごし、非常に充実した生活を送っていました。

ベアトリスメアリービクトリアフェオドア

家族の赤ちゃんであるベアトリスは1857年4月14日に生まれ、ビクトリア女王の最も親しい親友になりました。彼女は幼い頃から信じられないほど甘やかされており、母親に非常に献身的であることが知られていました。

彼女は5歳のとき、結婚したくはなく、一生母親のそばにいたいと発表しました。彼女は、バッテンバーグのヘンリー王子と恋に落ちるまで、約20年間彼女の言葉に忠実でした。

ビクトリア女王の末っ子であるベアトリス王女(1857年-1944年)は、結婚式の日に。 (ゲッティ)

しかし、女王はその関係を承認しませんでした。ヘンリー王子の兄弟ルイは、ビクトリアの姪の1人と結婚しました。これは、ベアトリスの夫の選択を支持していない女王と関係があるようです。

しかし、ビクトリアはやがて容赦し、ベアトリスはヘンリーと一緒に宮殿に住んでいる限り、ヘンリーと結婚できると言いました。結婚は幸せなものだと言われていましたが、10年後の4人の子供たち、ヘンリーは宮殿での生活に飽きてしまい、義母の監視の下で十分に暮らしていたのかもしれません。

ベアトリス王女はバッテンベルクのヘンリー王子と結婚します(1858年-1896年)。 (ゲッティ)

1895年、彼はアフリカへの軍事遠征に参加し、マラリアを捕まえました。すぐにイギリスに送り返されましたが、帰り道で亡くなりました。ベアトリスと王室の荒廃に見舞われました。ベアトリスは母親の秘書であり続け、母親のあらゆる願いを叶え、自分の4人の子供たちにとって非常に存在感のある母親でした。

アルバート王子が1861年に亡くなったとき、ベアトリスは母親の側に残り、残りの人生を女王に捧げました。ベアトリスは、ビクトリア女王の最後の献身的な娘である1944年に、87歳で亡くなり、老後の多くの期間、さまざまな病気と戦いました。


多くの将来の花嫁は、彼らがすでに彼らの夢の婚約指輪を選んでいるとあなたに言うでしょう。彼らのビジョンはカットの点で異なりますが、1つのことは通常かなり普遍的です-ダイヤモンドのサイズはしばしば大きい側にあります。あなたがこのキャンプに陥った場合、私たちはあなたの言うことを聞きます。ダイヤモンドが大きければ大きいほど、きれいで輝きが増しますよね?専門家の第4世代宝石学者でカスタム婚約指輪会社TheClearCutの創設者であるOliviaLandauによると、これに対する答えはまったく明確ではありません。

明確にするために、私たちはランダウと協力して、このダイヤモンドカラットサイズのビジュアルガイドを提供しました。 まさに その1、2、3、4(およびそれ以上!)カラットの婚約指輪は、店頭に並ぶ前にどのように見えるか。ただし、カラットのサイズを超えたり、それに取って代わったりすることを考慮する必要があることがいくつかあります、とLandau氏は言います。最も重要なこと? 2つのカットが同じように重量を運ぶことはありません。つまり、1カラットの丸い石はエメラルドカットの岩とは無限に異なって見えます。素晴らしいダイヤモンドに入る要素もたくさんあり、そのすべてが石の全体的なグレードにまとめられています。

購入するカラットのサイズに関係なく、宝石商の専門用語に慣れておくと、2つの同じ重量の石の表示と価格が異なる理由を最もよく理解できます。つまり、「カット」、「明快さ」、「包含」、「色」などの用語を読むことを意味します。幸いなことに、ランダウは宝石学者の完全な語彙についても説明してくれました。先に、あなたの婚約指輪は読む必要がありました。


宝石の発掘

2019年4月にボツワナのカロウェ鉱山(カナダの鉱山労働者であるLucara Diamond Corpが所有)で発見された野球サイズのSeweloは、これまでに採掘された2番目に大きい原石ダイヤモンドです。

最大のものは3,106カラットのカリナンダイヤモンドで、1905年に南アフリカで発見され、最終的に2つの巨大な高品質の石が産出されました。石。

Seweloは、ボツワナ(責任ある採掘のポスターチャイルドとなった国)でこれまでに発見された最大の原石ダイヤモンドであり、Karoweで発見された3番目の非常に大きなダイヤモンドです。

鉱山はまた、2015年に発見された813カラットのコンステレーションを生産し、ドバイのネメシスインターナショナル、ダイヤモンドトレーディング会社(スイスの宝石商de Grisogonoと提携)および2016年に発見されて5300万ドルのグラフ。

LucaraがSeweloに名前を付けるコンテストを開催したとき、22,000人のボツワナ市民がエントリーを提出しました。 「Sewelo」は、ツワナ語で「まれな発見」を意味します。

しかし、コンステレーションとレセディの両方とは異なり、それは炭素で覆われているため(現時点では大きな石炭の塊のように見えます)、ウルリカ・デネンスによると、まさに「謎」の中にどのようなダイヤモンド材料が入っているのかがわかります。 -ジェモロジカルインスティテュートオブアメリカのシニアリサーチサイエンティスト、ヨハンソン。

それはまた、「リスクをはるかに大きくする」とプルワー氏は述べた。石が発掘されたとき、それはそれほど巨大ではない兄弟よりもはるかに価値が低いかもしれないというかなりの量の憶測がありました。

大きな石の収益性は、その収量に依存します。価格を最大化するために一度カットすると、宝石品質のカラットがいくつ得られるかによって異なります。これは、石の不純物の関数ですが、D 'さんのようにHaenens-Johanssonは、不純物でさえこのサイズの石に価値があると指摘しています。彼らは、ダイヤモンドがいつ作成されたか、そして地球のどの深さで作成されたかを明らかにすることができます。

暗い覆いの小さな「窓」を通してダイヤモンドを調べ、レーザーでスキャンした鉱山は、石を「高品質の白い宝石の領域」を備えた「ほぼ宝石の品質」と表現しています。ダイヤモンドには、D-完璧(最も希少)から切断や製造に使用される工業用石まで、何千ものグラデーションがあります。

「それはDまたはD-完璧ですか、そして完璧な部分はどれくらいの大きさですか?わからない」とバーク氏は述べ、購入は「少しの根性と私たちの専門知識への信頼を要した」と認めた。 (公平を期すために、LVMHは2018年の収益が468億ユーロ、つまり520億ドルであったことを認めることができます。)

それでも、ポスト氏は、「それをどうするかについての計画があり、それを切って利益を上げるのに十分な透明な材料があるという信念がない限り、そのような石を購入することはありません。 」

バーク氏は、LVMHの過半数の所有者であり最高経営責任者であるベルナール・アルノーに石を見せたとき、「彼はそれを手に持っていたので、微笑んだ」と語った。有名な無口な幹部であるアルノー氏からの笑顔は、別の最高経営責任者からの勝利の叫びに相当します。


主な容疑者

2014年に初めてソウウィンに会ったとき、ヤンゴンの環状通勤電車のそばにある彼の小さな家で、彼はロンドンには絶対に行かないと言っていました。すでに長い間引退していた彼は、曽祖父を追放し、家族を滅ぼし、国を占領した人々の間に住むために配置されるのではないかと心配して、外交のキャリアを過ごしました。

これは植民地時代の歴史の章であり、英国では最初に知っている人はほとんどいません。 1885年11月、マンダレー王宮の王位からビルマの王を倒すために10,000人の兵士が派遣されました。侵略は、とりわけビルマの君主の前で彼らの靴を脱ぐことを英国の高官が拒否したことによって引き起こされた、英国とビルマの間の60年にわたる緊張と散発的な紛争の集大成でした。

ティーボー王とスパラヤッ女王

しかし、主な考慮事項は商取引でした。英国政府と大帝国都市の商人の目には、ティーボー王は英国と中国との貿易に対する予測不可能な障害でした。また、イギリスの王冠の宝石であるインドに心配そうに近い、インドシナから西に自分たちの帝国の領土を拡大していたフランス人への裏口を開くリスクもありました。ティーボーは行かなければなりませんでした。

第三次英緬戦争は、それが知られているように、絶望的に一方的な事件でした。

わずか2週間で、ティーボーは彼の宮殿に囲まれ、ビクトリア女王の将軍に降伏しました。 1885年11月29日、妊娠中の女王スパラヤッと2人の娘が牛車に積み込まれ、武装した警備員の下で、インドの最も遠い海岸にある小さな漁村まで数千マイルもかかる船に護衛されました。 。

王にとって、それは永久的な亡命となるでしょう–彼は30年後に亡くなり、彼の体はラトナギリの荒廃した隅にある崩れかけた墓に埋葬されたままです。

これらすべてが、ソウ・ウインがロンドンに投稿されることを恐れた理由を説明しています。しかし今、彼は曽祖父の最も貴重な所有物の道を進んで、彼自身の自由意志でここにいます。

V&ampAの後、手がかりを探すと、大英博物館の下にある地下室の戦士たちと、ビルマの併合と英国統治に関連する多くの行政記録を保持している英国図書館にたどり着きます。

その中には、大きなテイクアウトメニューほどの大きさの奇妙なオブジェクトがあります。

このパラバイクは、桑の樹皮の紙で作られた折り畳まれたイラスト入りの写本で、併合直後にビルマの芸術家によって描かれたと考えられており、ティーボーの没落の物語を語っています。

読書室の静かな場所でソウ・ウインのためにそれを展開すると、彼の目は1つの人物に引き付けられます。王と話している男性は、白いカーキ色で輝いており、片手にピスヘルメットを持っています。

「スレイデン大佐」と彼はささやきます。

彼は私がビルマの友人から何度も聞いた話を再び語ります。インドとビルマのキャンペーンの装飾されたベテランであるエドワード・スラデン大佐は、侵略軍の最高政治将校でした。彼は王に馴染みのある顔であり、ビルマ語を話し、最小限の騒ぎで降伏するように彼を説得することを任されました。

スラデンは、亡命に備えて、王が急いで彼の最も貴重な所有物(ガ・マウク・ルビーを含む)を詰め込むのを監督しました。

次に起こることは、インドと同じようにビルマで悪名高いことです。英国がコイヌールダイヤモンドを買収したという話です。これは、現在クイーンマザーズクラウンの前に設置されているまばゆいばかりの106カラットの宝石です。

王の末娘は数年後に次のように書いています。

スラデンは私の両親に[ルビー]を見てもらうように頼み、彼らはそれを彼に与えました。両親は、しばらく見た後、ぼんやりしたふりをしてポケットに入れ、返却しなかったと言っていました。」

これはビルマで最も頻繁に語られる話であり、多くの人は、数か月後のスレイデンの騎士団を、「ビルマでの特別な奉仕」のために、彼がルビーを取り、ビクトリア女王に寄付し、その見返りに苦しめられたに違いないことの証拠と見なしています。 。

ただし、ストーリーにはバリエーションがあります。ある人は、スレイデンがルビーをポケットに入れて、それから-彼が見られていることを意識して-しばらくしてそれを返したと言います。

ティーボー王自身は、保管のためにルビーをスラデンに与えたと言った。 1886年6月のインド亡命から、彼はルビーの帰還を懇願する絶望的な手紙をイギリスの総督に送りました。

「ここに転送された財産のリスト」と彼の秘書は書いています。彼がそれを望んでいたとき…彼は総督閣下が財産の返還を命じるのにふさわしいと思うことを望んでいます。」

彼は、1885年11月29日にビルマ王室の財務担当者によって作成され、英国の政治将校によって承認されたと言われるリストを添付します。含まれるもの:
「「ナガマウク」という名前で知られるルビーの指輪1つ」。

ティーボーは自分の財産を取り戻そうとするのをやめませんでした。 1911年の終わりに、彼は最後の必死の入札を行い、新しく戴冠したジョージ5世に直接手紙を書きました。もう一度、「私の貴重なルビーの指輪(Ngamauk)がどのように奪われたか」を説明し、再びSladenを犯人と名付けました。

しかし、この段階までに、英国当局は国王の嘆願に耳を貸さず、彼が非難した男は21年間死んでいたため、所有しようとしていませんでした。王自身は、彼の30年間の亡命者が身に着けていたので、これまで以上に隠士的でしたが、5年後の1916年に亡くなりました。


ロシアは需要の回復を待っているダイヤモンドを備蓄している

モスクワ—世界的な景気後退により、鉄鋼や穀物など、あらゆる種類の商品の需要が減少しましたが、ロシアの国営ダイヤモンド会社には、まだ小さな黄麻布の袋が飛行機で到着しています。

毎日、バッグの中身が応接室のステンレス製ホッパーにこぼれます。ダイヤモンドは洗浄され、サイズ、透明度、形状、品質で分類され、世界中に販売されるのではなく、紙で包まれて保管庫に運ばれます。毎月約300万カラット相当の宝石です。

「それらのそれぞれは非常に珍しいです」と、数百人の一人であるイリーナV.トカチュークは言いました。

「私はロボットではありません。私は時々自分自身に「すごい、なんてかわいいダイヤモンドだろう」と思います。私はそれが欲しいのです。」それらはすべてとても美しいです。」

別の女性がその石を賞賛するまでには何年もかかるかもしれません。ロシアは今年、静かにマイルストーンを通過しました。世界最大のダイヤモンド生産国としてデビアスを上回りました。しかし、ダイヤモンドの世界市場は非常に悲惨であるため、ロシア政府が90%を所有するAlrosaダイヤモンド会社は、12月以降、公開市場で原石を販売せず、代わりに備蓄しています。

その結果、ロシアは世界のダイヤモンド価格の調停者になりました。生産と販売に関する同社の決定は、この不況の最も驚くべき結果の1つである、今後数年間の指輪や宝石店でのダイヤモンドの価値を決定します。

主に宝石のクマ市場のために、デビアスの運命は沈みました。現金が不足しているため、同社は過去6か月で株主から8億ドルを調達しなければなりませんでした。

不況はまた、価格を維持するためにアルロサと協力してダイヤモンドを備蓄するというデビアスの長年の政策を終わらせた欧州連合の独占禁止法当局との和解と同時に起こった。

ロシアは主要な商品生産国ですが、伝統的に人為的に価格を維持する政策を採用していません。たとえば石油では、ロシアは石油カルテルの減産の恩恵を受けていますが、それらには参加していません。

ダイヤモンドは例外です。 「価格を支持しない場合、ダイヤモンドは単なる炭素片になります」と、アルロサのスポークスマンであるアンドレイV.ポリアコフは言いました。

ロシアは、価格をさらに下げることなく、世界市場への再参入を慎重に調整するために、2つのことに依存しています。1917年の革命後に貴族から没収された宝石を保管するために作成されたソビエト時代の貴重な宝石保管庫です。アルロサが金のように投資としてダイヤモンドを購入することを望んでいる資本家投資家。

ロシアは他の方法でも指導的役割を果たしています。

Alrosaの最高経営責任者であるSergeiVybornovは、アンゴラの中央銀行を説得するのを手伝ったと述べました。アンゴラの中央銀行は、ロシアと同様に、まだ石油資金で比較的溢れています。 。

そして昨年の秋、アルロサは、デビアスや他の大規模な生産者とともに、サンクトペテルブルクイニシアチブと呼ばれるものを開始し、デビアスのスローガン「ダイヤモンドは永遠です」の宣伝に似た、一般的なダイヤモンド広告に共同で投資しました。デビアスが主に自社ブランドの宝石の宣伝にシフトしたため、ロシアがその任務を引き受けました。

それでも、ロシアのダイヤモンド会社が業界のリーダーシップをとるのは不安定な時期です。

昨年まで、デビアスは世界の原石供給量の約40%を生産し、アルロサは25%を生産していました。しかし、欧州連合の独占禁止法で備蓄が禁止されているデビアスは、荒い石の過剰に対応して鉱山を閉鎖しました。ロシアは、モスクワの当局が不満を持った失業者による潜在的な不安を深刻に懸念しているため、労働者を給与に留めようとすることを嫌がっている。

第1四半期に、デビアスは前年と比較して生産量を91%削減しました。多角化された鉱業会社のリオティントとBHPビリトンも生産を抑制した。

一方、業界の分析サービスであるポリッシュドプライスによると、2009年には約215億ドル相当のホールセールポリッシュダイヤモンドの市場は約120億ドルに下がると予想されています。

ダイヤモンドの大まかな価格はさらに下落しており、一部のオークションでは昨年7月のピークから75%も下落しています。

2つの市場は異なります。通常、粗いダイヤモンドの約60%は、切断プロセスでほこりや削りくずとして失われます。

ヴィボルノフ氏は、世界の過剰の一部のローン担保としてダイヤモンド株を約束したダイヤモンドトレーダーを非難します。昨年の秋に信用が枯渇したとき、銀行や他の債権者はそれらの宝石を押収して販売し、市場に殺到したと彼は言います。 12月までに、彼の会社は価格をさらに侵食するのではなく、市場から完全に撤退することを決定しました。

ロシアは歴史的にほとんど舞台裏のプレーヤーであり続けました。おそらくソビエト当局は、主に資本主義世界の富裕層によって消費される製品を宣伝するために、イデオロギー的な体操を行わなければならなかったからです。

代わりに、政治をねじり、ソビエトはアパルトヘイト時代のデビアスと、市場を下回らない方法でシベリアのダイヤモンドを販売するという半秘密の合意を締結しました。

ソビエト連邦の崩壊後、ロシアのダイヤモンド産業はデビアスと正式な提携を結び、1990年代に主に米国で行われたデビアスの一般的なダイヤモンド広告を助成することを目的とした割引で南アフリカの会社に毎年の生産の半分を販売しました州。

今、ロシア人は運転席にいます。

元デビアスの評価者であり、ポリッシュドプライスの共同創設者であるチャールズウィンダム氏は、ロシアはこれまでのところ移行をうまく管理していたと述べた。

「ロシア人について言いたいことは何でも、彼らは確かに愚かではありません」とウィンダム氏は言いました。

Alrosaは、ベルギー、イスラエル、インドなどの卸売バイヤーに長期契約で宝石を販売することにより、需要を急増させようとしています。そのうち6件が締結されたこれらの契約では、価格は昨年8月のピークと今年の冬の中間点に設定され、数年間固定されます。

「ダイヤモンドの指輪は100ドルもかからないはずです」とVybornov氏は言いました。 「そのようなタイプのクライアントは必要ありません。」

アルロサはまた、ロシアの天然ガス独占ガスプロムの子会社であるモスクワの投資銀行リーダーと協力して、投資家にダイヤモンドを販売しています。この計画では、投資家はダイヤモンドを購入しますが、宝石は数年間宝石商にリリースされませんでした。

これは、本質的に、市場の回復の可能性から利益を得る機会と引き換えに、備蓄機能を投資家にアウトソーシングするプログラムです。

モスクワの郊外にあるアルロサのカッティングショップの1つで、アルロサの社長の顧問であるアレクサンドルA.マリニンは、そのような投資手段の基礎となる可能性のある典型的なコレクションを示しました。

宝石は、ラップトップコンピューターとほぼ同じサイズのフェルトボックスに収まります。

大きな石、円形カットの10カラットの完璧な白とプリンセスカットの黄色は、約40万ドルと見積もられました。小さいものは16,000ドルから100,000ドルの範囲でした。しかし、箱の価値は確かに数百万ドルですが、市場が低迷している今、謎のようなものです。

マリニン氏によると、石のバイイン価格がどのように設定され、価格がいつ上下するかを会社がどのように決定するかは不明だという。

「ダイヤモンドは価値があることを人々に伝えなければなりません」と彼は言いました。 「私たちは、すべてのダイヤモンド生産国がそうであるように、デビアスが行ったように、価格を維持しようとしています。しかし、私たちがしているのは幻想を売ることです。」とは、実用性がなく、価格がない製品であり、希少性の継続に依存する価格を意味します。

シベリア鉱山の生産量の約90%が処理のために到着する、ユナイテッドセリングオーガニゼーションと呼ばれるダイヤモンドを受け取るアルロサユニットでは、エレナV.カプストキナが毎日約45,000カラットのダイヤモンドをステンレス鋼のふるいに注ぎ、選別します。サイズ。

ダイヤモンドが彼女のロマンスを失ったかどうか尋ねられたとき、カプストキナさんは立ち止まり、テーブルの上の宝石の山を見下ろし、顔を赤らめました。

実際、彼女は、トラック運転手である彼女の夫が22年前に彼女に半カラットの指輪を与えたと言いました。 「もちろん私はそれが大好きです」と彼女は言いました。 「それは私の夫からです。」


あなたの次のビデオコールにディズニープリンセスのバックグラウンドでロイヤルトリートメントを贈りましょう!

誰もが少し余分なディズニープリンセスの魔法を使うことができます!ビデオ通話や会議が増えているので、お気に入りのディズニープリンセスから背景を選択して、すべての通話をおとぎ話に変えることができます。

背景を保存する方法についての説明は次のとおりです。

モバイル経由で背景をダウンロードする方法:

1.)ダウンロードしたい画像を見つけます。

2.)指を使って 画像を長押しします.

3.)選択 写真に追加.

デスクトップ経由で背景をダウンロードする方法:

1.)ダウンロードしたい画像を見つけます。

2.)各画像の下の説明をクリックして 自動的 ダウンロード。

さて、背景に!

古典的なディズニープリンセスの恋人にとって、シンデレラ城と眠れる森の美女の城はどちらも象徴的です!しかし、海の景色を望むなら、城が完璧かもしれない小さな人魚を知っています。そして、スルタンの宮殿は、荒野にあるダイヤモンドの素晴らしい背景になる可能性があることを忘れないでください。

それでは、いくつかの森の不思議の国に旅行しましょう!白雪姫とオーロラには、居心地の良い隠れ家に最適なコテージがあります。そして冒険好きな人には、メリダと一緒にダンブルックを横断することができます!

ベルの図書館であらゆる種類のタイムリーな物語を探索したり、この夢のような背景でラプンツェルを使ってランタンを照らしたりすることもできます。

最後に、あなたを本当の王女のように感じさせるゴージャスな屋外の風景のようなものはありません!モアナと一緒にモトゥヌイの海岸でリラックスしたり、ポカホンタスからヒントを得て自然と触れ合ったり、ティアナのようなバイユーを旅したりできます。

想像力に制限はありません。だから、王位にあなたの正当な場所を取り、ディズニーの魔法を少し楽しんでください!


ラボで作成されたダイヤモンドを検索する

ひし形にカーソルを合わせると、詳細と配送情報が表示されます。

ひし形をタップすると、詳細と配送情報が表示されます。

比較ボックスをオンにして、複数のダイヤモンドを比較タブに送信します。

これらの結果は、検索に最も近いものです。ページ上部のフィルターを使用して、結果を絞り込みます。

エタニティリングのリングサイズは、その総カラット重量を決定します。総カラット重量の範囲は、サイズ3とサイズ9の総カラット重量の違いを反映しています。カラットの重量情報の詳細をご覧ください。

The listed carat weight for halo styles is based on a 6.5mm round center gemstone and may vary based on the size and shape of center gem. Learn more about carat weight information.

The ring size of an eternity ring determines its total number of gemstones. The total number of gemstones range reflects the difference in total number of gemstones between a size three and a size nine.

All of our prices are in US$.

All of our prices are in US$.

Diamond cut should not be confused with shape. Shape refers to the general outward appearance of the diamond, not its reflective qualities. Brilliant Earth currently carries the following shapes:

  1. ラウンド
  2. Oval
  3. 王女
  4. アッシャー
  5. Cushion
  6. エメラルド
  7. Marquise
  8. ラディアント
  9. 心臓

Diamond cut should not be confused with shape. Shape refers to the general outward appearance of the diamond, not its reflective qualities. Brilliant Earth currently carries the following shapes:

Cut should not be confused with shape. Shape refers to the general outward appearance of the gemstone, not its reflective qualities. Brilliant Earth currently carries the following shapes:

A carat is the unit used to measure a diamond's weight. One carat equals 200 milligrams or 0.2 grams. Although carat weight and the size of a diamond are related, the carat does not directly measure diamond size.

Describes the alignment of the facets of the diamond. If facets are misaligned, the diamond may poorly reflect light. Symmetry is graded from Ideal / Excellent, Very Good, Good, Fair, or Poor. Symmetry grades of Good or higher have the least effect on the brilliance of the diamond and are suitable for the finest quality jewelry. Certain gem labs, such as Gemscan, incorporate Symmetry into an overall Cut grade.

Describes the alignment of the facets of the diamond. If facets are misaligned, the diamond may poorly reflect light. Symmetry is graded from Ideal / Excellent, Very Good, Good, Fair, or Poor. Symmetry grades of Good or higher have the least effect on the brilliance of the diamond and are suitable for the finest quality jewelry. Certain gem labs, such as Gemscan, incorporate Symmetry into an overall Cut grade.

The height of a gemstone, from the culet to the table. Depth % is the height of the diamond as a percentage of the girdle diameter.

The height of a gemstone, from the culet to the table. Depth % is the height of the diamond as a percentage of the girdle diameter.

Diamonds are given three measurements to specify their dimensions. For fancy shaped diamonds, the measurement specifies length x width x depth. The length is the larger dimension as you view the diamond from the top and the width is the smaller. The depth is the height of a gemstone, from the culet to the table. The measurements determine the length to width ratio and can indicate the quality of cut of the diamond.

For round diamonds, the measurement specifies diameter 1 x diameter 2 x depth. Round diamonds are never quite perfectly round given they are cut by humans. They are given two measurements for diameter to indicate the maximum and minimum diameter. These two diameters vary slightly, but should not vary by very much.

Describes the finish of the facets of the diamond. Polish is graded from Ideal, Excellent, Very Good, Good, Fair, or Poor. Polish grades of Good or higher have the least effect on the brilliance of the diamond and are suitable for the finest quality jewelry. Certain gem labs, such as Gemscan, incorporate Polish into an overall cut grade.

Describes the finish of the facets of the diamond. Polish is graded from Ideal, Excellent, Very Good, Good, Fair, or Poor. Polish grades of Good or higher have the least effect on the brilliance of the diamond and are suitable for the finest quality jewelry. Certain gem labs, such as Gemscan, incorporate Polish into an overall cut grade.

Vermeil (pronounced vehr-may) is sterling silver that is plated in a thick layer of gold, making it more resistant to signs of wear. Our vermeil is 14K yellow or rose gold that is a minimum of 2.5 microns thick.

The largest facet of a gemstone, located at the top. Table % is the table width as a percentage of the girdle diameter.

The largest facet of a gemstone, located at the top. Table % is the table width as a percentage of the girdle diameter.

The narrow rim around the widest part of a diamond, separating the crown from the pavillion.

The tiny facet at the bottom tip of a gemstone. The optimal culet should be pointed or very small (graded "small" or "none").

Describes the diamond's response to ultraviolet light. In diamonds with strong or very strong fluorescence, there may be some interference with the flow of light which causes a milky or oily appearance.

Describes the diamond's response to ultraviolet light. In diamonds with strong or very strong fluorescence, there may be some interference with the flow of light which causes a milky or oily appearance.

Color is the natural color visible in a diamond and does not change over time. Colorless diamonds allow more light to pass through than a colored diamond, releasing more sparkle and fire.

A diamond’s clarity refers to the presence of impurities on and within the stone. When a rough stone is extracted from carbon deep beneath the earth, tiny traces of natural elements are almost always trapped inside. These elements are called flaws or inclusions because they are formed naturally and are unique to each stone.

  • SI2
  • SI1
  • VS2
  • VS1
  • VVS2
  • VVS1
  • もしも
  • FL

The cut refers to the angles and proportions of a diamond. The cut of a diamond—its depth and width, and the uniformity of the facets—determines its beauty. The skill with which a diamond is cut determines how well it reflects and refracts light.

Exquisite quality cut to create the optimal combiation of brilliance and fire. Reflccts nearly all light that enters the diamond.

Top 3% of diamond quality based on cut.

A diamond certificate or grading report provides an expert opinion on the quality of the diamond and is provided by an independent gemology lab. Trained gemologists with specialized equipment measure the weight and dimensions of the diamond and assess quality characteristics such as cut, color, and clarity. Brilliant Earth diamonds are certified by the world’s leading gem grading labs including GIA, IGI, HRD, and GCAL. If the diamond lab certificate is not available online, please contact us to request an electronic copy.

A diamond certificate or grading report provides an expert opinion on the quality of the diamond and is provided by an independent gemology lab. Trained gemologists with specialized equipment measure the weight and dimensions of the diamond and assess quality characteristics such as cut, color, and clarity. Brilliant Earth diamonds are certified by the world’s leading gem grading labs including GIA, IGI, HRD, and GCAL. If the diamond lab certificate is not available online, please contact us to request an electronic copy.

We go above and beyond the current industry standards to offer Beyond Conflict Free Diamonds™ with a listed country of origin of Canada, Botswana Sort, or Russia. Our select group of diamond suppliers demonstrate a robust chain of custody protocol for their diamonds and have the ability to track and segregate diamonds by country of origin.

These suppliers are required to source diamonds that originate from specific mine operations or specific countries that have demonstrated their commitment to follow internationally recognized labor, trade, and environmental standards. We also offer recycled diamonds, which are a naturally eco-friendly choice.

We go above and beyond the current industry standards to offer Beyond Conflict Free Diamonds™ with a listed country of origin of Canada, Botswana Sort, or Russia. Our select group of diamond suppliers demonstrate a robust chain of custody protocol for their diamonds and have the ability to track and segregate diamonds by country of origin.

These suppliers are required to source diamonds that originate from specific mine operations or specific countries that have demonstrated their commitment to follow internationally recognized labor, trade, and environmental standards. We also offer recycled diamonds, which are a naturally eco-friendly choice.

Browse our diamonds according to general preferences and staff recommendations.

Our current diamond collections include:

  • Glacier Collection: Our premium and rarest diamonds, exhibiting the most sparkle and brilliance
  • Yosemite Collection: Beautiful diamonds offering an optimal balance between size and quality.
  • Recommended Collection: Hand-selected by our staff gemologists to offer diamonds of unique beauty that maximize value for any budget. Diamonds are in stock and available immediately.

Hand-selected by our staff gemologists to offer diamonds of unique beauty that maximize value for any budget.
Diamonds are in stock and available immediately.

Diamonds of exceptional quality and superior beauty.
These diamonds:

  • represent the finest 3% of diamond quality
  • are colorless with no visible inclusions
  • maximize fire and brilliance
  • are in the top 15% of world diamond quality
  • balance size with fire, brilliance, and quality
  • have very good dimensions and proportions

Length-to-Width Ratio –The length-to-width ratio compares the length of a diamond to its width to show how elongated a fancy-shaped diamond appears when viewed from the top. Length-to-width ratio is a matter of personal preference with some individuals preferring a more elongated shape and others a more equal or square shape. The most popular length-to-width ratios for fancy shapes are below.

元。 A princess-cut diamond that measures 5.05 mm long by 5.00mm has a length-to-width ratio of 1.01 (5.05/5.00), and will appear perfectly square.

Most popular length-to-width ratios:
Princess: 1.00-1.05
Radiant: 1.00-1.05
Asscher: 1.00-1.05
Cushion: 1.00-1.05
Heart: 0.90-1.10
Emerald: 1.30-1.40
Oval: 1.30-1.70
Pear: 1.45-1.75
Marquise: 1.75-2.30

You may use a bank wire to pay for Brilliant Earth purchases of $500 or more. For US, Canadian, and Australian bank wires only, Brilliant Earth provides a 1.5% discount to your order. For Canadian, Australian, and other international bank wires, a $35 processing fee will apply to your order. Some financial institutions may also charge a fee for using a bank wire.

After you submit your order, Brilliant Earth will give you the account information you will need to provide to your bank to transfer funds from your account directly to a Brilliant Earth account. It may take a few days for your bank to process the bank wire. Once your bank has transferred the funds, Brilliant Earth is immediately notified and your purchase is processed. If you have any questions about the process involved in a bank wire, contact your bank or call Brilliant Earth at 800.691.0952.

Please note an ACH transfer is not the same as a wire transfer. At this time, Brilliant Earth does not accept ACH transfers.

The length of the chain will determine where the necklace will fall, whether choker length, at or below the collarbone, or at the neckline. We measure the length from the beginning of one end, to the end of the other, including the clasp (which may add an additional .75 inches). Different lengths are worn for different occasions and different outfits. The most common length is the 18" length, which typically falls at the collarbone. 16": Choker length. Accentuates her neckline. 18": At collarbone. Classic length. 20": A few inches below collarbone. 22": At or above neckline. For more dramatic, stylish look.

The dimensions of the gemstone are the length and width of a gemstone as it appears from the top view. Dimensions represent the size of the gemstone more accurately than carat weight.

For colored gemstones, dimensions are the best way of accurately measuring size. These dimensions are accurate plus or minus 0.2mm.

Color is used to describe the color present within a gemstone. Color is described in terms of tone and hue. Brilliant Earth carefully selects gemstones with even color distributed throughout the gemstone.

Clarity is used to describe the presence of impurities on and within the gemstone. If the clarity of gemstones is specified as "eye clean", no visible impurities or flaws will be seen with the unaided eye. If the gemstone is "moderately included," there may be moderate flaws that are visible upon examination.

Many aquamarines are heated in a controlled environment to ensure their blue color is as vibrant and pure as possible. This heat treatment is an accepted industry standard which mimics natural processes to maximize the beauty of the stone.

The length of the chain will determine where the necklace will fall, whether choker length, at or below the collarbone, or at the neckline. We measure the length from the beginning of one end, to the end of the other, including the clasp (which may add an additional .75 inches). Different lengths are worn for different occasions and different outfits. The most common length is the 18" length, which typically falls at the collarbone. 16": Choker length. Accentuates her neckline. 18": At collarbone. Classic length. 20": A few inches below collarbone. 22": At or above neckline. For more dramatic, stylish look.

For US orders, Brilliant Earth currently only collects sales tax on orders shipped to addresses in California State. For orders shipped to Canada, the UK, or Australia, Brilliant Earth collects the relevant GST/PST/HST/VAT based on the country/province that the order is being shipped to. There are no additional duties for orders shipped to Canada, or Australia. For orders shipped to the UK, Brilliant Earth collects the relevant duties for each order. Taxes and duties on orders will be calculated based on the rates in effect the date your order ships.

Brilliant Earth is the first jeweler to offer blockchain enabled diamonds at scale. In partnership with Everledger, an industry-leading Blockchain technology enterprise, we’re defining next-generation standards in the jewelry industry and continuing our leadership in promoting transparency and responsibility.

The cutting-edge blockchain-based technology has been integrated with our supply chain to seamlessly and securely track gemstone origin and provide greater consumer assurance for responsible practices for a collection of blockchain enabled diamonds.

For a collection of diamonds, Brilliant Earth includes the GIA Diamond Origin Report to help trace the diamond from its source to its final polished state by uniquely leveraging advanced scientific analysis to deliver technical rough-to-polish diamond matching. GIA collects and analyzes physical measurements, spectroscopic data, and imaging of the diamond as a rough crystal before it is cut and polished. A unique identification number is assigned to the rough diamond. GIA later uses this data to scientifically match the polished diamond to the original rough crystal it came from.

Lab-grown diamonds are composed of the same chemical crystal as natural diamonds and exhibit the same fire, scintillation, and sparkle. Lab diamonds offer excellent value, and are a responsible choice as they do not require any diamond mining.

Hearts and Arrows diamonds are highly coveted because they’re cut with high precision and exceptional craftsmanship. These round brilliant diamonds are cut to proper proportions and crafted with a high degree of facet precision to exhibit a sharp pattern of eight arrows in the face up view and eight small hearts from the pavilion. The cut grade of hearts and arrows is evaluated by its facets appearance - exhibiting excellent face-up appearance with brightness, scintillation, and fire.


Duke of Edinburgh’s job: first, second and last, never let the Queen down

Day in, day out, at thousands of engagements over 73 years, the Duke of Edinburgh could be found where protocol dictated and love determined: at the Queen’s side or a few paces behind.

Half of perhaps the world’s most famous partnership, Prince Philip was dutifully deferential in public, though the few glimpses afforded into the dynamics of their private relationship suggest a more patriarchal attitude was deployed at home.

Queen Elizabeth II accompanied, a few steps behind, by Prince Philip at the Royal Film Performance of A Bunch of Amateurs in London in 2008. Photograph: Lefteris Pitarakis/AP

For Philip – naturally brusque, easily exasperated and with no discernible inclination to suffer fools gladly – the role of prince consort (though he was never officially given that title) was one to which he was not immediately or obviously suited.

His physical fitness, sporting ability, inquiring mind and leadership qualities saw him excel at Gordonstoun school, then later in his Royal Navy career.

Prince Philip water-skiing at Marmaris in Turkey when he was in the navy. Photograph: Hulton-Deutsch Collection/CORBIS

Had he not married the young Princess Elizabeth, some believe he would have become First Sea Lord. “As far as I am concerned, there has never been an ‘if only’ except, perhaps, that I regret not having been able to continue a career in the navy,” he once said.

But marry her he did, overcoming many obstacles on the path to Westminster Abbey.

The life of Prince Philip, the Queen’s ‘strength and stay’ – video obituary

The young Prince Philip of Greece, a stateless, peripatetic, impoverished and exiled royal, was a third cousin to Princess Elizabeth, and so the royal family “knew all about him”, as the Queen Mother would put it.

But he really came to the attention of the 13-year-old princess in July 1939 during a royal visit to the Royal Naval College at Dartmouth where he was a cadet. Charged with entertaining Elizabeth and her younger sister, Margaret, 18-year-old Philip captivated the heiress to the throne by jumping over tennis nets.

The royal family arrive at the Royal Naval college in Dartmouth in 1939: (L to R): Prince Philip of Greece, Princess Margaret, Queen Elizabeth, King George VI and Princess Elizabeth. Photograph: Keystone/Getty Images

When the royal party later departed by yacht, a number of cadets set out in rowing boats to follow. According to some breathless biographers, the others gradually fell away, leaving Philip, alone, to continue far out to sea in the yacht’s wake. Philip dismissed the stories as “tosh”: the boats followed the yacht for 200 metres, then they all turned around, went home and that was that.

And there were no thoughts of marriage, he said, until 1946 – a year before their wedding.

The prospect of “Phil the Greek” as a serious suitor did not sit well with the establishment. George VI, dismayed his elder daughter wanted to marry the first man she had met, thought her too young. His wife mischievously referred to him as “the Hun” because of the naval officer’s “foreign-ness” through his mixed Danish, Russian and German heritage. Her brother David Bowes-Lyon dismissed him as “a German”. With his sisters married to German princelings, Philip would be a hard sell to a post-war British public.

Prince Philip of Greece (R) leaves Crathie Church at Balmoral with Michael Bowes-Lyon, the brother of Queen Elizabeth, in 1946. Photograph: Central Press/Getty Images

With no money, no nationality, not even a name – unless you counted his Danish dynastic name of Schleswig-Holstein-Sonderburg-Glucksburg, Philip’s prospects on paper did not look good. It would take the spin-doctoring skills of his “Uncle Dickie” – Lord Mountbatten, Philip’s uncle, and second cousin once removed to Elizabeth – to ensure he got to the altar with the British public behind him.

His first visit to Balmoral, as prospective suitor, would prove a testing time for a young man to whom obsequiousness did not come naturally. Sir John Colville, then the princess’s private secretary, wrote of the stay: “Lords Salisbury, Eldon and Stanley think him no gentleman, and in a sense they are right. They also profess to see in him a Teutonic strain.” Courtiers thought he was “rough, uneducated and would probably not be faithful”.

Taking the princess on a four-month tour of South Africa was seen by the king and queen as a way of cooling the relationship, though it had no such effect. By then, the couple were unofficially engaged.

King George VI and Queen Elizabeth pose for a family portrait with Princess Elizabeth, her fiancé Philip Mountbatten, and Princess Margaret at Buckingham Palace in October 1947. Photograph: Popperfoto/Getty Images

As to Philip’s nationality, it was left to Lord Mountbatten to smooth the way by lobbying the appropriate authorities so efficiently that on 18 March 1947, Philip’s naturalisation was announced in the London Gazette. He was now Lt Philip Mountbatten, taking his uncle’s surname, which itself was an anglicised version of the German Battenberg. As Uncle Dickie continued to flood the British media with details emphasising his nephew’s total “Britishness”, the propaganda war was won, and the betrothal officially announced in July 1947.

Initiation into royal life was not easy. His first private secretary and close friend, Michael Parker, once revealed: “He told me the first day he offered me my job that his job first, second and last was never to let her down.”

Queen Elizabeth II and the Duke of Edinburgh arrive for the state opening of parliament in 2013. Photograph: Kirsty Wigglesworth/AFP/Getty Images

Philip was the only man in the world who could, and did, treat the Queen as simply another human being, which, according to close aides, she valued.

The late Ben Pimlott, the Queen’s biographer, recounted an incident when the polo-playing Philip was driving the Queen and Mountbatten to Cowdray Park. Worried about their speed, the Queen started to tense herself and audibly draw in breath until Philip barked: “If you do that once more, I shall put you out of the car.” She stopped, immediately.

On arrival at their destination, a surprised Mountbatten asked her: “Why didn’t you protest? You were quite right. He was going much too fast.” To which a puzzled looking Queen replied: “But you heard what he said.”

Not that she was subservient. “He shouts at the Queen sometimes like he shouts at other people and she doesn’t seem to mind,” a friend told the biographer Sarah Bradford, adding that the sovereign was not averse to saying: “Oh Philip, do shut up. You don’t know what you’re talking about.”

Queen Elizabeth II and the Duke of Edinburgh at Broadlands before their diamond anniversary. Photograph: Fiona Hanson/PA

Often inscrutable, the Queen’s face became more animated in public when her husband was around, whether waiting for him to catch her up on a royal walkabout, or watching him compete at carriage driving.

Throughout his life there were unsubstantiated stories about his friendships with glamorous women, though none were proven and those close to him always insisted they were untrue. If they were, the Queen must have decided to turn a blind eye.

Though many commentators and biographers have analysed the royal marriage over tens of thousands of pages, none have come anywhere close to the Queen herself in describing her devotion to the man she fell in love with as a teenager.

“He is someone who doesn’t take easily to compliments,” she said in a speech to celebrate their golden wedding anniversary in 1997. “But he has, quite simply, been my strength and stay all these years, and I, and his whole family, and this and many other countries, owe him a debt greater than he would ever claim, or we shall ever know.”


ビデオを見る: トップ10ロイヤルダイヤモンドティアラ (かもしれません 2022).